日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

そもそも狂人を作るための現代アニメの制作会社。自らが作った狂人にやられるのは必然。因果応報。

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.26)
『鬼滅の刃』(きめつのやいば)が「おもしろい!」「大ヒットしてる!」「“千と千尋”の興収超える!」……なんてマスコミは馬鹿騒ぎしてるようだけど、まさかここの読者でそんな報道真に受けてる人いないよね。私にとって信じられないことなのですが、「シナがー」「朝鮮がー」「反日左翼マスコミがー」あるいは「コロナは嘘だー」といつも騒いでる人々でも、なぜか今のアニメとかゲームとかには無抵抗、無批判な人が主流で、あんなに有害なものをヒット作だからと喜んで見に行く人が多いというのが理解できません。結局、本当にいい作品というものを見たことない人ばかりだからなんだろうね。なんだかんだで低俗なものにドップリ浸かってきたから、腐ったマスコミに骨の髄まで実は洗脳されてるだけの人が多いってこと。あんなマスコミが持ち上げてたり、今の大手クズメディアが作ってるものなんかにいいものなんてあるわけないでしょうが。それどころかエゲつないものに慣れさせて日本人の感性をぶっ壊す悪意の固まりのような作品ばかりなのに。テレビで見るに限らず、わざわざカネ払って見に行くなんてもう完全に狂ってるし、本当は入院が必要なレベルなんです。ましてや、その種の汚らしい作品を子供に見せるなんて論外。今のメディアが騒ぐ流行りものを気にしてるだけ時間のムダですよ。そういうのに食いついて観たり聴いたりしたら朝鮮菌に感染して脳にウジが湧きます。もう、いい加減、そういうの一切やめなさい。まあ、どうせこれからはみんなが何の疑問も持たずにマスクし続けて、新しい生活様式を受け入れて、これまでの日常の常識を捨て去っていくような人ばかりなんだろうし、生き残れる人は微々たるものだろうから、別にもう私にはどうだっていいのですが。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2019.7.19)
人間のクズを作るための今のアニメ・漫画業界が自ら育成した人間のクズ、狂人に殺されるのは必然。自明の理。今のアニメ、漫画、ゲーム、テレビ、マスコミなんて、女子供や若者を人間のクズにするための作品ばかり作ってんだから。
某アニメーション制作会社での放火事件(京都)で何十人も死んでしまったと言われても、劣悪な条件で作業している末端のスタッフらが被害に会うのは気の毒な感もあるが、所詮、犯罪者を作り上げるためのプログラム、現代アニメ、漫画のメディア制作に関わっていたのだから責任はあるのです。そういうメディア関係に勤めてる自らがまさかそんな犯罪者、引きこもり、狂人を育成してることに加担してるとは思ってもいないだろうが、そんなキチガイ養成会社に勤めての自業自得。最も重大な責任ある経営陣がピンピンしてるのは問題であるが、そいつらにも間違いなく報いは訪れる。

今日は子供を理髪店に連れて行って、待ってる間、そこに置いてあった『ONE PIECE』とか『進撃の巨人』とかチラッと見たけど、汚らしくグロくキツい絵柄の漫画、くだらないバトルがダラダラ続けられてるだけ。あんなエゲつないだけのものの何がおもしろいん? 全然読む気せんわ。他にも美少女キャラが戦ったり、くだらないことばかりやってたり、フェミ臭かったり……あんなのを子供に読ませてるってのも信じられんわ。日本が危なっかしいキチガイだらけになるのは当然! こんな大事件の類を起こさなくとも既に心の病んでるキチガイがその百万倍は今の日本にいる。

アニメ、ゲーム業界を目指すのなんかやめなさい。狂人になって寂しい人生を送りたくなかったら、現代のアニメや漫画、ドラマ見るのをやめて、ゲームをやめて、くだらないことにしか使っていないスマホもやめなさい。終わってる“死の文化”にいつまでも入れ込むのなんかやめなさい。もう今のメディアなんて全部消え去っていいよ。
じゃあどうすればいいかと言うと今の小説や本もくだらないのばかりだから、古典を読んだり、せめて古いアニメや漫画や映画、ドラマを見るにとどめなさい。いい作品は、見切れないほど過去にいっぱいあるから。

『青空のファンタジア』 ピンク・フロイド(1968)
Point Me At The Sky – Pink Floyd

デビュー時のリーダー 気の狂ったシド・バレットが脱退直後のピンク・フロイド。ロジャー・ウォーターズが主導権をとる前の一時、リチャード(リック)・ライトがバンドをリードしていました。初期ピンク・フロイドの、絵になるようなリックの映像。地球には食べ物も資源もなくなって誰も住めなくなっていくから、飛行機に乗って空に飛んで逃げていこうって歌なんです。ポップなサウンドで日本でもシングルヒット、この頃はピンク・フロイドでもアイドルっぽいイメージ戦略がとられていたんですよ ^^) Early Years 1965-1972 BOX(詳しくは右画像クリック)に映像、音源共収録されてます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆消されたウィンピーとキチガイ博士 ~ なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆AIと工作員に支配されたネット、バカ製造装置のスマホ中毒者に溢れた世界 ~ そして人々はムーンショット計画でバーチャル空間に閉じ込められる

◆ブースカとロボコンを見てる子はいい子に育つ!

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン ~ 最近の書店の子供向けコーナーから

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 ~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット ~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆政治家は選挙に通ることしか考えてない人間のクズ、変態の集まり!~ 自民党も性的指向の多様性目指して政治活動やるって、ふざけんじゃねえよ!

◆フェミニストはキチガイ。小池百合子もカルトに頭を侵されたキチガイ

◆ダマし政策!ダマし政府! くだらんことやっとらんで、朝鮮人を早く朝鮮に返せ! 韓国の諜報ツールLINEの使用を子供や保護者に強制させるな!

◆こんな時代だからこそ、ゆるぎない愛情もって子供を育てるしかありません! 子供にとって今という時間は今しかないんです!

◆子供には生の声、楽器音を聴かせましょう ~ ボーカロイドなんかダメ

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆勲章エリート役人上がり老害 飯塚幸三による池袋母子轢き殺し事件。妻子を無残に殺され、残されたご主人は、ぜひ行政訴訟を起こしてくださいませ。

◆仏教も乗っ取る、反日・フェミ・同和・在日朝鮮人 キチガイ勢力の猛威~ 部落差別につながるからと、廃止が進められる“お清めの塩”

◆フランス革命に見る人権派による残虐な子供の管理 ≪ルイ十七世の惨劇≫ ~ キチガイ左翼組織 児童相談所に拉致された子供たちを一刻も早く取り返せ!

◆腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社 ~ スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!~ 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(7) |

戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ⑥ 聖徳太子

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.4.16) (戻る)
聖徳太子は現代人でも一応は知っていますが、先人たちが今と違ってどんなところに重きを置いていたか、当時の子供たちが聖徳太子から何を学んでいたのかに思いを馳せながら、ここで立ち返って勉強しなおしたいと思います。(聖徳太子について詳しくはコチラもご参照を

尋常小学国史附図 第五学年用(1925年・立川文明堂)より 国史 問題

「戦前の小学歴史学習問題」 目次はコチラ

【聖徳太子】
一 聖徳太子の御賢命におほせしことにつき語れ。
二 如何に支那と交際し給ひしかを語れ。
三 聖徳太子が佛教を大に盛んにせられしことにつきのべよ。
四 太子のうせ給ひし時、人民は如何に墓ひ奉りしか。
解答 ↓
(クリックで拡大)

(今日の難語句)
一時(いちじ)によく十人(じふにん)の訴(うったへ)を聞分(ききわ)け:一どに十人のものの言ふことを聞きわけて
十七條(じふしちでう)の憲法(けんぽふ):おほもとのきそく十七でう
官民(くわんみん):やくにんとじんみん
國書(こくしょ):國から國への手紙
日出(ひい)づる處(ところ):日本の國をいふ
日没(ひぼつ)する處:支那の国をいふ
恙(つつが)なきか:かはりはないか
留學生(りうがくせい):支那へいって學問する人


(続き)◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ⑦ 天智天皇と藤原鎌足

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(戻る)◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ⑤ 仁徳天皇

◆シリーズ「戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から」 目次 ~ 戦前の小学歴史学習附図 全編ダウンロード出来ます。

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑨ 聖徳太子 支那へ使節派遣

◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ④ 神功皇后

◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ③ 日本武尊

(始めから)◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ① 天照大神 ~ 戦前の小学歴史学習附図 全編ダウンロード出来ます。

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑯ 聖武天皇 奈良時代の佛教文物

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑰ 和氣淸麻呂(朝廷に於ける僧侶の勢力)

◆私の好きなプリンス パート1 ~ 神国・日の丸のハチマキ

◆本物の“大和撫子”入門 ② ~ 貝原益軒『和俗童子訓』【女子を教ゆる法】より

◆「原爆は天罰!」公明党=創価学会教祖 池田大作の歴史観~朝鮮人の発想だろ

トップ | 戦前の歴史学習問題から | permalink | comments(0) |

昔は “所帯をもって一人前” が当たり前の価値観だった

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2013.9.1)
ここを始めた当初から、「フェミ洗脳を解いてくれてありがとう」という女性の声を、私はこれまで沢山頂いてきました。ごく初期から、女に対してはかなり威力を持ったサイトでしたが、その頃は寧ろ、腐ったオタク系男が中傷してきたりすることが多かったです。でも最近は、そういうオタク史観から解放されたという男性からの声を聞くことも非常に多くなり、私は何より、それがウレシーです ^▽^)

今日は、ここの記事に関連する話。
既に20代では女の方が男の所得を抜いてしまったという世情なのに、デート代を割り勘にした男を「セコイ」とdisったりで、女には「デート代は男がもつべき」と思ってるのが、未だに圧倒的主流のようですね。男を立てようともしない女ばかりになってるのが現実なのに、そういう時だけ……厚かましいにもほどがあります。

一つ、興味深い話をしておきます
私が学生の頃の女は、四年生大学よりも短大に行く方が主流でした。
だから、たとえば高校からの同級生や同年代のカップルが付き合っていると、女の方が早く就職するパターンが非常に多かったんです。男が大学三年になる頃、女は短大を卒業して就職します。当時は今より男女の付き合いの息が長かったので、今よりは遥かに、高校の頃から付き合ってるといったケースは非常に多かったと思います。
その結果、二十歳になる頃の一時期、男は学生のままだけど女は社会人になっていて、女の方が実は経済的に余裕あったりするわけですね(しかも男の方が浪人してたりすれば、男が社会に出るのがその分遅れるし、そういう時期が更に長くもなります)。だからその頃、男が驕ったりするより、割り勘はもちろん、女の方が「今日は給料日だから驕ってあげるね ^^)」というイベントが非常に多かったわけ。だから、そういう付き合いに馴れてる女なら、「デート代は男がモッて当然!」なんて先入観はさほど強くなく、「割り勘なんてセコイ!」とか、そういう厚かましい固定観念を持つ女は(男が社会人〇年目とかそういう明らかな事情でもない限り)寧ろ少数派だったわけです。

そして、女が社会人3年目になる頃、男も大学を卒業、晴れて社会人に仲間入り。そして男が入社1、2年して安定し、男が3年目になれば給料もグンと上がり、社会経験は浅くても相手の女の給料を抜きます。男が所帯を持てる道筋が見えてきて、そんな中、女は会社を辞めて目出度く結婚。とってもうまく出来たシステムでしたね。そういう意味で男女とも25歳頃というのは、人生の節目に当たる大事な時期だったと言え、勝負どきだったのだろうと思います。実際当時は、25歳を過ぎたら“オジン” “オバン”という風なイメージが非常に強かったです。
そういうパターンで結婚されたご夫婦のご主人は、若い頃、女に金を使ったことより、寧ろ女にいろいろお世話になった記憶の方が多い方、きっと沢山おられると思います。そういう流れで結婚できた夫婦ってのは、きっと一番幸せで理想的なパターンだったことでしょう。
逆に言えば、その結婚のタイミングを逃してはいけなかったわけで、そこで結婚しなかったせいで、後の大きな失敗につながってしまったという方も非常に多いことでしょう。

現代における男も女も社会人のカップル、「だからデート代は男がモッて当然!」なんて考える女は、ある意味、イキ遅れた女と言い切ってもいいかもしれませんね。「男女平等!」とか言いながら、歳を聞かれたら「女に歳を聞くなんて失礼ね」なんて言ってる輩たち。

『ラヴ・シャック』  Love Shack – The B-52’s (1989)
コーラスが最高の大好きな大ヒット曲! 昔バンドでもやりました ^▽^)
(詳しくは右画像クリック)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2012.9.5)
「所帯を持つ」というのは男が持つことを言っていたのであって、女は「所帯を持つ」というより「所帯に入る」というイメージがあったわけで、普通なら女が「所帯を持つ」とは言いませんでしたよね。

けれども、女だって所帯を持っていいじゃねえか、というのがフェミニズムや男女平等イデオロギーであって、しかも日本国憲法でまで“夫婦平等”なんて書かれてるから、“男が所帯を持つ”という言い方は今では不平等だとされかねない。

だけども、男が「所帯を持つ」と言った場合は家族全員への責任を持つことも示していたわけで、基本的には男が家族を食わしていかなきゃならないっていう大前提があったけど、女が「所帯を持とう」としても子供だけに目が行き、普通は夫を含む家族全体を食わしていくことまでは考えないし、その実態は【女が所帯を持つこと=離婚】と言ってもいいくらい。
たとえごく一部の女に夫を含む家族全体を養える経済力があっても、男が女にそこまで世話されること、あるいは専業主夫なんて、普通の男が受け入れられるはずもないので、どっちみちうまくいかない。

男の気遣いから赤ちゃんの世話や家事するのはいいけど、女の都合による平等イデオロギー押し付けによる「男も家事やれ! 子供の世話しろ!」は、それと全くもって似て非なるもの。

かつてまでの、ちゃんと男を立てるよう育てられていた女なら、別に憲法に平等が定められてようが、私の世代の若い頃のように概ね普通に男を立ててたわけだけど、そうじゃなく、子供の頃から男女平等だと教育されてる世代になれば、結婚して所帯を持った時だって夫婦平等だなんて主張しちゃうだろうし、これでは家庭のリーダー不在になるし、これで家族がまとまるはずもなく、ギクシャクした家族ばかりになって結局、離婚が増えてしまうってこと。

夫婦が互いに「私の所帯だ!」、「私の子供だ!」なんて主張、いがみあってうまくいくはずなんてない。だから耳触りのいい平等思想なんてもの自体が、家族(組織)の結束を弱めて組織を内から崩壊させるための謀略なんだってこと。結局、自壊して破滅。

男と女は一人 二人と数えるのでなく、二人で一組。つまり一組 二組と数えなければならないわけで、その男女関係にも当然ながら凹凸があるわけで平等な関係なんて絶対ありえない

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.4.4)    (戻る)
いい歳こいてプラプラしてるなんて・・・恥ずかしいと思われていた。
男なら、会社に骨をうずめる
女なら、結婚したら家庭へ

これが当たり前でした。
女性が仕事する場合は大概、一般職に就いてましたが、普通の人ならそんな男女区別あることに疑問持ったり、日本にはそんなことで「差別だ!」なんて騒ぐ人も元々いませんでした。
数は少ないですが、女性でもいわゆる総合職で普通に仕事やってる人、そんな中でも当時からいました。(今の方は一般職というのが何だかわからない方が多いかもしれませんが、当時の女性向けの事務などに限った職種のことです)

この、昔の価値観を覚えている人は、私の世代含めそれより上の世代。
団塊ジュニア以下だと、「女性は一般職」なんて話があると、すぐ、「男女差別だ!」とかいう発想しかきっと持てないのではないでしょうか。

基本的に男の仕事は一生。
結婚だって、一生。

女なら、いい歳こいて嫁に行ってないと“売れ残り”。
男で結婚してないと、「どっか問題持ってんじゃないの?」、そんな風に思われて当たり前だったし、そんな一人モノの子を持つ親なら、娘や息子に対してズバズバと、それはそれは恥ずかしいことだと平然と言ってました。
私が子供の頃は、オジやオバで結婚してない方々に対しては、子供ながらに何となく白い目で見ていたところもあったような気もします。

反面、確かに若い頃は私自身未婚だったりで、その種の当時の大人たちの価値観が漠然と偏狭的にも思え、少なからず抵抗感も持ちました。その程度のことで恥ずかしいとかいう親がいるなら、個人の自由侵害だとか、そんな風に考えていたように思います。

しかし今では、あの時の多くの普通の大人が持っていた価値観というのは、とても大切なものだったのだと思ってます。あの価値観は正しいことだったのだと見なして揺らぎません。

私の若い頃は、結婚しておらず子供がいない男なんて、何をほざこうと、どんなに仕事が出来ようとも半人前としか見なされませんでした。それが当たり前だったんです。
だから著名人、活動家であれ何であれ、結婚せず子供もいない人なんて皆、当時の価値観からすれば半人前。(もちろん先天的な理由で子が産めないという方が人間として劣るとか、そんなこと言ってるわけではありません。左翼はそういうのですぐ揚げ足取りますが)
家族の重要性もわからないまま、ヘ理屈ばかりコネて、言ってる本人も結婚してないし、子供もいない・・・
(もちろん独身で子供がいなくともやれることはたくさんあります)

「結婚してない男なんて半人前」、今なら男だって、そんなこと言われると、「35歳になると羊水が腐る」発言で発狂したフェミ女たちのように、発狂ヒステリー起こす男が山ほどいるような気がします。
しかし、いくら騒ごうとも、所詮 半人前。

たとえ離婚したフェミ系女でも、守るべき子供がいる女といない女では、いろんな意味で天と地ほどの差があります。
もちろんこれは男でだって同じ。

押し付けられた、価値観の変化

当時は離婚なんて通常では考えられないし、ましてや未婚の母なんて、とんでもなかった。出来ちゃった婚なんてのも最悪。転職なんかも、とても珍しかった。

少なくとも私が勤め始めた頃は、そういう雰囲気だったのに、途中から離婚だらけ、芸能人の離婚スキャンダルも輪をかけて、周りでも離婚する人が続発しました。
特に私の世代は、男女ともその価値観の激変を身をもって体験してきた世代です。思い出してください。私たちの若い頃の価値観、男女とも今のようなものではなかったはずです。

「結婚してなくても、子供がいなくても恥ずかしくない。本人がいいと思ってるなら、それでいいじゃないか」、こんな風に今では、当時の価値観が完全に崩されてしまいました。こうなったのは紛れもなく1990年代以降。
個人主義、拝金主義、唯物史観・・・
男女悪平等、日本人の価値観がスッカリ変えられてしまったんです。
既に洗脳されきってるんです。

男の場合、会社に骨をうずめる、身も心も捧げるくらいでないと、昔は会社だって採ろうとしませんでした。
今がいくら厳しい就職戦線とはいえ、大企業ばかりならともかく、中小も含めて100社受けて一社も受からない人というのは、おそらく300社受けてもダメの可能性が高い。
そういった方々、人間としての改造が必要に思えます。
もしも私が採用担当者だったら、やっぱりその種の人は採らないと思う。
いったい、人間として成長していく上で、どこでどう間違ってしまったのか・・・
子供がそんな大人になってしまうまで、その親は一体何をやっていたんだと、そういうところで非常に気の毒に思います。

でも、そんな就職難と言われる時代でも、どこに行っても採用されるような人だってたくさんいるわけで、この採用される人と採用されない人の違いというのは、一体どこにあるのか考えるべきだと思う。

婚活でも「うまくいかない」とかいう男と女。そもそも厚かましい条件ばかりつける婚活なんかで相手が見つかるのかという気がします。年齢にもよるでしょうが、少なくとも20代前半で魅力ある男女なら、そんな活動しなくとも、自然と中にはいい人も寄ってくることでしょう。(“婚活”とか“就活”とか、身の毛もよだつような軽薄な言葉。人生がかかってる重大なことに、こんな薄っぺらな言葉で代用させるなんて・・・使い始めた奴の人生への不真面目さが表れてます)

しかし要は、たとえモテてるような相手でも、本当にいい人か見分けられるかどうか。一見キレイだったりカッコよく見える相手でも、その中身が結婚するにふさわしいタイプかどうか見分ける目を持っていなければなりません。たとえば男が、モデル並みのいい女にこだわってたりとか、そんな視点ばかりで女を見れば100%失敗します。
そして肝心なのは、思い切りよく、結婚できるかどうかでしょう。
今の人は大概が、「もっと遊びたい。いろんな男(女)と付き合ってみたい」という気持を持ってるのが本音でしょう。もっとも私の世代にだって、そういう人はかなり多かったですけどね。しかし、さすがに私の世代の女性、少なくとも若い頃はそんなタイプは非常に少なかった。当時は出会い系なんて存在しなかったことが大きいです。

結婚相手に一生を尽くそうという気持ちがない人であれば、誰もそんな人と好き好んで結婚したいなんて思わないでしょう。
就活にしろ、婚活にしろ、うまくいかないというのは、根は同じところにあります。

もちろんいい人材はまだまだたくさんいますが、日本人全体として見れば、やはり劣化してしまったように感じられる。
しかし、この原因の多くは、価値観が変化してしまったところにあります。
もっと詳しく言えば、長年日本人が持っていた価値観への変化が押し付けられたということ。“自由”だの“平等”だのといった言葉が絶対的、カルト的に振りかざされたから。

オタク系男は個々には消えゆく運命だが、後に増え続けるのが問題

フェミニズムを批判しているサイトは多いですが、ここはその中でも、数少ないフェミ系女性の改心を促せるサイトのようです。
大変ありがたいことに、そういった女性たちから多くの感謝の言葉をいただくこともあります。
いくらフェミを批判しても、他ではフェミ系女性の心に届くものが少なかったりするのかもしれません。
男側からフェミへの恨みつらみだけだったりすると、女性には届かない。フェミ(女性優遇)への反発だけで、共同親権のように実は男女平等化をより進めるおかしな方向に動いてる人たちだっている。

フェミ女とオタク男は、生き方の自由を主張している上で、似たようなタイプだと書いてますが、子供のいるフェミ女の場合は、やがて行き詰まる中で改心のチャンスが訪れることも多いです。
だから、フェミでも子供がいる人には、かなりの救いがある。
しかし結婚もしない、もちろん子供もいないオタク系の男、彼らは50ぐらいになって一人でナニに耽ることも出来なくなるまで、人生が間違っていたことに気づくことはないでしょう。しかし、そういう50、60になる時、彼らにだって必ず訪れます。

フェミ系女に対するのと同じく、私は彼らをそういった未来、失敗の人生から救ってやりたいがため、ここで警告を発し続けてるわけですが、彼らはそれによって改心するどころかヒステリックに喚いては、そこかしこでここを中傷しまくったりで・・・救いようがないようです。彼らはフェミ女より、ずっとタチが悪い。
まあ、いずれにしろその種の男たちというのは、子供もいないわけですし、いずれ消滅する運命にあります。いくら騒ごうと、個々としての彼らはこのままでは完全に消滅してしまうんです。

もちろん死ぬ頃には歳も歳だし、一人でナニに耽ったりとか当然できなくなってます。そうなった時、初めてここに書いてあったことの意味がわかるわけでしょうが、時は既に手遅れ。

個々には消えゆく彼らではありますが、問題はこのまま放っておくと、その種のオタクや草食的な男というのが、増えていくことこそあれ、減る可能性がないということです。
ほとんどの家の親御さんは、垂れ流されてるアニメや漫画、ゲームには未だに無防備。
この状況が続くと、男全体としての強さや活力がどんどん削がれていくことになります。少女の腐女子化だって進みます。もちろん、一部には強い男らしさを持った男も残るには残っていくでしょうが、多くの親御さんたちがその種の弱っちい男を撲滅させる意気込みで育てることの必要性にでも気づかない限り、強い男が減り続けるであろうことに疑いの余地はありません。もちろん、ここをご覧の親御さんなら、子供たちを、そういう生き残れる男にしなければならない。消えていく男(女)にしてはいけないんです。

『プリティ・フライ』  ジ・オフスプリング  (1998) 
Pretty Fly For a White Guy – The Offspring

全世界で1000万枚以上を売り上げた大ヒットアルバム『アメリカーナ』(Americana・詳しくは右画像クリック)からのオフスプリングの代表曲。この曲のオープニング音声、実はここで紹介のデフ・レパード『ロック・オブ・エイジス』とまるで同じものが使用されてます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(戻る)◆“美人は得”のウソ ~ “カツマー”、“アムラー” バカ女の総称と思え! 共通するのは自己犠牲精神のなさ

(始めから)◆DVや虐待を流行らし、家族解体を目論む左翼勢力のワナ ~ 責任転嫁で本質問題を誤魔化さす左翼の極意

◆「女は若い時に結婚して子供を産むべき」と発言した市議に謝罪させるのでなく、それを女性蔑視・人権侵害と騒ぐ連中こそ退場、粛清すべき!

◆「イケメン」なんて言葉は朝鮮語! 日本語にそんな言葉ありません!~ 貧脳になる、マスコミが流行らせた使ってはいけない言葉

◆精子の薄くなった日本人 ~ 日本人のオタク化がどんな末路を迎えるか

◆アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

◆そして左翼マスコミは、働く女性と若いママ向けにはこんなものを用意

◆最近の女の子とプリキュア

◆フェミ系右翼の台頭 ~ フェミ系右翼と排外主義は相性がいい

◆今日は18禁! 青少年エロ規制に反対する勢力の正体 ~ エロ系右翼

◆萌えキャラに熱を上げる男の子たちってのは・・・マスコミの白痴化政策に注意!

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆結婚に魅力がなくなってリスクになった ~ 本来、結婚や花嫁ってのはね

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? ~ 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(1) |

ブースカとロボコンを見てる子はいい子に育つ!

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.21)
今日の記事はコチラの特撮セレクションの追加分のようなものです。子供が小さかった頃の思い出。小学校低学年の頃、『がんばれ!!ロボコン』(詳しくは右画像クリック)を子供が見ていました。心が温まる、人にやさしくなれる、とってもいい話ばかりでした。ロボットだけど人間の感情を持っている、とっても優しく人がよすぎるロボット。ああいうのを見てる子はとっても素直になるんです。今では毎日へらず口、生意気言ってばかりですが、カワイー赤ちゃんだった頃、小さな子供だった時のことを思い出すと、ガミガミ言ってばかりでなく優しくしなきゃと思うわけです。
あの頃の子供のエネルギーはすさまじかったんです。これはその頃、子供が作ったロボコンの全キャラクターの人形。ホント感心したものです。あの頃の思い出があるから、憎らしい口ばかり利くようになった今でも「カワイー カワイー」と(無理にでも・笑)思うことが出来るんです


そして『快獣ブースカ』(詳しくは右画像クリック)。ロボコンではロボットが家に居候(いそうろう)していたわけですが、こっちは怪獣が家にいるのです。ポケモンのようなゲームキャラでなく、本物の怪獣が家にいるんですよ。楽しいじゃないですか! こういう怪獣やロボットが家にいるというのは子供達にとっての夢だしとっても楽しいことなんです。そしてロボコンは、このブースカのイメージを引き継いでるんです。ブースカは「シオシオのパー!」と言ってガックリします。ロボコンには「ショックのパー!」と言って分解しちゃうロボパーというロボットがいるんです。石森章太郎はこのブースカの言葉をもじってロボコンを書いたわけです。私自身、ロボコンを見る機会はよくありましたが、ブースカは見たことありませんでした。白黒ドラマの再放送は当時でもなかなかやってくれていなかったのです。しかもブースカはレンタルもなく、買うしかなかったので子供が小学校高学年だった頃にようやく買って子供が見ていました。出てくる家族もまとも、言葉遣いはとってもキレイ。大人は大人らしく、子供は子供らしく、男は男らしく、女の子は女らしい、ブースカはカワイイ……そういう安心して見ていられる登場人物ばかりです。

今の『鬼滅の刃』、少し前の『進撃の巨人』、その少し前なら『魔法少女まどか☆マギカ』もっと遡ってジブリの『もののけ姫』とか……これらマスコミが話題にしてきた昨今の作品で一貫しているのは首や目、内臓が飛んでドビュッのグロさ。そしてプリキュアやジブリアニメに一貫してるのは暴力的でフェミ臭いエラそうな女ばかり出てくるところ。子供は学校で『もののけ姫』を見せられたそうで、昔の東映アニメとかならまだしも、何で中学校でまでジブリアニメを今さら授業で見せるのか理解に苦しむし、今の学校はそういう気の狂った教師、パッパラパーの集まりなんです。これらアニメ見て育っていった子は皆、(美的)センスのブッ壊れた暗愚な家畜に成り下がっていき、親がそんなものしか知らず子供達にまで見せてるなんてのは最悪、そいつらは皆、終わっていくんです。そんな思考停止の連中が、「うんこドリル」が流行ってるとマスコミが騒げばそれを子供にやらせ、靴下はくるぶし出しが常識と言われれば何の疑問も持たず見苦しいそんな靴下ばかり履くし、「マスクしなさい」と言われれば何の抵抗もなくマスクするし、ウンコ食いが流行ってると言われれば喜んでウンコを食うんです。

ブースカとロボコン、この二つの作品に出てくる子供たちもとにかく素晴らしいんですよ。本当に感情に素直な子ばっかり。だから、これを見てる子も素直になるんですよ。可愛いロボコンとブースカを見てた時の、素直にブースカやロボコンが好きだった時の、本当にあの頃のうちの子もやっぱり可愛いくて仕方なかったんです。子供には昔のいいものを(お金かけても)見せていってください。

『快獣ブースカ』(1966・円谷プロ) DVD PV & OP主題歌
ブースカの可愛さ、明るさ……子供たちに本当に愛されていた怪獣。今の見ててイライラするばかりのギラギラギトギトした作品群と違って、ホント癒されますよ。

『がんばれ!!ロボコン』(1974・石森章太郎) オープニング
石森氏らしい、とても凝った出だしの映像、構図。話数が多いので、後半は登場人物も出てきすぎてダレてくる感じもありますが、とってもいい話ばかりですよ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆子供向け 安心できる特撮ドラマ おすすめセレクション

◆本家ディズニーも顔負け! 日本人なら初期の東映アニメは見ておきたい

◆アカデミー賞の短編アニメ 『つみきのいえ』 について

◆クラシック・カー・パレードに行ってきました!

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い ~ 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~ 日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党政府 ~ 対照的なビートルズのアニメ『 イエロー・サブマリン 』

◆日本に漫画・アニメ文化が興ったのは、痛い敗戦があってこそ ~ 石森章太郎の世界②

◆そもそも狂人を作るための現代アニメの制作会社。自らが作った狂人にやられるのは必然。因果応報。

◆続 オールド・ディズニー・アニメのご紹介 ~ 『三匹の親なし子ねこ』『田舎のねずみ』『風車小屋のシンフォニー』『牡牛のフェルディナンド』『プルートのなやみ』

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!~ 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 ~ 強烈な反日・共産主義イデオロギー

トップ | 保守系 子供向け作品 | permalink | comments(0) |

真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ④
第二十五 北畠親房と楠木正行

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2017.3.29)  (戻る)
北畠親房の『神皇正統記』(詳しくは右画像クリック)は世界に名だたる名著であり、ドイツの學者 ハウスホーファーはダンテの『神曲』と並ぶ東西の偉大な書物と評してます。
尚、楠公夫人が正行をさとしたエピソードは有名で、楠木正成の首が足利尊氏から送られてきて、ショックを受けた子の正行が父の後を追って自決しようとしていたところ、お母様の楠公夫人に、今、死するのでなく、父への忠義をまっとうするよう戒められた場面になります。

【「尋常小学 国史より」シリーズ 目次はコチラ】

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
尋常小学国史 第二十五 北畠親房と楠木正行

北畠顕家が戦死した
新田義貞が戦死する少し前に、北畠顕家(きたばたけあきいえ)もまた戦死した。さきに、顕家は、尊氏を九州に走らせてから後、ふたたび義良(のりよし)親王をいただいて陸奥に下り、霊山城(りょうぜんじょう)にたてこもっていたが、天皇が吉野に行幸をなさったことを知ると、また親王をいただいて京都へ向かい、所々で戦って敵を破った。けれども、その兵は、たびたびの戦にたいへん疲れて、都に攻め入ることが出来ず、顕家は和泉(いづみ)の石津(いしづ)で戦死したのである。時に、年ようやく二十一であった。
親房らが海路で東国へ向かった
こういうように、顕家や義貞らの忠臣がつぎつぎに戦死したが、後醍醐天皇は、御志いよいよ堅く、顕家の父 親房(ちかふさ)らにいいつけて、また義良親王をいただいて陸奥に下らせ、官軍の勢を取り戻させようとおはかりになった。親房らは、伊勢から海路で東へ向ったが、途中で大風にあい、親房の船は常陸に着き、親王の御船は伊勢に吹き戻されたので、親王はそのまま吉野へお帰りになった。
後醍醐天皇がおかくれになった
たまたま、天皇は御病におかかりになった。この時、まだ国々に朝敵がはびこって、世の中が騒がしいので、これをたいそう残念にお思いになりながら、とうとう行宮でおかくれになった。そこで、義良親王が御位をおうけつぎになった。第97代 後村上天皇と申し上げる。
親房が神皇正統記をあらわした
その頃、東国の武士はたいてい賊に味方していたので、親房は陸奥に進むことが出来ず、常陸の関城(せきじょう)で賊兵に囲まれた。親房は、昼夜 賊を討つ謀をめぐらしながら、そのひまひまに、神皇正統記(じんのうしょうとうき)をあらわし、「天照大神から後村上天皇に至るまでの御血統の由来を述べて、君臣の大義を明らかにした。そのうち、まもなく城も落ち着いたので、親房はのがれて吉野に帰り、これから楠木正行らと力を合わせて、ともどもに天皇をお助け申し上げた。
楠木正行が四條畷(しじょうなわて)で戦死した
正行(まさつら)は、さきに十一歳の時、桜井の駅で父に別れ、国に帰ってからは、よく父の遺言を守って、つねづね朝敵を滅ぼそうと心がけて、一生懸命に励んだ。ようやく成人してから後村上天皇にお仕えして、たびたび賊軍と戦って、これをうち破った。取分け、摂津の瓜生野(うりゅうの)の戦では、賊兵が大いに敗れ、先を争って逃げる時、あわてて川に落ちて流れるものが五百人余りもあった。正行は、これを見てたいへん気の毒に思い、部下の者にいいつけて、これを救わせ、一々親切にいたわって送りかえした。こういう有様で、官軍の勢はますます強くなって、今にも京都へ迫ろうとした。尊氏は大いに恐れ、高師直(こうのもろなお)にいいつけて、急ぎ大兵を率いて正行に当らせた。そこで、正行は、ただちに一族 百四十人ばかりを連れて、吉野にまいって天皇に拝謁し、また後醍醐天皇の御陵に参拝して御暇乞(いとまごい)を申し、如意輪堂(にょいりんどう)の壁板に一族の名を書きつらねて、その末に、

かへらじと かねて思へば梓弓、なき数にいる 名をぞとどむる。

という歌をしるし、死を決して河内に帰り、賊軍と大いに四條畷で戦った。この時、正行はどうかして師直を討ち取ろうと考え、たびたびその陣に迫ったが、身に多くの矢きずを受け、力もつきはてたので、とうとう弟の正時と刺しちがえて死んだ。時に、正行は年ようやく二十三であった。
正行の忠孝両全(両全とは、君主への忠義と両親への孝行をどちらも果たすこと)
前年、正行に救われた賊兵は、深くその恩に感じ、正行に従ってこの戦でことごとく討死した。実に正行のような人こそ、勇も仁もある立派な武士で、忠孝の道を全うした人といわねばならぬ。こうして、楠木氏は正行の死んだ後も、その一族は、皆、真心こめて長い間、朝廷の御ためにはたらいた。今は、四條畷神社に正行をまつってある。

親房がなくなった
この後は、親房がひとり官軍の中心となって、大いに忠義を尽くしたが、まもなく病にかかってなくなったので、これから官軍の勢はいよいよ衰えるようになった。摂津の安倍野神社や岩代の霊山神社に、親房父子をまつってある。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(続き)◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑤ 第二十六 菊池武光

(戻る)◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ③ 第二十四 新田義貞

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ② 第二十三 楠木正成

◆忠臣の象徴 楠木正成公を称える唱歌『青葉茂れる桜井の』(櫻井の訣別)を10歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ① 第二十二 後醍醐天皇

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑥ 第二十七 足利氏の僣上

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑦ 第二十八 足利氏の衰微

◆昨年の国内旅行から ~ 奈良、京都、宮島、姫路、萩……

◆本物の“大和撫子”入門 ③ ~ 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 ~ 映画『忠臣蔵』より

◆日本が好きな親なら子供には教育勅語! ~ 小学生以上なら暗唱できるよう覚えさせてみませんか?

◆霞ヶ浦 特攻隊のふるさと 土浦(阿見) 予科練跡巡り

トップ | 真実の日本の歴史 中世~近代 尋常小学国史より | permalink | comments(0) |

ちょっと未来へ行って、家畜と化した人類を見てきました
~ 映画『タイム・マシン』 H・G・ウェルズ原作より

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.21)
おとなしくマスクして声も上げない家畜に成り下がるのでなく、生き残りをかけて本能に生きる“野蛮人”でいましょうとコチラに書いていますが、この『タイム・マシン』は、元は支配層だったイーロイがそんな風に“野蛮”だったモーロックに支配されて逆に家畜にされてしまっている未来が描かれた話。天才 H・G・ウェルズはそんな話を残してくれている。これはヒントなんです。皆さん、マスクをしてはいけません。声をあげてください。オンラインに頼ってはいけません。“野蛮人”で居続けてください。それによってチャンスは残るんです。頑として抵抗しましょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2012.5.7)
H・G・ウェルズはフリーメイスン(イルミナティ)の手先だったとか、坂本龍馬もユダヤの手先だったとかよく見かけますよね? これらは半分は当たっていても、その種の陰謀論系の攪乱サイトでは現代の手先がどこなのかということが全く書かれていません(あってもウソっぽく)。本当はそこが一番重要なはずですよね。

100年以上も前のウェルズの話なんて今への大した影響力ありませんし、ある意味どうだっていいわけですが、問題は今の手先がどこなのかということ。
それこそがジブリであり、プリキュアであり、ポケモンであり、昔のはともかく今のドラえもんや仮面ライダーアンパンマンでもあるわけで・・・肝心なのはそこ。
そして、米国紙幣に象徴される目のついたピラミッドのように、あっち側のシンボル的なものが日本における福澤諭吉であるということ。

「H・G・ウェルズが手先だった」とか、そうだったのかと知ったかぶりになって、今の垂れ流されてるカス映画・音楽・アニメを喜んで見てるとするならお笑い!
H・G・ウェルズや坂本龍馬、ジョン・レノンが手先だったとか、たとえそれが事実だったにしても、知ったところで大した意味はないし、ロスチャイルドやロックフェラーがどうたらとか、いくら大騒ぎしてもどうにもなりません。
そんなことより、今の手先やスリコミ洗脳に無防備でいることの方がよっぽど問題なわけ。今流行ってるとされてる作品群がどれだけ有害で、子供たちの人格まで破壊しうる凶悪な兵器となっているか。

日本海呼称や尖閣諸島問題のような外からの侵略には敏感でも、中からの精神侵略に鈍感なのが今の日本人。これは現代の日本人が唯物論的で宗教的価値規範が全く存在しないことが最大の要因。フェミやウーマンリブが猛威を振るっても、欧米や他国にはキリスト教や他の宗教のような相対立する規範が存在しているので、それらが防波堤になっていて、日本みたくなし崩しにはならないわけ。
だから奴らは宗教を否定することにこそ躍起になってるわけで、キリスト教会に工作員だって送り込むし、キリスト教とかをやたら糾弾してるのも発信源はこの筋。

こんな風に宗教に対して、奴らは内から外から工作活動が物凄いわけですが、今後は日本の神話が持ち上げられていくというなら、当然これからは神道だって奴らの工作活動のターゲットにされていきます。すでに多数のスパイが暗躍してます神道の萌え化も、その一端。

ちなみに天才SF作家のH・G・ウェルズは紛れもなく奴らの有力なシナリオライターの一人だったと私も思いますが、だからといって完全な手先だったわけではないでしょう。坂本龍馬や少し前のジェームズ・キャメロンとかもそう。奴らの仲間のフリはしても、心までそう簡単に買えませんから。
【右はウェルズの『宇宙戦争』(1897)に登場の有名な火星人。頭だけ発達し手足が退化している】

H・G・ウェルズの代表作『タイム・マシン』で大事なところ。イーロイを家畜として支配していたモーロックですが、映画ではそこまで触れられていませんが元々はイーロイが支配者階級、モーロックが労働者階級だったんです。だからイーロイこそが元々はいわゆる今の資本家などの支配者に当たるわけですが、イーロイはそれに甘んじて堕落、結果的に地下に閉じ込めて働かせていたモーロックに支配されるまでに落ちぶれたわけです。
今の日本でなら、マスコミとかをイーロイに重ねればもっとわかりやすくなりません? 特権で堕落しきったマスコミなんて、もはや憎悪の対象でしかなくなり、やがてモーロックに食い殺されるのではないでしょうか。
この頃からそんな発想が出来ていたH・G・ウェルズ、やっぱり天才なんです。資本家に対するささやかな抵抗なのでしょう。今のカネで買われてるだけの作家たちと違い、奴らのただの手先ではないんですね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.8.29)
今日は少しややこしく感じるかもしれません。
SF作家の大御所 H・G・ウェルズは、支配者と家畜の二つに別れた未来の人類を小説『タイム・マシン』(1895)で描いてますが、現実ではジョン・レノンの『イマジン』のような共産主義的ユートピア社会を現代の民衆へプロパガンダすることによって、本当は支配者による世界征服が強められているという件について。

子供がうちにある古典的SF映画の傑作『タイム・マシン』(1960・詳しくは右画像クリック)のDVDを、ジャケットに魅かれてかなぜか観たいと騒いでいて、吹き替えじゃないので「英語だから見てもよくわからないよ」と言っても、それでもどうしてもと言ってたので、見てみました。

先日ご紹介のディズニーのスティッチの奇妙なTVシリーズ、あれも子供がどこかしらでチラシとか勝手に見つけて取ってきたもの。もともと私は今のアニメのことなんか何も知らないのに、子供が見つけたのを見ると「何じゃコリャ」と思うようなことがやたら多いです。
だからこの『タイム・マシン』も、もしかしたらと思っていたら、やっぱりって感じ。

私は原作の『タイム・マシン』を小学校の頃、読んだ記憶がありますが、内容は殆ど覚えてませんでした。映画DVD『タイム・マシン』もなぜか買っていたのですが、まだ見ていませんでした。

闘争心を持たず、一見、平和に暮らしてるかのような人類を
もう一つの残忍な人類が支配する未来

『タイム・マシン』、元々の原作は以下の感じですが、映画ではイーロイは英語を喋ります。
タイムマシンで到達した80万年後の未来世界は一見、イーロイと称する単一の人種が幸福に暮らす、平和で牧歌的な桃源郷の様相を呈していた。イーロイはピンク色の肌と華奢な体、男女共よく似た女性的な穏やかな姿をし、未知の言語を喋るが、知能的には退化して幼児のようであり、その生活には諍いも争いもないように見える。
主人公は、川で溺れかけたイーロイの女を助け、彼女や他の体験を通じて、実は人類が2種に分岐しており、もう一方のモーロックがイーロイを家畜として飼っている事実を知る。

表向きはジョン・レノンの『イマジン』の世界そのまま、共産主義的なユートピアに思えるようなイーロイの社会。しかし、“平和”や“人類皆兄弟”で洗脳され、暴力というものを知らず抵抗心を全く持たないフヌケ化したイーロイを、家畜として支配するモーロックが裏には存在している。
家畜として飼われているイーロイは単一民族で争いごともなく、闘争心や家族観というものを全く持たない。食べ物などはモーロックがすべてくれているということで、それに何の疑問も持たず、一見イーロイたちは平和に暮らしている。

H・G・ウェルズは一般に共産主義へ傾倒していたと言われてます。そして、この小説で「未来の世界は資本主義における階級構造の結果である」とも、主人公に語らせてます。

しかし、この映画を見てると、無知でアホな民衆に対して共産主義的イデオロギーをプロパガンダ利用推進、それによって世界を支配して利するのが結局、本当は共産主義者でない資本家たちだった・・・そういう構図が私には浮かんでしまいます。

H・G・ウェルズが共産主義者だったとか貶める人もいるようですが、これを見てると明らかに彼は、共産主義のレトリックだって見抜いていたとしか私には思えません。
つまり要するに、左翼・共産主義者も利用されてるし、資本主義に肯定的な一般人だって利用されてるだけってことなんですね。
ちょっと難しいかもしれませんが、このこと、わかります?

石森章太郎の時もそうですが、さすがに昔の天才作家たちは、なんだかんだ言われてても格が違うなって、改めて思い知った次第です。
ここまで書いても、何だかサッパリって感じの方も、もしかしたら多いかもしれませんが・・・

映画 『タイム・マシン』(1960)より 「共産主義的ユートピアに実は支配者がいた」
監督:ジョージ・パル  出演:ロッド・テイラー 他

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆マジで、男が女に食われる時代は起こりえます

◆ピノキオからイッツ・ア・スモール・ワールドへの様変わり ~ ディズニーに見る子供たちだけの世界

◆DVやセクハラは存在しないが、虐待は存在する ~ 女権洗脳の次に来る、子供の権利洗脳

◆高慢な女がのさばり、男がバーチャルに嵌った世界の成れの果て ~ 『セクサドール』 石森章太郎の世界③

◆精子の薄くなった日本人 ~ 日本人のオタク化がどんな末路を迎えるか

◆マスクをしている皆さん、あなた方は家畜として飼い慣らされているんですよ!~ 【マスク=口輪】とは攻撃性や反抗心を封じ込めるためのもの

◆昔は “所帯をもって一人前” が当たり前の価値観だった

◆男はタネ、女は畑・・・人はタネ、社会環境は畑

◆イザナギとイザナミに見る、日本における男女のあり方 ~ 日本神話を題材に

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆結婚に魅力がなくなってリスクになった ~ 本来、結婚や花嫁ってのはね

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆ヘナチョコ男とパッパラパー女はいらない ~ 命とは尊く儚いもの

◆要するにアリの世界 ~ 男女共同参画だの左翼の社会ってのは

トップ | 左翼の見えざる精神侵略 | permalink | comments(3) |

ただいま開催中! 人気の投票コーナー

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

気づいたのですが、最近、“朝鮮人”がNGワードにされて入れられなくなってるようです。北朝鮮人だっているのに書けません。
言葉狩り、言論弾圧だよね。朝鮮人は厳然と存在していて他に表現方法もないわけで、あっち側が抗議してるなら、別に差別用語でないのに逆差別だって、こっち側も抗議した方がいいです。
あと、“バカ”も入れられません。
尚、戦中は白人を皆、“毛唐”と日本では呼んでました。ただしドイツ人に対してはそう呼びません。あとイタリア人についてはイタ公と呼んでたらしい。アメリカ人についてはアメ公と今もよく言いますね。私は前にアメリカ人とケンカした時、“ジャップ”と呼ばれたことがあります。間違っても「世界は皆、友達」なんて脳内 お花畑でいてはいけません。だからと言って全員を敵と見なすようでも困るので、バランス感覚は必要です。
どの国にもいい人も悪い人もいます。海外旅行の一つでも行ってればいいのですが、最近の若い世代は不景気のせいで海外旅行に行ったことない人が非常に増えてるので注意が必要です。行かれたことない方は、ぜひ一度でも行かれることをおすすめします。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m
















  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

——————————————————————————-
◆これまでの投票 結果発表! 日本で最も極悪な組織、反日メディア大賞・・・

◆ネットは影響力があるのです。自信を持ちましょう ~ アイドマの法則

◆平和ボケ左翼は、自らが悲惨な目に遭うまで気づかない ~ 映画『わらの犬』に見る、フヌケ左翼男の豹変ぶり!

◆支持率などリサーチのバイアスのかけ方について ~ 広告の神様と電通創業者たちが泣いている!? 銀座電通ビル

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党日本政府

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 ~ 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! ~ 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆本来の日本人の作法、立居振舞を子供たちに習得させましょう ~ 学校教育に責任転嫁したり期待しすぎてはいけません

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

トップ | 日々雑感 | permalink | comments(2) |

AIと工作員に支配されたネット、バカ製造装置のスマホ中毒者に溢れた世界 ~ そして人々はムーンショット計画でバーチャル空間に閉じ込められる

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.20)

ネット工作員の仕事風景、ネットはどこも工作員だらけ。信用したり、扇動されたり、洗脳されてはいけませんよ。
twitterやYahoo!のニュース等のコメント、YouTubeなど……どこももう死んでますからね。数字だけ上がってたり、話題になってるとか流行ってるとか人気があるとか……絶対真に受けちゃダメです。それら数字や書かれているコメントは、すべてデタラメです。リツイートや「いいね」やシェア数は全く信用ならないし、フォロワー数や動画再生回数、その他ランキングだって何のあてにもなりません。Google検索(Yahoo!やgooなどポータルサイトのほとんどまでGoogleが使用されています)はまったく使い物になりません。YouTube等の動画サイトやその他SNSなどのサイトは意にそわないものを平然と削除するし、Googleは正しい情報が見つけられないよう偏向検索で公然と弾圧しています。どれも工作員とAI(人口知能)に操作されているだけ。SNSやブログなど各所で見るコメントやレスで絡んでくる連中は妨害だけが目的の工作員ばかりなので、説得しようとか相手するのは時間のムダ。その逆に味方を装いスリ寄って、誘導や洗脳しての取り込みも図るわけです。あいつらは仕事でやってるだけ。心なんてありません。相手しちゃいけないんです。

1%にも満たない本物の情報、真実を見つけて精査していけるかどうか。
四六時中スマホ見てる人ばかりですが、スマホで情報集めて使いこなしてるどころか皆スマホの奴隷になってるだけ。ホント、ゲームやってる人ばかりになりましたね。あとはスマホに次々と出てくる画面見てダラダラと貴重な時間を潰し、大切な脳を根元からダメにしていって……

至極少数の真実あるサイトや発信者、活動家であっても、最初は本物でも取り巻きが変なのばかりになったりして乗っ取られたり、売国勢力に飼われた犬に成り下がっていくこと、もちろん往々にしてあるわけです。
10年前とは完全に様変わりしてしまいました。あの頃、ごくわずかの期間、ネットに対して一抹の希望を抱いていました。個人の発信者でも社会への影響を与え、欲しい情報が探せば見つかるという時代は終わり、いくら探しても何も見つけられない時代になりました。どこもかしこもクズ情報しかありません。今のネット企業に良心など微塵もありません。政治家は利権にまみれた畜生、クズの集まり。

これから皆、ネット世界に囲いこまれて(バーチャル)仮想空間のアバターとして生きる人ばかりになっていきます。その人の活動記録はすべてネットに残って管理、誘導され、生まれてから死ぬまでネット=バーチャル空間(VR)でしか生きていけなくなるんです。学校や職場、あらゆるお店などリアルな出会いの場やお金までもが、すべて邪魔なものとされていきます。伝統や文化はもちろん、これまでの慣習や人々の日常生活さえ、あいつらにとっては邪魔なんです。バーチャル世界では、恋愛や誰もが欲しがる魅力的な異性までゲームのようにすべて手に入って欲望を満たしていくことが出来るけど、現実の本人は皆、何の魅力もない家畜豚、廃人の吹き溜まり(トランスヒューマン)。それがスーパーシティ法やマスク着用や新しい生活様式の強制、世界でこの偽パンデミック コロナ騒動を引き起こした目的です。「ムーンショット計画」を調べてください。狂気の日本政府が公式発表している恐ろしい計画です。

【内閣府】ムーンショット目標1
2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

ここを書き始めた十年前から私は人々がサイバー空間に取り込まれる危険性を警告し続けていました。すべてのことがサイバー空間の中か、リアルに物が存在していても疑似物質(ニセモノにすぎない)で済まされるようになっていきます。ムーンショット構想が実現すれば世界はこうなるわけです。

【新しい生活様式を受け入れた人間の末路】

ネット、特にスマホに距離を置いてください。私は今も使っていません。外にいる時にネットを見ることは、まず、ないんです。誰もが皆、ジジババまで「スマホは便利だよ。LINEなんか無料で通話出来るんだよ」なんて言っていますが、あれはゴミです。それらの機器を使いこなしているどころか、その人たちがスマホに使われて利用されているだけ。思考停止のジジババ共まで使えているのがろくなもののはずないんです。TVと同じ。本当にいい、本物というのは扱うのが難しいものなんです。
ましてやゲームなんて論外! SNSもほどほどに。TVを見ない、そして流行りも追わない、これ鉄則です。“鬼滅”(鬼滅の刃:きめつのやいば)がどうたらとか、ウンザリしてます。映画やTV、音楽なんて、最低でも十年以上前のものまでしか見聴きしないように。古ければ古いほどいい。それらからさらに厳選すること。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆「イケメン」なんて言葉は朝鮮語! 日本語にそんな言葉ありません!~ 貧脳になる、マスコミが流行らせた使ってはいけない言葉

◆世界中の人々がコロナ詐欺に気づいてきたのに……日本人もいい加減、目覚めなさい! もう何カ月マスクし続けてるんですか?!

◆萌えキャラに熱を上げる男の子たちってのは・・・マスコミの白痴化政策に注意!

◆今のTV・TVゲーム・音楽・映画・ファッション……全部注意を!特に子供 ~ サイト開設は左翼・外国人の異常性に気づいたからだが・・・

◆オンライン化反対の声をあげてください。“恐怖の新型コロナウイルス”は虚構であると、大橋眞教授の語る真実をあらゆる手立てを使って拡散してください。

◆マスクをしている皆さん、あなた方は家畜として飼い慣らされているんですよ!~ 【マスク=口輪】とは攻撃性や反抗心を封じ込めるためのもの

◆萌えキャラ自衛隊、K-POPとか見てるだけで、この国は終わってる感が・・・~ 現実として、今の日本でいいものって何がある?

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド ~ 世界全体が巨大劇場と化した現代。アルカイダやISIS(IS)は劇団と同じ

◆萌え系 日本神話がひどい件

◆『素顔同盟』の世界が現実化した、新型コロナ マスク強制社会の到来 ~ 少数派 抵抗団体となってしまった、素顔同盟

◆デタラメ科学が蔓延る現代。存在しないコロナウイルスの脅威

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!~ 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dにも細心の注意を!

トップ | バーチャル疑似世界の支配から未来を守る | permalink | comments(7) |