日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

人間 真実のヒットラー ~ ヒトラー本と絵本『ヒットラー』から

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.11.23)
ヒトラーの発言や会話の公式記録が収録された『ヒトラーのテーブル・トーク 1941-1944』(三交社)(詳しくは右画像クリック)より。

『最終試験が終わるとドンちゃん騒ぎをやった。後にも先にも私が酔っ払ったのはこの時だけだ。修了証書を手にし、翌日にはシュタイアーを後に母のもとに帰ることになっていた。級友たちと一緒にこっそり地酒を飲んだのまでは覚えているが、その後何が起こったのか、気が付くと、夜明けの道端で眠りこけているところを牛乳配達に起こされていた。下宿にたどり着いた時はひどい状態で、すぐ風呂に入り、熱いコーヒーを飲ませてもらった。一息つくと、ペトローネラが修了証書を貰ったのかと聞くので、見せようと思ってポケットをひっくり返して捜したが見つからない! なんと、家に帰って母に見せるべき修了証書をなくしてしまったのだ。私は頭の中で素早く母へのいいわけをつくり上げていた。汽車の窓べで開いて見ていると風に吹き飛ばされてしまったといういうものだ。ペトローネラはそんな見え透いた嘘はだめだといい、学校に写しを発行してもらえと助言してくれた。その上、有り金全部を飲んでしまった私に、親切にも5ギルダー貸してくれたのだ。
校長はずいぶん長時間、私を待たせた。私の修了証書はちゃんと学校に戻っていたのだが、四つに破れていて何というか、ひどく汚れていたのだよ。酔っ払って大切な紙をなんとトイレットペーパーと間違えたんだな。あの時はほんとにあわてた。校長が何と言ったかは、いまだに恥ずかしくて人にはいえないよ。その時、決して二度と酔っ払わないと自分に誓ったのだ。この誓いはずっと守っている。』

こうして見るとわかりますが、ヒットラーも普通に可愛い子だったんです。でも彼のスゴイところはこれに懲りて、若いのに酒に酔わないと一度決めたら、それ以後、本当に酔っぱらうことが一切なかったわけです。常人ではなしえない、本当に稀有な意志の強さを持っていたということ。尚、この頃お父さんは既にいませんでしたが、お母さんもこの後まもなく亡くなってしまいます。

そしてアドルフ・ヒトラー 著『わが闘争』(詳しくは右画像クリック)から。この本の序盤にも画家や建築家になることを考えていたヒットラーの若い頃のエピソードなど面白い話がいろいろ載っていますが、今日は日本について述べている部分から。

【日本とユダヤ人】
『ところでユダヤ人は、自分達の千年にわたる順応によってヨーロッパ民族の基礎を掘り崩し、彼らを種族の性格を失った雑種に養育することはなるほどできるにしても、しかし日本のようなアジア的国家主義国家に同じ運命を与えることはほとんどダメだということを十分知っている。今日ユダヤ人はドイツ人、イギリス人、アメリカ人、そしてフランス人のふりをすることはできるが、黄色いアジア人に通じる道は彼らに欠けている。したがって彼らは、日本という国家主義国家をやはり今日同じような構造をもつ国々の勢力によって破壊しようと企てるのであるが、それはこの危険な敵のこぶしによって、最後の国家権力が防御力のない諸国家を支配する専制に変ってしまう以前に、その敵を片づけるためである。
ユダヤ人は自分たちの至福千年王国の中に、日本のような国家主義国家が残っているのをはばかり、それゆえ自分自身の独裁が始められる前にきっちり日本が絶滅されるよう願っているのである。したがって彼らは、以前にドイツに対してやったように、今日日本に対して諸民族を扇動しており、それゆえ、イギリスの政治がなおも日本との同盟を頼りにしようと試みているのに、イギリスのユダヤ人新聞はすでにこの同盟国に対する戦争を要求し、民主主義の宣伝と「日本の軍国主義と天皇制打倒!」の時の声の下に、絶滅戦を準備するということも起りうるのである。』

ユダヤ人(猶太民族)の狙う日本、ヒットラーによる分析、いかがですか。この本が書かれ始めたのはヒトラーが獄中にいた1923年からでちょうど日英同盟が失効する頃から書かれ始めました。もちろん日独同盟の話なんて欠片もなかった時代。英国はもともと日本との同盟継続を望んでいたがユダヤ新聞の煽りでそれは潰され、加えて諸民族への扇動により日本の絶滅が図られているということです。
尚、この頃のドイツにはどこと同盟を結ぶかの選択肢があったわけですが(現実はなかったも同然かもしれませんが)、この本には英国やロシア(既にソ連)など各国と同盟を結んだ場合の仮説が描かれています。ヒットラーには英国と結びたい非常に強い気持ちがあったことが伺い知れますがそれは叶いませんでした(フランス人を嫌ってるのに対して、英国人は優秀だととっても褒めてるんです)。どこと同盟を結ぶべきか、ヒトラーも物凄く悩みながら試行錯誤していたんです。

そして栄光の日独伊三国同盟が締結されました。(この歌、聴いてみたいです!^^)
日本万歳 キングレコード傑作童話
(右画像クリック→)
みんな仲よく 手をつなぎ
日の出仰いで 元気よく
声をそろえて 万々歳
歌いませうよ 歌いませう
日の丸かざして 万々歳

日本 ドイツ イタリヤと
正しいお国が 集まって
守る平和よ 万々歳

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
最後に、英霊たちが元気だった頃の絵本『ヒットラー』。下の各画像クリック後、拡大画像左右に表れるをクリックし続けることで読み進めていけます。

【講談社の絵本 ヒットラー】
ヒットラーは子供の頃、体があまり丈夫ではありませんでした。それで他の子供のように外で遊ぶことは少なく……

ヒットラーが13の時、お父さんがなくなり、17の時、お母さんが亡くなりました。みなしごになったヒットラーは自分で仕事を見つけなければなりませんでした……
ヒットラーはそれからもドイツのために命がけで戦い続けました……
ヒットラーは、負けたドイツを立て直す仲間を集めるために、幾度も幾度も演説会を開きました。けれども始めのうちは、なかなか人が集まってきません……
子供好きなヒットラー 少年を励ますヒットラー。田舎の子供とヒットラー……
ゲーリング総元帥のおはなし【敵の飛行機23機を撃ち落とす】ゲーリングは子供の頃、いたづらもので、学校の成績はあまりよくありませんでした……

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 ~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット ~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆『シオン議定書』 – 第二次世界大戦を勃発させた人間獣化計画の基本文書

◆亡国のシナリオ ① ~ GDPの倍、国家税収の20倍以上の借金でさらに借金を増やせと叫ぶ売国奴

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆ヒトラーが画家を目指していた頃、ナチス台頭期のドイツに行ってみよう ~ 帝政崩壊とルール占領、ハイパーインフレ

◆マイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイのような天才たちと共に、ヒトラーと対話してみませんか?

◆水道民営化の恐怖 ~ 重要なインフラの国営を守った明治政府

◆戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ②

◆満州は日本の生命線だったのです ~ 押しつけられた、日本軍による南満州鉄道爆破 自演説の虚偽

◆大東亜戦争(太平洋戦争)の起こったわけ (完答)

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド ~ 世界全体が巨大劇場と化した現代。アルカイダやISIS(IS)は劇団と同じ

◆幼児教育・保育の無償化で韓国・朝鮮に支配される日本 ~ 朝鮮人は色キチガイで虚栄心の塊

◆日本の繁栄を信じて、ふるい立った英霊たちの思いにつながりましょう ~ 貴方も英霊たちの本当の仲間になるために

トップ | ヴィンテージ絵本 | permalink | comments(2) |

戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ①

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.11.20)
作業は進めてあります。twitterからの埋め込みだったせいで見れなくなっていたところ、全ぺージ直貼りに直されていると思います。大変手間がかかりましたが。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.12.3)
言論弾圧twitter にアカウント停止されたため見れなくなった絵本。大変面倒な作業になってますが、とりあえずこのページ、まずは絵本画像を直接貼り付けておきます。利便性のため他のシステムを使おうかとも思いましたが、万が一のため他のシステムは使いません。各画像クリックで拡大画像を直接読まれてください。他のページも後ほど貼りなおしていきます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2017.10.10)
別に戦争を賛美してるのではありません。でも私自身は、大日本帝国を肯定的に見てるし、日本人としてそういう時代があったことをとても誇らしく思ってます。ただ、「戦争反対」の人がいてもいいとは思います……が、たとえ戦争が嫌いだとしても、戦争で命を投げうって戦ってくれた英霊達に対する尊敬心を失っては絶対にならないのです。靖国で、「過った戦いで死なせて申し訳なかった」なんて謝るのと、「よくぞ国の為に戦ってくださいました。(英霊の皆様は)私たち日本人の誇りです」と言うのでは大違いなのです。そこをはき違えてはいいけません。英霊達を悲しませてはなりませーーーん!!

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2016.9.14)
いつもありがとうございます。
twitter に流してた絵本画像など、時々ここにまとめて貼っていきます。
いろいろ作業やってて、あまり大したこと書く時間もありませんが……ごめんなさい。

もちろん南京大虐殺だの従軍慰安婦強制だのは嘘っぱち、けれどだからと、英霊が見て欲しいのは、南京で子供たちと和んでる様子とか、シナ人とかに歓迎されてるかのよう撮られた写真とかじゃありません。あの種のをバラ撒いてる主流は、偽装愛国の統一チョンとかです。「南京大虐殺はウソだ!」と騒いでシナ人と日本軍が和んでる写真とかをバラ撒いてるあいつらは、私の流す英霊の美談たるこの種の絵話を、軍のプロパガンダとまで言ってきました。あいつらに武人の魂なんてカケラもない、エセ保守。
米軍に占領された日本が米軍にへつらってる写真見せられて「日本人は米軍を歓迎してた」なんて言われれば我々が不愉快なのと同じように、日本軍占領中のシナでシナ人が日本軍にへつらってる写真をいくら見せても、そもそもシナ人を憤激させるだけで、かえって対立を引き起こすだけなのです。あれで喜んでては、所詮、視野の狭いネトウヨにしかなれません。
違和感覚えられてた方も多いと思いますが、あいつらは日本賛美するフリして、当時の子供たちをワクワクさせた日本軍の大活躍などの武勇美談の類は廃する、日本人フヌケ化左翼の亜種なのです。おまけに対立をこじらせる上、実は左翼と同じ平和マンセーで、強い日本軍は毛嫌い。かつてはオ●クラ出版、今は主に青●堂とかに巣食って愛国や保守を商売にしてる連中。中にはいい本もあるのかもしれませんが……

せめて靖国等に行かれる際は、この種の武勇美談をいくつか知った上で行かれた方がいいかと思います。これらを知らないままでは、英霊達の真実なんてまるで見えません。勇ましく散っていった彼らが見て欲しいのは、シナ人の子と戯れてる姿なんかでなく、勇敢だったその戦いぶり、そしてその死に様なのです。「見てくれ、オレの戦いぶり、その最後を!」、この精神を何より後世に継いでほしいとの思いのみ抱き、彼らは命をかけて戦い続けたのです。

一見、愛国ぶって日本を賛美してるようだけど、実は武人たる日本人を眠らせたままにしておくため、あの手この手をつくす偽装保守の囲いから、一刻も早く抜け出てください。私は古い資料を読んでいって、完全に当時の人たちと思いがつながりました。英霊たちや当時の子供たちの魂が憑依したと言ったほうがいい。揺らぐことはありません。彼らの思いを知る数少ない者として、ここで出来ることをやっていきたいと思います。先人たち、英霊たちは私を応援してくれてる。

以下は、英霊達が子供の頃、読んでいた絵本から。
下の twitter 画像をクリックし続けていけば(アカウントがなくても)画像が拡大され、その内容、各画像を続けて見ていけます。
【(2019.2月)システム改善し、下のいずれかの画像クリックで拡大、画像上にマウスポインタを置いたら表示される をクリックし続けていけば、その内容、各画像を続けて見れるようにしました】

【ワラッテ センシ】 (講談社の絵本から)
「ご安心ください。わが軍は、敵の陣地を残らず占領しました」と答えると、少佐は初めて安心したように「そうか」と嬉しそうにうなずきながら、静かに息を引き取りました。

 

【敵の戦車へ体あたり】 (講談社の絵本から)
河村一等兵が、ぱっと立ち上がったと見るまに、両腕に二つの爆弾を抱いたまま、戦車の鼻先めがけて、さっと体を投げ出しました。
「あっ。」
戦友たちは、思わずこぶしを握って叫びました。川村一等兵の体が敵の戦車の下敷きになったのを、ありありと見たからです。
 

【爆弾六勇士】 (講談社の絵本から)
玉川上等兵をはじめ6人の勇士は、長い竹ざおに仕掛けた爆弾を抱えて勇ましく敵陣地に飛び込んでいきました。

【アッパレ 戦車の二勇士】 (講談社の絵本から)
神武天皇の建国を記念する、おめでたい紀元節の日。
「天皇陛下 バンザーイ。」
みんなは二勇士を取り囲んで、喉もさけよとばかりに、万歳を叫びました。
 

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(続き)◆戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ②

◆陛下の靖国参拝こそが核心。総理や閣僚の参拝は本質問題ではない

◆大東亜戦争(太平洋戦争)の起こったわけ (完答)

◆戦前は逆賊歴史学として処罰されてた、左翼学者による皇統否定の「縄文・弥生」時代の敗戦後の普及 ~ 汚染される皇室。救う手だては皇室奪回

◆日本の繁栄を信じて、ふるい立った英霊たちの思いにつながりましょう ~ 貴方も英霊たちの本当の仲間になるために

◆7歳子供 ピアノ弾き語り 軍歌編 ~ 『露営の歌』

◆霞ヶ浦 特攻隊のふるさと 土浦(阿見) 予科練跡巡り

◆戦後の歴史教育を捨てよう。 歴史教育 再興 ① 永久保存版 戦前の国史(日本史)学習年表

◆今日は18禁! 青少年エロ規制に反対する勢力の正体 ~ エロ系右翼

◆自虐史観は日本人共通の唯一の宗教だった ~ 自虐史観からの脱却は日本における宗教革命

◆子供の乳幼児期に読ませてた絵本 セレクション ~ 赤ちゃんにもオススメ!

◆軍歌『若鷲の歌』 = 「予科練の歌」を、6歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆親次第で自虐史観なんてどうにでもなる ~ 日本のおかげでアジア諸国の独立が早まった・・・そんなことで喜んでるのも自虐史観の亜種にすぎない

トップ | ヴィンテージ絵本 | permalink | comments(1) |

戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ②

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.11.25)
twitterにだけアップしてましたがアカウント停止で見れなくなってしまってたものです。

【立派な軍人になれ】 石丸大尉の遺言 (講談社の絵本から)
「お父さんはね お国のために支那にずうっといらっしゃることになったの…
そしてね、忠夫さんに お父さんのあとを継いで、立派な軍人におなりなさいっておっしゃったのですよ。」

 

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.12.4)
twitterによる言論弾圧でアカウント停止されて見れなくなってた絵本、とりあえずここまで絵本画像を直接貼りなおしました。各画像クリックで拡大画像を直接読まれてください。
他に貼り替えなきゃなんないとこ、どこあったかな……

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.1.27)
出征兵士 – 尋常小学唱歌 (1932) 第6学年
さらばさらば 父母 さらば  弟さらば 妹さらば
武勇のはたらき 命ささげて  御國の敵を 討ちなん われは

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2016.9.16)  (はじめから)
彼ら英霊は、軍旗や武器はすべて陛下から賜り、それらを守るため、陛下とお国のため尽くして死んでいったのですよ。その多くが「天皇陛下万歳!」と叫んで。それを慰霊するですって!? 反省ですって!? 慰霊ってのは、文字通り慰めるって意味ですよ。陛下のため散っていった勇敢な英霊だというのに、「可哀想だったね」と慰めるというのですか!? なんですかいったい。「よくぞ国のため、朕のため死んでくれた。」って最大限感謝し、模範的国民として、後世、末代にわたって誉め称えるべき英霊たちでしょうが! みんな「靖国で会おう」と言って死んだのですよ。それなのに陛下は、英霊たちのいる靖国へも行かないで、わけのわからないところで、わけのわからない連中たちと「戦争で死んだ人を慰めてやろう」って……

私は別に皇太子殿下のご夫妻を叩いてる連中のように、皇室の方々が慰問等に回る際の国民に対する態度が悪いとか、そんなことでギャーギャー言ったりしません。あの人たちは皇室の方々より国民の方がエライと思ってるから、あんな言葉が出るのです。つまり共産主義者の思想に近い人々、まともな日本人とは思えないし、あるいは雅子妃が本当に創価系というなら、皇太子叩きの連中は、あれだけひどい言葉で皇太子殿下夫妻を罵倒してるくらいですから、どっか別派の反日団体が愛国偽装してるところもあると思ってます。
だからといって私は皇太子殿下ご夫妻を全面的に支持してるというわけではないし、殿下が天皇陛下としては器量に乏しいというなら、関白を置けばいいだけです。外遊なんかもする必要ない。今のように海外を飛び回ったり、日本各地を訪問するようになったのもGHQ占領後、左翼による“開かれた皇室”を推し進められてからですよ。別にそんなものしないならしないでかまわないのです。だって天皇陛下なのですよ。元々、俗人はもちろん高貴な武家さえ、許しがなければ陛下の前では頭を上げることすら許されなかった尊いお方なのですよ。陛下や皇族の方々がそういう外回りでの態度に細心の注意を払いながら国民だの外国人だのに会ったり、頭を下げたりする必要は全然ないのです。被災地などへ慰問等が必要というなら、何も自ら出向かなくても勅使に行かせ、「陛下からの賜りものです」と言って何かを進ずれば、本来ならそれだけで民衆が大喜びすべきことなのです。公務だの慰問だのであちこち連れまわされ、そんなのばかりでは陛下の心労もかさみましょう。ただし、宮中祭祀は陛下が主宰の上、続けなければなりませんよ。もちろん国民、お国の将来のためです。でないと皇室は終わります。
また、公家のいなくなった今、陛下のお仲間がまるでいないというのも大変な問題。パッパラパー女ばかりが皇室に嫁ぎにくるようでは国民も困ったことになりますし、お公家制度も復活して、陛下他ご皇族、公家の皆様方には、優秀で礼儀正しく慎ましい、血筋のしっかりした公家の日本女性の中から妃を迎えていくべきでありましょう。そういうお公家社会を復活させねばなりませぬ。悪意の者に入らせないためにも。でなきゃ、皇室の将来が非常に危ういものとなるのは間違いありません。

そして陛下はご子孫含めて、陛下のため死んだ英霊たちに対して精一杯感謝の気持ちを持ち続けるべきだと思います。陛下とて頭が上がらないのが、陛下のためと信じて死んでいった英霊たち。せっかく陛下のため命をかけて戦ったというのに、後に自分たちをこんなぞんざいな扱いする陛下を見たら、いったいどんな気持ちになるでしょう。それこそ無駄死にだったってことじゃないですか。とにかく陛下は絶対に靖国へ参拝しなければなりませぬ。でないと今後、決して皇室を命かけて守ろうという者は現れなくなりますし、寧ろ皇族の方々は人々の軽蔑の対象になっていきましょう。英霊たちをいつまでも大切に拝む陛下がいることで、陛下に対する尊敬の念も民衆に生まれるのです。民衆の英霊への敬意も。

今日も、生前の英霊たちが馴染んでいた武勇美談(講談社の絵本から)の引き続きのご紹介です。下の twitter 画像をクリックし続けていけば(アカウントがなくても)画像が拡大され、その内容、各画像を続けて見ていけます。
【(2019.2月)システム改善し、下のいずれかの画像クリックで拡大、画像上にマウスポインタを置いたら表示される をクリックし続けていけば、その内容、各画像を続けて見れるようにしました】

【勇ましい青木上等兵】 (講談社の絵本から)
飛んでくる手榴弾を片っ端から拾っては投げ、散々敵を悩ましましたが、残念にも最後に飛んできた手榴弾に当たって「天皇陛下 バンザーイ」と叫びながら、華々しい戦死を遂げました。


【人ばしご 決死隊】 (講談社の絵本から)
敵は万里の長城に立てこもって、高い塀の上から雨アラレと機関銃を撃ちだします。その時、十四名の決死隊がさっと塀の下に駆け寄りました。
手榴弾を投げながら敵軍へおどりこみ…

【肉弾三勇士】 (講談社の絵本から)
「ソレ イケッ!」作江、北川、江下の三勇士は、火をつけた爆弾を抱えて、まっしぐらに駆け出しました。敵の鉄条網を壊すために、生きて二度と還らぬ覚悟です。(上海事変の時のお話)

【戦死した隊長を背負って一番乗り】 (講談社の絵本から)
「隊長殿を南苑城にお連れするまでは死んでも死に切れるものか!」
「隊長、隊長どの!ご命令通り致しましたぞ」
そう叫んだかと思うと、松澤軍曹はそのままぱったり…
 

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(はじめから)◆戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ①

◆満州は日本の生命線だったのです ~ 押しつけられた、日本軍による南満州鉄道爆破 自演説の虚偽

◆陛下の靖国参拝こそが核心。総理や閣僚の参拝は本質問題ではない

◆戦前は逆賊歴史学として処罰されてた、左翼学者による皇統否定の「縄文・弥生」時代の敗戦後の普及 ~ 汚染される皇室。救う手だては皇室奪回

◆『軍艦行進曲』を、7歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆見ておきたい戦争映画の名作

◆天皇陛下万歳! 大日本帝国万歳! ~ 愛国者なら大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』は必見!

◆日本の繁栄を信じて、ふるい立った英霊たちの思いにつながりましょう ~ 貴方も英霊たちの本当の仲間になるために

◆少子化は自虐史観に関連性あり!? ~ 日独伊 敗戦三国のみが異常な少子化傾向

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社 ~ 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

◆あなたは反米? 親米? それとも反ユダヤ?② ~ 硫黄島の戦いとマッカーサーを改心させた朝鮮戦争

◆戦争を煽って日本を破滅に追いやった朝日新聞 ~戦後は日本弱体化扇動の急先鋒

トップ | ヴィンテージ絵本 | permalink | comments(1) |