日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

ピノキオからイッツ・ア・スモール・ワールドへの様変わり
~ ディズニーに見る子供たちだけの世界

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2014.11.22)
子供が学校で毎日のように、忍たま乱太郎の『世界がひとつになるまで』(右動画)を歌わせられてるようで、イライラきます。
こないだカラオケ行ったら子供が歌いだしたりで……気持ち悪いのでやめさせましたが、困ったものです。頭痛いです。
今の学校は完全に洗脳機関と化してます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.8.25)  (始めから)
昨日の『世界中の子どもたちが』もひどい内容ですが、実はディズニーの『It’s a Small World』も最近、子供が保育園で歌わせられていたので、そのことも非常に気になってました。
明らかに今の幼児教育施設では、こういう「世界がナンチャラ」という歌ばかりが恣意的に選ばれて歌わせられており、日本を意識させるような歌は極力避けられてる気がします。
どっかからの指導があって、現場の保育園や幼稚園では特に意識するわけでもなし、単に言われた通りやってるだけなのでしょうが・・・

『イッツ・ア・スモール・ワールド』(小さな世界)   曲はコチラで聴けます

世界中 だれだって ほほえめば なかよしさ
みんな 輪になり 手をつなごう 小さな世界
世界はせまい 世界は同じ 世界はまるい ただひとつ


世界中 どこだって 笑いあり 涙あり
みんな それぞれ 助け合う  小さな世界
世界はせまい 世界は同じ 世界はまるい ただひとつ

この曲は1964年、ディズニーランドのアトラクション『イッツ・ア・スモール・ワールド』のため、ユニセフ(国連児童基金)から依頼を受けたウォルト・ディズニーによって製作されました。
「平和な世界」とは「子供たちの世界」、つまり「人種や性別、国籍、言語の違いがあっても子供達は何のしがらみもなくすぐに友達になれ、ケンカしても泣いて笑ってすぐに仲直りしてしまう」ことから、正にこれこそが平和の世界なんだと考えたことによるそうです。

要するに結局、これも子供だけの世界を描いた歌。しかし当時のディズニー、まさかそれこそが共産主義的な社会につながってるのだと読みとることまでは、出来なかったでしょう。
うちでは、この曲は間違ってるわけじゃないけど、世界征服を企むショッカーが子供たちに歌わせて利用しようとするので気をつけるよう、教えてます。「世界が一つ」になると日本がなくなってしまうので、そうなってはダメなんだって。

まだ痛々しい戦後感の強かった1960~70年代頃、当時の日本の文化人たちの殆どは世界平和に賛同し、憲法九条にも肯定的でした。これらには著名な児童文学者 松谷みよ子や、石森章太郎、川内康範など、ここで絶賛してる第一級の文化人たちも含まれます。だからといってそれだけで彼らを左翼だとか言うのはあまりに短絡的な発想でしょう。敗戦による深い傷が、当時の日本人には内にも外にも生々しく残っていましたし、彼らでさえ戦争はもうコリゴリ、後にそういうのがイデオロギー的に共産主義や反日思想に利用されていくなんて、気づきにくかったと思います。ただ、中には妙な作品もあると思うので、作品選別には気をつけておきましょう。
ジョン・レノンだって、『イマジン』が共産主義の世界を描いたものだなんて思ってもみなかったはず。
問題はそういうのを政治的に世界支配へと利用し、民衆をたぶらかすような連中。

対して戦前に製作された『ピノキオ』は、非常に保守色が強い

実はディズニーの古い作品には、大人のいない子供だけの世界を痛烈に批判したような作品があります。それが1940年に作られた『ピノキオ』(詳しくは右画像クリック)。
この話では、遊んで悪いことばかりしていた子供たちがロバにされて売り飛ばされてしまいます。

こないだうちの子が、あまりに言うことを聞かなかったので「もう音楽教室もプール教室も行かなくていいから、ずっと遊んでなさい。そして、お前なんかピノキオみたいにロバになって売り飛ばされてしまえばいいんだよ!」と私は怒鳴りつけました。そしたら子供は凄い勢いで泣き出し、以後、おとなしくなり、「ボク、これからちゃんと言うこと聞く」と言ってます ^▽^)

ピノキオのロバにされてしまうシーンは強烈で、ホラーのハシリっぽく大人が見てもかなり怖いし、子供なら恐怖に震え上がります。小さな子には効果てき面ですよ。
ディズニー系で安心して見せられるのは、基本的に1977年の『くまのプーさん』までで、その直後、ディズニー社は潰れかかって全然違う会社となり、それ以降、非常に左翼色が強くなったと考えているのですが、『ファインディング・ニモ』『カーズ』『トイ・ストーリー』など、うちの子も見ているものもいくつかあります。しかし新しい作品に私は懐疑的で、かなり気をつけてます。

尚、ディズニーの『ピノキオ』をはじめとする古い作品、DVDもいくつか出てますが、最近の声優が使われたものでなく、パブリックドメインで古い声優が採用されてるものの方がずっといいです。値段も500円ぐらいと非常にお手頃。
ただパブリックドメインでも、わざわざ新しい声優で録りなおされてるものも中にはあって、その種のはよくないのでパブリックドメインでも注意が必要ですね。うちにあるのはコスモコーディネイト社(COSMO COORDINATE)というところからのものをメインに揃えてます(写真のピノキオDVDのようなパッケージタイプのもの)が、『白雪姫』(1937)や『シンデレラ』(1950)、『ピーターパン』(1953)など、どれも安心できるし、たぶん昔の声優のままです。吹替版は、本当に声優次第で全然違う作品になってしまいますからね。

今のディズニー・ジャパンは創価とのつながりが非常に深く、スタジオジブリの現社長 星野康二は創価学会員ですが、ジブリに行く前の彼はディズニー・ジャパンの社長だったし、ジブリ作品の世界における販売権はディズニーが所有しています。

右はディズニーのスティッチを利用して、3月までテレビ朝日系で放映されていたアニメ『スティッチ!ずっと最高のトモダチ』。
見ればおかわりですが、宮崎アニメ的なヒロイン、そしてプリキュアに出てくるような登場人物たち・・・これらが何を意味しているか、ここをご覧の方々なら一目瞭然ですよね。

ディズニー 『ピノキオ』 (1940)より 「遊んでばかりの子供はロバになる」

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(始めから)◆世界の子供たちのことはいいから、日本の子供たちを守りましょう

◆ナンバー・ワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリー・ワンの末路 ~ “オンリー・ワン=独り” と書き残して死んだ 『 二十歳の原点 』 高野悦子

◆『国境がなくなって世界が一つになる』というのは、ショッカーの世界征服が完了するってこと ~ 石森章太郎の世界①

◆オールド・ディズニー・アニメのご紹介~ 『花と木』、『うさぎとかめ』、『みにくいあひるの子』

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆働かなくても、金目教さえ信じれば幸せになれる!? ~ 『仮面の忍者 赤影』 金目教 = ミンス教 編

◆今の宮崎駿/ジブリ作品は本当に日本のアニメなのか!?~ ディズニーだって、創価の配下?

◆『 ぞうのババール 』 ~ 王様の権威と必要性を理解させる児童向け作品

◆マグマ大使のゴアって、共産主義者だったんだな ~ 未来の“こども園”ってこんな感じだろ。パパとママを知らない子供たち

◆“人類、皆兄弟”、“肌の色が違っても人間みな同じ”・・・~ 左翼的に思える言葉でも時代考証が必要ですね

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち ~ こんなのが今の女性の目標!?

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~ 日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党政府 ~ 対照的なビートルズのアニメ『 イエロー・サブマリン 』

◆キムチ臭いデザインのハイジやミッキー、ピーターパンに北斗の拳

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(2) |

『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社
~ 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2009.3)
小さな子を持つお母さんなら、今日のタイトル見て、卒倒するような方が、きっと多いことだろう。

日本における子供への左翼洗脳。
そのワナはそこかしこ、いたるところに仕掛けられている。
平和や平等を利権に日本を貶める、日本の左翼勢力とは、何と強大であることか。

絵本の福音館、子供を持つお母さんならみなご存知。
『ぐりとぐら』『エルマーのぼうけん』、子供向け絵本雑誌の『こどものとも』などで、とても有名。

講談社や朝日新聞・TV朝日、TBSらの反日メディアグループに勝るとも劣らず、実は児童書で有名な福音館も筋金入りの反日左翼出版社。

以下は、福音館の『絵で見る 日本の歴史』という子供向け絵本の記述。大体、こんな具合。
***********************************************************
古墳時代
各地に大きな墓がつくられ、なかでも天皇のものは巨大でした。墓をつくるため大陸や朝鮮から来た人たちの技術がつかわれました。

奈良時代
天皇は政治の中心となる都を定めました。農民たちは、華やかな都に暮らす天皇・貴族の生活を支えるため、重い税を納めました。


昭和時代
中国に戦争を仕掛け、太平洋・東南アジアにまで侵略を続けた日本軍は、各地で激しい抵抗にあいました。やがて敗退し、日本本土がアメリカ軍の空襲を受け、広島と長崎に原爆まで落とされました。

***********************************************************

Amazonのコメント欄にも、この絵本の自虐 日教組史観に怒っている方が見受けられます(詳しくは下画像クリック)。


問題箇所の一部が、下↓の各時代をクリックで表示されます。
弥生時代  古墳時代  奈良時代  明治  昭和1  昭和2

数十ページの絵本で文章の記載は、ほんのわずか。
しかも、奈良時代の豊かな文化に触れることなど一切なく、天皇のために農民が重い税を納めさせられて苦しい生活を強いられただけであるような、天皇を貶める記述。
こんな書き方では、無垢な子供の心に、王様(天皇)はエライ人でなく悪い人だと、潜在的にスリ込まれることとなる。

他にも世界に誇れる日本の豊かな文化についての記載は、一切なし。
太平洋戦争だって、すべての戦争責任を日本人に押し付け。
こんなんで日本人としての自信など、持てるはずない。
子供が、日本人は悪いことばかりしてきたと信じてしまうぞ!

福音館はもともとプロテスタント系キリスト教の出版社。

自民の石破さんは軍事マニアのくせに、なぜか日本の戦争責任を認める自虐史観を持っていること、くわしい方ならご存知だろう。
石破さんはプロテスタント教徒。自分は、石破さんが自虐史観気味なのは、プロテスタントであることが影響しているのではないかとも考えている。
対して愛国 麻生さんはカトリック。

そしてプロテスタント系の教団には、平和デモとかで、やたらヒステリックに騒いでる団体がある。
さらに、日本のプロテスタント系教会の牧師には、実は朝鮮人が多い。
もちろん、すべてのプロテスタントがそういうわけではないので誤解なきよう。
でもよく調べてください。中にはカトリックにも、一部の団体で反日のところもあるらしい。

そして自民党総裁の谷垣さんも、プロテスタント教徒・・・ちと心配。

ぐりとぐら、、まあ、よく考えれば、大きな卵を動物みんなで分けて食べる話で、とても左翼的。
月刊誌絵本「こどものとも」にも、子供を左翼思想に洗脳する爆弾が随所に仕掛けられてることに、疑いの余地はないだろう。
子供へのスリ込み、洗脳は、大人になっても非常に大きな影響を残す。

子供がいるなら、福音館の絵本を持つ人は多いだろうけど、福音館には要注意。

ぐりとぐら、こどものとも、、、、
子供に読ませるのやめましょう。

もともと日本の昔話は、桃太郎や一寸法師などヒーローが出てくる、勧善懲悪モノが多かった。
しかし左翼の児童向け絵本は、悪役がおらず、みんな仲よくがモット-。
もちろん、みんな仲良くは大事だが、それだけでは危機管理や有事への対処ができない。
ぶっちゃけて言えば、左翼系の児童書・アニメばかり見ると、単に人がいいだけの“バカ”になるということだ。
勤労や危機管理を怠らなかった子ブタが勝利する、『三匹の子ぶた』はとてもよいお話。

左翼系の児童書では、強い者や権力者が出てきたら常にワルモノ扱い、命を賭けて戦う者など・・・
これらを全部否定する。

もちろん、日本で反日教育を牛耳る日教組のイデオロギーは、これらに習う。

ちなみに、靖国神社を米国が廃棄しようとした時、国のため戦って死んだ人々へは、いかなる国の人々もそれに対して敬意を示すべき、として反対したのが、カトリック ヴァチカンのヴィンテル神父。
靖国は、ヴィンテル神父のおかげで破壊されずに済んだと言える。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————
(2010.6)
自分はクリスチャンではありませんが、時々、教会に行くことがあります。
最近、カトリック教会を訪ねたら、DV相談とかの案内チラシまで置いてあった。
役所の無料相談所じゃねえっちゅうに!
“DV”とかいう言葉を見るだけで、カトリックにまで及ぶ左翼の凄まじい影響力がひしひしと感じられ、とても気持ち悪く思った。
下記では、カトリックはまだマシと書いてるが、どうやら最近はカトリック教会でまで、家庭崩壊を扇動する左翼による、ナリフリかまわぬ信者の取り込みが画策されてるようだ。
本来、離婚とかは絶対否定するカトリックであるはずだが・・・いったい誰が教会でまで、こんなことやるよう仕向けてんだ!? これって事実上の離婚相談だろ。
当然、そういう相談の受付するよう、本部から指令が出ているからなんだろうが・・・・・
左翼はカトリック教会にまで、すでに工作員を送り込んで配下に置いているということだ。
——————————————————————————-
(2011.4.13)
わざわざ、このページを攻撃するためスレッド立ててやってる奴らまでいるようだが、恐らく福音館内部の連中ではないかと思ってる。この会社にいるのが朝鮮人ばかりなら、特段 不思議なことではない。
朝日新聞の2ch荒らし事件でも明らかだったが、左翼の言動とは本当に下劣で品がない。
そんな凶暴な本性の奴らが日本の児童書や教育書を作ってるなんて、全く恐ろしい限り。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

——————————————————————————-
◆男の子が赤いランドセル背負ってるのってどうよ? ~ 男女観破壊、左翼イデオロギー刷り込みのベネッセCM

◆子供の乳幼児期に読ませてた絵本 セレクション ~ 赤ちゃんにもオススメ!

◆親次第で自虐史観なんてどうにでもなる ~ 日本のおかげでアジア諸国の独立が早まった・・・そんなことで喜んでるのも自虐史観の亜種にすぎない

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!~ 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆日本のGDP 外需が内需を支えている ③ ~ 決して戦前も、ひどい軍事国家ではなかった

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! ~ 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! ~ 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党日本政府

◆女の腐ったような左翼 講談社 ~ 日本最大の反日左翼出版社

◆少子化は自虐史観に関連性あり!? ~ 日独伊 敗戦三国のみが異常な少子化傾向

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? ~ 殺されて生き返った絵本

◆『 ないしょのつぼみ 』 小学生向け性教育漫画 ~ 狂っている日本の児童向け出版社

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(2) |

“道徳教育”と称して進められる、これからの日本人家畜化教育について
~ もはや大多数の家畜化は逃れらない

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.4.7)
子供が中学に入ってからも道徳はありました。しかし、、、その内容はひどいもの。平等、自由、人権、女性の●●……ここで書いてる通り、かつての道徳教育とは似ても似つかぬものです。現代の道徳教育もコロナと同じで虚飾にまみれたデタラメの道徳です。日本人はどんどんバカ、家畜にされていきます。
本当にやるべきは、「道徳」ではなく、戦前にやっていたものと同じ「修身」教育です。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2014.10.7)
うちは小学3年生ですが、学校で使用されてる道徳教科書(『わたしたちの道徳』)から。

 
女子の将来の目標像として出てるのが、このアスリート(スポーツ選手)の二人だけ。
女に子供を産み育てることの大切さなんてカケラも書かれていない。“夢”だの“日本初”だの、普通の女が地に足つけて人生を歩めるような目標像ではなく、戦前の道徳・修身書にあるような事例とは完全にかけ離れています。
この道徳教科書は、出版社ではなく文部科学省の制作物ですよ。
今の学校なんて、行けば行くほどバカになり、子供にとって有害なことしか教えていません。
自由だの夢だの、普通の人にはおよそ縁遠い無意味な目標を掲げさせ、子供達に妙な権利意識を植えつけて親子や夫婦(男女)の離反を図ったり、最低センスの『妖怪ウォッチ』『アナと雪の女王』を見てないからといじめられたりとか、くだらない有害情報をバラ撒いて子供たちを洗脳、家畜化するための悪の機関と化してるだけです。
運動会では昔ながらの行進曲やクラシック、日本の音楽など全然使われないし、くだらないジャニーズだのAKBだのきゃりーぱみゅぱみゅだのの最低の音楽を撒き散らす暗黒勢力のプロパガンダに利用されてるだけ。
もう、「日教組がー」なんて言ってる場合じゃないんです。もちろん日教組は極左組織でしょうが、それでは思考停止状態。ましてや政治家で「日教組がー」なんて未だに騒いでる連中なんてノーナシの役立たずです。今の学校教育自体に見切りをつけ、すべてを見直す必要があるんです。

もちろん子供を、そのまま学校に行かせるのをやめさせたりしたら、現代日本では逮捕されるかもしれませんから、とりあえず学校へ行かせても、家でやれることは山ほどあります。でも教えるべきことは、学校で皆さんが習ってきた学問だけでは全然事足りません。それを補完するには今の学校教育では完全に失われてしまったものが必要。修身教育、論語をはじめとした儒教(四書五経)、他にも昔の教育書をここではいくつか紹介してます(たとえばココとか。他にも右→のオススメをご参照)。つまり往年の武家の子女に対する精神教育に利用されていたものは大いに役立つことでしょう。どんなお母さん、お父さんでもそれらを参考に立派な子に育てることが出来ると思いますよ。
そんな風にして大きく育った子供たち、強固な気骨ある人間になって、将来の日本を牽引する役になる人も現れたりすれば、日本の社会全体も少しは変わっていくかもしれません。少なくとも己の家族だけは守れる可能性は残されることでしょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.5.11)
女の働きアリ化、子供だけ預けさせたらとっとと働きに出させる産む機械化
加えてスポーツ・格闘技マンセーの女子パッパラパ-化教育

極フェミ自民党 安倍政権により、日本人家畜化計画がこれから着々と進められていきます
もはや生き残れるのは、ここを見ていて覚醒された読者だけでしょう。

股開いて座り、傘まで股に挟んでるような女がこれから続々と子供を持っていきます。これからの日本、どれだけひどいことになっていくか、考えてみるといい。

“少子化対策”なんて称してるのは、日本人の人口抑制コントロール・プログラムにすぎませんからね。

下記は小学校で使用される道徳教材の内容が紹介されたパンフレット(右写真)から。どんなフェミニストが選考してんだって感じ。
*************************************************************
ワンダフル・ヒトミ   人見 絹枝


人見絹枝(ひとみきぬえ)は、大正十四(1925)年に二階堂体操塾(今の日本女子体育大学)を十八さいで卒業したあとも、新聞記者として働きながら、陸上競技の練習にはげんでいました。そして、さまざまな競技会に出場し、すばらしい記録を残していきました。
しかし、仕事をしながらの練習は楽なものではありませんでした。仕事の合間に、二時間ほど練習して、また仕事にもどります。ときには、夜中の一時まで仕事に取り組むこともあり、つかれがたまって、練習が思うように進まないこともありました。
それでも、絹枝は音をあげずに練習を続けました。絹枝には、さらに高い目標があったからです。
(オリンピックに出たい。そして、なんとしても素晴らしい記録を出してメダルをとりたい。)

*************************************************************
人間にとって成功とは、いったい何だろう。
結局のところ、自分の夢に向かって、
自分がどれだけ挑んだか、努力したかどうか、ではないだろうか。


岡本 太郎
(強く生きる言葉)

*************************************************************
人見絹枝は日本人女子初のオリンピックメダリストで毎日新聞にも勤めていました。岡本太郎はもちろん世界的な芸術家。こういう特別な才能で極めた人の事例でなく、もっと一般人が誰でもやりさえすれば実現できるような話を学ばせるべきのはず。

そして、これからの道徳教育では、外で(遅くまで)働くのに加えて熱心にスポーツするような女が、子供たちに目指させるべき女性像とされてるってこと。

チャラチャラしないで地に足付かせた生き方を目指させるのが学校教育のあるべき姿だと思ってましたが、“夢”だの“恋”だの、私からすれば気持ち悪くてしょうがない言葉、これからの学校ではそういうのが大切だって教えていかれるわけですね。

また、“いじめ”や“虐待”が大騒ぎされ、人権や平等、個人主義、刹那的な快楽主義教育がなされていくのも、きっと間違いないことでしょう。
いったいここは、どこのカルト、共産主義国なんだって感じですが。

家庭や子育てにおける母親の役割はもちろん、身をもって子育てする楽しみやその大切さなんてカケラも説かれていないし、ここで紹介の戦前の道徳教育『修身書』にあったような、まっとうな男女観を説いていたものとはエライ違いですね。

戦前の『修身書』に比べれば足下にも及ばない薄っぺらな言葉ばかり、中身もスッカラカン。重んずるべき価値観については徹底してミスリード。
これからの道徳教育に使用される教材・教科書は、絶対にお子さんに真に受けさせてはなりません。

学校教育に頼ってるばかりではダメですが、家畜化を逃れるのはそれほど難しいことではありません。自分の変わり身一つで逃れられます。それはすべて親にかかってます。
ぜひとも、戦前の道徳教育『修身』関係の教材等を一家に一冊用意して、親子揃って子孫永代に亘って学ばせていきましょう。
そうして家庭教育の大切さ、日本人としての本来の道徳観のあり方を、家庭で子供たちと共に学んでおくことが大事です。それが唯一の処方。そういう環境で育っていった子供たちはきっと、確固たる信念をもって周りにも影響を与えうるエネルギーを持った子供たちとなっていくことでしょう。私がここで数多くの方を覚醒、改心に至らせることができたように。
既に子供が大きい方も、これからの孫たちに学ばせるため、打つ手を考えましょう。そういう姿勢、言葉、態度一つが子供たちの大きな根っこになっていくんです。

軍艦行進曲 – バリの竹琴による演奏
バリ島スカワティ村の楽団による珍しいもの。日本軍への親近感、愛着が感じられますね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう ~ 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆国連だって日本弱体化を図る工作機関 ~ 5歳にオナニー推奨 変態 日教組と国連

◆売国政権での幼保一元化に伴うリスク ~ 危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設

◆性善説的な視点に立った教育勅語、「修身」道徳教育の補完としては、「毒をもって毒を制す」のマキアベリズムこそ最適

◆仁・義・礼・智・忠・孝……五倫、四徳、五条、四端の心から道を修むる ~ 侍が学んだものを学び、偉大な先人たちと志を一にす

◆家庭内における戦前の教育再現 ~ わが家で使ってる子供用教本 ~ 修身と国語副読本

◆国旗、国歌だけあっても最低の入学式 ~ 追記 仕組まれたコロナウイルス騒ぎによるシナのシステム Zoom強制導入によるオンライン授業開始と9月入学制度

◆そもそも革命とは ~ フランス革命に見る民衆とマスコミの狂気

◆女子柔道なんてなんの価値もない。やってる連中見てりゃわかるだろ? ただし、監督告発したこの女たちがやったことは日本破壊のための“革命” 絶対許すまじ!

◆“なでしこジャパン” に精神侵略を感じ取れる人って、どれだけいますかね?

◆安直に女性の自由や自立を煽るフェミニストは、詐欺犯罪者も同じ!

◆いじめられたら、やり返せ! やっぱり、これが原則だと思う

◆わが子の育て方、しつけの仕方 ~ 母親のための人間学 家庭教育の心得

◆世界の子供たちのことはいいから、日本の子供たちを守りましょう

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(1) |

ドラえもん、仮面ライダーだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させる道具

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.4.6)
すごい方からコメントいただいてますよ!
ここにコメント残してくださった真佐美ジュン様は、手塚治虫の社長室にいた、手塚治虫の側近中の側近、真実を知る生き証人のお方!
こんなブログでも信念持ってやっていれば、こういう方が来てくださる! うれしいじゃないですか!
テレビ朝日(朝日新聞)の工作員によってボロクソに言われている『ドラえもん』第一作の秘話、漫画の神様 手塚治虫の思いと本当のアニメの歴史を知る真佐美ジュン様、すばらしい足跡残してくださってありがとうございます!

ここの読者はホント、神様に選ばれた人たちなんですよ! ぜひ真佐美さんの、オリジナル『ドラえもん』アニメのサイトに寄ってみてください! テレビ朝日の偽ドラえもんでなく、本当のドラえもんアニメについての真実を皆さん知ってください!

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2019.3.18)

この仮面ライダーもドラえもんの切り貼りを作った小1の時のもの ^▽^) この頃の子供のエネルギーってすごいんですよね。よく、こんなに精巧に作れるなって感心したものですが、中一になった今、子供は自分が見ても「もう、こんなに難しいの作れない」って言ってます。子供たちが夢中になるものを間違えないようにさせなきゃいけません。TVゲームなんかに熱中、無駄に膨大な時間を浪費するなんて最悪。
ここに貼ってるドラえもんの切り貼り、今見てもホント可愛いですね。表情もすごくいいし、この頃のうちの子の純心な気持ちがとってもよく表れてるなって思ってます。でも今は、俗っぽく邪心の塊みたいになって……(笑)

尚、ここでは米国では原作改変は控えられてたと書いてますが、今じゃ米国の原作改変もひどいし、もう今の作品に見るべきものなんてないですからね。ディズニーなんか原作改変、子供達をパッパラパー左翼・フェミ・色恋洗脳する筆頭極悪企業だし、アメリカ以外でもきかんしゃトーマスとか権利企業が変わって変な女キャラが出てきて今じゃメチャクチャされてるし、金融勢力配下グローバル企業・左翼マスコミによって世界中で古き良き作品がブッ壊されまくってます。子供に見せる作品選びには常々こだわってください。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2013.4.25)
1年生の頃、子供が勝手に作った切り貼りの絵です。わが子ながら感心するほどよく出来てる気がします ^▽^)
ちなみに『ドラえもん』については、TVは一切見せてません。とはいえ、ドラえもんも見たことないのは何なので、うちで見せたのは映画第一、二作目の『のび太の恐竜』(1980)と『のび太の宇宙開拓史』(1981)のみ。ただ、うちには『ドラえもん』のコミックを初期の8巻ほど置いてます。また藤子不二雄マンガでは、私はオバQが好きで、『オバケのQ太郎』『新 オバケのQ太郎』含)のコミックが数冊あります。これに出てくるアメリカのオバケ ドロンパの性格や特質が、当時の日本人のアメリカ観を如実に表していて、今見ると非常におもしろいんですね。子供は年長から1年生位の頃まで、時々オバQを見てはケラケラ笑ってましたよ。

尚、「〇〇のアニメはどうでしょう」ってことで時々尋ねられますが、『こち亀』とか『ベルばら』とか、親から進んで子供に見せることはないでしょう。ただ大人(というか中学生位か)になれば『ベルばら』ぐらい、「おもしろいよ」と言うぐらいあるかもしれません。しかしあくまでフィクションであり、嵌りすぎてはいけないことぐらい伝えておくでしょう。中学生位になれば、本や(子供向けではない)昔のまともな映画(洋画邦画とも)とかに関心を持ってもらうべきでしょう。
ただ、大人が見るものにまでは、分別さえ持ってれば私がとやかく言うものでもありません。が、小さな頃にいいものを見てると現代の劣悪な作品はひどすぎてとても見る気になれなくなると思いますよ。子供は今の作品をたまに見かけると、「なんだあの女のひどい言葉づかいは」とか、外で誰かを見ても既にそんな風によく言ったりしてます。今の作品は男はともかく、とにかく女の言葉づかいが異常にひどいんですね。その影響がもろに今の子供たちに表れてます。

そもそも私はアニオタではないので、アニメなんてほとんど見ませんが、私のサイトをよく読めば、子供にはどういうのが良くてどういうのが悪い、他の人は気にもかけないそういうのがおよそ瞬時に自分で判断できていくようになれるだろうと思います。小さな子供が見るに当たって特に鍵となる点は、家族観がどうかということでしょうね。あまり家族とか関係ないギャグものでも、有害なものと、およそ無害なものとかもありますね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2010.4)
ウチでは基本的に今やってる仮面ライダーやプリキュア、ドラえもん、くれよんシンちゃんのようなTV朝日系の子供向け番組は一切見せない。

↓ 今の仮面ライダーでは、なんと日の丸が悪役のシンボルにされている。

   

こんなのを幼児期に見続けたら、将来の日の丸イメージ、いったいどうなる!?
日の丸を見る度、仮面ライダーの悪役とイメージが重なってしまうことになる。

仮面ライダーについては、原作者 石森章太郎が関わったのは、1989年の仮面ライダーBLACKまで。
大切な仮面ライダーをこんな風にメチャクチャにされ、きっと石森先生は天国で泣いていることだろう(1998年没なので、既に12年も前)。

米国にもスーパーマン、スパイダーマンやバットマンのようなヒーローものはたくさんあるが、日本の仮面ライダーやウルトラマンのように、勝手にキャラを次々と改変して新しいもの出すような、無節操なことはしてないぞ。
そんなことすれば、原作者に対する冒涜になってしまうから。

朝日やTBSの腐った左翼マスコミは、新しいキャラを出すなら、仮面ライダーやウルトラマンのようなブランドを利用せず、全く新しいものとして独自にやりやがれ!
要は、TV局のみならず、制作に当たって原作者を守るべき立場であるはずの石森プロや円谷プロまでが腐りきっているということだ。
如何に今の日本で制作に携わっている連中が、作品意識に無知でモラルがないか、そしてどれだけ偏向的なイデオロギーで子供向け番組を作り続けていることか・・・

それと現在のドラえもん。
2004年に声優が一斉交代され、その翌年にキャラの絵も改定された。
その改定後のキャラでは、シズカちゃんに胸の膨らみが出て、とても女性的な体型に。

こないだ見てしまった放送では、しずかちゃんがヘソ出しルックのノースリープ。
シズカちゃんとドラミちゃんの会話。
「すぐに恋してしまうのが、女の子よね」
海賊に恋したりと、女の色恋や性をやたら意識させる内容。

原作の藤子・F・不二雄は1996年に既に死亡。雑誌での連載は今では一切されていない。
藤子・F・不二雄氏が見たら、
「こんなのドラえもんじゃない!」
と、きっと激怒するに違いない。

自分はドラえもんの原作コミックを最初の10巻ぐらいまで読んでたが、現在、放映中のドラえもんは、TV朝日の反日左翼思想が鮮明に表われており、原作イメージとは全く異っているということ。
原作のシズカちゃんは、とてもシッカリ者で、チャラチャラと恋などしない。

ちびまる子ちゃんに胸の膨らみがあったり、サザエさんが仕事に行きだして昼間いなくなったりしたら、もはや作品として成立しない。
左翼は、人気アニメブランドを利用して、それを公然とやり、子供の洗脳工作を図る。
本当は、日教組教育よりも有害なのが、今の子供向け番組とTVゲーム。
もっと言えば、こういう子供の関心に野放しだった親が一番悪い。
マスコミはじめ、もはや子供を取り巻く環境全部が狂っているという大前提を、親は認識してなきゃダメ。
今後、今の子供向け番組とTVゲームに対する、痛烈な批判をやっていくつもり。

また、セーラームーンやプリキュアのように、セクシャルで下品な格好で女が見境なく戦いまくるような子供向け番組なんか、昔はなかった。
ちなみにセーラームーンは、米国ではポルノまがいとして弾劾され、放映を打ち切られたいわくつき。
アホな日本人の親は、子供向け番組だからと言って、安心しすぎてないか?

他にも『クレヨンしんちゃん』では、子が親を呼び捨てにし、妻は夫を完全に見下してる、明らかに壊れた家庭がモデル。
最近の日本アニメが如何におかしいか。
特にTV朝日のフェミニズム、フリーセックス、エセ平和、エセ友愛志向の異常性!

幼児期にこんな世界に浸りすぎると、現実世界を勘違いした人間ばかりが育つ!
幼児期の左翼洗脳は強烈に人生を支配する。
生涯において自虐史観、何かと社会や周りのせいにしがちな左翼的なイデオロギーにマインド・コントロールされることとなる。
無防備な子供へ、TVとかで無差別に有害な映像を垂れ流し続けるマスコミ。

特に今のTV朝日系の子供向け番組、子供に一切見せてはならない!
もちろん、少ないけどTBSも。
NHKはよく見てないが、どうせ今や危ない内容でいっぱいだろう。今のNHKも、見せない方が無難。

子供に見せるのは、昔の番組のDVDだけにしよう。
子供の感覚に、古い・新しいはない。どんな番組を見ても、子供にとっては新しく新鮮。
人が子供であるのは、人生の最初のほんの一時期だけなんだから。

春に公開されていた、映画『ドラえもん のび太の人魚大海戦』も、左翼・フェミニズムのイデオロギーが鮮明に見られる。
女子供は正義で(人魚族=女王の国)、大人の男がそれを虐めるワルモノ(怪魚族)という構図。

今のドラえもんなんて、プロデューサーやスタッフ、どうせ在日や創価で固められているだろう。

『 仮面ライダー 』(1973)主題歌オープニング 詳しくは右画像クリック
今のライダーは、メモリー増やして強くなったり、TVゲーム感覚でひどい内容。もともと“ライダー”の名の通り、バイクに乗ったり激しいアクションが売り物だったのに、小手先の変なリモコン多用したりで有りえないようなCGばかり。オリジナルのライダーキックに代表された人間的な動きによる綺麗なワザが全くない。加えて、変身するヒーローの極めて品のないシャベリ口、しかも男女の色恋だのそんなテーマばっかし。下賎で品の悪い子供に育て上げようとする反日左翼勢力の思惑がひしひし、オリジナルの仮面ライダー知る方が見ればきっとビックリするだろうし、激しい違和感を覚えて見るに耐えないでしょう。自分が見れるのは『仮面ライダー V3』ぐらいまで、それ以後は子供にも見せるつもりない。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2017.12.1)
幻の日本テレビ版『ドラえもん』(1973) OPとED

アニメ見た記憶はあるけど、主題歌等まったく覚えがないです。でもこれこそがオリジナルのアニメ『ドラえもん』。1980年代の大山のぶ代のドラえもんを見た時、「これはドラえもんじゃない!」って、その声にすごい違和感を私は覚えたくらい。現在のドラえもんに続いてる80年代からのリメイク『ドラえもん』なんて私にはどうだっていいのです。歴史を知りましょう、アニオタさん、攻撃的な工作員諸君。
WIKIやネットに旧ドラえもんの悪口書いてるのは、作者が亡くなったのをいいことに今のドラえもんで金儲けしてるクズ勢力ですよ。私を中傷しまくってる連中の仲間。
この1973年のドラえもん、ほんの一部のフィルム原版が残ってるだけで、もう見れないらしいけど……どっかでフィルム持ってるところが発掘されればいいんだけどね。
『ルパン三世』も第一バージョン(1971)を蔑ろにして、商業主義で1980年代からダラダラとデタラメやりはじめた、この『ドラえもん』と同じパターン。だから『ルパン三世』も第一作以外は興味なし(私が見てたのは再放送だったろうけど)。同じこと言ってる人をネットで見かけたことあるけど、その人は自分で「ルパン三世 第一作原理主義者」だと称してた(笑)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
◆『国境がなくなって世界が一つになる』というのは、ショッカーの世界征服が完了するってこと ~ 石森章太郎の世界①

◆お蔵入り『ふしぎなメルモ』より (TVシリーズ アニメの名作)

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い ~ 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち ~ こんなのが今の女性の目標!?

◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! ~ 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! ~ 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 ~ 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の福音館は反日出版社

◆半開きの目、恍惚の表情でアイスを舐めるサザエさん ~ 壊したくてウズウズしてる危険な左翼のサイン

◆ジャイアンを除け者にして、いじめるのが左翼 ~ “力を合わせて権力者を倒す” これも左翼プロパガンダの定番

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? ~ 殺されて生き返った絵本

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(4) |

消されたウィンピーとキチガイ博士
~ なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2018.7.16)
キング・クリムゾンのデビュー盤、恐らく最も有名なアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(詳しくは右画像クリック)のオープニング『21世紀の精神異常者』だとずっと思ってた曲ですが、今のCDでは『21世紀のスキツォイドマン』という曲名になってて…(笑) “スキツォイドマン”ってなんですか。そんな日本語ありませんよ。既に「精神異常者」は禁止用語にされたのですね。

『21世紀の精神異常者』 キング・クリムゾン
King Crimson – 21st Century Schizoid Man (Live at Hyde Park 1969)

初期キング・クリムゾンのこんな映像が残ってたとは感動しました。EL&P加入前のグレッグ・レイクも若い! あの頃のイアン・マクドナルドも! ブライアン・ジョーンズを弔うローリング・ストーンズのハイド・パーク・コンサートでの前座だったそうです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2014.10.10)
「キチガイ」に限らず、保母、看護婦、スチュワーデス等の女や母性を意識させる職業の言葉が狩られ、忘却の危機に晒されてしまってる現代日本。
他にも「めくら」とか、左利き=「ギッチョ」という言葉を昔はよく使ってましたが、今ではめっきり使われなくなってしまいました。ギッチョ……私の世代なら誰もがご存知でしょうが、今では知らない方も多そうです。

『わたしの彼は左きき』、この歌でトップアイドルとなった麻丘めぐみ(詳しくは右画像クリック)は、「こんな歌を唄ってダイジョブなのかな……」と思ったほどの罪悪感を覚え、当時は左利きというだけで、かなりやましく感じられたものです。子供だった私の周りでも、左利きながら右手で字を書く練習したり、それほど左利きの方には、けな気な努力してる方がたくさんいました。
もちろん当時から、王さんはじめ左利きの野球選手とかいましたよ。それでも左利きは、ギッチョと言われる。
別に今更、左利きの人が悪いと言うつもりもありませんが、要するに少なくとも40年前の当時、日本では左利きは不浄なものと見なされていたのです。
そんな時代にあえてこういうタイトルの曲を業界ではぶつけてきた……そして、この歌の後、ピンク・レディーにも『サウスポー』(1978)という大ヒット曲がありましたが、あれも同じような意図があったのだろうと私は考えてます。左利きは、ギッチョではなくサウスポーと呼ばれるようになる。あの頃から何かが変わった。
左利きは不浄……今ではそういう感覚が全く失われてしまいました。日本人の感性として、はたしてこうなったのは必ずしもいいことだと言えるのか……

『わたしの彼は左きき』 麻丘めぐみ (1973)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.7)
「火曜日にはきっと返すから、ハンバーガーおごってくれよ」
30代半ば以上なら、このセリフに誰もが聞き覚えあるのでは?

子供の頃、夕方になると毎日のように必ずやっていた番組。
『 ポパイ 』『 トムとジェリー 』
自分の地域はじめ、一定の地域に限ってのことだったろうけどね・・・

それでも一定年齢以上なら、この二つの作品を子供の頃、見たことない日本人なんていないのではなかろうか。

どうしても『ポパイ』を見たいと思ってDVDを探してみて、子供に見せるためなので日本語吹替でないと困るのだけど、吹替のものが非常に少なく、この2本しか見つからなかった(詳しくは下画像クリック)。

      

そして、中でも特に子供の興味を引いたのが、DVDのジャケットにも出ているウィンピーのキャラ。 そう、
「火曜日にはきっと返すから、ハンバーガーおごってくれよ」
で有名な、いつもハンバーガーばかり食ってる、太ったウィンピーである。

その後、カートゥーン・ネットワークでやってるのを知り、何度か録画して見てみたが、いつまで経ってもウィンピーが出てこない。
さらに、DVDに出てるのと同じタイトルの作品が放映され、見ていたらウィンピーが出てくる部分だけが、すべてカットされている。

「なんじゃいコリャ! ど~なっとるんじゃー!」、と怒り心頭になって、放送局に文句でも言ってやろうかと思ったが、どうせ返ってくる言葉なんて決まりきっている。

カートゥーン・ネットーワークのホームページ上のキャラクター紹介でも、下の通り、ウィンピーは掲載されていない。


ハンバーガーからデブを連想されると困る? スポンサーにも絡んでくるから、意図的に削除されてるのか・・・
この局では、マクドナルドのCMがよく流れているようだ。
昔は、ウィンピーというハンバーガーショップもあったような・・・

恐らく、こういったこと全部のせいで、ウィンピーの出演部分は、すべてカットされたのだ。
パブリックドメインの安価で買ったDVDには、ちゃんと出ていたのに。

もはやウィンピーまで、左翼の圧力のせいで消されたのか・・・

それと『トムとジェリー』で、どうしても見たかったものがあった。
子供の頃に見て、強烈な心象で残っていたもの。
そう、確か「キチガイ博士 ナントカカントカ」、といったタイトルだった気がする。
トムとジェリーのDVDをいくつか買ったけど、どこにも収録されていない。
他でも調べたが、どれにもない。
“キチガイ”という言葉がいけないのか。
別にタイトル変えても、DVDにぐらい入れてくれたっていいではないか。

それにしても最近、この“キチガイ”という言葉が、無意識のうちに使い辛くなってるようだ。これが普通に使えないのは非常に問題だ。
こないだ、車に乗っていた男が絡んできて警察沙汰にまでなったような話についても、もはや“キチガイ”という言葉以上に適切な表現は見当たらない。

『ウルトラセブン』に“クレージーゴン”というロボット怪獣が出てきて、子供に意味を聞かれて“キチガイロボット”と答えてやったが、じゃあ“キチガイ”とは何だということになり、今の子供たちにとっては、何だかイメージすら浮かばない言葉になってしまってるようだ。
当然、保育園や学校でそんな言葉使うと、大問題にされてしまうのだろう。

しかし、大阪の小学校や秋葉原で、包丁振り回して人を殺しまくったような事件を起こす連中。
こういった人たちに、“キチガイ”という言葉以上に、適切な表現ができる言葉なんて他にあろうか。
“キチガイ”という言葉一つで、すべてのイメージがピッタリくるのに、こんな時に医療の専門用語を使われたりして、どんなイメージが湧くというのか。
今の子供たち(既に大人になってる一部の若者たちも含む)は、イメージ表現や状況察知能力が、とても鈍感になっている。

精神異常者に対する差別言葉? 違うだろ!? こういう事件起こす連中、普通に考えると異常者ではなく健常者であるのに、単に“キレやすい”というだけで刃物を持っては振り回して暴れまくり、とんでもない事態に・・・

もちろん犯人が、親の愛情を受けてなかったり、社会でひどい目に会ってたりすることには一定の配慮すべきとは思うが、これらや乱射事件のように、無差別に何人もが殺される事件を引き起こした連中にすら、“キチガイ”という言葉が使えない・・・
「社会にも責任があります!?」
話は別だろ!

「キチガイに巻き込まれないよう、気をつけましょう」
「こんなキチガイ沙汰を起こさせないためにも、よりよき社会にしましょう!」
このぐらい言ってもいいではないか。 言わせろよ!
もちろん子供たちには、「使い方を間違えて、人を傷つけないようにね」ぐらい、ちゃんと教えておかねばならないだろう。

そうではなく、
「そういう言葉は絶対に使っちゃいけません!」
とまでされてしまうのは、やっぱり何らかの意図・圧力が感じられるし、それでは物事を適切に捉えられなくなるような、歪みが起きていくぞ。

「そういうのを身内に抱える人たちの気にもなってみろ!」、って?
ウチの親類にも、いわゆるそっちの病気?で入院してる人もいる。そりゃもちろん、その人たちに直接そんな風に罵ったりしたら怒るだろうが、身内にいるからといって別に、生活の中で普通に“キチガイ”という言葉を聞いたり、使われたぐらいで、何か不快になったりとか、そんなこと全然ないぞ。

要は、“キチガイ”とは、表現上なくてはならない言葉なのだ。
キチガイだけでなく、いわゆる言葉狩りで抹殺された言葉というのは、他にもたくさんあろう。

いろんな(芸術)表現においても、重大な支障が起きていく。
『釣りキチ三平』というマンガがあったが、それだってきっと今なら差別的言葉とされてアウトにされそう。しかし作者にとって、それ以上に適切なタイトル表現というのはなかったはずだ。
「野球狂の詩」だって、きっと今では放送禁止なのではないか。

他にも、自動車キチガイ、怪獣キチガイ、スピード狂・・・こういった表現が最も適切なもの、山ほどあるではないか。
今多いのはきっと、フィギュア・キチガイとか? なぜ、そう呼ばせない!?
マニアとか、中毒という言葉で済まさせるわけ?

ここでもよく使う“フヌケ男”や“マザコン”、“パッパラパー”、“バカ女”や“ズベ公”、“アバズレ”だの・・・きっとこれらを使うと処罰される時代でも来そうな勢いだ。すでに放送界では禁句に近いはず。

こういうのも、何でも差別と騒ぎ立てては、人間のまっとうな表現や思考、判断力の育成を妨害! 本来ならスタンダード(正常な基準)から外れているものまでをも、“おかしい”と言わせず正当化させようとする、左翼の戦略が功を奏しているということなのである。

「(キチガイ博士) 猫はワンワン 犬はニャーオ 」
『トムとジェリー』
 (詳しくは右画像クリック)
幸い、誰が録画してくれてたのか、うまくネット上で見れるような時代にもなっている。インターネットというのは、消されたり、抹殺されようとする文化を残していく手段として、大いに役立つ。だから、古き良き昔の日本の掘り起こしや、これまで信じていたものが間違っていたと証明する、有効な手立てとなりうる。自分たちが子供の頃、当たり前に見れていた楽しい優れた作品の多くが、今の子供たちは全く見れなくなりつつあり、さらに“キチガイ”のイメージどころか、誰もが持っていた、家族のため働く“お父さん”や、いつも家で家族の世話をする“お母さん”のイメージ、これまで普通にあった家族のイメージすら湧かない人たちが、今や増えつつある、とっても恐ろしい状況に今の日本はあるのだ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2010.12.21)
昨日、バスの中で子供が『トムとジェリー』のキチガイ博士を見たいと言いだして、バス内で何度も大きな声で“キチガイ”と連呼していたので、ちょっとアセリました。昔はこんなこと思ったこともなかったはずだけど、言葉狩りは文化を殺すし、差別だという因縁づけのせいで、最も適切な言葉で伝えるべきことも伝えられなくなってしまっています。人に対してはそういうこと言っちゃダメだよって、一応教えてありますがね。

“朝鮮人”、“部落”、こういう言葉もヒソヒソ話でしかできませんよね。
私も子供の頃、“部落”という言葉を大きな声で言ったりしてた時、友達から「そんなこと言ってると、くらさるうよ」と教えてもらったことあります。“くらされる”とは地元の方言で、殴る蹴る・ボコボコにされるという意味。

戦後まもない頃、汽車内とかで“朝鮮人”の話をしてると、周りで聞いていた朝鮮人が因縁をつけてボコボコにしては、死傷者が出る事件が多発しました。
当時のGHQも、朝鮮人の無法ぶりを放っておけず、それから国鉄(現JR)に鉄道警察隊が設置されたそうな。
“部落”や“同和”という言葉が、ヒソヒソ話でしかできないのも同じ原因です。

昨日、ウチに帰って、この“キチガイ博士”を久々に見ました。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆日本が好きな親なら子供には教育勅語! ~ 小学生以上なら暗唱できるよう覚えさせてみませんか?

◆美人はバカで性格悪いのが多い ~ 大切なのは、家族の幸せを願う自己犠牲精神

◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり ~ やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆ブラックゴーストと死ね死ね団 ~ 中華民主党 VS 大韓民主党 ~ 海外で人質とられる日本人科学者・研究者たち

◆半開きの目、恍惚の表情でアイスを舐めるサザエさん ~ 壊したくてウズウズしてる危険な左翼のサイン

◆フシダラ女には“ズベ公”、“アバズレ”の蔑称を!~ 女こそ使いまくれ

◆日本人の養殖だ!亡国 民主党政府 ~ 命を守る? 人間の養殖化に同じ!

◆自然の摂理に反し続ける日本 ~ 歪曲された男女観と価値観

◆貶められた“オカミ”と“ミカド”~ 軍人に敬意を持てない国の国民など、誰が命を賭けて守ってやるか!

◆草食男は日本フヌケ化のキーワード ~ 日本弱体化を図る売国マスコミの戦略

◆平和ボケ左翼は、自らが悲惨な目に遭うまで気づかない ~ 映画『わらの犬』に見る、フヌケ左翼男の豹変ぶり!

◆なぜ『ちびくろさんぼ』を左翼は嫌ったのか? ~ 殺されて生き返った絵本

◆ワン・ワールド体制への仕込み工作に重宝する劇団イスラム国の虚像 ~ 作られるテロと悪役による世界劇場。対立に利用される“差別との戦い”

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(3) |

売国政権での幼保一元化に伴うリスク
~ 危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.4.2)
自民党も子供を親から切り離して管理したい左翼ファシスト政権なんですね。偽パンデミックのコロナ騒ぎもそうですが、日本に限らず世界じゅうが同じ方向に向かっています。親の権利侵害。デジタル庁に続いて気持ち悪い子供庁、恐ろしいです。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
こども庁 自民が次期衆院選の公約化を調整 2021.4.1 テレ朝
子ども・子育て政策を一元化して対応する「こども庁」の創設について、自民党は次の衆議院選挙の公約に掲げ、実現を目指す方向で調整していることが分かりました。
自民党・二階幹事長:「(私からは)子どものことは一番大事だから、国の宝だからしっかりやりましょう。こういうことです」
菅総理大臣と会談した自民党の二階幹事長はこのように述べ、菅総理がこども庁の創設に前向きな姿勢を示したことを明らかにしました。
菅総理は党内に総裁直轄の機関を立ち上げて議論を進めてほしいと指示したということです。
関係者によりますと、菅総理は子育て政策に力を入れたいとしていて、政府内では省庁再編につながる行政改革の観点からもこども庁創設に向けた検討が進められています。
具体的には未就学児の子どもについて、幼稚園と保育園といった厚生労働省や文部科学省にまたがる政策を一元化する案があるということです。
一方で、自民党の若手議員が菅総理に提言しているのは虐待やいじめ、貧困や教育の格差など幅広い課題について各省庁の縦割りではなく、一元的に対応できる強い権限を持ったこども庁の創設です。

今後、こども庁の役割をどうするのかが焦点となります。
自民党は今年秋までに行われる衆議院選挙でこども庁の創設を公約に掲げて目玉政策にすることを検討していて、調整を急ぎたい考えです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2018.10.18)
たとえ幼保一元化や子ども園構想の実現がなされず、保育園と幼稚園が残っても、「(保育園の)待機児童ゼロに!」なんてやり続けてるわけで、女を外で働かせて親から子を取り上げる政策を推し進めてることには何の変りもありません。
「女を育児から解放させる」という洗脳思想ほど危険なものはないわけで、これで女も子供も、その心が死ぬんです。女は子供を自分で育てない家畜のメスと化し、子供も育てず子育ての本当の楽しみも知らず、ただ働き死んでいく乳牛(メス)のようになるわけです。そうなる可能性が最も高い(高学歴高キャリアの)勘違い女はこれだけでダメ。
保育所も、今まで愛情あるお母さんの代替わり〝保母”だという認識も抹殺され、ただの預かり人(保育士)として教育されるようになり、保育園も営利会社としてコストばかり考える単なる預かりサービス業として運営されるだけになっていて、保育園の質がこれまでとは全くの別物になってきてしまってます。
母と子の関係も、表面上、家族というだけで愛情持って育てられた母子関係(父子関係)は築けず、次世代・末代にわたって将来が左右される重大な問題がこれから起きていきます。そういう環境で育った男女子供がこれから大人(親)になっていくのですから。
女にとって自ら子育てやってる時の楽しさに勝るものは存在しないことを私はあらためて断言できるし、もちろんそれは半端では務まらないし、自分らしさがとか、キャリアを磨くだの、ましてや恋愛だの、そんなことやってるヒマはありません。でもそんなこと一切やらなくても、子育てをまっとうして実を結んだ時の見返りほど大きいものはないんです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2014.3.30)
自民党はマスコミと一丸になって女を外で働かせることと、子供を家庭で育てるのでなく外に預けさせることに執念を燃やしてるし、子ども園構想もそのまま民主党から引き継いでるし、民主党時代と何一つ変わってないどころか、むしろ悪くなってる。
ここの『ザ・ウォール』動画、見といた方がいいです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2013.5.9)
子育ても営利事業化  着々と組まれる日本人家畜化システム、ウジ虫国家構築
子供を、金融勢力に引き渡す日本政府、拝金主義 安倍自民党政権

幼保一元化に加え、子供が減ってるっていうのに待機児童が多いとかで、自民党政権になってから訴訟まで起こして大騒ぎされてたのも、結局これがやりたかったからなんだよね。
育児まで営利企業任せで、これから魂なき女子供が大量発生。
ウジ虫裁判長、ウジ虫閣下、ウジ虫教師も登場するここの『ザ・ウォール』動画は必見。
TPPの方も、企業・金融勢力による日本の農業侵攻、農家壊滅で日本の食産乗っ取りは自明。

<認可保育所>月内にも株式会社の参入全面解禁へ 厚労省 2013.5.2 毎日新聞)
厚生労働省は、約2万5000人の保育所待機児童の解消に向け、認可保育所への株式会社の参入を月内にも全面解禁する方針を固めた。当初は2015年4月から解禁する予定だったが、安倍晋三首相が女性の就労支援を成長戦略の中核に据えたことを踏まえ、大幅に前倒しする。
厚労省が2日の規制改革会議で表明し、認可権限を持つ都道府県や政令指定都市、中核市に通知する。
株式会社は児童福祉法上は今でも認可保育所に参入できる。しかし、企業の経営状況に保育所の存廃が左右されかねないことや、既存の社会福祉法人への配慮などから、株式会社の参入を認可しない自治体も多く、株式会社が運営する認可保育所は12年4月現在、376カ所と全体の2%にも満たない。
15年4月の子ども・子育て関連3法施行後は、自治体は株式会社であることを理由に認可を拒めなくなるが、これを前倒しする。
首相は4月、17年度までに「待機児童ゼロ」を実現するため、13、14年度に20万人分、17年度までに40万人分の保育の受け皿を整備する考えを表明。規制改革会議や産業競争力会議でも株式会社の参入解禁の前倒しを求める声が強まっていた。全国の自治体に先駆けて待機児童ゼロにめどをつけた横浜市では、認可保育所への株式会社の参入が進んでいる。株式会社が設置した認可保育所は112カ所あり、市内の保育所の約4分の1を占めている。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.5.12)
幼稚園・保育園一体化して名称を“こども園”に統一したいとか、民主党がまた不気味なことほざいてるわけですが2011.5.11 読売新聞、ファッショ的で画一的、変なとこばっかこだわってホント北朝鮮みたい。
“こども園”なんて変な名前で思い起こされるのは、『ピノキオ』で「ずーっと遊べるんだよ」って悪い奴に誘われて子供たちがついて行ったら、みんなロバにされてしまった遊園地みたいなところがありましたよね。何となくそういうイメージが私には思い浮かびます。

ピンク・フロイド 映画 『 ザ・ウォール 』 (THE WALL)より (1982)
Another Brick in the Wall Part 2, The Trial – PINK FLOYD (1979)

痛烈な風刺と社会批判で大変な話題作となった映画『ザ・ウォール』(詳しくは右画像クリック)、社会派ならこの映画は必見でしょう。
そして世界で2000万枚も売れたピンク・フロイドのお化けアルバム「THE WALL」に収録の『アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール パート2』。“We don’t need no education”(教育なんて必要ない)で始まる歌詞とサウンドが強烈に耳に残る。
閉塞的な学校教育への反発を歌ったメッセージ・ソングでもあり、発売当時は物議を醸した。特に当時の中学生のコーラスが大々的に使用され、反社会的な歌を歌わせているとして非難の対象になった。レコーディング参加の依頼を持ちかけられた音楽教師が「生徒に音楽産業の現場を見せる絶好の機会」と承諾したものの、実際にスタジオに行き、歌詞の内容を見て青ざめたエピソードもある。
左翼的でしかも反日的一面まで持つピンク・フロイドのイデオロギー的なリーダー ロジャー・ウォーターズが、2005年のLIVE 8出演の際、この曲を演奏しようと提案したが、同メンバーのデヴィッド・ギルモアは拒否したという。”We don’t need no education” の一節がアフリカへ向けるメッセージとしては相応しくないからだと、後のインタビューで語っている。左翼のウォーターズが作った歌だが、保守が左翼の教育・権力を批判した歌として差し替えてもピッタリきてしまう。
ちなみに主役は、あのBAND AIDやLIVE AIDを後に主宰したボブ・ゲルドフ。『 The Trial 』、下の訳詞も読んでください。映像で、葉っぱが一瞬 立派な男性の体に変わって、すぐにまた葉っぱに戻されてしまうところなど、若い頃は感じ取れなかったような深い意味まで、今の私には感じ取れるようなってしまいました。(動画下部の×をポチッとすればフルスクリーンになって字幕も見やすくなります

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2011.1.25)
こども園構想  幼保一元化で【こども省】作られそうですね
2011.1.24 朝日新聞より
・・・こども園では長時間保育と幼児教育の充実を両立させ、3歳以上の子どもの受け入れを義務づける。こども園に移行すれば補助金を手厚くする。
こども園への移行を希望しない施設は存続できる。3歳以上の子どもを受け入れない小規模保育所や、宗教法人系やブランド幼稚園など、保育や教育に特化する施設は、そのまま残る想定だ。
いまの補助金は、幼稚園が文部科学省、保育所が厚生労働省に分かれているが、13年度以降は国や自治体などで設ける一つの財布(←こども省に当たる)から、すべての子ども施設に補助金を出す。これにより財政面では「幼保一体化」が実現する・・・

さほど望んでる人なんていない幼稚園と保育園の一体化に、なぜ売国左翼の民主党がこれほど熱心なのか。
そもそも保育園は託児所の位置づけなので高度な教育までは求められていなかったわけですが、民主党が全幼児に何かを一律教育したい狙い、そしてカネの流れが変わって新たに生まれる利権構造、さらに日教組らの活動強化、これらを勘案すれば奴らの思惑が見えるはず。
まさかここを見てる方で、こども園にしろ学校にしろ、奴らの教育に期待してる人なんていないと思いますが・・・

ちなみに上動画で紹介の映画『ザ・ウォール』内の歌詞より抜粋

Another Brick In The Wall – part1 より

パパは海を渡って飛んでいった
思い出だけを残して
家族のアルバムのスナップ写真
パパ、他にはパパがぼくに残してくれたものはないの?
ねえ、パパ、ぼくのために何を置いてってくれたの?
結局、壁になるただのレンガの一つだったんだね
要するに、すべては壁を作るためのレンガだったんだね

Another Brick In The Wall – part2 より  (上の動画)

教育なんて必要ない
思想統制なんてまっぴらさ
教室で陰険な皮肉なんて聞きたくないよ
先生! 子供たちを放っておいて!
結局は、壁の中の単なるレンガ
とどのつまり、誰もが皆、壁に積まれたレンガの一つなのさ

The Trial より  (上の動画)

おはようございます、ウジ虫閣下。ただ今、国王がお見せいたしますように、閣下の御前に立っておりますのが、例の囚人でございます。ご存知のように、この囚人は、固く禁じられているはずの感情、つまり、ほとんど人間の本能に近いといえる感情を表したところを現行犯で捕らえられたのでございます。全く何という恥さらしなことでございましょう。こんな行為は、とても許されていいはずはございません。

証人である学校教師を喚問せよ!

ウジ虫閣下。あの子は将来、とんでもないろくでなしになるだろうと……私はずっと以前からこう言い続けておりました。もし、私の思い通りのやり方が許されるのでしたら、あの子の皮を剥ぎ、剥製にでもしたいという衝動に何度駆られたことでしょう。しかし、私の両手は教師という肩書きに縛られていたのです。血のしたたり落ちる心臓、そして、芸術家たち。殺人でも何でも、勝手にやるがいい! 私はそんな気持でおりました。ああ、ついに、あの子を思いきり叩き潰す時が来たのです! この私にもハンマーを持たせてください!

狂ってる—屋根裏部屋にしまいこまれた玩具のように、僕は狂っちまったんだ。
僕のビー玉も、きっと、みんなとりあげられちゃっただろうな。

被告の妻を喚問せよ!

フン! なんて哀れな格好だい。ついに、そんなところに放りこまれちまったんだね。いっそのこと、鍵も捨てられて、一生そこに入りっぱなしだといいのにと思うよ。あんたね、一人でウジウジ考え込まないで、もっといろんなこと、このあたいに話してくれたらよかったんだよ。ところが、あんたときたら、ちっとも言うこと聞きやしない。さぞかし、いろんな家庭を滅茶滅茶にしたんだろうよ。

(被告の母親)
“ああ、ウジ虫閣下。わずか5分間だけでいいんです。あの子と二人っきりで、話をさせてくださいまし。お願いでございます。”
ああ 私の坊や。さあ、お母さんの胸においで。この腕でしっかりと抱かせておくれ。坊やだけは面倒な事に巻きこませたくない、罪に手を染めさせたくないと、お母さんはそれだけを祈っていたんだよ。どうして、ああ、どうして、お母さんを置いて行ってしまったんだい? ウジ虫閣下、どうか後生です。この子を家に連れて帰らせてくださいまし!

狂ってる—虹の彼方にいるみたいに、僕はどうかなっちまったんだ。窓には鉄格子はまってる。
僕がここに入れられた時は、あそこの壁に確かにドアがあったはずなのに・・・

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2010.10)
なぜ反日売国 民主党が子ども園に力を入れているのか・・・ココで一度書いてますが、さらにこんなニュースまで・・・

全世帯に「一時預かり」=乳幼児いる家庭、段階実施へ-13年度から・政府方針
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2010110600203  (2010.11.6 時事通信)
政府は6日、2013年度からの施行を目指す包括的な子育て支援策「子ども・子育て新システム」に、保護者が外出時に子どもを保育所などへ預けられる「一時預かりサービス」を盛り込むことを決めた。段階的に乳幼児がいる全世帯が利用できるようにする方針で、確保できる財源に応じ、利用料も無料か現行料金より割安にする考え。
厚生労働省によると、一時預かりサービスは09年度に国の補助対象事業だけで、全市区町村の約6割に当たる1177団体6460カ所で実施されている。近年は子育てが忙しいためストレスを抱える親も多いことから、親の心理的な負担軽減につながる一時預かりのニーズは高まっているという・・・

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

便利ではあるだろうが、こんなのほとんど男遊びするフェミ女のために作る施設だろ!
しかも理由が、“子育てが忙しくストレスを抱える親も多い”からって・・・昔に比べりゃ子育てなんて物理的にずっと楽になってるはずなのにね。子育てほど楽しいものはないのに、国を挙げて“子育てとは辛いもの”こんな腐った価値観づくり、全くもって呆れる。まともな親がますます減るだけ!

「子育てが楽になりますよ」って民衆に囁いて、子供を家庭でなく社会で育成、共産主義的イデオロギーに抵抗なくさせるため。さらに女性を社会に出させて、家庭や育児への関心を奪い去るため。
左翼 民主党は親子の引き離しには随分熱心ですね。 そして子ども園・・・

幼稚園と保育所統合 「こども園」に移行 内閣府方針
http://www.asahi.com/politics/update/1101/TKY201011010101.html  (2010.11.1 朝日新聞)
幼稚園と保育所を統一する幼保一体化構想をめぐり、内閣府は1日、10年程度の経過期間後に幼稚園と保育所を廃止して「こども園」(仮称)に統合する方針を示した。2013年度から新制度に移すため、来年の通常国会への法案提出を目指す。こども園に移した際の質の確保に課題があり、議論の難航は必至だ。
内閣府が同日午前に開かれた「子ども・子育て新システム検討会議」のワーキングチームで示した。

小学校入学前の子どもは一般的に、専業主婦家庭の3歳児からが幼稚園に通い、働く親の子どもは保育所に預けられる。所管は幼稚園が文部科学省、保育所が厚生労働省に分かれ、縦割り行政の典型例だった。
新制度では、幼児教育と保育を提供する「こども園」を開設。幼稚園と保育所はすべて、そこに移行させる。ただ、既存の施設が直ちにこども園に移行することは困難だとして、10年程度は既存の名称のまま施設を存続できる経過措置を設ける。自治体の指定を受けた事業者が運営し、一定の基準を満たせば株式会社やNPOも参入できる。

また、利用料は現在、私立幼稚園は施設が、保育所は所得に応じて自治体が決めている。こども園では、「同じ利用時間であれば同じ利用者負担」を基本にして設定することとした。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

保育所待機児童が多いと言っても、実際に必要なら未認可保育園に既に入れてる方がほとんど。
それに、一人親のような本当に保育園が必要な方々は優先されるので、100%既に入ってます。
そして保育園の料金は親の所得によって設定されており、収入が500万円以上あるような中流層にとっては認可保育園だからといって料金が安くなるわけでもありませんし(約5~6万円位)、富裕層で入れたい人は既に他の民間の園に入れてます。
だから表面上は保育園待機児童何十万人でも、急いで入園させる必要あるのに入れないといった深刻な問題が起きてるかというと、それはなく、まやかしの数字にすぎません。

巨額予算による新たな利権確保と、公務員優遇の詐欺政党 民主党

しかも子ども園になったら、所得に応じていた保育園の費用負担が一律にされるって・・・こんなの本当に施設が必要な低所得層への配慮を廃して、本来は保育園なんか使う必要ない安定高収入の公務員とかが喜ぶだけでしょうが!
子供手当配って、保育所費でそれ以上持ってかれて、民主党はとんでもない詐欺政権ですね。
こういうところからも、民主党がどこ見て政策を採ろうとしているのか顕著に伺えます。やっぱり民主党は中国共産党と同じ、典型的な役人優遇政党です。

それと民主党が子ども園を作ろうとするワケ、結局、カネが目当てでしょう。
幼稚園と保育園なんて、職員の能力はもちろん、そもそも建物の作りから全く違う。
保育園は幼稚園のように、机や椅子をそれぞれ置いての教室的な作りなんて想定していない。園庭だって、幼稚園と保育園じゃ圧倒的に幼稚園の方が広い。
幼稚園では、保育園のように長時間預かることが想定されてないので、着替えや昼寝の布団など、そういうものを置くスペースだってない。

結局、保育園と幼稚園を10年の移行期間を置いて統合するというなら、双方が両方の機能を持つために建物から改築しなければならない。
そして、その改築費用は1つの園につき、最低でも1000万円は下らないはず。

全国の認定保育園 約2万3000ヶ所、 幼稚園 約1万4000ヶ所

保育所は未認可まで含めると数知れず(広さが足りない等で。特に駅前の利便性の高い保育所は園庭がなく未認可のところが多い)、子ども園ではこういうところにまでも補助金出してすべてを認可するようです。

合せて数万箇所に数千万円ずつ、ここまでカネをつきこんで現行制度を廃して統合する意味がどこにあるのか、疑問しかおきません。
結局、建物改築や人材育成教育に総額○兆円の予算が最低でも必要になるわけで、それだけで莫大なカネが動く。それに伴う強大な利権が新たに生まれることとなります。
これが民主党が子ども園を急いでるワケです。国に費用を負担させ、園の改築費はもちろん、民主党左翼系団体にとっても他の箱物や日教組のような民主党を支援する人材確保のための新たな利権を生み出すだけのこと。

それと最後に、これが最も大事なことですが、子ども園を利用して、いったい幼児に対して、どんな教育をしようとしているのか、民主党政権では疑心暗鬼にしかなれませんよね。
一元化で画一的な教育がなされ、加えて親日保守系の園の認定を妨害したり、排除されるリスクも大。

子ども園に誰もが子供を預けるようになったら、一体どうなりますか?
幼児の頃から、平等イデオロギー、人権意識、平和思想、世界市民、自虐史観、家族軽視・・・
子供たちがフヌケや引きこもり、アメリカと戦争したことすら知らない無知蒙昧ばかりになったのは、学校や日教組のせいなんかではありません。下らないテレビを見せ続け、教育・躾けだって人任せにしていた親の責任です。
ウチの子はまだ4歳ですが、既に日本がアメリカと昔戦争したことも知ってます。
オモチャの戦車や飛行機で遊んでると、「アメリカをやっつけるぞー!」とか、時々ドキッとするようなことも言ってます。尖閣沖の衝突ビデオを見ては、「悪い中国のオフネ!」とも言ってます。
子供は親が育てなければなりません。学校や子ども園を当てにしてはいけないのです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2011.12.29)
“子ども家庭省”で、家庭まで国に管理される!
“子ども省”なんて名前だけでも(左翼は“子供”じゃなくて“子ども”という字しか使いません)、強烈な左翼・人権臭が漂っていたのに、それに加えて“家庭”って・・・
こんな左翼の強烈なメッセージを帯びた言葉でも、鈍感保守は何にも感じないんでしょ?
でも、ここを読まれてる方には、この報道に大変な戦慄を覚えた方、きっとたくさんいると思います。
要するに家庭への介入、家庭の管理をターゲットにした省庁ってこと。加えて“子ども・子育て担当大臣”まで設置
恐怖の左翼・人民家畜化政策が始まるよ。日本の近い未来の話だからね。
しかも年末の忙しい時期、目立たないようドサクサ的に発表する民主党政府。
家庭まで管理されたら、もうオシマイ。マジメに日本脱出を最近考えるようなってます。
子供の虐待で大騒ぎするマスゴミにも要注意だけど、DVだのセクハラ、人権、女性の権利だの、そんなダサイ左翼用語に踊らされてた人たちも、これまでのこと猛反省してくださいよ。
本物の保守なら、こういう動きにこそ最大の警戒をしましょうね。

子育てを“システム”なんて言葉で括ってるところも、機械的で強烈な共産主義・左翼臭を発してます。

「子ども家庭省」実現明記…幼保一体化で政府案  2011.12.26 読売新聞
政府が、保育所と幼稚園の一体化施設の創設など子ども政策の強化を目指す「子ども・子育て新システム」についてまとめた最終案が明らかになった。
子ども関連の施策が内閣府、厚生労働省、文部科学省と分立している所管は、将来的に「子ども家庭省(仮称)の実現」を目指すと明記。存続に批判が出ていた私立幼稚園の私学助成も大幅に見直す方針を盛り込んだ。
同案は、26日の「子ども・子育て新システム検討会議」作業部会に示す。子ども政策全般を拡充する「新システム」は社会保障・税一体改革の柱の一つ。来年の通常国会に法案を提出し、2013年度以降の導入を目指している。
政府の所管は現在、少子化対策は内閣府、幼稚園は文科省、保育所は厚労省と縦割りで、「実施体制の一元化」が課題だった。最終案は、国民にも一元的制度とわかるよう内閣府を中心に「一元的な組織体制」を整備し、厚労・文科両省の業務を縮小。内閣府には「新システム」の総合調整権限も持たせ、将来の省庁再編時に「子ども家庭省」へ移行させる方向性も明確にした。
また、体制の見直しに合わせ、「新システム」を掌握する「子ども・子育て担当大臣」の常設化を検討することも盛り込んだ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2015.3.20)
「保育所や老人介護、障害者施設や資格の統合」検討 厚労省 2015.3.15 NHK
厚生労働省は、地方などの福祉施設で今後、人手不足が深刻化し、存続が難しくなるケースも予想されるとして、介護施設や保育施設などを1つにまとめて運営できるよう規制を緩和することや、介護福祉士や保育士などの資格を統一することを検討する考えです。
厚生労働省は、▽介護職員が、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上となる10年後の2025年に全国でおよそ33万人不足する一方、▽保育士は、2018年に全国でおよそ7万人足りなくなると推計しており、地方や中山間地域の福祉施設で人手不足が深刻化し、存続が難しくなるケースも予想されるとしています。
こうした状況を受けて、厚生労働省は、介護施設や保育施設、障害者施設を1つにまとめて運営できるよう規制を緩和することや、将来的に介護福祉士や保育士、准看護師などの資格を統一することを検討する考えです
。厚生労働省は、こうしたことが実現すれば、1人の職員で高齢者の介護と乳幼児の保育に当たることができるようになり、職員が少なくても福祉施設の運営が可能になるとしている・・・

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
今のテレビ放送、音楽や映画の劣悪な企画やデザイン、汚らしい色使い見てるだけでマスコミどもの感性の腐れ具合がよくわかるけど、奴らの醜悪なもののゴリ押しと同じく、今の役人や政治家、企業人の感性の腐れ具合も同じ。子供と老人と障害者、要するにこれら“厄介者”をひとまとめに効率よく一元管理できる施設をたくさん作りましょうということであって、まともな心あれば、普通ならこんな発想自体思いつかないもののはずだけど、合理化だの利益追求だので、こいつらまとまな人間の感覚なんて持ってやしないから。将来は人間の家畜化管理で想像もつかない社会になっていくだろうから、全然違う立ち位置に離れていないと、その腐れがあなたの脳や体にまわってきますよ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(始めから)◆保育園拡充・幼稚園との一元化に発せられる、反日教育集団 日教組の思惑 ~ 保育園・幼稚園にまで、反日左翼教育の魔の手が及ぶ!

◆滅びゆく日本。ついに幼保無償化 ~ これで子供すら育てることの出来ない女(人間)ばかりになっていく

◆フェミ政策全力推進! やっぱ、安倍ってパッパラパーだろ! ~ 安倍と自民党なんて、パッパラパー集団だってことがよくわかった!

◆『 ぞうのババール 』 ~ 王様の権威と必要性を理解させる児童向け作品

◆30歳以下で女性が男性の収入を上回ったというショッキングな現実!~ ついにここまで来たかって感じ

◆共同親権だの面会保証だのって、これらも家族解体推進法案ですよっ!

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆幼児教育・保育の無償化で韓国・朝鮮に支配される日本 ~ 朝鮮人は色キチガイで虚栄心の塊

◆民主党は地方公務員と教員、外国人を優遇するエセ改革党 ~ 実は官僚より高給な地方公務員と教員!

◆現代は中世ヨーロッパ暗黒時代にも匹敵する文化不毛カルトの時代 ①~ ギリシャ時代に帰りましょう

◆左翼 民主党政権で北朝鮮化する日本 ~ 在日化する日本人 怠け者の国へ

◆消し去られる朝鮮半島の日本府 任那 ~ 子供を日本人でなく地球人に育てる驚愕の社会科教科書

◆マグマ大使のゴアって、共産主義者だったんだな ~ 未来の“こども園”ってこんな感じだろ。パパとママを知らない子供たち

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(2) |

マグマ大使のゴアって、共産主義者だったんだな
~ 未来の“こども園”ってこんな感じだろ。パパとママを知らない子供たち

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2015.6.24)
映画『大魔神』(1966)に出演後、TV『マグマ大使』に出演(終了後に手早く完全引退)。大変な人気を博したガム役の二宮秀樹でしたが、なんと今年還暦だそう!
マグマ大使は親子愛と、マモルとガムの友情の描き方がすごくいいですよ~

ガムの歌    前川陽子、上高田少年合唱団
ガム フェチになりそうなほど、すっごく可愛いらしい歌 ^▽^) 子供たちのコーラスも素晴らしい! 昔の子供向け作品には、ホ~ントいい歌がいっぱいあります。昭和万歳!

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.7.7)
今朝の子供との会話から、
「マグマ大使のゴアの子供たちって、パパとママを知らないんだよ~」

少し前、一緒に見てたので、私も中身は知ってます。
ゴアとは『マグマ大使』(詳しくは右画像クリック)に出てくる地球征服を企む悪役。
そして、ゴアに育てられた子供たち、実はこんな風なことまで言ってました。

「ゴアは何だって教えてくれる。いろんな言葉も教えてくれるから日本語だって話せるの」
「パパ? ママ? それなーに? おいしい食べ物なの?」

ご存知の通り、うちでは子供に、ほとんど昔の作品しか見せていません。一緒に私もよく見ている中、昔の子供向け作品には、現代や未来を予見させるハッとするような場面がたくさん出てきます。

さらにゴアは、主人公のマモルとガムに対して「大人たちさえいなくなれば、ずっと遊んで楽しく暮らせるよ。パパやママに叱られることもないんだよ」などと言って、子供たちをたぶらかします。
ピノキオにも、「一生、遊園地で遊んで暮らせるよ」なんて、たぶらかされて連れて行かれてロバにされてしまった子供たちの話がありました

これって、短絡的なフェミ女に、「男さえいなくなれば、自由に生きて暮らせるよ」とか言ってたぶらからす左翼の甘言にも、非常に似てますよね。

しかも最近では、女に対してのみならず、子供たちに向けて『子供の自由を侵害する権利なんて大人や親にだってない』とか、狂った人権教育されてるくらいです。

フェミニズムや個人主義、平等の行き着く先、ゴアの子供たちのように、子供が親から取り上げられて国のものにされてしまうのも、そう遠くない現実として起こりうることでしょう。

子は親の宝ですよ。国の宝ではありません。

1960年代から70年代前半までの子供向け作品には、子供たちの頭をお花畑にしない、貴重なメッセージを持ったお話でいっぱいです。 (参照:子供向け 安心できる特撮ドラマ)

『 マグマ大使 』 (1966) より  パパとママを知らない、ゴアの子供たち
原作:手塚治虫  出演:江木俊夫、二宮秀樹 他

左翼的な作品も多い手塚治虫ですが、マグマ大使は本当にすごくいいです。甘言にすぐダマされる今の日本人に比べて、マグマ大使の子 ガムの立派なこと。本当にスポンサーがロッテでさえなかったらねえ・・・でも、これを逆手にロッテは買うなという話しておくことも出来ますね ^^)  (主題歌はこちらで)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

——————————————————————————
◆犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話 ~ 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

◆大切なのは、どんな子を育てるかではなく、どんな子を育てる子に育てあげるか ~ 子育てについて③

◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆DVや虐待を流行らし、家族解体を目論む左翼勢力のワナ ~ 責任転嫁で本質問題を誤魔化さす左翼の極意

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 ~ 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆売国政権での幼保一元化に伴うリスク ~ 危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設

◆保育園拡充・幼稚園との一元化に発せられる、反日教育集団 日教組の思惑 ~ 保育園・幼稚園にまで、反日左翼教育の魔の手が及ぶ!

◆国連だって日本弱体化を図る工作機関 ~ 5歳にオナニー推奨 変態 日教組と国連

◆競争原理封殺! やる気と才能を削いでしまう日教組教育 ~ 恥の意識と闘争心を教えてくれた、人生を変えた小5の恩師

◆教育破壊で日本弱体化を達成の日教組 ~ 反国旗・反国歌の変態集団が子供たちを教育

◆人権侵害救済法案 ~ どうしてこんな売国法案が日本政府から出されるのか

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(1) |

見ておきたい戦争映画の名作

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.4.9)
いつもありがとうございます。
コロナウイルス、緊急事態宣言発令で基本的に不要不急な外出は禁止。毎日、家にとじこもってばかりの生活を送られてる方も多いと思います。子供も学校に限らず習い事まですべて休みにさせられているので行くところもありません。家でいろいろやらせるにも限界ですよね。けれど、このところうちでは毎日映画1本は見てますよ。ぜひこういう機会にこのサイトで紹介してる古き良き映画とか、たくさんご覧になってくださいね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.12.10)
戦争に負けたせいもあって、戦後の日本の戦争映画ってのは、戦争の悲惨さばかり訴えるものが多く、見てると大概、気が重苦しくなってしまうんですよね。そういうのも日本人として見ておくべきなんでしょうけど、ここで紹介する気にはあまりなれない。ましてや強烈な反戦主張、左翼的なものになれば論外です。
やっぱり私は、戦意を高揚するような映画の方が気分も明るくなれるし、そういうのを断然好みます。
前に日本の戦争映画『キスカ』を紹介してますが、『キスカ』のように日本軍の成功事例を取り上げた映画というのは特異な存在。
戦意高揚の国策映画『決戦の大空へ』は、見たらやっぱり爽やかな気分になれるし、『支那の夜』のようなメロドラマに仕立てられたものだって、エンターテイメント作品として、とっても楽しめます。

しかし、戦争映画の迫力やその男臭さを体感するには、やっぱりかつてのハリウッド映画が一番いいですね。日本が相手にされてるものだと気分が重くなってしまいますが、そうでないものなら、気軽に楽しめますし。

最近、1950年代~70年代初頭の西部劇や戦争映画をよく見てるのですが、あの頃のアメリカの男優たち、毛唐共であるわけですが……今時のあっちの映画に出てくるナヨナヨした男たちの話し方とは全然違うし、凄くスカッとした喋り方をしてくるので、英語自体とってもカッコよく感じるんですね。そういや、子供の頃の英語のイメージってのは、こんな感じだったなって。

往年の日本映画を見て、日本人ってのはスッカリ変わってしまった、本来の日本人ってのは誰もいなくなってしまったってことに気づいたわけですが、アメリカ人もあの頃のアメリカ人ってのはいなくなってしまったってことなんですね。当時のアメリカ映画に出てくる女優だって大変魅力的、昔の西部劇なんか見れば一目瞭然ですが、阿婆擦れ役がいても、まっとうな女性役もいて、今のギラギラしたフシダラな女優たちとはそのオーラからして全然違います。
フェミってのは、日本だけでなく、世界総弱体化のためのプログラムですね。アメリカはもちろんだけど、欧州になればもっとひどい。敗戦国ドイツやイタリアにいたっては、日本と同じく、そのメディアによるフェミ・自虐洗脳は相当ひどいものだと察しがつきます。

先日、子供にとって初めての戦争映画になりましたが、『史上最大の作戦』(詳しくは右画像クリック)を見ました。ジョン・ウェインはじめ大変な豪華キャストであり、有名な主題曲『史上最大の作戦』マーチは、かつての私の小学校に全国でも有名だったらしいブラスバンド部があって、実はそこで朝礼の時なんていつも子供たちの入退場に使われていたので、私にとっても身近でとても馴染みある曲。戦争映画の音楽でも、当時はそんなことで目くじら立てる人なんていなかったのです。
子供は、連合軍のノルマンディー上陸作戦を描いたこの映画を見て、「ボクはドイツを応援する。ドイツ頑張れー!」って言ってましたよ。「ドイツは一人で戦ってるのに、アメリカ、イギリス、フランスは一緒になっててズルイ」って。
やっぱり連合国はズルイぞー ^▽^)

今日は見ておきたい代表的な戦争映画をいくつか紹介しておきます。ドイツやナチス、日本への悪意というのは感じられない作品のみであり、冷静に見てられるものに限ってます。またアメリカが日本に攻めてくるようなものは外してあるので、暗い気分になることもなく、安心して見れることでしょう。今は存在しえない豪華キャスト、大迫力の音と映像、厚かましい女がシャシャリ出ることもなくフェミ性なんて欠片もない男臭い世界観、これらは現代では最早、絶対に作れませんね。

映画 『史上最大の作戦』 (1962) 予告編
監督:ケン・アナキン、アンドリュー・マートン、ベルンハルト・ビッキー
出演:ジョン・ウェイン、ヘンリー・フォンダ、ロバート・ミッチャム 他


映画 『戦場にかける橋』(1957)予告編
監督:デヴィッド・リーン
出演:ウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス、早川雪洲 他

舞台は日本軍占領下のタイ、捕虜収容所の日本軍と英国兵が描かれてます(詳しくは右画像クリック)。この映画の音楽も非常に有名。原作者は日本軍を揶揄したという『猿の惑星』と同じピエール・ブーレですが、出来上がった映画を見て、実際に捕虜経験もあった彼は、日本軍が優しく描かれすぎてると怒ったそうです。しかしアカデミー賞を総ナメにした上、興行的にも大ヒット。日本軍の士官役 早川雪洲も助演男優賞にノミネートされました。

映画 『トラ・トラ・トラ!』 (1970) 予告編
監督:リチャード・フライシャー、舛田利雄、深作欣二
出演:マーチン・バルサム、ジョセフ・コットン、山村聡、三橋達也 他

真珠湾攻撃を描いた大作(詳しくは右画像クリック)。日本の悪辣さを責めるわけでもなく、日本人への悪意も感じられないよう描かれてます。

米TVドラマ『コンバット!』COMBAT!(1962-1967)「決断」
出演:ヴィック・モロー、リック・ジェイソン 他

日本でも何度も放映されて大人気を博したTVドラマ(詳しくは右画像クリック)。舞台は欧州戦線なので、日本人にとっては気軽に見ていられます。当時、戦争モノなんて私は興味なく、見たことなかったドラマですが、初めて見てみたらおもしろいじゃないですか! Wikiには反戦ドラマなんて書かれていて左翼が利用しようとしてるようですが、全然違うと思います。そんな薄っぺらじゃないし、とっても奥深くて描き方もうまい。出てくる男たちもカッコいいし、本物の戦車や戦闘機もバンバン出てきて、今にして思うと、とっても贅沢なTVドラマだったのですね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.12.11)
たまたま子供のクリスマス会用のプレゼントオモチャを買いに行った時に見かけた光景。
何でまともな戦争映画を、今の時代、幼い子供のうち見ておく必要があるか、これを見ればその理由も説得力をもっておわかりいただけることでしょう。

*************************************************************
『ガールズ&パンツァー』とは】
戦車を使った武道である「戦車道」が華道や茶道と並び大和撫子の嗜みとされている世界を描いた物語で、兵器である戦車を美少女達が運用するという、ミリタリーと萌え要素を併せ持つ作品。戦車は主に第二次世界大戦時に使用された車輌で、IV号戦車の他、マチルダII歩兵戦車、M3中戦車、八九式中戦車ほか各国の戦車が登場し、各種車輌、船舶、航空機などの特徴は細部まで精密に再現されている。
*************************************************************
今、この『ガールズ&パンツァー』とかいうアニメがメディアやオモチャでゴリ押しされてるみたいで……こういうものを撒き散らし、(程度の低いネトウヨ増産等で)金儲けしてる、今の日本に巣食ってるこの種の連中ってのには、もう「死ね!死ね!死ね!」という感しか私はないのですが……
戦争や兵器とか知るのに、こういう萌え系クソアニメから入ったら、頭の湧いた真正パッパラパーになりますよ! 真正保守なんて実はないのかもしれないけど、今の日本は確実に真正パッパラパーが増殖してます。

私の子供の頃は“オタク”なんて言葉はなく、男の子がプラモデルとかでいろんな乗り物等作ったりしてるのはごく普通であったし、プラモデルやモーター、各種工作部品等に身近に触れることで、子供がモノ作りの楽しさやメカの仕組みを知る上でも、有効な導入手段の一つだったと思うのですが、それが今ではこのような低俗な萌え・ロリ・美少女等で汚染、貶められていて、ここから入った人はパッパラパーになるし、職人気質で硬派にやっていきたい人にとっても、そんな奴らと同類に思われてしまうのは非常に迷惑なことでしょう。
だから、この種のクソアニメ・漫画に子供たちが汚染されてしまう前に、勇敢な男たちの出てくるまっとうな戦争映画を必ず見せておきましょうね。
また、戦車や軍用機にこういう変な萌えキャラが絡められるのは論外ですが、ガンダムなどのアニメ系ロボット類のフィギュア等もおかしなキャラやイメージ(萌えや美少女等)が大概くっついてくるので、子供たちがその種のものに凝ってしまうのも要注意です。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆特攻隊の青春群像 映画『決戦の大空へ 』と、フィリピンの神風記念碑

◆奇跡的なキスカ島の救出劇 ~ 5000名の日本兵 救出作戦に成功!

◆子供が小さいうちに、本物の格闘技を見せておこう!

◆萌えキャラ自衛隊、K-POPとか見てるだけで、この国は終わってる感が・・・~ 現実として、今の日本でいいものって何がある?

◆自殺対策なんて、奴らは利権化することしか頭にない! ~ 公の“萌え”、パッパラパー化について

◆萌え系 日本神話がひどい件

◆戦争を煽って日本を破滅に追いやった朝日新聞 ~戦後は日本弱体化扇動の急先鋒

◆飛行可能な零戦展示中! ~ マニアでなくても感無量!所沢航空発祥記念館

◆親次第で自虐史観なんてどうにでもなる ~ 日本のおかげでアジア諸国の独立が早まった・・・そんなことで喜んでるのも自虐史観の亜種にすぎない

◆子供に日の丸を馴染ませるのも、やっぱりオモチャから!~ 愛国 日本人を育てましょう

◆日本人の心を奪われた日本人 ~ 世界最強だった日本軍 ~ 守るものを失った日本人

◆『軍艦行進曲』を、7歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(2) |

1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.6.9)
昔の作品には、今のように暴力的な男女平等ゴリ推し押し付けや、女が男を蹴とばしたり戦いまくるようなシーンもなく、いいものがいっぱいあります。1970年代前半ぐらいまでのものがいい。言葉遣いも今のドラマと違ってキレイですよ。ヤバそうなイロモノもいくつかあるにはありますが。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.3.8)
まもなくウチの子は小学校を卒業します。学生イメージの参考に、昨年は青春ドラマをいくつか、かいつまんで見せたりもしてました。もちろん、本当の学生生活はこんなに楽しいものでなく、ドラマチックでもないとキッパリ言っておきながら。『飛び出せ!青春』『われら青春!』のような明るい青春ドラマがしょっちゅう再放送されてた私の子供時は、高校生活ってとっても楽しそうだな、なんて思いを膨らましたりしてたのですが、実際行きはじめての学校は全然違うものでした ^▽^) でもあの当時、同時代の子供たちはそんな風に感じた方がとっても多かったのではないかと思います。

日本の青春ドラマにも歴史があります。いわゆる熱血教師が出てきて、やんちゃな若者達と最初は対立していても、やがて心が通じ合うってものが主な流れといえます。まあ、いわゆる青春ドラマがメジャーになる前の映画『青い山脈』なんかも青春ドラマといえなくもありませんが、やはり熱血教師と問題児たちの触れ合いを描くドラマが王道でしょう。それは『青春とはなんだ』(1965・夏木陽介 主演)から始まったようですね。続いて『これが青春だ』(1966・竜雷太 主演)というドラマにつながるのですが、日本の青春ドラマの元祖ともいえるこの2作については残念ながらDVD化されていません。『青春とはなんだ』は石原慎太郎の原作なのですが、TVドラマ放映後、映画『これが青春だ!』という題名で劇場公開されました(ややこしいのですが、TVドラマでは『これが青春だ』というタイトルは竜雷太主演のドラマで、映画『これが青春だ!』は夏木陽介主演のドラマ『青春とはなんだ』を映画化したものです。またTVドラマに先立ち『青春とはなんだ』という映画もあって、それは石原慎太郎の弟 石原裕次郎が主演した全然別の映画です)。TVドラマ『青春とはなんだ』を元に制作された映画『これが青春だ!』(1966・夏木陽介 主演)を見てみましたが、女性教師に対して「あなたは女性ホルモンが足りないようですね」なんて言う場面とかもあって、そういうのにフェミが発狂するからDVD化されないのかな、なんて勘ぐったりもしてます。変な規制もなかったこの頃のドラマのセリフはビシバシ本音で言い合ってるし、とっても面白いですよ。

『貴様と俺』TVドラマ『青春とはなんだ』(映画『これが青春だ!』)のサブ主題歌
歌:布施明 作詞:岩谷時子 作曲:いずみたく

戦後ですが、軍歌『同期の桜』をモチーフにした秀逸な楽曲です。聴いたことはあっても何の歌か知らなかったのですが、このドラマのことを知って、それが判明しました。現在、ドラマをDVDで見ることは出来ませんが、CDに収録されてる曲は聴くことが出来ます(詳しくは右画像クリック)。しかし「勝ってみせねば男じゃない!」って歌詞、勝つ人がいれば負ける人もいるわけで、別に負けることがあるのはしょうがないし、それで「男じゃない」なんて言うのは随分手厳しいなと思える内容ですが、これを女性が作詞したってのも、まだ戦後まもない当時の日本人としての気質が物凄く端的に表れてますね。でも、この軍歌調の歌が私は大好きだし、私のイメージではあの軟弱でキザっぽいオジさん布施明が、この硬派な歌を歌ってたってのにも驚いたし、この頃の布施明、若いですね。DVD化されてない、めったに見れない映像ですので、ぜひご覧くださいね。


以後、青春ドラマは森田健作主演の『おれは男だ!』(1971)につながり、続く『飛び出せ!青春』(1972)、『われら青春!』(1974)の頃までが青春ドラマの黄金期といえましょう。私がオススメできるのはここまでですね。これらTVドラマは放映後も長い間、大人気だったし、当時の若者や子供たちに大きな影響を与えています。後に中学校を舞台とした社会派ドラマともいえる『3年B組金八先生』シリーズ(1979)のようなものが出てきてジャニーズタレントが初めて大ブレイクしたりで金八先生は大変な人気を得ますが、さわやかな青春が題材ではなく、中学生の妊娠のような生々しい話がテーマだったりで私はなぜか興味を持たず、私の地元 福岡出身の武田鉄矢が主演していたにも関わらず、私は「金八先生」シリーズは全くと言っていいほど見ていませんでした。

『おれは男だ!』(詳しくは右画像クリック)についても全くと言っていいほど私は見たことなかったのですが、1970年代初頭は日本でウーマンリブ思想が吹き荒れはじめ、その風が当時の学校では実際に吹いていて、主演の森田健作は「自分の学校でも全く同じことが起きていて、あのドラマは自分の学生時代そのものの話でもあるのだ」とまで言い切ってます。内容は「女は慎ましくあれ、女は男の俺が守る」という保守系・伝統的な男の役柄の森田健作と、女性の権利意識の強い進歩的な女子学生との対立や微妙な恋愛感情が描かれていて、授業シーンはいつも植物の受精の話で眉をひそめる部分もありますが(笑)、前半部分はその男と女の対立的なかけあいの会話が、コチラで紹介のアニメ『マジンガーZ』と同じように秀逸なセリフに溢れています。後半はかなりダレてきますが、当時のトップアイドルスターだった石橋正次が出演してることもありドラマは大人気だったようです。

『おれは男だ!』 第一話より

6年生になった頃、剣道をやらせはじめたこともあって、子供に少し見せてあげました。『おれは男だ!』には熱血教師というのがおらず、男子学生と女子学生の対立や交流をメインテーマとして描かれていたのですが、続く『飛び出せ!青春』(詳しくは右画像クリック)では村野武範扮する熱血教師が登場し、コチラでも紹介の主題歌『太陽がくれた季節』も大ヒットしましたし、『おれは男だ!』以上の人気ドラマとなります。

そして続くドラマ『われら青春!』(詳しくは右画像クリック)では無名新人だった中村雅俊が起用され、ドラマの人気とともに挿入歌「ふれあい」の大ヒットもあり、中村雅俊は一躍、人気俳優・歌手として大ブレイクしました。このドラマでは上で紹介の『貴様と俺』も挿入歌で頻繁に使われていますよ。

私はこれらドラマの初放映時は見ていませんが当時はこれらドラマが何度も再放送されていて、学校から帰った夕方いつもやってるって感じで、子供の頃それらを見ながら育っていったわけです。学園生活に若者の熱い思い満ちたそのイメージ抱いて高校に行ったのですが、現実はまったくかけ離れていて……(笑)。 でもそれらドラマを見て育ったことで、当時は前途をとっても明るく感じてたし、結果的にいい影響を受けたと思っています。あの当時のドラマを知らない方には特に一度見て欲しいですね。全部見ると長いし、かえってパッパラパーになりかねないので、全部見る必要なんてなく、かいつまんで見ておくだけでいいんです(当時は全部見てる人なんて、まず、いません)。ただ、当時の空気やドラマ制作者たちの熱い思いさえ感じとれればそれでいい。

後に中村雅俊が大学生役として出演した『俺たちの旅』(1975)なども大人気でしたが、これは男子3人組がフラフラと、いわゆる自分探し的な旅に出るといった内容で、ああいうの見て育った当時の女子の間では「男の友情ってすごくいいし、憧れるよね」なんてイメージ持ってた娘も多かったのですが、なぜか私は『俺たちの旅』はあまり好きでなかったこともあり、全く見ていませんでした。あの頃、別タイプのアウトロー青春ドラマともいえる『傷だらけの天使』(1974)のようなものも話題になってましたが、私のアンテナでは、あの種の色モノ的な映像をなんか品が悪く感じていて、それらドラマを全くといっていいほど私は見ていません。そんなのを好んで見ていた妹と(もちろん再放送時の話)、「こんなの見るな」と言ってケンカしてたくらいです。それらドラマは今にして思うとリベラル色が非常に強いし、私の頭が拒否反応を示していたからでないかと感じています。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆世界で忍者のイメージを決定づけた、最初の特撮TV時代劇 『隠密剣士』

◆見ておきたい戦争映画の名作

◆子供が小さいうちに、本物の格闘技を見せておこう!

◆子供向け 安心できる人形劇ドラマ おすすめセレクション

◆イチオシ! 『魔法使いサリー』から

◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆『マジンガーZ』に見る正常な男女観 ~ やっぱりガンダムよりマジンガーZ

◆戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ②

◆天皇陛下万歳! 大日本帝国万歳! ~ 愛国者なら大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』は必見!

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社 ~ 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 ~ 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(2) |

日本人なら『ねずみの嫁入り』の世界観を!
~ 陰謀の黒幕を考えるのでなく全体として捉えられる感覚を持ちましょう

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.3.5)
「多様性を認める社会を」なんて騒いでるグローバリスト、言論人や教育者こそ、一切の異見を無視して多様な社会を消滅させて一つの社会統制で支配しようとしているファシスト。今、盛んに持ち上げられるSDGs(持続可能な開発目標)を掲げる政治家や教育者、マスコミらこそ多様な社会廃絶させる全体主義者。こいつらの言うことを一切聞き入れてはいけない。こいつらは皆、ウソつき、極刑相当です。SDGsも欺瞞しかないコロナウイルスと同じ壮大な偽善。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2014.5.9)
ここで紹介の『新・講談社の絵本』シリーズにはありますが、戦前の日本人は誰もが知っていたのに、戦後の日本人は誰も知らなくなった話……その代表格が『曾我兄弟の仇討ち』です。これにより日本人の魂はプッツリ途切れたとも言えるでしょう。

       
仇討ちや忠義の話はそれまでの日本人の心を形作っていた大切なものだったわけですが、報復を恐れたGHQによる徹底統制により“父の仇”の『曾我兄弟』の話は消し去られたようです。“主君の仇”の『赤穂四十七士』(忠臣蔵)の話は今も知る人が多いのですが、それに比べて血縁(親兄弟)の仇討ち『曾我兄弟』の方が忘れられたのはどうしてでしょう。要するにこれは、血のつながった父の仇を討つのをご法度にして、血はつながらなくとも組織への忠誠心だけは残させたかったという思惑が働いてのことではないでしょうか(但し、当時の赤穂浪士=武家集団は血縁中心でしょう)。親兄弟の仇討はダメでも、組織のため命を捨てる覚悟だけは残させる……おわかりでしょうが、かつてのソ連などの共産主義諸国に代表されますが、そういうのも左翼に利用されやすいわけで、今の日本はそっちに向かってるようにも感じます。
『曾我兄弟』(詳しくは上画像クリック)、ぜひ子供たちに語り継いでください。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2012.2.27)
日本を筆頭とする敗戦国の弱体化、フヌケ化・骨抜きをはじめとして、世界各所で陰謀を仕掛けては世界を操ろうとする勢力・・・紛れもなく存在するわけですが、日本弱体化の急先鋒にいるのが紛れもなく朝鮮人、シナ人であることに違いありません。でも奴らを支援してる勢力が存在しており、もしもシナが尖閣諸島を侵略してきたら、シナ人ではない、シナを裏でそそのかした勢力がいると考えるのが妥当。
それでも尖閣諸島にシナが侵入してきたというなら、シナを裏で後押ししてる奴らを叩き潰そうとするより、たとえワナだとわかっていても目先のシナ人を倒すため日本は戦うべきでしょう。

そして朝鮮人について真っ先に潰すべきは、やっぱりパチンコ
さらに、1990年代以降の日本を内部崩壊させて社会を暗くしてしまうに至ったエセ男女平等洗脳で男女の確執を生んだフェミニズムについては、まずは男女雇用機会均等法や男女共同参画法を廃絶させる必要をここで説いてるわけです。

一点からでなく多角的な視点を説いた『ねずみの嫁入り』
美しい日本画による戦前の講談社の復刻絵本シリーズ

日本には『ねずみの嫁入り』という有名な説話がありますが、この物語を知ってるのは、ここを読まれてる方でも今や意外と少数派になってしまってるかもしれません。
右写真は講談社の『新・講談社の絵本』シリーズから。
講談社は最大の左翼出版社だと前から言ってますが、歴史ある出版社だけに中にはいい本もあります。このシリーズは戦前の講談社の絵本を復刻したもので、昔ながらの日本画を基調にした美しい絵柄構成が大変魅力的。
しかも着物姿の美しいいでたちのねずみの娘達が、今の売春婦のような格好の日本女性たちよりも、何だか品が良く美しくも見えてしまうという方、きっと多いように思います。こういう絵本を見てると、昔の日本人が外見的にどうであったか、本来どうあるべきだったかもとてもわかりやすい(詳しくは画像クリック)。

この絵本シリーズは昭和中期まで各所に普及していたようなので、幼稚園とかで見たことあるような記憶がおぼろげながら私にもある気がします。ただ、残念なことにこの復刻版では文章が現代風に書き換えられてしまっており、たとえば『かぐや姫』では原本では「3寸」ほどと書かれていたものが「10cm」ぐらいと直されてたりで、昔読み聞かせていたようなお婆ちゃん世代からするとカミつきたくなるような問題もあるし、そういうのがアマゾンの書評とかにあったりします。
現代の日本人だと「別に、わかりやすい“10cm”でいいじゃねえか」とか思う方おられるかもしれませんが、私はそういうのにこだわるお婆ちゃんの気持ちがとってもよくわかるし、講談社は絶対、元の通りの文章で復刻させるべきだったと思います。メートルやセンチでなく、尺や寸にこだわりたいという旧来の日本人の気持ち、感性を日本人は絶対取り戻すべきだし、そういう日本の言葉使い一つ一つに意味や由来を考えることこそ重要なんでしょう。でないと今の子供たちは『一寸法師』の一寸の意味だって何だかわからないわけですから ^^)

それでも美しい日本画が取り入れられたこの絵本の代替品、今の日本で入手するのは困難なので、私はこのシリーズを全巻取り揃えてます。幼児でなくとも小学生が自分で読むにもとってもいいので皆さんにも十分オススメできるし、寸や尺の話までお母さんが話してあげれば、昔の日本人がどういう感性を持っていたか子供が知る上でもかえっていい題材になるでしょう。
私はこの講談社の復刻絵本シリーズを、実は昨年末のクリスマス会など子供と父兄が集まる場でプレゼントにたくさん配ってきました(画像クリックで本の詳細も見れます)。

  
『ねずみの嫁入り』では、隣のねずみに求婚されたねずみの娘一家が、世界で一番偉い者のところへ娘を嫁がせたいということで世界を駆け巡るわけですが、世界で一番偉い者、実はねずみだったということで、結局は隣のねずみと結婚するお話。
一見、強そうな者にも必ず弱点があるという世界観。ねずみの娘一家は強い者を求めて、おひさま、雲、風、壁、そして最後は壁を朽ちらせることが出来るねずみが一番強いのだという結論に達するわけです。

日本人をフヌケ・弱体化して操る上で、奴らにとって手足となる朝鮮人やシナ人は必要。奴らも露骨に日本へ直接、手出しすることは出来ません。
要するに暴力団やマフィアと、それを政治利用する政治家のような関係。
だから奴らだって、ある意味マフィア的な存在にあたる朝鮮人・シナ人に頭が上がらないところがある。そして朝鮮人にとっても奴らの頭脳がないと、本当なら日本人になんて決して太刀打ち出来ないはず。
奴らだって、シナ人・朝鮮人がいなけりゃ、そう簡単に日本を操ることはできない。
どっちもどっち、本当はどっちが強いとか偉いとかいう存在とも言い難い。

結局、神でない限り、絶対的な存在なんてありえないんだから、力の強弱はあっても、どっちにとっても必要な存在なわけ。
世界を牛耳ってるかのような闇の勢力にも神でない限り弱点はある。シナ人にも朝鮮人にもアメリカであれユダヤであれ白人であれロスチャイルドであれ、ロシアであれ共産主義者であれ、イルミナティ(フリーメーソン)であれ、金融勢力であれ……日本人にも弱点はたくさんあります。
奴らは日本人の弱点をツケ狙ってるわけで、特に女子供を利用して弱点を突いてきてるように感じられます。
出回ってる陰謀論で攪乱されて、どこがどうたらと騒ぐばかりでなく、日本人自身が揺るぎない価値観・信条をもってシッカリしていれば、どんな陰謀攻勢だって、きっと跳ね返せることでしょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆朝鮮人というより問題はパチンコ。国連も左翼も朝鮮パチンコが支配

◆日本神話の絵本について ~ 子供たちに日本と天皇へ愛着を持たせましょう

◆本家ディズニーも顔負け! 日本人なら初期の東映アニメは見ておきたい

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 ~ 映画『忠臣蔵』より

◆最優先の改革はパチンコマネーとの決別~反日外国人勢力の資金を断て!

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆誇りある日本人の精神性復活のため、メスを入れるべき二つの条件 ~ パチンコと男女雇用機会均等法の廃止

◆パチンコ市場30兆円!GDPの1割が在日!? ~ 在日マネーに支配される日本

◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう ~ 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆保守がネコ好きってのもウソっぽい ~ 保守にネコ好きが多いは本当か!?

◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク ~ LGBT=レインボーカラーとは ~ 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(5) |