日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

言論弾圧企業 思想統制ファシズムの twitter – ツイッター

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.1.10)
twitter…… 米国大統領までアカウント剥奪されるくらいだから一般人のアカウントなんて虫ケラ程度にしか思っていません。発言や反論の機会をまったく奪うわけで公正も何もありゃしない。しかも凍結理由もトランプ氏の意志と関係ない議事堂乱入事件がトランプ大統領が起こしたものだからとしたいのでしょうか。もう御存知でしょうが、そもそもこの乱入もトランプ支持者に成りすましたアンティファやBLMのグループによる仕業。大手ITは死の業界です。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
twitter “アカウント永久停止”トランプ氏が非難 (2021.1.9 NNN)
ツイッター社は8日、トランプ大統領のツイッターアカウントを永久に停止すると発表しました。
トランプ大統領のアカウントは、連邦議会議事堂がトランプ支持者に占拠された事件のあと、一時的に凍結されていました。
凍結が解除されたあと、大統領は「私は1月20日の就任式に参加しない」など、ふたつのツイートを投稿しましたが、この投稿のあと、ツイッター社は声明で、規則に違反したとし大統領のアカウントを永久に停止すると明らかにしました。
これらのツイートが、暴力行為などを計画するトランプ支持者に対し、就任式を「安全な標的」であると認識させ、暴力を助長する可能性があるなどとしています。
これに対し、トランプ大統領は声明を発表し、「ツイッターは言論の自由を禁じる方向にますます進んでいる」と非難した上で、「近い将来、自身の新たなプラットホームを立ち上げることも検討している。我々が沈黙することはない」としています。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.12.18)
Google/YouTubeがコロナウイルスの欺瞞を訴える人を削除するのは、活動家にはよく知られていますが、Twitterも全く同じ言論弾圧していくということですね。だから「コロナは嘘」だというのが真実なんです。真実だからこれだけ必死に理不尽な情報統制してウソを突き通そうとするわけです。
大手ネット企業はもうどこもダメ。気づいてる方いるのでしょうが一般には未だにGoogleや電通、マスコミが信頼できる企業だと思われているから、もはや救いようない状態。
ここを見てる方々はとにかく大手IT企業やマスコミを信用してはならないことを周りに言い続けるしかありません。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
ツイッター社 コロナワクチン うそや誤解招く投稿 削除へ(2020.12.17 NHK)
欧米で新型コロナウイルスのワクチンの接種が始まる中、アメリカのツイッター社は、ワクチンに関する誤った情報への対応は重大な課題だとして、うそや誤解を招く投稿の削除に取り組む方針を示しました。
ツイッター社は16日、新型コロナウイルスに関する投稿をめぐる新たな方針を発表し、ワクチンに関する誤解を招く情報への対応を明らかにしました。
この中でツイッター社は、新型ウイルスの世界的な感染拡大の中で、ワクチンに関する誤った情報への対応は重大な課題だとしたうえで「人々の健康を害するおそれのある情報を減らすことに集中する」としています。
そのうえでうそや誤解を招く情報を含む投稿の削除に取り組むとして、来週からこうした投稿の削除を投稿者に要請する方針を示しました。
具体的な事例として「ワクチンが人口抑制のために使われている」とか「新型ウイルスは存在せずワクチン接種は不要だ」といった主張や副作用に関するうその情報をあげています。
またワクチンに関する根拠のないうわさや論争のある主張、不完全な情報を含む投稿には警告を表示するとしています。
SNS上のワクチンに関する投稿については、フェイスブックも誤った情報だと判断した場合に削除する方針を示しています。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.5.28)
今、保守派は世界どこを見ても冷遇、弾圧されています。トランプ大統領も苦労しています。エセ保守の安倍 自民党政府は国のカネで膨大なネット工作員を使って本物の保守派を弾圧、激しい嫌がらせをしつこくしてきます。
アカウント停止乱発 twitterに限らず、ご存知でしょうが Google/YouTube がとにかくひどい。このサイトへの嫌がらせもひどい。twitterも同じですが、Google検索でも前は一番に出ていたこのサイトが、今じゃ何を検索しても出てきません。それだけあいつらがここを恐がっていることの表れでしょうが、検索で各記事はもちろんトップページすら出てこなくなった2年ほど前からアクセスも激減しています。専横の極み twitterやGoogle 日本版運営者は極刑に価します。そんな奴らと今の政府は癒着、元締めの朝鮮人の巣窟 電通らは国のカネでボロ儲け、言論統制、偏向検索システムを各所で敷いてやりたい放題。電通はこのコロナウイルス騒動でもボロ儲けしてるんですよ。

昔のGoogleは偏向もなくいろんな情報を見ることが出来る本当に優れたWebシステムでしたが、今じゃもうそんな会社ではありません。Googleについても米国では保守派に対する弾圧で揉め事が起き続けています。変なアルゴリズム(サイトやページに細かくフラグ立てたりしているのではないか)による偏向検索表示は法的に禁止すべきです。
かつての自由は消滅、今やネット空間はもう完全に死んでいます。ごく一部のものに情報が完全に支配統制される閉塞状況に封じ込められています。
みなさんの個人的な拡散力に頼る以外ありません。ぜひリアルの付き合いの人にもこのサイトを紹介してあげてください。ネットによる拡散も可能なところがあればURL貼って積極的に広げてくださいませ。でないと……

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
SNS規制に意欲 トランプ氏、大統領令も  (2020.5.28 産経新聞)
トランプ米大統領は27日、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(会員制交流サイト)で保守派の意見表明が封じられていると主張し、「厳しく規制するか、閉鎖する」とツイッターに投稿した。ロイター通信は政権関係者の話として、トランプ氏が28日にもSNSに関する大統領令に署名する見通しだと伝えた。
トランプ氏は「共和党は交流サイトが保守派の声を完全に封じていると感じている」と述べ、規制強化に意欲を示した。また、大統領選で郵便投票が広く実施されれば不正が横行するとの批判を改めて強調した。
米短文投稿サイトのツイッター社が26日、郵便投票に関するトランプ氏の投稿内容が誤解を招くとして、事実確認を呼びかける警告ラベルを表示。トランプ氏は「言論の自由の弾圧」などと強く反発していた。
米メディアによると、トランプ氏が民間企業のSNSを閉鎖する権限があるかどうかは不明だという。ただ、投稿内容に関してサイト運営者の法的責任を免除する米通信品位法の条項について、議会や政府内で修正を検討する動きがあり、大統領令が同法に関連したものになる可能性がある。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2019.9.13)
もう一年以上経ってしまったが昨夏、2万人近くのフォロワーがいたのに、一方的に、何の連絡もなしに突然、アカウント停止(twitter社では凍結という言葉が使われているが)されたtwitter。苦労して築いていたものなのにその後、何を問うても、画面上は後にご返事しますと出るが、一度の回答もないし、アカウント消された理由の説明も一切ない。
無料サービスだからと理不尽に何やってもいいってわけないわけで、とにかく何の説明もなく、完全に一方的に、説明を求めても完全無視というのはまともな責任ある企業として体をなしていない。ましてこれがSNSとして名が知れ、業界トップレベルで、影響力もあるのだとすれば、そんなので許されるはずもない。
日本のtwitterの責任者はこいつ、近藤正晃ジェームスって奴らしいが、こいつみたいにこれだけ有名な会社の責任者でありながら、どこ見てもその育ちや出自がまるでわからないというのは大体が間違いなくアッチ系なのだ。経歴は大学名とかだけわかっても(慶應義塾大学経済学部卒業)、それ以外のことは何もない。他にも日本の新興実業界にはこういう輩がやたら多い。特にIT系のトップは大体がこういう怪しい奴ばかりだ。家はパチンコ屋なんて書けるはずもないわけで、だから大体こうなる。昨日、孫正義に売却されるとニュースで騒がれたネットショップ流通系で儲けて宇宙旅行に行くなんて言ってた奴も、どうせ同じような筋。これだけ知名度あって責任ある大きな会社の幹部であるにも関わらず、出自や育った家庭について全くわからないという、普通の日本人では考えられないような者ばかりのさばってるのがこの業界、今の日本の財界だ(学会や芸能界などマスコミ力が大きいところもそんな奴ばかりだが)。孫正義なんかは一番有名なのでよく叩かれてはいるが、まだ育ちや経歴を普通に明かしてるので、ずっと良心的だ。昔、今のようなSNSが普及してなかった時、ヤフーにあった掲示板だって投稿が削除されることはあっても、アカウント停止なんてのはまずなかった。しかもここの通り、昔のヤフーはその内部管理スタッフが自ら掲示板に書き込んでいた不正があったことを詫びて謝罪までしているのだ。しかし、今のTwitter社はもちろん、他の有名SNSはどうだ。(外部管理委託先会社含)スタッフによる荒らしや偏向操作なんてどうせ日常的なことだろう。もはや、このようなクズ会社、近藤正晃ジェームスのようなクズ幹部がやってる会社なわけで、その程度のこと当たり前に行われてるはずだ。責任問題にすらならないし、何の説明もないし、そういうことやってることすら一切明かされることもない。日本のtwitter社内で実権握ってるのもどうせ朝鮮系なのだ。既にあの、朝鮮人のための電通傘下でもあるし。残念ながらYahoo!掲示板も今はシステムが変わっており、内部社員はやらずとも委託会社に管理依頼して好き放題の工作投稿(工作員とAIによる)と大量の「いいね」クリックを重ねるようになり、ひどいのは掲示板よりも皆さんもよく目にしているであろうネットニュースにつけられているコメントだ。各ニュースで目立ってぶらさがっているコメントなんてほとんどが工作員のものだし、「いいね」クリック数もシステムで勝手につけられているだけで、閉塞的な一方的情報しか見れない完全な家畜(ゴイム)養成空間となっている。

こんな状態のどこに言論の自由があるのか。あんな日本国憲法なんか振りかざすのも何だが、こんなの、twitterのやってることは完全に憲法違反ではないか。これだけ大きな存在なのだから、言論の自由を保障する大いなる責任もあるはずだ。
これでどのツラさげて、グローバル化だ、自由だ平等だ、あらゆる差別のない社会を、なんて言うとるんじゃい、お笑いなのだ。
アカウント停止させるなら、その理由説明ぐらいないと、誰もそんなのに納得できるはずがない。こういうふざけた会社、システムであるから、近藤正晃ジェームスという奴こそ、リベラルやグローバリズム、多様性だなどという衣をまとった、実は卑劣な言論弾圧主義者、思想統制主義者でしかない。世界中でこいつらが非難してるナチスなんかより、よっぽど凶悪で有害で卑怯な、悪の巣窟、悪の世界グループ企業の一味なのである。そもそもヒトラー自身、ナチスが敗北してもより強力なナチズムが世界を支配すると予言していて、その通りなのだ。
アカウント凍結させまくってる twitter Japan のこの近藤正晃ジェームスのような、こいつらこそ保守派への差別主義者である。こんなことされて、こいつらに媚びてまたtwitter始めたりとか私はしない。あいつらの好きな13日の金曜日という今日、その卑怯な弾圧に対して理をもって糾弾するだけである。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆反日マスコミの本丸は電通!~メディアをウラで操る電通を攻撃すべし

◆韓国、朝鮮人の諜報ツール、日本人奴隷化、支配のためのLINE

◆続々と親子が引き離される、恐怖の東京の未来 ~ キチガイ都知事 小池百合子がホモレズ推進条例に続いて、子供虐待防止条例で親から子を奪い去る施策を推し進める!

◆不可解なブログランキング そのカラクリ ~ ランキング操作なんて視聴率や部数捏造以上に簡単ですからね

◆ダマし政策!ダマし政府! くだらんことやっとらんで、朝鮮人を早く朝鮮に返せ! 韓国の諜報ツールLINEの使用を子供や保護者に強制させるな!

◆朝鮮ユダヤ Google / YouTubeによる情報統制と言論弾圧 ~ 巨大企業の寡占(独占)により、バックボーンのない個人の発信するものは完全に無視・無力化され、マスメディアか、ネットを支配統制する勢力によって与えられた、発言が広く公開される資格を持つ有名人や芸能人など民衆扇動役に関わる者しかオモテに出れなくなった。そして個人の活動履歴情報はすべて抜きとられている

◆子供達に「学校で友達同士1メートル以内に近づくな!」異常な生活行動強制、正常な人間関係を破壊して人間の個々のつながりを断絶させるための工作員集団! ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!②

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆日本人弾圧のための「ヘイト」規制で、在日天国、朝鮮人王国の神奈川県 ~ 川崎の保守系集会を妨害する無法者を野放し、神奈川県警のクズぶり!

◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について ①

◆PayPay ……使えば、どうせ朝鮮人が儲かるんだろっ!

◆幼児教育・保育の無償化で韓国・朝鮮に支配される日本 ~ 朝鮮人は色キチガイで虚栄心の塊

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド ~ 世界全体が巨大劇場と化した現代。アルカイダやISIS(IS)は劇団と同じ

◆亡国のシナリオ ① ~ GDPの倍、国家税収の20倍以上の借金でさらに借金を増やせと叫ぶ売国奴

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 ~ 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆短信 保守派へのネット弾圧が激しいですが

◆今の格差社会は男女雇用機会均等法が廃止されないとなくならない ~ 雇用均等法前の日本はこんなだった

◆DVやセクハラは存在しないが、虐待は存在する ~ 女権洗脳の次に来る、子供の権利洗脳

◆同性愛についてです②(ホモ)~ 同性愛者が知的なんて言ってる連中は戦車で轢き〇すべき!

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(8) |

“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!
~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2013.2.15)
昔つくった私の歌でもまたアップしようかと思いましたが、そんなのより、今私はうちにある昔のレコードやテープをちょこちょことデジタル落としする作業してるのですが、その中でどうしても皆さんに紹介したくなった歌手、曲があります。

その方は須山 公美子さんという方で、当時からインディーズでしか活動しておらず、ここの読者でご存じの方がはたして一人でもいるかどうかすら怪しいくらいなのですが、私自身当時インディーズで活動していて、それを聴いて大変な衝撃を受けたものに『新しい大陸』という曲があります。

あの頃はレベッカやプリンセスプリンセスのような女性ボーカルで初めてメジャーなバンドが出始めた頃で、男の子の間ではBOΦWYとかが大人気となり、ロックポップ系とでも称すべきメジャーバンドが日本でも現れ始めてました。もちろん私からすればその種の路線はミーハーなものであったので、目もくれませんでしたが。

須山さんは抜群の歌唱力に加え、楽曲といい歌詞といいホント素晴らしいのですが、当時から商業的なメジャーとは一線を画した活動されてて、アコーディオンの弾き語りをメインにピアノもやるし、着物着て演奏することもあったとか。
日本の童謡・唱歌風のものや、レトロ感漂う曲など、現代の癒し系のハシリとも言える楽曲に加え、歌詞には優しさが溢れ、インディーズ特有の非常に暗い曲も多いのですがバラエティに富んだその独特の世界観、まだ20代半ばであったにもかかわらず30年近く前にこんな曲を作っていた須山さん、今聴くと尚更彼女が抜きんでた天才であったことが伺い知れます。

私がここで紹介するのさえ、おこがましい方なのですが、このまま誰も知らずに埋もれてしまうのはあまりに惜しすぎて・・・
近年までライブ活動もやられていたようで、特に初期に当たる1980年代の楽曲が素晴らしいのですが、今ではレコード、CDとも非常に入手が難しくなってるようですね。

今もインディーズでこれだけの楽曲が作れる方がおられるのかはわかりませんが、今、流行ってる曲なんか、どう見ても劣ってるし、あの1980年代の頃というのは世界的にはメジャーですごくいいものがありましたが、逆に日本ではインディーズの方がいいものがいっぱいあったように感じます。当時から私はむしろ70年代のフォーク、ニューミュージック系の方が好きなものがたくさんありましたし、明らかに日本人の音楽センスというのは退化してる気がしてなりません。

シナは二千年前の諸子百家時代に文化的、即ち人間性や道徳における頂点を極め、唐までその栄華は続いたわけですが、異民族の元(蒙古)に征服されて以降、文化や人間性の退廃が続き、その結果が今のシナ人たちの品位に表れてます。
百花繚乱、格調高く奥が深い諸子百家の思想を知ればわかりますが、とてもそれら崇高な精神文化を持っていた古代のシナ人と、今のシナ人が同じ民族だとは、到底思えません。
古代人より現代人が進歩してるというのは大いなる勘違いであり、このままでは日本もシナ人の後を追うことになっていくでありましょう。

『新しい大陸』 須山 公美子 (1986)
私のスッゴイ大好きな曲で、『夢のはじまり』というインディーズの名盤(詳しくは右画像クリック)に収録されてます。このアルバムは参加メンバーに溝口肇など、今のビッグネームが名を連ねてます。24歳でこんな楽曲を作っていた須山さんの強烈なエネルギー、とーっても楽しい伴奏とテンポ感が絶妙なのに加え、とにかく歌声が素晴らしい。ぜひ聴いてみてください。

わたしと行きましょう 新しい大陸へ
名も知らぬ 樹が生い茂る 美しい鳥が 舞い踊る
あなたの目を見た時 言わなくてもわかったわ
一人では少し恐いけど 二人ならどこまでも行ける

憧れと不安とトキメキ乗せて 大きな船に乗りましょう
一人で見る夢は ただの夢でも 二人で見れば 本物になるの

どこまでも 海の彼方へ
ほーら 夢の地平が 開けてくる
もうすぐ見えるわ 新しい大陸が

あなたの手をとり 微笑み交わしながら
誰よりも 素晴らしい 夢を見ましょう
あなたも私も 同じ見果てぬ夢を追う
夢紡ぐ その時が 一番ステキだから

いつでも どこでも どんな時でも 夢は私を 見捨てなかった
だから私も 夢を放さない 夢は私 夢はあなた

行きましょう 夢の彼方へ
未だ 誰も行かぬ 未踏の地へ
きっと行けるわ 新しい大陸へ

『少女の憧れ』 須山 公美子 (1985)
今から約30年前、『衛生博覧会』(1985)という40名のアーチストが結集したイベントのため作られた楽曲。24歳の若さでこれだけノスタルジック、美しく温かな情感たっぷりの歌声を聴かせてくれてた、驚くべき須山さんです。

ロイド眼鏡のせんせの後を 鞄を捧げ持ちまして
三歩下がってしとやかに 白き白衣も麗しく
目指すは日本のナイチンゲール
ああ 少女の憧れ 白衣の天使

さあさ お熱を計りませうね お加減 今日はいかがです
優しき声の励ましも 甘露の如き微笑みも
目指すは日本のナイチンゲール
ああ 少女の憧れ 白衣の天使

辛い夜勤も何のその 病に苦しむ人たちを どうして忘れておられよか

気高き心 忘れずに 清く優しく美しく
目指すは日本のナイチンゲール
ああ 少女の憧れ 白衣の天使

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.9.1)
TVゲームやアニメのバーチャルな人間像に魅了させるのも、左翼によるフヌケ化洗脳工作。
これによって、男女とも現実の人間への興味を失い、現実感のない異性像ばかり追い求め始める。

音楽作りだって、実在する人を使わないで、すべてコンピュータで済ましてしまう。
しかも今では、楽器音だけでなく、何と歌(声)にまで、人の声でなく機械で作った音に歌わせる。

初音ミクとか使ってる人って、人心の荒廃を企む左翼の目論見に乗せられてるんですよ!

歌うパソコンソフト「初音ミク」 「電子の歌姫」の実像を追う
朝日新聞のニュースサイト「アサヒ・コム」とタイアップ

http://www.asahi.com/special/hatsune/TKY200903200212.html  (2009.3.21)

あの朝日新聞も「初音ミク」を大絶賛!
これ以外にも朝日系は、TVに新聞に大々的に「初音ミク」を取り上げ続けてます。
どうして極左 朝日が、こんなに熱心に「初音ミク」のプロパガンダに躍起になってると思う?

バーチャル・アイドルなんて、フヌケ草食系男子を増殖させる、左翼による日本男児フヌケ化工作の広告塔にすぎません!
たとえメーカーにそのつもりがなかったにせよ、左翼はこういうのを徹底的に利用します。

こうやって現代の人々は、生身の人間への興味を失わされ、人々との触れ合いをどんどん阻まれていってるのです。
左翼の仕掛けは巧妙。人々を引きつける魅力あるもの、とにかく奴らは何でも利用します。

偏狭アニオタの粘着攻撃性は(実は朝日の工作員?)、左翼のそれと並んで異常ですが、初音ミクを批判すると、同じように攻撃してくる人いそうですね。

でも、断言しておきます。こんなの最後は、セクサロイド(セックス用アンドロイド)に魅了されて機械にイカされる惨めな人間に成り下がらせるための、左翼の洗脳工作の一貫に過ぎません!
保守ならそれぐらい気づかなきゃダメ! セクサロイドの危険性は、男だけでなく女だって同じ!
多数の男をはべらす女将軍の映画「大奥」なんて、腐りつつある日本の男女の象徴!
あんなものカルトなエロビデオレベルで、マイナーにやるべきものでしょうが! もう末期的!

全部コンピュータで作れるってのは、確かに便利。凄い時代になりました。
今じゃ、机の上でチョチョイのチョイ!
でも、つくられるものの中身はよくなるどころか、どんどん劣化していってる。
人と付き合うのもおっくうに。
何でも簡単に出来る時代になって、机の上ではうまくいっても、何かちょっと思い通りいかないと、「あ~、もうヤダ!」

音楽やるのにしたって、ちょっと前の人たちなら、人集めから何から何まですべて手作業。
今のように、便利なメンバー募集サイトなんかないし、お店や学校など普通の生活の中ではもちろん、雑誌などで地道に募集かけたりして・・・
録音だって、普通の人が小さなコンピュータで何十チャンネルも高音質で録れる機械なんて、存在しませんでした。

大変な手間隙かけて、根性と執念で、何か一つ作るにも大変でした。
なかなか思うとおりいかない中、多大な労力で作り上げるプロセスというものが、人間にとってどれだけ大切であったか!

保守を称するなら、せめて歌だけはリアルな声を使ったらどうでしょう。
いい人が見つからなければ、ヘタでも自分で歌ったらどうですか?
もういい歳のおじさんなら、こういうソフト使うのもよいでしょうが、若いのにこんなソフトに頼ってると・・・

本邦初公開ですが、今日は私が20年前に作って録音した歌をお聴かせします。
この頃なんてカセット4chだし、今のような高スペックのコンピュータなんて、普通の人は絶対使えませんでした。そんな中、少しでもいいもの作ろうと、みんな頑張っていたのです!

欧米でバッハやモーツァルト、ベートーベンを超えるような作曲家が現れえないのと同じように、どんなに便利で豊かな時代になっても、江戸時代など先人の作ったものを超えるような絵画、もはや日本に生まれえないでしょう。
いくらハイテク機材を使おうと、決して日本人の中身が先人たちに及ぶことはできますまい。
文明が進化するとともに、日本人、否、人類はむしろ退化していってるように思えます。

今の時代、まったく無名な人でもホントに安い機材で、こんな風に世界へ向けて情報発信できて、昔では考えられないほど恵まれた便利な時代になったのに、今の若い人は何をやらせても文句ばっかり!
仕事がないだの、仕事があっても好きな仕事できないだの、結婚できないだの、老人が悪いだの・・・そんなことばっか言ってちゃダメ! もっと辛抱して、苦労しなさい!
(続き)

「プルーブ・ユア・ハート」 アリーシャ・ロデム・クラブ・バンド(1990)
Prove Your Heart – Sapphire Club Band

もちろん当時は、こんなバンド名じゃなかったよ (^▽^)。まさか、こんな形で発表できることになるとは、夢にも思っていませんでした。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.10.24)
バーチャルにしろ、同性愛にしろ、獣姦にしろ・・・基本的にこの辺りは堕落した快楽に耽る点で、根は同じ。子供がいるなら、自分の子がそっちの方に入れ込んでほしくないと思うのは、当たり前のこと。
子供のオタク化・腐女子化は防がなければならない。フェミやペットに嵌りすぎるのも同じ。こんなことに嵌る人間が増えるようでは、その後の繁栄なんてありえません。
ボーカロイドを使用した楽曲を校内でかけないよう規制してる学校も、ごく一部にあるそうで、なかなか鋭い感性持ってる教育者も少しはいるんだなと、ちょっとだけ感心しました。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(続き)◆萌えキャラに熱を上げる男の子たちってのは・・・マスコミの白痴化政策に注意!

◆子供には生の声、楽器音を聴かせましょう ~ ボーカロイドなんかダメ

◆歌に見る男女観の変遷 ~ 失われた自然に叶った男女観

◆正に神がかり!予言者 川内康範 ~ レインボーマンの世界は現代日本そのもの

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 ~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット ~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり ~ やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆“腐男塾”だの、“腐女シスターズ”だの・・・なんかリアルな名前・・・~ もしや、冗談で済まないほど腐ってんの? 日本人は・・・

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い ~ 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆女子供の洗脳で男もバカになった!① ~ ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 ~ 男をイヌに仕立て貶める!

◆草食男は日本フヌケ化のキーワード ~ 日本弱体化を図る売国マスコミの戦略

◆高慢な女がのさばり、男がバーチャルに嵌った世界の成れの果て ~ 『セクサドール』 石森章太郎の世界③

◆そもそも狂人を作るための現代アニメの制作会社。自らが作った狂人にやられるのは必然。因果応報。

◆最後の正常な選挙による、米大統領であったドナルド・トランプ氏 ~ 架空のバーチャル選挙で選挙やった気にさせるニセ選挙に支配される未来

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(2) |

ホモ監督の制作で左翼が大好き、名作とされる映画『二十四の瞳』について

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2018.5.19)
男が若い女へ当たり前に好意を持ったら犯罪者にされ、加えてホモレズ同性愛が推奨、保護される。つまり、畜生ホモ・異常性癖者を批判する正常感覚持った者が犯罪者として処罰される恐ろしい時代になったのですよ。「LGBTへの差別がー」なんてのは、要するに変態アナルSEXクズを批判する者を徹底弾圧するためのものですからね。わかってる? 既に「セクハラー」と騒がれればそうなるのと同じように、これからは鬼畜同性愛を批判する者に対し「LGBT差別がー」と騒ぐだけでその人のすべてを奪い去ることが出来るようになるわけ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2017.6.19)
現代日本では、男が女子高生とつきあったら犯罪者とされてしまいますが、1990年頃までは男が女子高生とつきあっても何のお咎めもなく犯罪じゃなかったんですよ。これが犯罪にされたのは、すべて都道府県で条例が作られてしまった以後から。教え子と生徒で関係を持つようなら不適切ではあっても、それだけで犯罪者にしてしまうのはあんまり。現代の価値観に洗脳されてはいけません。女子高生は子供も産める立派な大人の体なんですよ。男が女子高生に好意を持つというのは全くもって正常な感覚であり、これが犯罪になるなら、若い娘はすべて犯罪者発生誘因兵器と化すし、どんどんつけ上がっていきます。だから女は男に常に狙われてることを意識して自ら身持ちを固くしておかなければいけないわけ。そのやり方が「私に手を出すのは犯罪なんだからねー!」なんて、女をつけ上がらせるようではいけない。女子高生に興味持ってるだけで、「淫行男」なんてレッテル貼る……若いうちに結婚させない、子供を生ませないよう日本人滅亡企む暗黒勢力によるデタラメ価値観押しつけプロパガンダにダマされんなよ~。対して男同士・女同士で淫らな行為する畜生・クズどもを優遇、保護する狂った日本、今の日本ではキチガイ・悪魔が政治をやってます!

『デリシャス』  シャンプー (1995)
Delicious – Shampoo

なつかしの新宿で撮影のシャンプーPV。当時のガールズカルチャーも垣間見れますよ^▽^)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2012.9.1)
『二十四の瞳』の左翼色も強烈ですが、その同年(1954)、同じ木下の『女の園』(詳しくは右画像クリック)という作品も公開されてます。

ちなみに、映画『女の園』の内容
・封建的規律で知られる名門女子大を舞台に学生の自由と学園の理想とが対立する悲劇をリアルに描いた問題作。
・良妻賢母型の女子教育を信条とする京都の名門・正倫女子大学は、厳しい規則と指導で生徒たちを常に縛りつけていた。しかし男女交際は無論のこと、外出や勉強時間まで規制される寮生活の中で、次第に生徒たちの学園の民主化運動の意識が高まっていくのだが……

要するに「女に自由を!」、「なんで良妻賢母でなきゃなんないのよ!」といった主張のフェミ女が炸裂、その草分け的な映画。
1954年は木下惠介のこの2作と、黒澤明の『七人の侍』も上映されている。
そして「キネマ旬報ベストテン」では、何と『七人の侍』を抑えて、1位と2位を木下の『二十四の瞳』と『女の園』が独占。反戦とフェミのセットで、ホモだった木下は完全にあっちの工作員だったとしか思えない。しかも木下は日本初のカラー映画である『カルメン故郷に帰る』(1951・詳しくは右画像クリック)も撮っているのですが、これも『二十四の瞳』と同じく高峰秀子の主演で、しかもその主役ヒロインはストリッパーなんですよ。ここまで露骨だと、さすがに今にして思うと、わかりやすすぎませんか?
当時から、以下にフェミ・民主主義教・フシダラ化の勢力がマスコミにおいて強大であったかが伺えます。こんな頃から左翼の激しいプロパガンダ工作がとっくに始まっていたんですね。高校が舞台で男女恋愛を賛美、女権主張のフェミ系女教師と守旧派女性の対立を描き、民主主義洗脳に大きな影響を与えた映画『青い山脈』(1949年。原作:石坂洋次郎・1947年から朝日新聞で連載)と共に、『二十四の瞳』は左翼プロパガンダ映画の筆頭といえましょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2010.12.8)
小さな子がいることもあって、子供が出る映画を最近よく見ます。名作として知られる『二十四の瞳』(1954年、原作 壺井栄・女性。詳しくは右画像クリック)ですが、この映画は戦後左翼の典型的な反戦プロパガンダ映画です。
私は最初、これほど平和や平等を主張する左翼的な映画と全く知らずに見てしまいましたが。

この映画では大局的に全体を見ないで、ひたすら教え子が死んでいったことしか描かれておらず、とにかく戦争とは悲惨、可哀そうな人たちをたくさん生むばかりとしか訴えない。
もちろん、何で日本が戦争していかざるを得なくなったかとか、そういう説明も一切ありません。

戦争シーンとかは出てきません。単に学校から巣立った子供たちが、戦争が終わったら皆死んでいて、生き残った男の子たちはわずかというシナリオ。
生活面から見た戦争による変化だけしか描かれておらず、ひたすら、いわば家庭内の女としての視点のみ。
戦って亡くなった方への敬意も全く感じられず、これだけ見れば、戦争は悪としか洗脳されません。

戦時教育に憂いを持ったヒロイン 大石先生(高峰秀子)は、教え子たちの卒業とともに教職を辞します。
ヒロインはとっても個人主義的で、日本の美意識たる自己犠牲精神というものはカケラも感じられません。

イデオロギーを象徴するのが、始まりでは違っていたのに、戦争が終わって小学校の教師に復帰したヒロインが、ラストシーンで“さん”づけで子供の名前を呼んでいたこと。

同じ子供がそのまま大人になっていくような成長過程を描いたのは、なかなかスゴかったです。全国から幼児・小学生~大人まで、それぞれの出演者で似た顔の人を集めて録っていったそうです。最初は実際に成長するまで、何年もかけて撮影したのかと思ったくらい似てました。

個人的にこの映画は、たとえ今のような保守イデオロギーになる前の昔に見ていたとしても、恐らく何の感動もしなかったと思います。
変に戦争のツラさや、悲惨さだけを強調したものは、以前から嫌いでした。
ただ反戦じゃなく、『プラトーン』のような人間の本質を描くような演出がないとちょっとね・・・

単に名作として知られていたので、左翼的な作品だと知らずに見たものの一つですが、これほど著名な作品で、ストレートに反戦、平和、左翼的なイデオロギーを表したものは他にないかもしれません。予告編のキャッチ、木下監督の言葉からも明らかですが、左翼反戦プロパガンダの典型です。(映画『二十四の瞳』予告編

また、監督 木下惠介はホモで有名であり、「木下の助監督はすべて美青年であった」と脚本家の白坂依志夫は回顧エッセイで記述、言葉遣いもとても女性的だったそうです(恩地日出夫「砧撮影所とぼくの青春」などより)。
戦中にごく短い結婚生活を経験しているが入籍せず、新婚旅行で性的関係もないまま離別したという相手女性の証言もあります(長部日出雄「天才監督木下恵介」)。男でありながら女性に全く興味を持たない、典型的な“おんな形”のゲイだったのでしょう。

ウチにはたくさんの児童書・絵本があって、内容をよく知らずに将来、有名作なので子供にでも読ませようかと、原作本も持ってましたが、この映画を見た途端、古本屋に売っちゃいました。

1954年、黒澤明の代表作『七人の侍』と同時期の映画ですが、『二十四の瞳』の方が当時の映画賞をたくさん受賞。戦後まもない頃でもあり、当時の米国や左翼・マスコミの政治的思惑も強烈に働いていたのでしょう。

戦前の生き生きとした子供たちを見るには、実在の施設を元に、社会に受け入れられない問題児たちの教育に向かい合う教師たちと、子供たちが集団労働に新しい喜びを見出すまでを力強く描いた、清水 宏 監督の映画『みかへりの塔』(1941年)とかの方が、よりリアルに描かれてます。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

【投票参照】  伊首相 「ロリコンはホモよりマシ」   (2010.11.4 ロイター)
伊首相ベルスコーニ氏が「美しい少女を好きなのは同性愛者であるよりましだ」と発言。
石原都知事 「同性愛者はやっぱり足りない感じ」、「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」(2010.12.7 毎日新聞)

『 ヴィヴァ・ラ・メガベイブス 』  シャンプー (1995)
viva la megababes – shampoo

シャンプーは英国のガールズデュオ。その後の1999年のロシアのガールズデュオ t.A.T.u.(タトゥ)になると、レズビアン・ゲイ色が丸出しになる(少女同士でキス t.A.T.u.『オール・ザ・シングス・シー・セッド – All the things she said』Live)。どちらも世界的なセンセーションを引き起こしたが、シャンプー(詳しくは右画像クリック)の方がまだ正当派で断然カワイー。
イタリアのベルルスコーニ首相が「ロリコンはホモよりマシ」と言い、石原慎太郎都知事も「テレビなんかでも同性愛者の連中が出てきて平気でやるでしょ。日本は野放図になり過ぎている」と言ったそうだが、私も全く同意。左翼やマスコミが、オカマやゲイまで日本破壊工作に政治利用するのであれば、対抗策として私は、子供にゲイやオカマなんて最低だと教えるのみ! 彼らがオモテに出ず、ヒッソリやっていたなら、別に差別意識なんてなかったし、ゲイやオカマをこれほど敵視すべしとも、言わずに済んだのにね。それでも結果として子供がゲイになってしまうなら仕方なし。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? ~ 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ ~ “男の娘”凌辱ものまで

◆早期セックスを青少年に煽るマスコミ・左翼なのに、仕事持つ健全な男性が女子高生と交際したら犯罪者にされるというダブルスタンダード

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆“オタク” が違和感持たれなくなってしまった時代、そしてこの先は、“オカマ” が違和感持たれなく ・・・

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆萌えキャラに熱を上げる男の子たちってのは・・・マスコミの白痴化政策に注意!

◆女の子には“赤い靴” ~ 親不孝娘を描いたアンデルセン童話のダイナミズム

◆ヘナチョコ男とパッパラパー女はいらない ~ 命とは尊く儚いもの

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち ~ こんなのが今の女性の目標!?

◆特攻隊の青春群像 映画『決戦の大空へ 』と、フィリピンの神風記念碑

◆今の宮崎駿/ジブリ作品は本当に日本のアニメなのか!?~ ディズニーだって、創価の配下?

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(1) |

朝鮮ユダヤ Google / YouTubeによる情報統制と言論弾圧
~ 巨大企業の寡占(独占)により、バックボーンのない個人の発信するものは完全に無視・無力化され、マスメディアか、ネットを支配統制する勢力によって与えられた、発言が広く公開される資格を持つ有名人や芸能人など民衆扇動役に関わる者しかオモテに出れなくなった。そして個人の活動履歴情報はすべて抜きとられている

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.12.26)
世界最大の巨大IT企業であるGoogleは、ここにある通り、その内容が極度に偏向しています。当サイトはかつてはいつも検索トップに出ていたのに、今ではなかなかこのサイトを見つけることが出来なくされています。
そして新型コロナウイルスについて、その脅威を否定するような内容は、すべて削除するという規定が、何とGoogle(YouTube)にはあるのです。そんな細かなことが規約に定められているということ自体、これまでの常識では考えられません。これは東京都知事選の頃から、そんな規約がGoogleにあることに触れ、それを批判していた平塚正幸氏。私自身、そんな規約をGoogleが定めていたということを知って、驚きました。

もう、Googleに頼っていてはダメなんです。しかし、スマホとかは特にそうでしょうがGoogleアカウントを利用しないと使えないサービスが多すぎますし、アカウントを作ったら作ったで、すべての履歴・個人情報はGoogleに蓄積収集されていくのです。先日からtwitterでも同じ内容の規制が入りはじめています。当然、(私はとっくの昔からアカウント停止されて使えなくされていますが)twitterもいずれ使い物にならなくなるでしょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.6.5)
Google / YouTube を筆頭とする情報検索はもはや完全に偏向しており、本当に大事な情報をいろんな人々が自由に得ることは非常に困難な環境となりました。無名な個人によるブログ発信が力を持てた時代は終わり、オモテのマスコミはおろか、ネット上でも話題になるのは不平不満のハケ口としてガス抜きようにあてがわれた著名人や芸能人、スポーツ選手らの発言しか話題になりません(いわゆる“炎上”も含めてです。“炎上”も大多数は仕掛けられてのものなのです)。特攻隊ニセ伝説やニセ歴史本など書いて儲けているエセ保守作家やユダヤ金融の下部組織フリーメーソンの医者、かつてはIT企業で持て囃されていた若き起業家だった者などのような、さまざまな政治的発言についてのニュースもすべて、暗黒金融勢力 情報統制企業により発言の拡散を許された者に関するものしか人々のところに届かなくなってしまいました。持ち上げられている本人たちに、たとえいささかの本気の気持があったとしても、あの種の著名人らを追いかけても何の意味もありません。あの種の何かをやってくれるかもと思わせる人のところに集まらせることで、実は人々に何もやらせないために集まらせているのですから。あの種の連中を持ち上げて利用している暗黒勢力が、集まってくる人々の個人情報を取得することもその目的に含まれます(実際、余命三年時事日記というサイトがリベラル系弁護士に対する懲戒請求を賛同者を集めて出して、それに署名していた多数の一般人が逆に訴え返されて、信じられないような話ですが賠償支払命令判決まで下された有様、それが今の壊国支配勢力に占拠された日本の実情なのです)。

ニュースとしてバラ撒かれている情報もその多くが人々を誘導(思想/情報統制)する意図を持ったステルスマーケティング(ステマ)によるプロパガンダが横行しています。(ネットの)ニュース本文のみならず、つけられているコメントまで目立ってアゲられている(いいねクリック数など)のは工作員のものばかり。限られた情報の範囲で、さも自由があるかのよう見せかけた世界の中ですべての人々は飼い殺し常態であり、ゴイム(家畜)として生かされているだけなのです。
【ステルスマーケティングとは、それが広告であることを明記せずに隠して、非営利の好評価の口コミ等を装おって、単なる宣伝であることが消費者に悟られないよう、消費者を欺いて狙う宣伝手法。ヤラセやサクラなどもその一例。 中立的な立場での批評を装ったり、当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりして行われる。アンダーカバー・マーケティングと呼ばれるゲリラ・マーケティングの1つであり、日本では違法にならないが、欧州連合(EU)やアメリカ合衆国では広告表記のない宣伝行為は『消費者に対する不公正な欺瞞に当たる行為』として明確に法律で禁止されている。「売れてる!」「話題!」「流行ってる!」等の言葉を使って、あたかもニュースのように流布させたり(「うんこドリル」が話題とされたのなどは端的な一例)、まとめサイトやSNSにおけるステルスマーケティングが横行しており、商品販売目的に限らず政治的誘導意図を持ったプロパガンダにも大々的に利用されている。】

しかし、飼い慣らされた家畜だらけとなった日本の政治家や(ネット含む)オモテで話題にされる言論人と違って、外国にはブラジル ボルソナロ大統領やアメリカのトランプ大統領のように、完全に飼われているというわけではなく、マスコミなどから激しい非難を浴びながらも、ある程度は明らかな強い意志を持って実行に務めている方々もいるようには感ぜられます。

かつてはとても優れた検索システムでネットの覇者となりえたGoogleですが、今はその情報統制は極めて悪質で、検索で出てくる情報もまともな保守系の情報はなかなか出なくされているなど非常に偏っており、保守風で出てくるものであってもメジャーサイトか有名人やオモテで専門家とされている者やGoogleにとって優良だと認定されているようなサイト以外は検索で無視されるようになってしまっています。これで左翼が批判する「ナチスの言論・表現の弾圧がー」とか、何の冗談かってくらいひどいGoogle。“自由(リベラル)”を看板に気に食わないものについては徹底弾圧、ヒトラーが「いずれにしろナチズムが世界を支配するようになる」と予言していた通り(ここでいうナチズムとは、つまりファシズム=全体主義を指すのであり、ユダヤ排除の意味ではない)、言論封殺、行動統制や諜報活動でやりたい放題、現代のネット空間を支配している真に凶悪なファシスト企業こそGoogleなのです。
かつてはいろんな検索で一番に出ていた当サイトトップや各記事ですが、今じゃ何を検索してもまるで出てきません。毎日数千人の方々が見に来てくださっていたのですが、その数は激減しています。このままでは新規にここを見つけてくださる方というのはほとんどいなくなるでしょう。

Yahoo!やGooなどのポータルサイトもその検索システムはGoogleが採用されおり、もはや日本の検索システムはGoogleによる独占状態であり、ネットによる情報発信の自由や公平性が損なわれないよう、ネット巨大企業については法律で規制するしかないわけですが、今の日本では当の政府の方が都合の悪い情報を弾圧、利権あさりに励む悪徳組織であり、出回るネット情報を電通らと共謀して完全に支配統制しています。 日本版 Google / YouTube も朝鮮畜生 電通によって支配されています。GoogleとYouTubeを管理しているのは反日朝鮮人なんです。twitterなどもそうです。

保守層向けの情報サイトや本だとして、ネット上で非常に目立っているバナー広告が頻繁に出てきますが、あれもGoogle / 電通らによるものであり、かつては自らいろんなサイトにアクセス出来て、いくらでも自由に情報を得ることが出来ていましたが、Googleに独占された検索システムがまるで役に立たなくなった現在、保守層向けの情報も完全に閉塞状態にあり、自称保守派として発言権を与えられている言論人に関する非常に限られたもののみがニュースとして流されるか、商売用で本やネットで売り出されている状況で、”保守”までも特定グループに利権化、管理されているわけです。奴らはそれでカネ儲けし、人々がカネを払ってそういうところから情報を得るようになっていっても、そこから得られるものにたとえ一部の真実を含むリークがあっても、実態はミスリードに満ち、核心に迫る本当に必要な真実というのは隠されたままなのです。

アメリカではそのように思想的な偏向集団組織である悪徳企業 Googleに対しての訴えも起こされているようです。インドでも情報が偏向していると訴えを起こされ、賠償命令まで下されていますが、そんな命令にGoogleが従っているはずもないでしょう。もはや使い物にならなくなったGoogle検索は日本でも厳しく規制し、禁止されてもいいくらいですが、それどころか“ググる”なんていう低俗な言葉を使い、バカ政府・自治体や馬鹿な教育関係者らはGoogleやZoomによるオンライン会議やオンライン授業、朝鮮人の諜報ツールLINEの普及にまで努めています。目的はすべての個人情報収集による個人の活動の徹底監視であり、審議中のスーパーシティ法成立によりその目的が遂げられるわけです。政治家・役人や学校関係者の上層部というのはノーナシか破壊主義者しかいないんです。日本には海外のように、トランプ大統領のようにGoogleのその独占的権益を批判するようなオモテだった人もいません。

しかしアメリカでは秘密諜報組織としてのGoogleに対して新たな訴えも起こされました。今回の集団訴訟の原告には「数百万人」のGoogleユーザーがいるそうで、1人あたり5000ドルの(約54万円)賠償を求めているそうです。どんな判決が出るか、これまであった裁判の経緯からすればあまり期待できるものでもありませんが、Google社内では、思想が保守寄りとされる社員に対する嫌がらせもあったということで、これまでもたびたび問題になっているし、裁判沙汰にもなっています。こんな状況ですし、腐りきったGoogleのChromeも、もう使うのはやめた方がいいでしょう。ましてやGoogle ConsoleやGoogle Analyticsなんてのは、サイト登録すれば検索で出やすくなるなんてされていますが完全なウソっぱち、詐欺であり、登録してもそんな効果は全然なく、サイトの情報がすべて抜き取られるだけなので絶対やめておきましょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

極悪 朝鮮ユダヤ企業 グーグルに絡む、これまであったいざこざがわかるよう、いくつかのニュースを記しておきます。
*************************************************************

米Google chrome 「秘密モード」で情報収集 (2020.6.4 日本経済新聞)

米グーグルが「シークレット(秘密)モード」に設定したブラウザー「クローム」で利用者のインターネットの閲覧情報を収集し、プライバシーを侵害しているとして、利用者は3日までに、グーグルに損害賠償を求める集団訴訟を米カリフォルニア州の裁判所に起こした。

提訴は2日付。ロイター通信によると、原告が求める賠償額は少なくとも計50億ドル(約5400億円)。

秘密モードは閲覧履歴などがブラウザや端末に保存されないようにする設定で、グーグルがプライバシー保護策として導入した。

原告側は、利用者が秘密モードに設定していても、グーグルはサイトの運営業者に提供している分析ツールなどを介して、利用者の友人や趣味、買い物、恥ずかしいものについて知ることができると指摘し、「意図的に消費者を欺いている」と主張している。

グーグルの担当者は声明で「原告の主張に強く異議を唱えるつもりだ。利用者が秘密モードのタブを新しく開くたびに、訪問先サイトが情報収集する可能性があると明記している」と説明した。 サイトで収集した情報をグーグルと共有するかどうかは、運営業者が選択する。分析ツールを介して、メールアドレスなどの個人情報を渡すのは禁止しているという。
*************************************************************

インド、グーグルに罰金命令 「検索結果に偏向」 (2018.2.9 AFP)
インド競争委員会(CCI)は8日、「検索結果が偏向し」、独占的な立場を乱用しているとして米グーグル(Google)に対し罰金2100万ドル(約22億9000万円)以上を科したと発表した。
6年前に開始された調査についてまとめたCCIの報告書によると、グーグルは、ユーザーが検索を実行した際に、自社のサービスを優遇し検索結果として表示していたとみられる。CCIは「グーグルはその検索において偏向的な手法におぼれ、そうすることで競合他社ばかりかユーザーにも損害を与えてきたと認められる」とし、「(CCIは)グーグルに対し、2013、2014、2015会計年度にインドにおけるさまざまな事業で生じた平均年間総収入の5%に相当する金額を罰金として科すのが適切だと判断した」と述べた。
*************************************************************

米連邦控訴裁が極右活動家のグーグルやアップルに対する反保守偏向訴訟を棄却
(2020.5.28 Brian Heater)
ドナルド・トランプ大統領がTwitter(ツイッター)を規制と閉鎖で脅したのと同じ日の米国時間5月27日、ワシントンDCの連邦控訴裁判所は、大手テック企業が保守派の声を抑制したと主張する訴えを退けた。2018年に非営利団体のFreedom Watch(フリーダム・ウォッチ)と極右活動家のLaura Loomer(ローラ・ルーマー)氏が起こした訴訟は、Apple(アップル)、Twitter、Facebook(フェイスブック)、Google(グーグル)の4社が憲法修正第1条の権利を抑圧したと主張していた。

同訴訟は、テック界の四大巨人が「政治的に保守的なコンテンツを意図的に抑圧する陰謀に加担した」と訴えていた。具体的には、ルーマー氏がlhan Omar(イルハン・オマル)下院議員に関するツイートを発信した後、TwitterとFacebookから追放されたことを挙げている。さらに、グーグル傘下のYouTubeでルーマー氏が視聴者数と広告収入を伸ばせなかったことについて、トランプ大統領選出後、「成長は完全に止まり、視聴者数と収益は横ばいあるいは減少した」ことも指摘した。アップルに対する疑いははっきりしていない。

連邦地裁のTrevor McFadden(トレバー・マクファデン)判事は、Freedom Watchとルーマー氏は各社が「国家主体」として表現の自由の規制に関与したとする主張を裏付けることができなかったと裁定で指摘した。

「原告団は、被告のプラットフォームによるとされる行為が、政府自身による行為として扱われたことの可能性を公正に示していない」と判事は語った。「例えば、FacebookとTwitterは民間企業であり、両社が公開されたソーシャルメディアネットワークであるというだけの理由で『国家主体』 になることはない」。

言い換えれば、当該企業が修正第1条に違反することはない、なぜならユーザーを追放することは政府が言論の自由を奪うことにはならないからだ。判事は「Freedom Watchは、当該プラットフォームが国家主体的行動に携わっていることを証明できないため、修正第一条に関する有効な主張はできない」と裁定した。
*************************************************************

トランプ氏、グーグルを「厳しく監視」-偏向姿勢を支持層に訴え
(2019.8.7 Bloomberg)
トランプ米大統領はアルファベット傘下のグーグルが自身に関する悪いニュースを広めているとして、再び同社への非難を展開した。今回は、保守派偏向を理由に解雇されたとする元従業員のテレビインタビューを理由にしている。

トランプ氏は6日のツイートで、「すべて極めて違法だ。われわれはグーグルに対する監視の目を厳しくしている!」とし、同社のサンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)と会ったと付け加えた。ただ、いつ会ったのかは明らかにしなかった。

ツイッターでのこうした攻撃は、2020年の大統領選が近づく中、テクノロジー企業に偏見があると非難することで引き続き支持基盤を固めようとするトランプ氏の戦略を示唆している。

トランプ氏が見たというFOXニュースとのインタビューで、元グーグル従業員、ケビン・サーネキー氏はグーグル社内で保守派は嫌がらせを受けたと主張。グーグルは2020年大統領選でトランプ氏が負けることを望んでいると、サーネキー氏は述べ、16年にトランプ氏が勝利した後、グーグル幹部は涙を流し、「二度と実現させないと誓った」という。サーネキー氏はFOXに対し、解雇された後、グーグルと法的係争に入っていると述べた。
*************************************************************

グーグルの「いじめ」告白、解雇されたエンジニア (2019.8.2 WSJ)
米アルファベット傘下のグーグル社内でケビン・サーネキー氏(41)の政治や社会問題への保守的な見解が反発を買ったのは、サーネキー氏がまだ「ヌーグラー」と呼ばれる新入社員だったころだ。

サーネキー氏は2015年初め、社内のメッセージボードに幾つか投稿したところ、同僚に反感を持たれた。その後に人事部から、非礼で反抗的とみなされる振る舞いについて正式な警告があった。ちょうどその頃、あるシニアマネジャーはメッセージボードに、一緒に仕事をしないと決めた社員ブラックリストにサーネキー氏を加えたと投稿した。

インタビューや資料、社内メッセージボードへの投稿の写しによると、サーネキー氏は人事規定への違反とみなされたことを巡り、それから3年間のほとんどをグーグルとの争いに費やし、保守寄りの社員が不公平に扱われていると主張し続けた。一例として同氏は2017年、あるマネジャーがメッセージボードで、サーネキー氏と似た思想を持つ社員らについて「有害なあほうどもをクビにできないのか」と質問を投げかけたと人事部に報告していた。

2018年6月、サーネキー氏は解雇された。

グーグルは解雇通知で、リモートアクセスソフトを含む機器の乱用を理由に挙げた。サーネキー氏は乱用を否定し、リベラル思考で知られるシリコンバレーで、保守派として目立っていたために解雇されたのだと述べている。同氏がグーグル社内で置かれた状況について公に話したのはこれが初めて。

サーネキー氏は「以前から、グーグルではいじめが横行している」と語る。「強い政治的動機が働いていて、(左派か右派かで)全く扱いが異なる」

グーグル広報担当のジェン・カイザー氏は、サーネキー氏をはじめとする社員に関し当記事で取り上げた出来事についてコメントすることは控えるとした。

米政界ではハイテク業界の政治的偏向が大きな問題になっている。議会共和党やトランプ政権は、保守派に対する偏見があるとしてグーグルなどのハイテクプラットフォームへの批判を強めている。グーグルのグローバルポリシー責任者は7月の議会証言で、政治的な志向が同社の意志決定に影響することはないと言明した。

サーネキー氏の主張からは、グーグルが亀裂の走る職場をまとめようと手を焼いている様子が浮かび上がる。同社は長年、言論の自由を討論できる場だった。白熱しやすい問題についての活発な議論に寛容で、むしろ議論することを促してきた。昨年には、セクハラを報告された後に退職した幹部が多額の退職金を受け取ったことを巡り、世界の社員が抗議のストライキを実施した。グーグルはこれを受け、行動規範の一部を変更した。

グーグルは以前からオープンな企業文化を奨励していたが、世界の社員が事業や個人的な話題について意見を交換できるメッセージボードもその一環だ。

だが最近では、一部の社員の行動を制限する措置を取っている。社内事情に詳しい関係者の話では、グーグルの法務責任者ケント・ウォーカー氏は、米国防総省関連のクラウドコンピューティング事業で論争になっている情報を探ろうとした社員らを解雇すると圧力をかけた。ウォーカー氏は5月、社員向けに「これまで以上に、われわれは保有情報の扱いに留意する必要がある」との声明を発信した。

さまざまな政治志向の社員たちが、2016年の大統領選以降に敵対意識が強まったと指摘している。保守系の社員は、参加申込制の同志団体を結成した。ストライキした社員に同情的なリベラル派も、「透明性と倫理」と称する独自の閉鎖的グループを立ち上げた。

今年7月、グーグル傘下の動画共有サイト大手ユーチューブの白人社員、クリストファー・クコー氏は、黒人がサンフランシスコの自宅アパートに侵入したらしいと警察に通報している姿を動画で撮影された。ところが後になって、黒人男性は友人を訪ねていたところだったことが判明し、クコー氏は謝罪した。

内情に詳しい数人が語ったところでは、この出来事を受け、グーグルとユーチューブの一部社員は社内メッセージボードに、クコー氏がいると安心できない、彼とは仕事をしたくないと書き込んだ。クコー氏はブログへの投稿で、自身の父親は家の外で侵入者に殺されたと明かした。

グーグルのシニアエンジニア、グレゴリー・コッポラ氏は先週、保守派メディア2社のインタビューを受け、グーグルは政治的に左寄りだと示唆した。事情を知る関係者によると、コッポラ氏はその数時間後、人事部からの電話で休職扱いになると知らされた。社内システムへのアクセスも止められることになったという。

左寄りのストライキ主催者も不満を訴えている。活動的であるがゆえにグーグルに報復されているという。ユーチューブの元マーケティングマネジャー、クレア・ステープルトン氏は、率直に発言したために見せしめにされ、降格させられたと語る。これに対しグーグルは、同氏の主張について調査したが、真実ではないと判明したと述べている。ステープルトン氏は退職手当をもらい、6月に退社した。

冒頭のサーネキー氏は、解雇手当を受け取っていない。シカゴ生まれのサーネキー氏はある意味、シリコンバレーのエンジニアの典型だ。余暇には古いコンピューター機器を修繕し、週末にはサイクリングを楽しむ。

ただ、政治志向では外れ者だ。政治資金監視団体の「責任ある政治センター」によると、2018年の中間選挙で、グーグル社員による献金のうち95%は民主党候補向けだった。

グーグルのソフトウエアエンジニアだったジェームズ・ダモア氏は17年7月、生物学的に男性のほうが女性よりハイテク系の仕事に向いているという趣旨の社内文書を投稿した。サーネキー氏はこうした見方には共感しないと述べているが、好奇心からダモア氏をランチに招待した。

2人がピザを分け合っていたところ、サーネキー氏の携帯アラートが鳴った。ダモア氏の文書が社外にリークされたというニュースのアラートだった。それから1週間としないうちにダモア氏は解雇された。

スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は当時、ダモア氏の見解を公に批判。社員向け電子メールで「同僚が生物学的に仕事に向かないとするのは不愉快で、認められない」と述べていた。

内部告発者を自認するサーネキー氏は、全米労働関係委員会(NLRB)に苦情を申し立てた。幾つかの申し立ては却下されたが、最初の苦情は保留になっている。

同氏はこれまでに10万ドル(約1070万円)余りの法務費用を支払ったという。現在は別のハイテク企業で働いている。

「グーグルに入社したことをとても後悔している」とサーネキー氏は語る。「知的な議論に触れる良い職場だと思っていた。でも期待とは違った」
*************************************************************

グーグルを解雇の「保守系社員」が法廷に、白人の権利主張 (2018.1.19 Forbes)

グーグルのエンジニアだったジェームズ・ダモア(James Damore)は、テック業界における男女間の能力の差について記した、所謂「マニフェスト」を執筆し、社内で回覧したために同社から解雇された。それから数ヶ月が経ち、ダモアは同社を提訴した。

「バズフィード」によると、ダモアと彼のグーグル時代の同僚であるデービッド・グーデマン(David Gudeman)は、「グーグルは白人男性に敵対的で差別的な職場」だとし、同社を提訴したという。ダモアは、カリフォルニア州共和党全国委員会の女性委員であるHarmeet K. Dhillonを弁護士に選び、グーグルに勤める保守的な思想を持つ白人男性を含めた集団訴訟を認めるよう求めている。

訴状によると、グーグル幹部や従業員はダモアのメモと思想を批判し、ダモアは解雇される前に会社から嘲笑され、侮辱されたという。ダモアは昨年8月、「Google’s Ideological Echo Chamber」と題したメモを執筆して社内に回覧し、ネット上で拡散して大きな論争を巻き起こした。

ダモアは、通称「Google Memo」と呼ばれるこのメモの中でグーグルの多様性政策や社風を批判し、彼個人の経験や行動データに基づいて女性は生物学的にエンジニアに適していないと論じている。

メモに対する反発が広がる中、グーグルCEOのサンダー・ピチャイはダモアを解雇し、彼の見解を強く批判した。しかし、ピチャイの言動によって、職場における言論の自由に関する論争が巻き起こった。ダモアはピチャイの言動を公に批判し、全米の保守層やオルタナ右翼に向けてメディアツアーを展開していたが、今回集団訴訟を求めたことで再び注目を集める形となった。

訴状によると、ダモアとグーデマンは白人男性に生まれたことや、偏った政治思想を持ったことで職場の同僚から仲間外れにされ、けなされ、罰を受けたという。グーグルの社員たちが使用しているフォーラム上では、保守的な思想を持った白人男性に対する敵対的なコメントが多く書き込まれているという。米国では、「セサミストリート」に登場するカエルのカーミットが紅茶を飲んでいる画像に「僕には関係ないね」というコメントをつけるインターネットミームが流行しているが、このミームの中には「トランプ支持者が人種差別的な言動を隠さない候補者を応援していることは嘆かわしいことだが、僕には関係ないね」という投稿が見られる。

関係者の名前やプロフィールを公開

訴状には、グーグル社内のチャンネルに投稿された「反保守主義」、「反白人」的なコンテンツのスクリーンショットが80ページにも渡って掲載されている。これらの画像はただちに公のものとなり、グーグル社員たちの名前やプロフィールが世間の目にさらされてしまった。これらの社員の中には、メモを批判したことで嫌がらせを受けたことのある者も含まれるという。

この1年、グーグルは世間からの厳しい視線にさらされている。昨年は、女性を差別したとしてグーグルの女性社員が会社を相手取り集団訴訟を起こした。また、検索のアルゴリズムと予測キーワードを巡っても同社は非難を浴びた。

「NPR」によると、グーデマンもグーグルを解雇されているが、その理由はイスラム教の信者である同僚がFBIに目を付けられた際、社内フォーラム上でFBIが嫌疑をかける正当な理由があるという趣旨の発言をしたからだという。

NPRは、グーグルの人事部が「信仰する宗教によって同僚をテロリストとして責めることは許容しがたい」としてグーデマンを解雇したと報じている。訴状によると、グーデマンは女性のマネジャーから多様性を尊重するようにアドバイスを受けた際、「奴隷所有者が、奴隷に対して主人と良好な関係を保つようアドバイスするような内容だ」と述べて人事部から注意を受けたという。

グーグルの広報担当者は、「裁判所でダモア氏の訴えに対して弁護することを楽しみにしている」とコメントしている。
*************************************************************

アングル:グーグル「メモ職員」、解雇に揺れるシリコンバレー
 (2017.8.9 ロイター)
米グーグルが、会社の女性雇用方針を批判するメモを書いた男性技術者を解雇したことを受け、シリコンバレーでは、リベラル色が強いテクノロジー企業と、一部の保守的な考え方の関係者との間の文化的な対立が改めて鮮明になっている。

メモを書いた技術者のジェームス・ダモア氏(28)には、批判と称賛のほか、いくつかの採用オファーが寄せられている。ソーシャルメディア上では議論が沸騰する一方で、自社で似たような事態が起きないよう予防策を取るテクノロジー企業も出ている。

ダモア氏は、IT大手アルファベット(GOOGL.O)傘下のグーグルから7日に解雇されたことを確認した。グーグルが保守的な意見を敵視しているほか、平均的に女性はより神経症的だという内容の10ページのメモを書いたことを受けた措置だという。

生物学的に男性の方が女性よりもコーディングの仕事に適しているという内容のダモア氏のメモについて、シリコンバレーの多くの人が、不快で破壊的だと受け止めている。一方で、特に政治的に右寄りな人の中には、ダモア氏は勇気をもって真実を語ったとして評価する人もいる。

今回の騒動により、保守活動家とテクノロジー業界との間で過去にあった深い溝に再び注目が集まっている。

2014年には、非営利組織モジラ財団のトップが、同性婚に反対する立場であることが公になり、辞任に追い込まれた。テクノロジー企業幹部は同性婚賛成派が多く、同性婚が合法となる前から、同性カップルに異性カップルと同様の福利厚生を提供している会社が多かった。

「リベラル左派と異なる見解を持つ人はみな、辱められ、避けられるようになり、追い出される」と、ソーシャルネットワークGabのアンドリュー・トルバ最高経営責任者(CEO)は言う。

保守層の間で人気のあるGabでは、ダモア氏を雇用する用意があるという。

昨年の米大統領選で、共和党候補だったドナルド・トランプ氏を有利にする内容のハッキングされたメールを公開した内部告発サイト「ウィキリークス」創始者のジュリアン・アサンジ氏も、ダモア氏に職をオファーした。アサンジ氏は「検閲は負け組がすることだ」と、ツイッターに書き込んだ。

リバタリアン(自由至上主義者)傾向のある技術者や投資家のグループ「リンカーン・ネットワーク」共同創設者のアーロン・ジン氏は、グーグルはダモア氏に研修を受けさせるべきで、解雇したのは「やり過ぎ」だったと指摘する。

「彼を殉教者にしてしまうだけだ。今日の分断された政治風景を考えるなら、殉教者を生むのは避けたいところだ」

米紙ニューヨーク・タイムズは8日、米フェイスブック(FB.O)の取締役会メンバーの間で、政治的な立場を巡る対立が起きたと報じた。昨年8月、取締役会メンバーの動画配信サービス大手ネットフリックス(NFLX.O)のリード・ヘイスティングスCEOが、同じくメンバーで投資家のピーター・ティール氏に対し、トランプ氏支持は「壊滅的な判断ミス」だと警告したという。

2人の対立の結末は明らかになっていない。ヘイスティングス、ティールの両氏は現在もフェイスブック取締役会のメンバーだが、同社は記事についてコメントしなかった。

一般的には、シリコンバレーのテクノロジー企業は、男女平等の推進やセクハラ対策が遅れているとして批判を浴びている。

配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]や他のベンチャー企業では、根強いセクハラが続いているとの指摘を受けて、経営陣の交代を余儀なくされた。

米労働省では、グーグルが法律に反して女性の給料を男性より低くしていたかどうか調査している。グーグル側は否定している。

<行動規範>

今回、ダモア氏のメモを「自社の企業文化への脅威」と捉えて対応したグーグルには、各方面から称賛が集まっている。グーグルは、「悪をなさない」との社是を掲げている。

「彼が書いた内容は、テクノロジー業界にとって極めて毒性が高い。女性を弱く、または無能に見せる内容だ」と、サンフランシスコでテクノロジー業界の女性の地位向上に取り組む非営利団体を設立したアドリアナ・ガスコイン氏は指摘する。

ソフトウエア会社ガストのジョシュ・リーブスCEOは、9日のスタッフミーティングでもメモの話題が出ると予測する。同社の行動規範では、ダモア氏が書いたような他人を傷つける内容のメモは「明示的に禁止されている」という。

ダモア氏は8日にはロイターの取材に返答しなかったが、7日のメールでは、解雇について法的措置を検討しているとしていた。

雇用問題を専門とする法律家は、ダモア氏が解雇を不当として訴えても認められる可能性は低いと述べた。また、もしグーグルがダモア氏を解雇していなかったら、グーグル自体が訴えられるリスクがあったという。

グーグル側は、個別の社員についての取材には応じられないとしている。

米企業は、職場での社員の言動を制限する幅広い権限を持っている。政府による言論への介入を規制した米憲法修正第一条は、民間企業の職場には適用されない。

ビジネス向け交流サイトのリンクトイン上のプロフィールによると、ダモア氏は2013年12月からグーグルでソフトウエア技術者として働いていた。また同年、ハーバード大学からシステム生物学の博士号を取得したとしている。だが同大は、ダモア氏が得たのは修士号であり、博士号ではないとしている。

テクノロジー業界に詳しい専門家によると、業界の創設期には、当時地味だったコーディングの仕事はほとんど女性が行っていた。だが最先端のプログラミング技術の価値が明確になるにつれ、男性が牛耳るようになったという。

他のテクノロジー企業は8日、グーグルを取り巻く状況を注視した。性別や多様性に絡む議論に巻き込まれずに済んで良かったと安堵する企業もあった。

「大きな組織なら、どこにでもジェームス・ダモアがいる。だがテクノロジー企業はより自由度が高く、個人的な見解をシェアしやすい」と、あるシリコンバレー企業幹部は言う。

テクノロジー企業には、「自分の考えを同僚とシェアする義務があると考える、頭が良くて自信家の職員が多い」のだという。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆コロナウイルスで大騒ぎして国民を困窮の極みに追い込み、コロナ対策称する国のカネでボロ儲け、人間のクズの集まった政治家どもと朝鮮畜生 電通

◆ダマし政策!ダマし政府! くだらんことやっとらんで、朝鮮人を早く朝鮮に返せ! 韓国の諜報ツールLINEの使用を子供や保護者に強制させるな!

◆さよなら“政治”。 民主主義を掲げる奴を信用するな! ~ “民主主義”による選挙とは、「こんなクズしかいないけど、こんなかから選んでね」というのが本質的な正体

◆言論弾圧企業 思想統制ファシズムの twitter

◆(要拡散)「ウイルス検査には使えない」と語ったPCR検査の開発者 キャリー・マリス博士 ~ キャリー・マディ医師のCOVID-19 新型コロナウイルス騒動への緊急警告

◆続 オールド・ディズニー・アニメのご紹介 ~ 『三匹の親なし子ねこ』『田舎のねずみ』『風車小屋のシンフォニー』『牡牛のフェルディナンド』『プルートのなやみ』

◆韓国、朝鮮人の諜報ツール、日本人奴隷化、支配のためのLINE

◆子供達に「学校で友達同士1メートル以内に近づくな!」異常な生活行動強制、正常な人間関係を破壊して人間の個々のつながりを断絶させるための工作員集団! ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!②

◆コロナウイルス対策称して人々に異常な生活行動を強制。人々の正常な付き合いを遮断、リアルな人間関係を破壊して、変態バーチャル人間に作りかえるための工作員集団 ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!①

◆マスコミ牛耳る国際金融勢力に飼い慣らされ、家畜と化す道を突き進む日本 ~ 嘘つきマスコミに乗せられず、謀略仕掛ける国際金融勢力と戦って自由な人間として生き残りたがっているブラジル

◆PayPay ……使えば、どうせ朝鮮人が儲かるんだろっ!

◆国旗、国歌だけあっても最低の入学式 ~ 追記 仕組まれたコロナウイルス騒ぎによるシナのシステム Zoom強制導入によるオンライン授業開始と9月入学制度

◆ユダヤの靴を舐め、ユダヤにひれ伏す日本のTop of ゴイム 安倍総理大臣

◆続々と親子が引き離される、恐怖の東京の未来 ~ キチガイ都知事 小池百合子がホモレズ推進条例に続いて、子供虐待防止条例で親から子を奪い去る施策を推し進める!

◆最低モラルの店員のいる 朝鮮人の店 ドン・キホーテ

◆反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 ~ 男をイヌに仕立て貶める!

◆売国企業はユニクロだけじゃない。言い始めればキリがないし、もっと現実を見なければなりません

◆現代の紛争や不可解な流行、ゴリ押し 行き着くところはユダヤ国際金融 ~ ユダヤ人や朝鮮人は被害者や弱者なんかではない

◆韓国タレントの日本企業への侵攻を食い止めましょう!

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 ~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット ~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆【緊急中継投稿】「マスクをはずそう!」は遊びで言ってるのではないし、ネタとしてふざけてやっているのではありません!~ 平塚正幸 国民主権党によるPCR検査拒否の罰則化阻止活動

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(14) |

キムチ臭いデザインのハイジやミッキー、ピーターパンに北斗の拳
~ キモカワ 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の魔の手

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.11.29)
『鬼滅の刃』ゴリ押しも『進撃の巨人』ブームと同じく、残酷でグロいものをこれでもかと見せつけ、子供たちをはじめとする人々の感性を破壊するため。今の低俗で質の悪い絵柄のアニメに慣れると劣悪なデザインや色づかいのセンスしか持ちえません。日本人として男女の正常な言葉遣いや正しい動作、立ち居振る舞いや作法を知ることも出来なくなります。昔のものはドラマに限らずアニメだってそういう描写にこだわって作られていましたが今の作品の制作者達はそういうのが全くないし(むしろ悪意による破壊指向で作られている)、描かれているものも本来の日本人とかけ離れたデタラメなのです。白黒期からのアニメを見たこともなく、そのよさがわからないのでは話にならないし、たとえコロナ詐欺に気づいてもこれまでメディアがやってきた日本人の感性破壊に気づいていないならダメ。今や日本人がそんな奴らばかりになってしまったから、大半がゲーム・スマホ中毒化し、マスコミが騒ぐ虚構の流行りを真に受けて『うんこドリル』なんてものまで平然と買って子供にやらせるバカ親ばかりになったんです。
とにかく昔のアニメ、作品にこだってください。1950年代末から60年代、そして70年代初頭までこそが本当の名作の宝庫です。このサイトではいい作品をたくさん紹介しています。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2012.10.31)
子供が周りのハロウィンムードに押されて「ハロウィンやりたーい!」と、しつこく言ってくるのですが、「あんなのは死者や悪魔を祀るためのもので、日本のお祭りとも関係ないし、アメリカからやって来たものなの。うちではやらないからね」と、何度も断り続けてました。
少し前まで、ハロウィンなんかでこれほど周りが飾られる雰囲気はなかったのですが、今年は奴らも随分熱心にプロパガンダに力入れてるのか、どこ行っても派手にやってるし、その威力がスゴイですね。
「ハロウィンなんかやってると、悪魔が寄って来て、魂を抜かれるよ」って、子供にも言い聞かせてます。

ハロウィンは、日本人の子供にとっても縁起が悪い。忘れてないよね?
【20年前、米国ルイジアナ州で起きた、日本人留学高校生 ハロウィン射殺事件(1992)】
ご参照を   http://ja.wikipedia.org/wiki/日本人留学生射殺事件

映画 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 (1993) より
「ハロウィーン・タウンへようこそ」 This Is Halloween

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2012.1.21)
やっぱり今のディズニーには、子供の価値観・美的感覚の破壊工作が入ってる
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』で子供が受けた影響

年末にディズニーランドへ行ったこと書きましたが、その時「ホーンテッド・マンション」にも寄ってきました。館内は映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』仕様になっていて、昔、私が行った時はそんな映画もなかったので全然違う内容だったはずですが、今は冬の時期、「ホーンテッド・マンション」はこの映画の仕様になってるようです。

元々この映画はディズニーではなかったのですが、ディズニーが販権をとってから殆どディズニー映画であるかのよう扱われ、全世界の子供たちへの普及がなされてきたわけです。

こないだガストの中でガチャガチャを子供がやり、それが『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のもので、そのオモチャには「ホーンテッド・マンション」で見たのと同じようなキャラが出ていて、私もそういう映画があるんだって話をしてしまいました。
あの映画は私も見たことあったのですが、個人的には気持ち悪いだけで全然いいとは思っておらず殆ど印象に残ってませんでした。ガストのオモチャで再度、興味持った子供が、どうしても(映画を)見たいと言い出し、それに負けてウチで改めて見てしまうこととなりました。

それ以来、ここ何日か子供が右のようなガイコツ絵ばかり描くようなってしまってます。
うちの子は何でもすぐ、こんな風に勝手に絵にしたりコラージュしたりします。これはこれで感心してしまうし、カワイーところもあるのかもしれませんが・・・(苦笑)
こんなことから、いわゆるキモカワ映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』は、人間(子供)の美的感覚を破壊するための最強ツールに思えます。本来、ドクロやガイコツなんて気持ち悪いもののはずなのに、それらがカワイーものであるかのよう、とっても楽しいミュージカル調で演出。
日本人だけをターゲットにしたわけではないのでしょうが、こんなのを幼児期から見てると、きっと備えるべき美的感覚が狂っていくことでしょう。

アマゾンの書評には何十件ものコメントが寄せられ、3歳児へのプレゼントであげたとか、中には0歳児に見せてるとか・・・こんな映画をそんな小さな子に見せるなんて、本来ならキチガイ沙汰だと思います。サクラ臭いコメント多数、この映画に限らず、この種の人気作とされるDVDとかのコメントには多数の販促工作員が混じってるのは間違いないでしょう(特にディズニーやジブリなど)。
でも中には、子供に見せたら、すごく恐がって嫌がられたとかいうコメントもあったりして、安心した内容もありました。

私はドクロ柄などの服は、子供に変な呪いや気が入れられるのが嫌で避けるようしてたのに、こんな映画のせいで子供が「ドクロやゾンビや化け物ってカワイー」なんて思うようなってしまってはたまりません。なので私は、「こんな映画見て、ドクロや死体女がカワイーなんて思っちゃいけないんだよ」って、本当はそんなもの、おぞましいものなんだって感覚を保たせるようしてます

ディズニーランドの「ホーンテッド・マンション」遊覧中、何言ってるかわからなかったのですが、すごく耳に残っていた音楽があって、あまりにメロディが強烈だったので、実はCDまで欲しくなって買ってしまいました (苦笑 ^^;)

それが下の『サンディー・クローズを誘拐しろ』って曲だったわけですが、歌詞では「サンディー・クローズを煮てみよう」だの「袋ごと海に投げ込め」だの、「切り刻め」って言葉が繰り返されたり・・・
要するにこれは、「サンタクロースを切り刻め!」って言ってるわけですよね。
子供がこんな歌を楽しそうに歌ったり、ガイコツばかり描くようなってしまってはダメだと思います。

この通り、きっとこの映画は麻薬のように人間・無垢な子供たちの精神を蝕んでいくのでしょうね。大人はともかく、子供がこんな映画を大好きだったりしてはいけないでしょう。

映画 『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』 (1993)  「サンディー・クローズを誘拐しろ」

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2012.9.21)

上の画像は、NHKの子供向け番組『大!天才てれびくん』のキャラデザイン。下の『ごはんかいじゅうバップ』のデザイン・雰囲気に似てない?

(前に奴らが日本人の“昆虫化”を狙ってること、書いてますが)しかもこの番組では今、子供たちが触覚のついた虫の着ぐるみで踊らせられ、それを流行らせようとしてます(右写真)。
少し前にも『おしりかじり虫』が大ヒットして(2007)、子供たちが虫の格好させられてTVでダンス踊ってましたが、こうなってくるとあの頃から工作が入りつつあったのかなって勘ぐってます。

同性愛、フェミニズム、ペット、オタク、腐女子化などが奴らの日本破壊工作である旨、前から警告してますが、やはりそれに加えて昆虫化も、大きなトレンドに加わってるようです。日本人の“ムシ”扱いには敏感になっておいてください。特にこれから運動会の季節なので要注意。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2012.6.30)
子供への韓国語洗脳と、いびつなデザイン押し付け
コメントでいただきましたが、東京MXテレビで『ごはんかいじゅうバップ』という番組・歌がしつこく流されてるそうで、「パップ」とは韓国でゴハンのことだそう。
子供を狙ったサブリミナル的な韓洗脳工作もひどいですが、それに加えてこれらキャラ・デザインのひどさ。

『ごはんかいじゅうバップ』に登場のキャラたち  (他にもたくさんあるので詳細はクリック)

下のハイジやミッキーを崩したデザイン、ドクロを子供たちに流行らされてるのも同じ狙いでしょうが、作ってるのも到底、普通の日本人とは思えません。あの自称料理研究家の園山真希絵のひどい盛り付けにもイメージがかぶりますね。

奴らは世界一ともいえる日本人の美的センスの破壊を子供向けに仕組んでるわけで、幼少期からこんな気持ち悪いキャラに馴染んでゴハン食べて・・・そんな子供って将来どうなっちゃうでしょうね。
たとえ“バップ”が首都圏だけでも、NHKはじめ他局で、この種の感覚破壊狙いのものがそこかしこに仕組まれてるものと思います。きゃりーぱみゅぱみゅやAKBもその種の仕掛け工作の一環であって、TVはもちろん今の流行り物は絶対に信用してはいけませんね。断固、無視しましょう。私はもうTVは全くといっていいほど見てませんが、もし、そういうのに乗ってる人いたら、「日本人の破壊工作が含まれてるからね」って、変に思われてでも機会あれば周りに言い始めたほうがいいです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.11.25)
雑貨屋で奇妙なデザインのグッズを見かけませんか?
アルプスの少女ハイジやミッキーをパロディにした気持ち悪いキャラ。

TVをまったく見ないのでよく知りませんが、日産の販促用に作られた『低燃費少女ハイジ』というキャラで商品化やCM、アニメが製作されてるそう。
“ヘンな顔のミッキー”は、キュービックマウスと呼ばれてます。
どうせこんなの、反日広告代理店とのコラボでしょう。こんなものにミッキー使用許可したディズニーにも、きっと相当なカネが動いたのでしょうね。

制作はスタジオ・クロコダイル、文原聡とかいうクリエイターのデザインらしい。
他にも、ピーターパンや北斗の拳などのバージョンも出されてます。
それに、この会社はなぜか熱烈な韓流ロッテファンだそうで、ロッテ優勝記念Tシャツまで作ってます。これも某社からの資金!?

こんな風に何かおかしいと思って、ちょっと調べてみると、妙なつながりがすぐに出てきます。
この趣味の悪さ、こいつらって、やっぱ日本人じゃねえだろって・・・わかりやすいです(劣悪な朝鮮デザイン?)。

でもこんなの、日本人の子供の美的感覚をブチ壊す作戦の手口の一つにすぎません。他にもTVはもちろん、子供向けの学習雑誌とかにも似たような材料は、きっとゴロゴロしてることでしょう。

子供に与えるものには、すべて細心の注意を払いましょう。
売れてる、流行ってる、TVでよく見る、お店によくある、とかいうもの、まず疑ってください。
最近、マクドナルドのハッピーセットのおもちゃとかも、かなり品が悪いように思います。

オカマやゲイのTV多用のみならず、子供向けのドクロ柄洋服といい、売春婦スタイルの女児向けファションといい、こいつらの仕掛け人は、日本人じゃないか、どう考えても日本人的な奴らじゃありません。
子供たちを、腐れ左翼の精神破壊侵略から守りましょう。
奴らの狙いは、幼児期から子供たちの美的感覚や性的モラル・常識を狂わせることです。

こんなデザインのハイジ見ても、日本人の美意識を冒涜してるって思わず、悪意を感じないようなら、かなり鈍いと思います。

ウチの子は、これらをお店で見て「気持ち悪いー!」と真っ先に言ってたので、まだ正常な感覚持ってるようでよかった ^^)

雑貨屋行くとよく見かけますが、こんなデザイン、マジで可愛いなんて思ってる日本人が増えてるの?
もしそうなら、世界一ともいえる日本人の美的感覚のブチ壊し政策、奴らの目論みが見事に成功したわけですね。

子供服がドクロ・ガイコツ柄ばかりに

それと最近、どこに行ってもドクロやガイコツ柄の子供服ばかり売られてます。目立つところにドクロがないものでも、いいなと思ってよく見ると、必ずどこかにドクロが入ってたりする。 服、靴下、帽子、手袋・・・何から何までドクロが入っている。
いつも、あんな服を子供に着せて異常と思わない方いるようなら、相当、脳ミソがやられてると思ってください。

売れてるから、出回ってるから、TV・マスコミに出てるから、みんながそうしてるから・・・正に判断力を持たない羊同然です。
なぜイエスが人間を羊に喩えたのか・・・羊とは、犬なんかと違って、誰が飼い主かもわからず、すぐに誰これかまわずついていくバカな動物だからです。

子供たちの感覚を真っ先に狂わす容赦ない精神侵略攻勢、これらから防ぐには、一人ひとりの親御さんが、常に最新の注意を払っておくしかありません。もしも誤って子供が見たなら、必要に応じて必ず補足しておかなければなりません。親がやられていたら、元も子もありません。
いつも買い物の時に言い聞かせてるので、ウチの子はガイコツ柄を見ても「ガイコツなんか気持ち悪いよね~」って言ってます。

映画『地獄に堕ちた勇者ども』 The Damned (1969)より
監督:ルキノ・ビスコンティ
   (詳しくは右画像クリック)
ナチスの制服って、すごくカッコいいと思いませんか? ヒトラーは画家で芸術家でもあった。だから左翼の精神侵略・文化破壊にも敏感で、確固たる美意識を持っていた(詳しくはコチラ)。先にこの映画を紹介してますが、怪演するヘルムート・バーガーが着るナチスの制服がこれほど美しいのは、ヒトラーに芸術家としてのこだわりがあったから。
『アドルフの画集』という英国映画があり(詳しくはコチラ参照)、ナチス前の画家を目指していた頃のヒトラーが非常に好意的に描かれてます。フィクションですが、彼がナチスの制服を描いたデザインをユダヤ人の画商に見せ、画商は「素晴らしいので、個展を開こう」と言って、個展を開くことになりますが・・・この映画は結構いいです。
私はアウシュビッツやダッハウの強制収容所を訪れたことあります。しかし最近、もしかしたらユダヤ人虐殺も、南京大虐殺のようにかなりの誇張と捏造が入ってるのではないか、その可能性を考え始めてます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2012.7.1)
タイミングよく、こんなニュースが。所属を明かしてやってしまったのは失敗でしょうが、それなりの価値観持ってる人も中には居るってことですね ^^)

東京MX社員がTwitterで「AKBアニメ放映は会社の恥」と自局を批判 TV局側が謝罪
2012.6.30 ITmediaニュース より)
東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)は6月30日、同社の社員が所属を明らかにした上で、7月から放映するアニメ番組についてTwitterで批判的なコメントを投稿していたとして、「不適切な発言があった」と謝罪した。
社員は、同局で7月7日から放映が始まるアニメ「AKB0048」について「AKBアニメやるのは、会社の恥だと思ってたんですが、大人の事情が、、、」などとツイート。プロフィールでは同社の編成部所属であることを明らかにしていた。ネットではツイートについて「放送枠を提供しているテレビ局の社員が言っていいことではない」「いさぎよい」などと話題になっていた・・・

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2014.11.2)
AKIRA~寄生獣~進撃の巨人 のグロ・ライン
まず、一部に熱狂的ファンがいる(?)とされる『AKIRA』(1988)、カルト的人気があるとされ、まもなく映画公開・TVアニメ化される『寄生獣』(1990~)、そして今マスコミが大騒ぎで持て囃して小学生から中高生、大人まで含めて(?)大人気とされている『進撃の巨人』(2009)の絵柄を下の各画像クリックで見てみてください。

  
一目瞭然ですが、これら漫画・アニメの共通点、それはグロく生々しい血に溢れた絵柄ばかりであり、こんなものばかり見てるとデザインセンスがぶっ壊れ、グロいものに対する抵抗感がなくなり、感性が狂ってしまいます。
私の世代でも子供の頃、ホラー漫画はたくさんありましたけど、このように血や筋肉、内臓ドピュッなんてスプラッター系はなかったし、楳図かずおとかさえ生々しいスプラッター色が強くなったのは1980年代後期からです。『AKIRA』『寄生獣』を好きな漫画・アニメの代表作にあげるのは大体、今の33歳ぐらいから40歳前後、要するに団塊ジュニア世代が中心。この世代は子供の頃から肉片飛び散る『北斗の拳』(1984~)で育っていて、1970年代前半までのアニメで育った人からすれば考えられない、残虐的に見えるハロウィンの仮装さえも、何の違和感も覚えず大喜びで親子ともども楽しんでる人が多いのでしょう。
今の小学生の多くは団塊ジュニアのジュニアが中心、ウチの子が通う小学校の親御さんは殆どが団塊ジュニア世代であり(私は子供が遅かったので最年長の方になってしまいます)、ここ数年での急激なハロウィンの異常な過熱ぶり、グロく醜悪なデザインの仮装に無抵抗な親子によるバカ騒ぎは偶然ではないでしょう。もちろん、佐世保の女子高生同級生猟奇殺人事件の動機も人間の体を解体して見たかったと言ってるわけで、この種のグロ漫画・アニメが大きな影響与えてます。こういう醜悪グロのものを見てない正常な環境にあった人が、そんな願望持つことはありえないのです。

団塊世代についてはネットでもいろいろ書かれてるので今更私が言うまでもないでしょうが、その子たる団塊ジュニア世代から、商業主義金融勢力による幼少期からの完全に家畜化、飼い慣らしが始められてきてます。そういうと団塊ジュニア世代で反発覚える人いるかもしれませんが、ずっとここを見てる方なら周りに流されてないはずだし、寧ろ私が言ってることに気づいてる人が殆どでしょう。この程度で反発するような人はまだ私のサイトをあまり読み込んでいない人。大概が「ウチはウチ。ヨソはヨソ」の親から育てられた私たちの世代と違って、子供の頃からファミコンで育った団塊ジュニア世代は、「他が持ってるならウチもやらせなきゃ(子供がいじめられてしまう)」「他が見てるなら、ウチも見せないといじめられてしまう」と言った風に全体主義的、いじめに発展しやすい村八分的な要素が多々ある親に育てられ、その子達もまるで同じ傾向。ウチなんか毎日そういう人たちと子供含めて戦ってます。ただ、子供が通うヴァイオリン教室の親は、ちょっと毛色の違う(髪の毛の色のことではない)方が多いので、それほど変な感じの人はいないのですが(お母さん達は大概きちんと股を閉じてるし)、子供の小学校のお母様方は正直、かなりひどいのが多いです。

もちろん団塊ジュニア世代より上でも大人になった今も変なもの見てる人は狂ったセンスの人が多いし(念のため言っておくと私たちの世代については大人になってから強力な家畜化洗脳が推し進められてます)、団塊ジュニア世代でも周りに流されないシッカリした親御さんに育てられてればおかしな感性になってしまってることはないでしょう。今なら『妖怪ウォッチ』や“ふなっしー”なんかがマスコミの煽る醜悪デザインの代表格で、小学生を中心にとても流行ってますが、それらが流行ってるからとすぐに飛びついてしまうような人は既に完全に飼い慣らされた家畜化してると言えますが、団塊ジュニア世代でもそれより下の方でも、ここ見ていろんなことに気づいてきた方なら心配いりませんよ。きっと子供たちを守っていけます ^▽^)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆幼児期に触れるものによって、音痴にも醜悪な美的センスにもなりうる

◆くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人

◆子供に襲いかかる美的センス破壊攻勢との戦い

◆朝鮮ピンクに注意! ~ もはや極刑に処すべきひどさの朝鮮系色使い

◆親日ヒーロー 『 レインボーマン 』を全部見た!

◆日本にはもう、強い男がいなくなるの!? ~ 文化に愚鈍な保守が多すぎる!

◆クラシック・カー・パレードに行ってきました!

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆身近な郷土芸能と戦前の小一 国語教科書 ~ ヒノマル ノ ハタ バンザイ

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン ~ 最近の書店の子供向けコーナーから

◆売国政権での幼保一元化に伴うリスク ~ 危険いっぱいの子ども園と一時預かり所の増設

◆“オタク” が違和感持たれなくなってしまった時代、そしてこの先は、“オカマ” が違和感持たれなく ・・・

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち ~ こんなのが今の女性の目標!?

◆日本人の美的センスは世界一!~日本人はジャポニスムを忘れてしまった?

◆「日本がなくなっても地球だけあればいいじゃない!」 ~ アンパンマンが襲い掛かる! 子供たちへの恐るべき地球人洗脳

◆オールド・ディズニー・アニメのご紹介~ 『花と木』、『うさぎとかめ』、『みにくいあひるの子』

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(8) |

腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社
~ スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.11.16)
この会社の実態知ってる人なら、こんな風になって当然って感しか持たないでしょうね。ここで書いてた通り、あそこは普通の会社ではないんです。
「これはオレのクライアント(スポンサー)だ」(うちのショバだ)という、ヤクザの縄張り争いと同じなのが、この業界。営業で力を持っていて、既に利権構造の出来上がってる人は、正社員より個人事業者になった方が何の気兼ねもなく直に懐に入れられるわけですから。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
電通、社員230人を個人事業主に 新規事業創出ねらう2020.11.11 日経新聞
電通は一部の正社員を業務委託契約に切り替え、「個人事業主」として働いてもらう制度を始める。まずは2021年1月から全体の3%に相当する約230人を切り替える。電通では副業を禁止しているが、新制度の適用を受けると兼業や起業が可能になる。他社での仕事を通じて得られたアイデアなどを新規事業の創出に生かしてもらう考えだ。
新制度の適用者は、営業や制作、間接部門など全職種の40代以上の社員約2800人を対象に募集した。適用者は早期退職したうえで、電通が11月に設立する新会社と業務委託契約を結ぶ。契約期間は10年間。電通時代の給与を基にした固定報酬のほか、実際の業務で発生した利益に応じてインセンティブも支払われる。
適用者は電通社内の複数部署の仕事をするほか、他社と業務委託契約を結ぶこともできる。ただ競合他社との業務は禁止する。電通は「新しい働き方を求める社員の声に応じて制度導入を決めた」と述べ、人件費縮小などリストラ策ではないとしている。健康機器大手のタニタ(東京・板橋)でも正社員の一部を個人事業主に切り替える制度を導入している。
 

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.7)
国内マスコミの広告市場で圧倒的シェアを持ち、反日マスコミの総本山、黒幕ともいうべき、電通という会社。年収2000万円に達する者もザラで、国内の企業では破格の待遇。
しかし打ち合わせや接待費など、D社のスタッフには会社から一切の経費が出ない。出るのはタクシー券だけ。
要するにタクシー券以外、一切の経費が出ない会社(ただしこれは、近年になって多少事情が変わっている可能性があるが、長年それが続いていたのは事実)。

ではD社のスタッフは、接待等で支払ってしまったクライアント(=俗に言うスポンサー)にかかる営業経費をどうするのか。
すべて仕入先に負担させるのである。出費分の領収書を受け取り、自社でなく外部の仕入先に回して負担させればよいのだ。
D社の社員は、基本的にサラリーマンでありながら、事実上の自由業だ。普通の会社の常識なんて全く通用しない。
各担当は、好みの仕入先に資金をプールしては、ウラ金 使い放題。
そしてサラリーマンなのに、自分で確定申告している社員がやたら多い。

電通社員からは、国へのサラリーマンの源泉徴収制度廃止を求める要望が何度も出ている。

何にも業務なんかやらない会社に「毎月100万円やるから、毎月80万円戻してくれ」、こんなのはザラ(しかし、これは大手TV局や雑誌社とかでも同じ。番組プロデューサや編集長とか、ボロ儲けできるということ。だから実際に番組制作に当たるスタッフなんて、スズメの涙の薄給になるのだ)。

電通では、表向きは「お客様は神様」という教育がされている(概ねこの業界はそうだが。お客様=クライアント)。
彼らのサービスは、「早い、うまい、高い」がモットー。
そしてアポをとったら、彼ら電通スタッフは必ず時間通りにくる。
たとえば10時の約束とかをしていると、普通の企業なら、5分前や10分前とかに行って、客を呼び出してしまうのが普通だが、彼らはちょっと早くついても必ず10時ぴったりになって、客を呼び出す。10時の約束は10時ぴったりにしか訪ねない。5分前とかでも訪ねることは許されない。
彼らはそういう教育をされている(もちろん現実の仕事ではズレることあるよ)。

しかし、その反面ヤクザ。仕事を他社に取られそうになると殴りこみ。この業界、Hや小さい代理店だって似たようなもの。

スポンサーの広告作って媒体に流すだけが仕事ではない。
映画『タイタニック』の封切り前の市場調査。どのストーリー、エンディングが日本人に好まれるか、日本封切前にD社で調査された。今の映画作品などは、日米でストーリーが違っていたりすることも多々ある。時代のトレンドを作る会社。

大手マスコミの担当なんて、予算をどうやって自分の懐に入れるかしか頭にない

D社の全売上から、社員一人当たり売上を単純に割り出すと、およそ2億円ほど。奴らは、これらをどうやって振り分け、うまく懐に儲けようかということしか考えていない。
もちろん、スポンサーの宣伝担当者や上役へのキックバックも配慮される。
今の公務員にもウラ金は存在するだろうが、この業界のウラ金はケタが違うのだ。しかも継続的。
社内の覇権争いなんて、予算の分捕り合いでしかない(もちろん、元々はすべてスポンサーからのカネ)。

官僚・公務員なんかより、巨大な利権を持っているのが電通や放送局のような独占(寡占)企業。
こういった独占的企業の民間スタッフこそ、予算をどうやって己のフトコロに蓄えこもうかということしか頭にない。

電通について書かれた有名なものでは、ウチにもあるが最近、“朝生”とかを解任された田原 総一朗が書いた、その名も『 電通 』という朝日新聞社から出てる本(1984)があるので、それを見てもよいだろう。他にもいくつかあるようだ。

でも、もちろん上っ面のことは書いてあるが、ここに書いたようなことまでは、当然出てない。

大手の放送局や雑誌社になると、もっとひどいぞ!
制作なんて、すべて外注任せ。
社員なんて、ほとんどが芸能人や作家ら有名人、政界や大手スポンサーの子息ばかり。
制作デスクや雑誌編集部の連中なんて、「こいつら、いつ仕事やってんだ?」 って奴ばっかし。
奴らは、「とにかく遊べ!」と、社内でも教育されている。

社内で真っ昼間からイチャついては……世間一般の常識が全く通じない業界だ。
TBSに行った時なんか、外部の人がいるのに、デスクで男女が乳クリあってたぞ!
すべて自分の目で見てきた話。
日本で最も腐った業界、腐った連中こそ大手マスコミ。

官僚なんか可愛いもの。
官僚の世界なんて、大手マスコミに比べれば、修道院のように質素。
たまにノーパンシャブシャブぐらい、別にいいではないか。大体、役所の予算で行ったわけでもないのに。

官僚は、時に独占的な利権を整理するのが仕事。
マスコミは、奴らの利権を官僚に整理されるのが、一番怖いんだよ。
だから、これほど必死になって官僚を叩きまくる。

公務員は予算を使うのが仕事。いい悪いヌキにして、逆説的に言えば、公務員ほど予算意識のある職種はない。
官僚は、腐りきった大手マスコミの利権を真っ先に仕分けすべし!

『 香り 』  外 道 Live! (1973) 昔の田原総一朗プロデュース
外道(詳しくは右写真クリック)は、日本のロックバンドの草分け。TVプロデューサ時代の田原の特集番組で、一大センセーションを引き起こした。とても40年前と思えない、格好いいギターリフ。日本を代表するギタリストのチャーは、「セックスピストルズとかクラッシュのような外国のパンクなんて、どこがパンクなんだ? 外道の方がよっぽど本物のパンクだ」と絶賛したという。実際、ピストルズとか、そのサウンドはとってもポップですよね。
それにしても、この迫力、男くささ。好き嫌いあるだろうが、今じゃこんな若者(男)、めったに見れないぞ。一般だって芸能界だって、今の日本は、ナヨっとしたギャル男、カワイ子ぶった若者(男子)ばかり。たとえ戦後でも少し昔の日本男児、いかに迫力、気骨があったかが伺い知れる。今の日本人を見てると考えられないが、こういう男たちがいたからこそ、アメと互角にやりあえたのだ。少なくとも、「萌えー!」なんて言ってるバカは一人もいなかった(ちなみにAKB48を仕掛たのも電通)。
ド派手な彼らは反面、主な観客だった暴走族の連中に、「立派な大人になれよ」、「お父さん、お母さんを大切にしろよ」と、いつも呼びかけていた。彼らの精神、パンクどころか保守の真髄のように思える。警察署横でライブを行っては、警官を挑発することも。権力に媚びない保守。サウンドや行動は過激でも、その本質は日本の保守精神。
この当時、ロックを聴く層は少数派で、フォークの方が圧倒的人気。今では考えられないが、当時、ロックファンとフォークファンは大変な対立関係にあったのだ。当時の日本の若者の間では、圧倒的にフォークが主流だった。もしかして当時は意外だけど、ロックが右寄りで、フォークは左寄りだったの? 特攻服着てた暴走族はいたろうけど、特攻服着てたフォークシンガーなんていなかったろうし。フォークシンガーは愛だの平和だの言っても、「立派な大人になれよ」なんて言ってたの聞いたことない。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2012.9.24)
これを書いた当時は電通の朝鮮色がやけに際立ってましたが、今はどこも似たり寄ったりで、特に読売広告(博報堂DY傘下)や朝日系のフェミぶりも凄まじくて(産経もひどいけど、まだまともなのがごく一部にいる)、パチンコ閥のみならず、やっぱり男女共同参画費の10兆円予算が周り回ってるような気が・・・

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2016.5.15)

外国ではオリンピックの裏金ルートについて電通の関与が指摘されてますが、日本のマスコミでは絶対報道されません。あの会社、あるいは業界をよく知ってる人からすれば別に驚くべきことでもないわけですが……
とにかく今の日本なんて、どこを切り取ってもこんなのばっかりだろうし、ある程度の地位について理想を貫こうとするのはしんどいですよね。官職と違い、民間なら口利き料とかあったとしてもきちんと所得申告さえして、会社の方も特に問題なしとしてるのであれば、不法な賄賂とは言えなくなってしまうわけで。それでもこれから社会に出ていく人たちには、清廉な日本人、武士の矜持を守るよう努めてほしいです。
このサイトをやりはじめた頃は、マスコミを批判する人はたくさんいたけど、その黒幕としての電通や広告代理店を糾弾する人がほとんどいなかったので、当初はいろんな攻撃、中傷を受けました。でも最近は電通批判もよく見られるようになりました。フェミニズムや、ましてジブリを批判してる人なんて私ぐらいだったけど、おかげさまで今ではそれらもよく見るようになり、そういう起爆剤になれたとは思ってます (^^;

今は左翼の対立軸として利用されてる商業(エセ)保守とか、反日や自虐史観でなくとも日本人フヌケ化狙いの偽装保守の類、そういう程度の低いものにすぐ感化される人々について、正しい考え方をどう発信していこうかなと、そればかり考えてます。でも、それは特段難しいことではないでしょう。ここをよく読まれてる読者は、ああいうのを安易に追っかけたりしないで、とにかく常に古典的なものを追究していくよう既に努められてると思いますし。
ゲッペルスの「確かめないやつは必ずダマせる」という言葉はとても重いです。“保守”なんて皮をかぶっていながら、オリジナルや本来の形・意味とは全然違う風になって、まかり通ってしまってます。そんな事態になってることに、みんな気づいていないんです。ああいうのも結局、電通とかが仕掛けてるのだってことも。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2017.5.5)
電通女子社員の自殺事件が顕著に表してますが、エリート企業でも社内における楽で“儲かる”職種と奴隷労働的な職種との格差が激しくなっていそうです。最初から前途洋々たるコネつき上級社員と、一流大学出ても上級社員の下っ端としてコキ使われる運命のコネもない学生たち。これは電通に限らず、どの企業等に行ってもこの傾向が今はすごく強くなっていそうな気がします。猛勉強して、東大出て電通入って、自殺して……東大卒美人女子社員だからあれだけ話題になったけど、男性だともっとひどい実態のがゴロゴロあるでしょうね。奴隷的に使われるエリートとそうでないブルジョワ層エリート…… ごく一部の特権エリートの子分としての奴隷エリート養成所としての一流大学。うちも何もないので、たとえ子供がいい学校に行けたとしても将来が心配ですね。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり ~ やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆反日マスコミの本丸は電通!~メディアをウラで操る電通を攻撃すべし

◆ゲイ(同性愛者)と虹とソフトバンク ~ LGBT=レインボーカラーとは ~ 日本人のモラル破壊プロパガンダ企業の筆頭 SoftBankと電通

◆ソフトバンク、電通とかってクズ企業だろ

◆戦争を煽って日本を破滅に追いやった朝日新聞 ~戦後は日本弱体化扇動の急先鋒

◆現代の紛争や不可解な流行、ゴリ押し 行き着くところはユダヤ国際金融 ~ ユダヤ人や朝鮮人は被害者や弱者なんかではない

◆そもそも、ここで敵視する左翼とは ~ このサイトが目指していくもの

◆溝口映画『山椒大夫』=「安寿と厨子王」に見る日本人の価値観 ~ 左翼は日本の価値観に反する

◆歌に見る男女観の変遷 ~ 失われた自然に叶った男女観

◆『昔の日本はアメリカと同じくらい広かった!』~ 日本人としての自信を持たせた祖母の言葉

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! ~ 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆反日企業の雄 ヤフー、ソフトバンクの正体 ~ 男をイヌに仕立て貶める!

◆支持率などリサーチのバイアスのかけ方について ~ 広告の神様と電通創業者たちが泣いている!? 銀座電通ビル

◆“神”、“カリスマ” 左翼プロパガンダの常套手段 ~ 本物の神を貶め、“神”を安売りする貧脳 左翼メディア

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(1) |

そもそも革命とは ~ フランス革命に見る民衆とマスコミの狂気

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2013.2.7)
このところ書いてる通り、女子柔道選手が監督を糾弾して追放したというのは革命と同じです。
日本では、民主主義やフランス革命ってのはスゴイいいものだとして、有名なドラクロワの『民衆を導く自由の女神』などの絵が自由の象徴として教科書に載ってたり、あの「人権宣言」は時代を変えた民主主義の基礎となる素晴らしい内容だとして、今の学校では概ね教えられてますよね。
しかし、本当のフランス革命とは、人間の妬み僻みが生んだ、歴史上最悪とも言える下劣で残忍極まりない事件です。そして、その大量虐殺された人々というのは、すべて正式な裁判で殺されたんですよ。
それなのに日本人は、未だにマスコミや裁判所というところが正義の組織なんだと信じてる愚か者が大多数を占めてます。これは大いなる無知、勘違い。
だから警察より軍隊より・・・最も恐い組織こそ裁判所なんですよ。覚えといてください。

以下は、前にここでもご紹介した“保守主義の父”といわれるエドマンド・バークの『フランス革命の省察』より(詳しくは右画像クリック)。
*************************************************************
『1989年10月6日の朝、フランスの王と王妃は数時間の休息を取っていた。混乱と驚愕、狼狽と殺戮に満ちた一日の果て、身の安全は保証しようという民衆の言葉を信じ、憂鬱な眠りについたのだ。
だが寝室を警護していた歩哨の声で、まず王妃が目を醒ます。「お逃げください! お命が狙われています。暴徒が乱入してきました。もう防ぎようがありません」--こう叫んだ直後、歩哨は死んだ。あっという間に斬られたのである。

冷酷なゴロツキと殺し屋の一団が、返り血をしたたらせながら寝室に乱入、銃剣や短刀でベッドを繰り返し突き刺した。間一髪、ほとんど裸で逃げだした王妃は、暴徒の裏をかいて、夫である王のもとに逃げ込む。とはいえ彼の命も、もはや風前の灯であった。
やがて王と王妃、および幼い王子たちは、世界でもっとも素晴らしい宮殿の一つから追い出される。殺戮が続いたあげく、宮殿は血の海と化しており、ちぎれた手足や八つ裂きになった胴体が散乱している。

国王一家は、首都へと連行されることになる。民衆による一方的な虐殺のしめくくりとして、王の護衛を務めていた二人の紳士が犠牲者に選ばれる。正義の処刑と称して、この二人は公衆の面前で死刑台へと引き立てられ、そのまま首を切られた。凱旋更新の先陣を切ったのは、彼らの頭を突き刺した槍であった。
行列はゆっくりと進んだ。ルイ十六世とその家族は、化け物のごとき野卑な女たちに取り囲まれた。おぞましい罵声、金切り声、狂ったような踊り、聞くに堪えない侮辱など、地獄の沙汰もかくやという光景が展開された。

12マイルの道のりを、えんえん6時間かけて進む間、国王一家は死よりもひどい苦しみを味わった。そして彼らは、当の凱旋行進に加わった兵士たちによって、パリの古い宮殿に押し込められ、そこが王家の監獄となったのだ。』
*************************************************************

このバークの『フランス革命の省察』が発表されたのは1790年であり、実はまだその頃、王も王妃も存命中だったのです。そしてその後、国王、王妃らが処刑されたのはご周知の通り。
処刑後の話については、私も大好きな『ベルサイユのばら』の作者 池田理代子の『フランス革命の女たち』(1985)という本があるのですが(詳しくは右画像クリック)、その中からご紹介いたします。
池田は“ベルばら”の大ヒットした後、一時、私生活のことでマスコミからひどいバッシングを受けたことがあり、そのようなこともあってからでしょうが、ずっと前からマスコミの偽善とその危うさに気づいてました。

以下はその『フランス革命の女たち』(池田理代子)の、マリー・アントワネットについての記述から。
*************************************************************
『1789年10月5日、アントワネットはプチ・トリアノンから急ぎ呼びだされました。冷たい雨の中、パリから、怒りに猛り狂った7、8千人もの女たちの集団が、手に手に包丁や槍、鍬などありあわせの武器を持って、口々にアントワネットへの非難と罵りの声をあげながら、ヴェルサイユめざして行進して来ているという報らせが入ったのです。』

『国民公会での投票によって、元国王に死刑の判決が下され、夫は妻に先立つこと約9か月、堂々たる体躯をギロチンの刃の下へと引き立てられてゆきました。
そして直ちに、今では彼女の唯一の生きる希望として遺された、小さな息子のルイ・シャルルが彼女のもとから引き離されます。誇り高く高慢にさえ映るほど冷静に振るまい続けたマリー・アントワネットが、この時だけは、ただの一人の母親として取り乱し、叫び、泣き、息子を連れ去ろうとする国民公会の委員たちにすがりついて哀願しました。“ルイ十七世”となるはずであった、この7歳の小さな少年は、母親から引き離され、無教養で粗野な靴屋のシモンの手に委ねられ、やがて、悲運の両親のことも、そして、自分が何者であったのかさえも忘れ果ててゆき、ついには歴史上の謎としてその存在を消されてしまうのです。』

—– マリー・アントワネットの処刑は、1793年10月16日12時15分 —–

『ロココの女王と謳われたマリー・アントワネットに関しての評価ほど、時代によって極端に変わったものも少ないでしょう。1789年以後、アントワネットについて書かれた中傷文は、想像を絶するほどのでっちあげや汚い言葉に満ちており、アントワネット自身、「陰口は人を殺すのにひどく効き目があるものです。人々はこれでもってこの私を殺すことでしょう」と述べています。そして事実、彼女をギロチンへ送るために大いに功績のあった中傷記事の筆者たちは、自らの仕事をどのように受け止め評価していたのでしょうか。
マス・メディアの持つ力の恐ろしさは、当時もそして現代も、あまり変わってはいないようです。』
*************************************************************

ほぼ同じ年の子を持つ私、これを書き写してるだけで、涙が溢れまくり・・・
右は7歳のルイ十七世(1792)、アレクサンドル・クシャルスキ (1741–1819)作。
ルイ十七世(1785-1795)のその後、ひどい内容ですがご興味ある方はコチラもお読みくださいませ。妬み僻みの塊、こういうひどいことするのが、ウジムシ左翼どもの正体・本性】

ルイ十七世、いっそ、お父さんお母さんと一緒に死ねてたら、どれだけ幸せだったろうと思います。だから「子供の命だけは助けて」、なんてのは外道なんです。

また、これらを読めばおわかりの通り、人類史上初の大衆革命といえるフランス革命を引き起こした民衆の多数は、品性のない暴徒化した女たちの集団であって、これはそれまでの歴史になかった特筆すべきことであり、扇動者は女をそそのかして操り利用していたことが伺えます。

革命とは、こういうものなんだということ。こんなのを礼賛する日本の学校教育は狂ってる。
そしてマスコミとは、昔から誹謗中傷しか能のない、人で無しクズ集団。

『キル・ザ・キング』レインボー(1977) 詳しくは右画像クリック
Kill the King – Rainbow
ハードロックの大御所 ディープ・パープル、リッチー・ブラックモアを知らないという方も、今の若い方にはたくさんおられるのではないでしょうか・・・ これは(リッチー・ブラックモアズ)レインボーの代表曲の一つ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆フランス革命に見る人権派による残虐な子供の管理 ≪ルイ十七世の惨劇≫ ~ キチガイ左翼組織 児童相談所に拉致された子供たちを一刻も早く取り返せ!

◆階級社会なくして日本は存立し得ない ~ 古来から存在した皇室

◆亡国のシナリオ ① ~ GDPの倍、国家税収の20倍以上の借金でさらに借金を増やせと叫ぶ売国奴

◆左翼教育者が持ち上げる、フランス革命を引き起こしたルソーの人間獣化思想 ~ ルソー生誕300年で、日教組やPTA左派が暗躍中

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆家庭内の児童虐待より本当に恐いのは、虐待を名目に国家が親子引き剥がしに介入してくること

◆フランス革命ネタです。“暗殺の天使”シャルロット・コルデーと「マラーの死」

◆反日日本人の中核 左翼団塊エリートに支配される日本 ~ マスコミと全共闘世代の暴走 ~ 未だ革命思想を持つ大人コドモ

◆女子柔道なんてなんの価値もない。やってる連中見てりゃわかるだろ? ただし、監督告発したこの女たちがやったことは日本破壊のための“革命” 絶対許すまじ!

◆溝口映画『山椒大夫』=「安寿と厨子王」に見る日本人の価値観 ~ 左翼は日本の価値観に反する

◆反日左翼 民主党共産政権なら2千万人虐殺! ~ 天皇処刑!

◆『ぐりとぐら』 『こどものとも』の児童書 福音館は反日出版社 ~ 天皇を貶め、自虐史観に満ちた子供向け絵本

◆短信 幼児向け施設の是非と最近の狂った社会環境について

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(1) |

そもそも狂人を作るための現代アニメの制作会社。自らが作った狂人にやられるのは必然。因果応報。

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.26)
『鬼滅の刃』(きめつのやいば)が「おもしろい!」「大ヒットしてる!」「“千と千尋”の興収超える!」……なんてマスコミはまたまた馬鹿騒ぎしてるようだけど、まさかここの読者でそんな報道真に受けてる人いないよね。私にとって信じられないことなのですが、「シナがー」「朝鮮がー」「反日左翼マスコミがー」あるいは「コロナは嘘だー」といつも騒いでる人々でも、なぜか今のアニメとかゲームとかには無抵抗、無批判な人が主流で、あんなに有害なものをヒット作だからと喜んで見に行く人が多いというのが理解できません。結局、本当にいい作品というものを見たことない人ばかりだからなんだろうね。なんだかんだで低俗なものにドップリ浸かってきたから、腐ったマスコミに骨の髄まで実は洗脳されてるだけの人が多いってこと。作品を選別したり、いいものを見抜ける目もない。あんなマスコミが持ち上げてたり、今の大手クズメディアが作ってるものなんかにいいものなんてあるわけないでしょうが。それどころかエゲつないものに慣れさせて日本人の感性をぶっ壊す悪意の固まりのような作品ばかりなのに。テレビで見るに限らず、わざわざカネ払って見に行くなんてもう完全に狂ってるし、本当は入院が必要なレベルなんです。ましてや、その種の汚らしく卑俗な作品を子供に見せるなんて論外。今のメディアが騒ぐ流行りものを気にしてるだけ時間のムダですよ。それらすべてが人々の廃人化、ムーンショット実現へのツールにずぎず、そういうのに食いついて観たり聴いたりしたら朝鮮菌に感染して脳にウジが湧きます。もう、いい加減、そういうの一切やめなさい。まあ、どうせこれからはみんな何の疑問も持たずにマスクし続け、新しい生活様式に従ってオンライン(バーチャル世界)に取り込まれていき、これまで当たり前だった日常の常識を捨て去る廃人ばかりになって、生き残れる人は微々たるものだろうから、別にもう私にはどうだっていいのですが。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2019.7.19)
人間のクズを作るための今のアニメ・漫画業界が自ら育成した人間のクズ、狂人に殺されるのは必然。自明の理。今のアニメ、漫画、ゲーム、テレビ、マスコミなんて、女子供や若者を人間のクズにするための作品ばかり作ってんだから。
某アニメーション制作会社での放火事件(京都)で何十人も死んでしまったと言われても、劣悪な条件で作業している末端のスタッフらが被害に会うのは気の毒な感もあるが、所詮、犯罪者を作り上げるためのプログラム、現代アニメ、漫画のメディア制作に関わっていたのだから責任はあるのです。そういうメディア関係に勤めてる自らがまさかそんな犯罪者、引きこもり、狂人を育成してることに加担してるとは思ってもいないだろうが、そんなキチガイ養成会社に勤めての自業自得。最も重大な責任ある経営陣がピンピンしてるのは問題であるが、そいつらにも間違いなく報いは訪れる。

今日は子供を理髪店に連れて行って、待ってる間、そこに置いてあった『ONE PIECE』とか『進撃の巨人』とかチラッと見たけど、汚らしくグロくキツい絵柄の漫画、くだらないバトルがダラダラ続けられてるだけ。あんなエゲつないだけのものの何がおもしろいん? 全然読む気せんわ。他にも美少女キャラが戦ったり、くだらないことばかりやってたり、フェミ臭かったり……あんなのを子供に読ませてるってのも信じられんわ。日本が危なっかしいキチガイだらけになるのは当然! こんな大事件の類を起こさなくとも既に心の病んでるキチガイがその百万倍は今の日本にいる。

アニメ、ゲーム業界を目指すのなんかやめなさい。狂人になって寂しい人生を送りたくなかったら、現代のアニメや漫画、ドラマ見るのをやめて、ゲームをやめて、くだらないことにしか使っていないスマホもやめなさい。終わってる“死の文化”にいつまでも入れ込むのなんかやめなさい。もう今のメディアなんて全部消え去っていいよ。
じゃあどうすればいいかと言うと今の小説や本もくだらないのばかりだから、古典を読んだり、せめて古いアニメや漫画や映画、ドラマを見るにとどめなさい。いい作品は、見切れないほど過去にいっぱいあるから。

『青空のファンタジア』 ピンク・フロイド(1968)
Point Me At The Sky – Pink Floyd

デビュー時のリーダー 気の狂ったシド・バレットが脱退直後のピンク・フロイド。ロジャー・ウォーターズが主導権をとる前の一時、リチャード(リック)・ライトがバンドをリードしていました。初期ピンク・フロイドの、絵になるようなリックの映像。地球には食べ物も資源もなくなって誰も住めなくなっていくから、飛行機に乗って空に飛んで逃げていこうって歌なんです。ポップなサウンドで日本でもシングルヒット、この頃はピンク・フロイドでもアイドルっぽいイメージ戦略がとられていたんですよ ^^) Early Years 1965-1972 BOX(詳しくは右画像クリック)に映像、音源共収録されてます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆消されたウィンピーとキチガイ博士 ~ なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆AIと工作員に支配されたネット、バカ製造装置のスマホ中毒者に溢れた世界 ~ そして人々はムーンショット計画でバーチャル空間に閉じ込められる

◆ブースカとロボコンを見てる子はいい子に育つ!

◆日本破壊・売国バラ撒き“クールジャパン”国策で支援されるキチガイ劣悪音楽・アニメ・デタラメ日本文化(=暗黒勢力・朝鮮文化)

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン ~ 最近の書店の子供向けコーナーから

◆子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社 ~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット ~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

◆政治家は選挙に通ることしか考えてない人間のクズ、変態の集まり!~ 自民党も性的指向の多様性目指して政治活動やるって、ふざけんじゃねえよ!

◆フェミニストはキチガイ。小池百合子もカルトに頭を侵されたキチガイ

◆ダマし政策!ダマし政府! くだらんことやっとらんで、朝鮮人を早く朝鮮に返せ! 韓国の諜報ツールLINEの使用を子供や保護者に強制させるな!

◆こんな時代だからこそ、ゆるぎない愛情もって子供を育てるしかありません! 子供にとって今という時間は今しかないんです!

◆子供には生の声、楽器音を聴かせましょう ~ ボーカロイドなんかダメ

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆勲章エリート役人上がり老害 飯塚幸三による池袋母子轢き殺し事件。妻子を無残に殺され、残されたご主人は、ぜひ行政訴訟を起こしてくださいませ。

◆仏教も乗っ取る、反日・フェミ・同和・在日朝鮮人 キチガイ勢力の猛威~ 部落差別につながるからと、廃止が進められる“お清めの塩”

◆フランス革命に見る人権派による残虐な子供の管理 ≪ルイ十七世の惨劇≫ ~ キチガイ左翼組織 児童相談所に拉致された子供たちを一刻も早く取り返せ!

◆腐った左翼マスコミの総本山!? 電通という会社 ~ スタッフは自由業同然、サラリーマンとは名ばかり

◆もはや日本文化の区別、正常な判断すら出来なくなった、おバカな日本人!~ 中国の英雄 孫悟空を冠した『ドラゴンボール』の奇妙さにすら気づけない

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(15) |