日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

子供も大人も注意! 講談社は最大の左翼出版社
~ 女の堕落と男のフヌケ化はワンセット
~ 『 のだめカンタービレ 』に見る、現代の病理とヒトラーの予言

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2011.1.19)
小さな子供はもちろんだけど、ちょっと大きな子供や大人だって危険なんですよ。
どんな洗脳工作が隠されてるとも知らず、流行ってるからと飛びつくのは、むしろ大人でしょう。
今やコミック誌に限らず、普通の女性誌とかもひどいもの。小学館の一ツ橋系はじめどこもかしこも左翼系出版社ばかりといって過言でない。正にパッパラパー女とフヌケ男の増産装置。
必要なのは、流されることなく揺るぎない価値観。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.7)
気づいてる人は少ないが、講談社は日本最大の左翼出版社
日刊ゲンダイや光文社も講談社系で、これらは所在する場所から音羽グループと呼ばれます。
あまり知られてないけど、ここの左巻きイデオロギー度と影響力は朝日新聞以上とも言える。

自分はかつて、講談社と朝日新聞のジョイント企画に関わったことがあります。
当時は、この二社が一緒になんてスゴイなぁ、なんてノー天気に思ってましたが、今から思えば何てことない。この二社は左翼反日メディア同士で、とっても仲がいいんです。

講談社系列の日刊ゲンダイ・週刊現代では、一貫して激しい反自民・反麻生のスタンスでした。
特に最近の、日刊ゲンダイにおける必死の検察批判や、非常識な民主党擁護。
週刊現代の方は最近、反民主党になびいたりで、かなりブレてきてるけど、ただの大衆迎合にすぎないでしょう。

また、ゴシップ好きが読む写真週刊誌の「FRIDAY」は講談社、「FLASH」だってグループの光文社。
保守寄りの新潮社「FOCUS」や文春「エンマ」は、いち早くなくなりましたが、なぜだと思います?
いわゆる情報屋が、左翼系マスコミにしかいろんなゴシップ情報を流さなかったからですよ。そして今、その手の情報屋をウラで操ってるのこそ電通。
フジや産経の芸能・スポーツ欄の品が悪くなってるのも、このせい。政治部はともかく、今のフジ・産経の芸能・スポーツ部なんて、朝日以上に左翼・フェミ・朝鮮マンセー傾向が顕著ですよ。全部外国人ではないかと思えてしまうくらい。

テレビ朝日の子供向け、今の仮面ライダーやプリキュア、昔のセーラームーンだって全部 講談社の雑誌での連載。概ね女が異常に強い極度のフェミニズム傾向。
現代のフェミニズムは、朝日系と講談社の強力タッグで、その基礎が築かれたといっても過言ではないくらい。

講談社系のマンガや雑誌を読むことで、少年少女を左巻きに育成し、日本人を子供の頃から左翼・フェミニズム思考に洗脳。
左翼は王室を貶める記述をしていくので、それに感化されてしまった子供も皇室への敬意を持たなくなる。
だから保守派なら、講談社を子供に読ませるのは注意しましょう。もちろん、TV朝日系のアニメも×。

昭和50年代初頭までのマンガ・アニメは、スポ根ものをはじめとして、大変な努力をして成功を勝ち取るストーリーが主流。
それがごく当然のように、読者にも受け入れられ、子供の成長にも大きな影響を与えていた。昔のマンガは、ストーリーの面白さだけでなく、子供に対していろんなことを教え続けていました。
昔は、「あしたのジョー」や「巨人の星」だって、天才でもとても泥臭い大変な努力をした(ちなみに、これらも講談社だった)。

もちろん、それによって、子供たちは、努力すれば上手になれる、成功できるんだと信じます。でもそれが幻想で、大人になった時、実はウソだったと気づくことになる。
でも完全にウソかというと、実はそういうわけでもない。
何より大切なのは、努力してきたという実績を重ねること。これが人が生きていく上で、決してムダにはならないということなんですよね。

最初から、
「努力なんかしても、何もならない」
なんて自分の子供に教える人は、普通いないと思う。

しかし、最近のアニメ、マンガの傾向は、恵まれた才能で大した努力もしない天才型や、あるいは何の取り柄もない人物がありえないような幸運に恵まれるような話が多い。

練習や努力はあまりしないのに、いつもカッコよく、そんな連中が成功して、突然、理想の異性が現れたりするような話。
むしろ、汗を流したり、普段から努力することを、ダサいものとして毛嫌いする傾向すら感じられる。

ダメ女にとって、都合よすぎる話  『のだめカンタービレ』

そういった人を堕落へ誘う左翼マンガの総本山こそ、講談社。
TVドラマやアニメで大人気、大ヒットした『のだめカンタービレ』(詳しくは左写真クリック)でも、その傾向は顕著。

ヒロインはピアニスト。恵まれた才能を持っているが、普段は全く練習をしない
そして、コンクールなどの前に集中的に練習しては、成功を勝ち取るというパターン。

『のだめカンタービレ』では元々、ヒロイン“のだめ”の部屋は汚く、食器や洗濯物が散らかって虫まで飛んでいる。もちろん料理なんて出来やしない。
ある日、出会った、超ハンサムな天才男性音楽家(指揮者・バイオリニスト)が、料理・洗濯・掃除など、生活に関わることすべてを毎日やってくれるようになる。

要するに、ロクに家事すらできない女が、天才で超ハンサムな男に毎日料理まで作ってもらい、食わしてもらってるという設定。
少なくとも、ちょっとカワイイというぐらいで、ヒロインの“女”としての魅力はゼロ。
対するヒロインの相手は、魅力満点の完璧な男性。
要するに魅力ゼロの女が、完璧な男を射止めるという話。こんなのありえない。

こんなの見て育つと、多くの勘違い少女が生まれるだろう。

現実無視のこんなドラマに憧れる女を増やし、無垢な少女たちの堕落を扇動する。
さらに、ヒロイン のだめの出身が九州に設定してあるのも、元々、亭主関白傾向の強かった九州男児と、それを支えていた九州女のイメージ破壊へと、保守的価値観に対する何かと挑戦的なスタンスがとられている。

才能豊かでルックスにも恵まれた天才的な男性が、いわゆるダメ女のすべての面倒を見てくれ、家事までやってくれる。
こんなマンガに現実感があろうか。
まあ、マンガなんかに現実感など求めるのはムリとしても、
ロクに努力せずとも、成功を勝ち取るといった類の、この手のマンガばかり見て育った少女、あるいは女が、将来の理想に求める男性像とはどんなものになってしまうのか。
こんなマンガを読む少女たちに、何かタメになるメッセージというのは残るのか?

やはり現実離れした、理想的な男性像ばかり求めることになるのではなかろうか。
感化されすぎると、結果として晩婚どころか行きそびれて、生涯独身につながるだけである。

誰もが、空想(絵空事の話)と現実を、完全に区別できるならよいが、子供の頃から、その手の女(人間)を堕落させるようなマンガ、アニメばかり見ることは、やはりその成長に間違いなく大きな影響を及ぼす。

このところの講談社系(音羽グループ)マンガは、概ねこの傾向にあるといってよい。

いわば『のだめカンタービレ』は、全く冴えない男の家に突如、家政婦代わりに使える可愛い少女が転がりこんできて、やりたい放題やるような、夢想型オタクの欲求を叶えるエロ漫画の女性向けとも言える内容だ。
子供(中高生)向けなのでエロチックな内容は控えられてるが、まるでダメな主人公のところに、夢のような相手が表われるという、そのイデオロギー底流にあるものは、男性オタク系アニメの王道と何ら変わりない。

料理・洗濯・掃除など一切できず、何の努力もしない汚い部屋に住んでいたバカ女が、天才的才能を持った指揮者兼ピアニストの男と出合って住み始め、料理・洗濯・掃除・・・全部を男にやってもらう・・・
美しいクラシック音楽で巧妙に着飾って誤魔化した、フェミニズムの極地ともいえる話。

たかがマンガだからと、甘く見てはならない。
コミックは数千万部を超える発行部数、アニメ化もドラマ化もされて、DVDもバカ売れ。その影響力は絶大。
たとえこんな本があっても、大して売れてないなら、女性向けオタク系マンガの一つと見るだけで、問題にするほどではないだろう。
しかし問題は、こんなマンガの世界に憧れ、バカ売れするほど日本女性が腐りつつある、といった方が適切かもしれない。
そして美しいクラシック音楽を最大限利用した、巧妙な洗脳プロパガンダ。
大人が読む(見る)のはともかく、こんな本を無垢な子供たちに読ませると、男女観の狂った、とんでもない人間に育ってしまうぞ!

こんな風に子供たちのまっとうな世界観や人生観、男女観を破壊して、日本人の堕落を図っているのこそ、左翼反日メディア!
奴らは特に、女性をターゲットに洗脳と堕落を図り、男のフヌケ化(草食化)を目指して、日本弱体化を画策しているのだ。

保守系にも、いわゆる萌え系キャラを使ったり、その類を応援してるバカが多いのには、本当に驚く(保守層の痴呆化を企む、左翼の工作活動なのかもしれないが)。
民主党政府になってから、自衛隊の隊員募集ポスターにまで萌えキャラが使われ始めただろ? こういうのに隠された意図、わかんないの?
あの萌えキャラに惹かれて自衛隊に入りたいなんて思う奴が、ウジャウジャ集まるってことだよ。
存在しない萌えキャラ好きな人たちで、日本を守るの?
存在しない萌えキャラのため、日本を守るの?
日本人なんて、骨の髄まで左翼による腐った文化に洗脳し尽くされつつあるのだ。

自分なんかプリキュアのような、上っ面の美少女キャラを見るだけで吐き気がする。あのキレイに着飾った外面に隠された、日本女性の慎ましさなどカケラもない厚かましさ、その内面の汚らわしさ、悪魔のイデオロギーが鮮明に見えてしまうから。

ちなみにフジ・産経は、中国を批判することがあっても、韓国を批判することはない。韓国マンセーで韓流ブームを強力に支援しているのもフジ・産経。
そしてフジテレビも左翼 講談社との関係が深く、『のだめカンタービレ』はフジで放映された。

世界の聖者を茶化した 『聖☆おにいさん』

さらに、イエスとブッダを題材にした、講談社の『聖☆おにいさん』(詳しくは右写真クリック)という最近、大人気のマンガがある。

反日マスコミのことなど知らなかった一昨年、自分も面白がって読んだりしていたが、左翼系の講談社だけあって、やはりこのマンガは有害だ。
知り合いのクリスチャンとかにも紹介していたが、あれは大いに反省すべきことだった。
今では、イエスやブッダを貶めるマンガと結論付けている。

天界から降りてきたイエスとブッダが、東京・立川のアパートに二人で同居してるという設定。
二人で女子高生に声をかけたり、イエスが水の上を歩いたのはイエスがカナヅチで水に入るのが恐かったからとか・・・・・

ギャグとは言え、大人が読むならまだしも、子供が最初にイエスやブッダを知る本になるとしたら、大問題だろう。
イエスやブッダを身近に感じるようなるかもしれないが、世界の大聖者二人を茶化したこのマンガは、将来にわたって、それを読んだ子供に大変な悪影響を及ぼすに違いない。
もちろん海外でこんな作品を大々的にやれば、きっと大騒ぎとなろう。

講談社の児童書は、左翼イデオロギー・フェミニズムがはびこって最悪。
マガジン、なかよし、Kiss、モーニング、TVマガジン、楽しい幼稚園・・・などが講談社のマンガ雑誌だ。
その他女性誌、男性誌もたくさんあるので、大人も注意すべし! ただし保守系雑誌は一つもない。
その中身が、下品で悪意に満ちた反日左翼思想に満ち溢れているのは間違いなかろう。 少なくとも今のものは。

子供に読ませる本やTV・映画には、細心の注意を図るべし。有害な作品で溢れる現代、決して気を抜いてはならない。
ましてやポータブルTVゲームとかになると、子供がどんなゲームを楽しんでるかとか、中のチェックまで出来ないでしょう?

特にTV朝日系のドラエもん、仮面ライダー、プリキュア、クレヨンしんちゃんなどは、今や子供に対する左翼洗脳の強力な武器となっている。
『のだめカンタービレ』をはじめとする他の講談社系や宮崎アニメもしかり。
厳重注意しておこう。

『 ヒトラーの名言集 』
傲慢な独裁者のイメージが強いヒトラーだが、その発言は注目すべきものがいっぱい。「セックスやポルノが家庭の中まで侵入する」、「女の如き男、男の如き女が現れ、民主主義は破滅する」、「子供が子供を生むだろう」。彼は正に病んだ現代の預言者だった。下記映像、ぜひとも一度、ご覧いただきたい。左翼、フェミニズム、民主主義による破滅を見事に予言。見れば、これまでヒトラーに対して持っていたイメージが完全に打ち砕かれるだろう。ヒトラーを扱った映画で、『アドルフの画集』というのがある。これは青年時代の画家・芸術家を志していた彼の優しい側面を描いた作品。英国で作られたものだが、ヒトラーへの偏った悪意も込められておらず、フィクションではあろうが、とても好意的に彼を描いている。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(213.8.5)
別に私はヒトラーもナチスも嫌いでないし、揚げ足取りで必死に麻生さんを攻撃してる連中なんてアホとしか思ってませんが……ただ、ヒトラーは保守的な側面を持ちながらも、神を信じてるようなタイプではなかったように感じます。そういう面では唯物的で左翼的だったともいえましょう。
ところで定説では、ヒトラーはピストルで自殺して死の直前に結婚式を挙げたエヴァ・ブラウンと一緒に焼かれたってことになってますが、本当に死んだのでしょうか? 正常な確認がされておらず、これについてはかなり疑念を持ってます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
◆マイケル・ジャクソンやデヴィッド・ボウイのような天才たちと共に、ヒトラーと対話してみませんか?

◆キチガイ講談社『たのしい幼稚園』付録の卑猥な最低デザイン ~ 最近の書店の子供向けコーナーから

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆『シオン議定書』 – 第二次世界大戦を勃発させた人間獣化計画の基本文書

◆ヒトラーが画家を目指していた頃、ナチス台頭期のドイツに行ってみよう ~ 帝政崩壊とルール占領、ハイパーインフレ

◆プリキュア洗脳されたパッパラパー母娘たち ~ こんなのが今の女性の目標!?

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い ~ 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆AKB48の現代と25年前のおニャン子クラブに見る日本人の反応の様変わり ~ やっぱり幼稚化!? あの頃の素直な感情どうだった?

◆女子供の洗脳で男もバカになった!① ~ ジェンダーフリー 日本総フヌケ化

◆ジャイアンを除け者にして、いじめるのが左翼 ~ “力を合わせて権力者を倒す” これも左翼プロパガンダの定番

◆女の腐ったような左翼 講談社 ~ 日本最大の反日左翼出版社

◆ドラえもん、仮面ライダーだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させる道具

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 ~ なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆萌え系 日本神話がひどい件

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(1) |

この記事に対するコメント

  • 【前サイトURLのこの記事へのコメント】

    ヒトラーが現代を、ど真ん中のストライクで予言していたとは、驚きました。
    MM | 2010/07/27 7:44 AM

    こんにちは、更新ありがとうございます。
    >今のフジ・産経の芸能・スポーツ部なんて、朝日以上に左翼・フェミ・朝鮮マンセー傾向が顕著ですよ。
    同感です。やたらK国人のネタが多いですよね。もういいよって。
    「FOCUS」「エンマ」が早々に撤退したのはこういう訳だったのですか。勉強になりました。
    D通を解体しないと日本は闇に覆われたままですね。
    Y | 2010/07/27 10:26 AM

    のだめは 一度 聞いた音楽はその通りに弾けるという才能をもっていますが、落ちこぼれの音大生という設定です。
    自閉症のように 一つの才能はぬきんでていると思いました。
    ドラマの話し方も変でした。
    子供も音楽以外は すべてダメと認識してました。
    | 2010/07/27 10:59 AM

    下條雄三《ファシズモの宣伝政策》より
     演説と新聞の外に、演劇、キネマ、音楽、図書など文化的手段による宣伝もなかなか垢抜けしている。
    三十代の若い宣伝大臣(国民教化相)パボリーニはファシスタ芸術家協会総裁の地位から抜擢された。少し文化的色彩が強すぎるというので、
    昨年現職のままで出征を命ぜられ、バルカンの戦火の中を半年ばかり銃を背負って歩かせられたが、 これなどは例のイタリア式な《当意即妙》によるもので、宣伝大臣自身を資材とした型破りの政治であり宣伝である。
    未来派の巨匠マリネッティは、翰林院のメンバーとして無任所大臣の待遇を受けている。
    これはマリネッティ自身が驚嘆すべき立派な芸術家であるという事実にもよるが、
    絵画や詩や彫刻の伝統を目茶苦茶にした発頭人である彼を学士院会員としたムッソリーニの政治と宣伝の才を見逃すわけにはいかぬ。
    マリネッティによれば未来派の理念はファシズモと合致するそうであるが、
    ムッソリーニによれば《未来派の作品は嫌いだが、マリネッティは得難い人材だ》とある。
    私は昨年(1941年夏)ティベル河畔の寓居にマリネッティを訪れたが、《未来派は嫌いだがマリネッティは得難い人材だ》ということの真実に驚いてしまった。
    初対面であったが、滔々と面白い話を三時間ばかり独りでしゃべり続けた。
    しかし少しも厭味はなく、《国宝的》という感じのする生え抜きの芸術家であった。
    ムッソリーニはこういう人材をファシズモの陣営にもつことの旨味を充分知っているのである。
     ニュース映画の宣伝価値を認めて、この製作と配給とを一カ所に纏めてこれを政府の管理下に置いたというやり方はイタリアが最初である。
    先年親善施設団長として我が国に派遣されたパオルッチ侯はこの国策ニュース映画社《ルーチェ》の総裁の地位のままで来朝したのであった。
     これらのすべては巧みな政治であり、その巧みな政治から滲み出るものが、また巧みな宣伝である。
    組織としての形のみを見ずに、内にひそんでいる旨味を味わうべきであろう。
    【州】ムッソリーニはイタリア史の偉人です【◆】
    ファシズモ研究(昭和17年刊)より | 2010/07/27 10:54 PM

    口蹄疫が広がった理由を調べていて “民主党の正体” がわかり、日本の危機に気付きました。
    そして日本の自虐的歴史観は左翼によって 洗脳されていたと思います。
    戦争は 共産主義者の工作によって 引き込まれたようです。
    スパイ防止法 中西輝政さん (検索)
    HANA | 2010/07/30 9:25 PM

    Voceという美容雑誌を持ってるのですが、
    内容ひどいですよ!雑誌のテーマが
    セレブと戦う女らしいです。セレブという割に海外の女優とかのゴシップ記事が多くて低俗な感じです。黒柳徹子のコラムもありましたが、戦争は悪だの戦争のせいで青春奪われたと恨みつらみ書いてありました。あと男の顔をペット顔と書いたり
    稼げない男は馬鹿だ等と日本男性を
    貶めてましたよ。一番笑ったのが「女子は
    最前線で戦ってる!」ですね。女子もケンカがしたいとか書いていました。
    なんか女向け現代ってかんじ。
    過去にも不祥事起こしてるし、しかも謝罪無し!講談社って最悪ですね!!
    はる | 2011/01/19 2:52 PM

    昔のことですが、ゲンダイ系の成人向けマンガで日露戦争を描いていたのですが、びっくりしたのは、その中で日本軍が物凄く残虐行為を行っていることでした。
    聖☆おにいさんですか。自虐度(変にひねくれている)満点の日本人が読むのは駄目ですね。(例えば中国の悪い所を指摘すると、「日本も昔は」と必ず言います)
    そう言えば、三橋貴明氏など週刊現代に書かせてもらったら、その本がどういう立ち位地かは言わず、ほめていますね。なんだかな~。
    八目山人 | 2011/01/20 9:16 AM

    漫画もいろいろ勉強になります。
    coffee | 2011/01/21 8:06 AM

    クラシック好き仲間から薦められて読んだが、二巻で不快感つのり止めた。よくぞ言ってくれた。まさに変なのに何故あんなヒット?マスコミが持上げあおったからでしょ。
    日の丸 | 2011/01/24 12:50 AM

    のだめは完全なギャグ漫画として位置付けてました。
    てか、あらすじ見ただけでくだらんと思ったから読んだ事ないですけどね(笑)
    ほんとに売れてるんですかね。
    情報操作じゃ…(笑)
    ご指摘のように、のだめのやり方を本気にする女がいたら驚きですね。
    クックパッドなんか大流行りなんで料理する人は増えてるんじゃないかと思います。
    状況はそんな憂えるほどでも無いような…
    私も独身や若い女性向け雑誌は見ません、魅力感じません。
    こういうの愛読してる女性とつきあいたがる、結婚したがる男性も同罪ですねぇ。
    こんなの出してる編集者ってセンス無いよな
    ~と思ってしまいます。
    半分広告だし(笑)
    匿名 | 2011/02/08 3:14 PM

    「週刊少年マガジン」の副編集長は、何と、朴鐘顕(ぼくしょうけん)なる朝鮮人です。本日(29日)の朝日朝刊の「教育」欄で確認。
    リンクスマン | 2011/06/29 7:41 PM

    のだめカンタービレの主人公にはモデルがいて、その人が九州在住らしいです。
    作者は単純にモデルの人に合わせて、主人公の出身を九州に設定したのでしょう。
    でも、そのような作者の思いつきを利用して、九州の男女観を否定するように誘導する編集者は恐ろしいですね。
    しまりす | 2011/10/21 1:14 AM

    ヒトラーは「民族社会主義」という一見左翼的に聞こえる思想で勢力を拡大しましたが実際は、保守的な所が多いんですよね。
    まあ彼の政策や人種論はさておきあの愛国心は今の日本の政治家に見習って欲しいです。
    また美的センスも抜群でヒトラーと側近ゲッベルス、そして映画監督レニによる美しい党大会は当時のドイツ国民を魅了しました。
    正直、今の日本であの党大会を再現するような政党が出てきたら私は支持してしまうでしょう。ああいったパレードは敵国であるソビエトも後に真似したくらいですから凄まじい完成度だったんでしょうね。
    ムック | 2011/12/19 4:10 PM

    のだめは一巻だけ読んでやめました。
    面白くはなかったです。
    あと昔からドラえもんが大嫌いで、
    横着なのび太が不快でした。
    子供にいつもそう言っていたら見なくなりました。
    ぶんぶく | 2012/04/12 6:26 PM

    ヒトラーの予言はまさに現代そのものですね。子供が子供を産む。つまり、精神が未熟で親になる資格がない幼稚な若者のデキ婚増加て事でしょうか?実はヒトラーの予言て現代日本にこそ一番当てはまってるのかもて思います。終戦後、カティンの森でポーランド人の大量虐殺の罪をドイツ軍に押し付けて、現代でもソ連のスターリンが命じた事だからロシア国民として謝罪しないと言ったそうです。ロシアて当時のヒトラー率いるドイツ以上の修羅の大国ですね。むしろ、第二次大戦頃のドイツは自衛の為に戦争したのかもしれません。敗戦国同士の日本、ドイツ、イタリアはある意味運命共同体。自虐史観から抜け出さないと戦勝国に潰されてしまうでしょう。
    ヤマト | 2012/04/12 6:36 PM

    左翼の洗脳は恐ろしいと改めて思いました。
    子供達の無垢な心に付け込んだり、
    また大人でも情や性欲、金銭欲に訴えたりと……
    自分もまだまだ無知だけど、
    左翼がどこかしらで洗脳してると言う事を
    常に頭に入れておきます。
    さきしろかっち | 2012/04/12 8:13 PM

    田克也の正体  岡田克也 – Wikipedia
    イオン 岡田家は強姦大国韓国のDNA 変態一族. 被災者よりも在日韓国人の利益が最優先の変質者 岡田克也 肛門に香水を塗る完全主義者
    岡田克也 在日  岡田克也 イオン  
     岡田克也  韓国人売春婦に肩入れする変質者  強姦韓国のDNA
    岡田克也 肛門に香水を塗る完全主義者 | 2012/04/12 9:09 PM
    管理者の承認待ちコメントです。
    – | 2012/04/12 10:08 PM

    昔は少女雑誌を貸し借りしてよく読んでいました。
    当時、なかよしとりぼんが人気があって、ちゃおがマイナーでしたが、今はなかよしも大変なんですね。
    http://himo2.jp/2995800
    講談社の漫画は、青年誌も含めてはっちゃけたもの、ミーハー感が強いイメージで、昔から少し苦手でした。苦笑
    少女誌でも、恋愛への誘導も強かった気がします。
    講談社といえば・・・ネットでよく見かけるこの話題、フェーマも微妙ですよね。
    直接関係ないと出てきますが、講談社という名前を頭につけてるわけですから関係なくはないですよね?
    勧誘の手口と、きっかけ作りなどはほんとに問題だなと思います。苦笑
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213930547
    http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3137004.html
    調べるといっぱい、この手の情報が出てきます。
    緑 | 2012/04/13 10:17 AM

    こんばんは。
    最近、講談社から出版されている
    「進撃の巨人」という作品がどこの本屋に行っても目立つ所に置いてあります。
    また、映画化もするそうです。
    これも何らかの意図があるのだと思うんですが、
    私が今持っている知識ではその答えまで導きだせません…
    可能であれば、
    こちらのサイトで取り上げていただけないでしょうか。
    ハナコ | 2012/04/13 9:46 PM

    http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/kazoku/20120415-OYT8T00167.htm
    就活もバイトもしない長女

    >40代、パートで働く女性。娘が2人、息子が1人います。長女についての相談です。
     長女は短大に在学中ですが、「学校はつまらない」と言って休みがちで、勉強はほとんどしていません。来年は卒業し、就職する年齢なのに、就職活動どころか、アルバイトもせず、一日中家にいます。家で手伝いをするでもなく、寝ているか、携帯電話を見ているかという状況です。
     また最近は、男性同士の恋愛を描いたマンガの同人誌を見たり、自分でそうしたマンガを描いたりするようにもなりました。
    回答がろくでもないですねw

    >男性同士の恋愛マンガにはまり、同人誌に描いたりする若い女性は増えています。私のゼミ生にも時々います。それ自体は一つの趣味として、尊重してあげてください。
    マリメッコ | 2012/04/15 5:13 PM

    のだめ系ダメ女正当化のろくでもないマンガを発見しました
    最愛の隣の悪夢 1巻
    http://www.enterbrain.co.jp/product/comic/beam_comic/11432501.html
    20世紀の半ば、アメリカの近代主義から生まれた新しいデザインの流れ「ミッドセンチュリー」。レイ・イームズ、ル・コルビジェ、柳宗理らによる建築・家具・デザインをこよなく愛する青年樋山大成(ひやま・ひろなり)は、美しく、魅力に満ちた、自分だけの理想の部屋に暮らしていた。ところが壁をはさんだ隣りの部屋から鉄パイプが壁を突き破って侵入。その穴から大量のゴキブリがはい出し、お気に入りの家具はメチャクチャに! 怒った大成は文句を言いに隣りのチャイムを押すが、現れたのは絶世の美女・雪乃(ゆきの)。美部屋と汚部屋、美女と凡人、いまでこぼこなふたりの新生活が始まる……! 注目の新鋭・安住だいちによるラブコメディー第1巻!
    部屋が汚い女の話に
    >20世紀の半ば、アメリカの近代主義から生まれた新しいデザインの流れ「ミッドセンチュリー」。レイ・イームズ、ル・コルビジェ、柳宗理ら…
    って(苦笑)のだめはクラッシック、こっちはデザインなのね。
    設定に無理があるし絵もへたくそだし、のだめみたく人気は出ないでしょうね。
    ミッドセンチュリーは好きなのでこんなとこで出されるのは不愉快です。
    マリメッコ | 2012/05/15 4:58 PM

    講談社じゃありませんがananは順調に平壌運転です
    http://magazineworld.jp/anan/1807/read/#&panel1-5 K-POP好きがとまらない!
    本当なら早めに病院に行ったほうが良いですね。
    これの前の号の表紙はきゃりーぱみゅぱみゅ http://magazineworld.jp/anan/1806/
    凄い有害図書です。
    http://www.himono-movie.jp/index.html そういえばこれも講談社なんですね。
    のだめよりはマシかな。
    マリメッコ | 2012/05/16 1:45 PM

    講談社は戦前、戦中と積極的に大東亜戦争に協力しました。愛国主義の強い出版社だったとも言えます。しかし、戦後になって左に急旋回しました。現在の講談社の出版物、記事などには自虐的なものが多いです。
    講談社は1925年「キング」創刊のとき、「雑誌報国」をうたい、講談社と大日本雄弁会の社名をあわせて、大日本雄弁会講談社としました。
    講談社と占領体制 | 2012/06/14 4:18 PM

    のだめ、は面白いですよ。
    在日アニメとしてみると、その生態が包み隠さず描かれています。
    右も左も朴ウヨと朴サヨの黒ヤギさんと白ヤギさんの路上演劇ですね。
    フジもTBSも南北の違いはあれ朝鮮だし、
    日テレは統一だし、朝日は中国+朝鮮フリカケ、
    テレ東はゆ+横田のようですね。
    占領軍が朝鮮エタを手先に宣部工作しているのだから、
    サヨク批判は、ウヨクの常套手段です。どっちもオナジ穴のムジナ。
    ドラえもん、原作は、ジャイアンとスネ夫の朝鮮人的姿を暴く名作です。
    (テレビはだんだん変わってくる。声優後退で酷くなる。)
    ジャイ子なんて、某金韓国女そっくりではありませんか。
    講談社って、朝鮮系ですよ。ただそれだけなので、サヨクとかは関係ない。
    SAPIOだって朝鮮系ですよ。ウヨクとか関係ない。性質がゴーマンでしょ。
    不思議 | 2012/08/11 11:09 AM

    http://www.amazon.co.jp/dp/4048739484
    お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。
    咬みません。躾のできたよい子です―。
    思わず家に上げてしまったイケメンは、
    家事万能のスーパー家政夫のうえ、
    重度の植物オタクだった。
    樹(イツキ)という名前しか知らされぬまま、
    週末ごとにご近所で「狩り」する
    風変わりな同居生活が始まった……。
    のだめの二番煎じ小説ですが、こんなのばっかりマンガで小説で身の回りに溢れてたら、妄想女子増産で、ほんとろくでもないと思います。
    マリメッコ | 2013/01/11 7:09 PM

    私はいわゆる左翼団塊世代です。
    ドキドキプリキュアの調査を続けていますが、家族より友達ガーっていう感じですね。
    服装だってキャバクラ嬢と何ら変わりません。
    悪役の方がまだ現実的な考えをしてますよ。
    これを真っ向から否定するのがプリキュア。
    現実離れした子供になるように言っているのでしょうかw
    佐喜幸夫 | 2013/02/08 7:15 AM

    イタリアのベニート・ムッソリーニやドイツのアドルフ・ヒトラー、スペインのフランシスコ・フランコは共産主義の攻勢から自国を守った人物です。
    共産主義の独裁者、ヨシフ・スターリンや毛沢東、金一族、ポルポトらは殺人しかしていませんが、ファシズムの独裁者は評価されるような功績も残しています。
    帝国国粋派 | 2013/02/20 1:26 PM

    今回の予言、ホロコーストをよく調べる私からしたら流石ヒトラーさんとしか言えません。
    あと、アニメの殆どが左翼と聞きました。細心の注意を払おうと思います。
    なめこは小6の頃の教師がかなり気持ち悪がってました。手紙関係でなめこが禁止されたほどです。
    あと、ドキドキプリキュアについて調査してましたが、調査結果を報告します。
    ・主人公の1人、剣崎真琴は家事ができない、習字のやり方が分からない、などのだめカンタービレの主人公と似ている気がします。何だこの女は!?って思います。
    ・アイちゃんという赤ちゃんが出てきて、アイちゃんは人に迷惑をかけまくりなのに主人公達は怒ろうとしないんです。モンペでも増産するつもりなんでしょうか?
    ・アイちゃんの「ちゅぱちゅぱ」は朝鮮臭いと思うのは私だけでしょうか?

    あと、子供と一緒に見るのに和風総本家などどうでしょうか?日本の和を学べるのでいいんじゃないかと思われます。
    名無し希望 | 2013/04/03 12:19 PM

    『聖☆おにいさん』映画化だそうです
    http://www.saint023.com/
    マリメッコ | 2013/04/04 12:12 AM

    今時のマンガ・アニメに限らず昔の少女マンガも要注意です。
    例えば先日書き込みさせていただいたように、「ベルばら」は王室破壊と女性解放思想がベースにあり、「日出処の天子」は日本の宝である聖徳太子を侮辱したBLマンガです。
    これら団塊の世代の描いたマンガは従来の価値観を壊そうとする思想があり、名作と言われるだけに注意が必要です。
    和香 | 2013/04/25 6:05 PM

    あれ・・・?ヒトラーってこんなに面白い人間だったのか!初めて知ったかも・・・・。
    そりゃー支持されるよな、力強く正論を言ってるもの。サファイヤさんの「病んだ現代の預言者」と言うのも、言い得て妙ですね。
    元々ヒトラーには変な嫌悪感はなく、どころか少し興味があったのですが、まさかここまで俺と考えが被る人がいたとは・・・・。
    彼は俺以上に潔癖だったのかな・・・?
    イムヤ | 2013/08/05 4:08 PM

    今日の、TVタックルは、女性の社会進出だが、
    全員女の擁護ばかり。
    気持ち悪いのなんの・・・。
    女性の社会進出なんて、男性の活力を奪うだけなのに。
    とおりすがり | 2013/08/05 9:49 PM

    はじめまして、最近洗脳が溶け始めたばかりで
    本当に理解できていない事も多いと思いますがコメントさせていただきたいと思います
    私も最近のテレビ、マンガ、アニメに嫌気がさしています。今は全く見たいと思いません。
    あの頃は良かった‥といっても私の場合は90年代が黄金期だと思い込んでいました。それ以前を知らないので本当に残念な世代です。父に話を聞いても、サファイアさんと同じように昔のマンガアニメの良いところを言ってくれます。あしたのジョーの登場人物が試合で死んだら、ファンが実際に集まって本当に葬式をした、それくらい夢中になれていたアニメがあるのかと驚きました。
    蟲師、夏目友人帳が日本を感じて大好きです
    どうなのでしょう?
    たしかにどちらもファンタジー
    美しく描かれる日本の風景、デザイン、音楽‥
    やはりそれも美化した間違いの日本のイメージを?
    蟲師は講談社、夏目は祖母は登場するが、主人公は親戚にたらい回しの設定で両親は登場していませんね‥
    ちなみ今現在テレビをつけたら
    月曜から夜更かし という番組で
    日本人は昔バカだった件 というコーナーをやってて、
    上の胸糞悪いフレーズをVTR内で何度も言っています、VTRが終わった後、出演者は特に深く触れず次のコーナーへ。は?さっきの何だったん?本当しょーもな(~_~;)
    とも | 2013/08/06 12:29 AM

    上のともさんのコメントにある「日本人は昔バカだった」というテレビ番組のコーナー、見ちゃいました。
    本当に胸がムカムカしました。悲しいほど酷かったです。
    ヒトラーの言葉については以前読んだときも、今の日本の事を言っているかのようで戦慄した憶えがあります。
    子供が子供を生む、というのは、単に若い男女の出来ちゃった結婚ではないと私は思っています。さほど若くもない、二十台~三十台の男女で、出来ちゃった結婚でなくとも、まったく精神的に幼いまま、成長しないままで子供を生んでというのも多いと思います。若くてもしっかりしている人は稀にいますしね。私は出来ちゃった結婚自体はあまり否定しませんが、しかし多くの出来ちゃった結婚がだらしのない性生活、貞操観念の無さが原因となるので批判されるべきだと思います。
    私は小さい頃から漫画も雑誌もまったく読んだことがありません。親に感謝です。
    テレビも漫画と同じく全く見る必要がありません。酷い番組が多すぎる。
    葉っぱ | 2013/08/06 2:26 AM

    欧米では漫画やアニメは子供が見るものであって大人が見るのは恥ずかしいものという認識だとか。
    だから欧米人が日本に来て大人が電車の中で漫画読むのを見たら違和感感じるという話がある。
    話は変わりますけど男尊女卑という言葉は聞こえは悪いけども男女の元々の性差や役割を端的に、簡潔に表現した言葉だと思う。
    だから身分のうえでは男は女より身分が上だったりするのは当然だと思う。
    端くれ | 2013/08/06 10:37 AM

    ドラマ版「のだめ」のテーマ曲としてガーシュインの管弦楽曲「ラプソディ・イン・ブルー」が使われたのですが、youtubeに落ちていた音源の画像にのだめが使われているものがあって、その動画へのコメントで
    「のだめに使われたせいで変な色が付きすぎて残念だ」
    というコメントがありました。
    映像に音楽を用いるときは、音楽が映像を邪魔しすぎないようにするということを注意する必要があると言いますが、既存の楽曲をBGMとして利用することは、特定の映像のイメージを音楽を通じて刷り込ませてしまうため、もともと出典のある音楽でも内容に関係ない映像のイメージが固く結びついてしまうという副作用もあるんですよね。「ラプソディーインブルーを聴くとのだめが思い浮かぶ」みたいな。
    ディズニーのアニメでも既存のクラシックに楽曲の内容をモチーフにしたアニメをつけて同期させるという手法で作られた「ファンタジア」があるのですが、こういうのは曲を聴いた人が曲から感じたイメージを自由に膨らませていくのを阻害することにもつながっていて、あまりよくないと感じています。
    小説の挿絵が強すぎると文章が添え物になりがちなように、音楽が映像の添え物になってしまうんですよね。映像のために1から作曲された曲ならともかく、既存の曲を流用するのも、よくよく考えて欲しいです。何年か前に日本の旅番組を見ていたら、日本家屋の佇まいを移しているシーンでバロック音楽とか流してて、イメージ的にどうなの、と苦笑したこともあります(^^;)
    音楽も映像も洗脳ツールとして用いられもしますからね。こういうところも気を付けないといけないと思います。
    あっとまーく+ | 2013/08/06 1:39 PM

    ひまつぶしで立ち読みした時に、たまたま見かけた少女マンガ(作者タイトルとも失念)の設定がひどいもんでした。
    たぶん以前の私ならそれほど気にならなかったと思いますが、こちらのサイトを見るようになってから、こういう形でおかしな家族観や男女観を植え付けるのだなと思えて仕方がありませんでした。

    マンガの設定というのが、
    ・主人公の男子高校生の家族は母と姉3人で父は早くに亡くなっている。
    ・女系家族で育ったため、主人公はすぐに女性の言いなりになってしまう。
    ・長女と次女は社会人、三女は大学生で3人とも主人公より遅く家を出るにもかかわらず、朝ごはんの支度や弁当作りを主人公にすべてさせていて自分たちは何もしない。
    ・母は何してるかわからないが、起きるのが遅く家事は子供まかせ。

    こちらのサイトでいつも言われてる父親の否定や男性の女性化をこうやってマンガに刷り込んでいくんですね。
    しまりす | 2013/08/26 4:30 PM

    これじゃあ
    NO!ダメ!カンタービレ 
    ですねwwwwww
    貴樹アオミ | 2014/12/25 5:22 PM

    幼少期にディズニー絵本を愛読していましたが、講談社と独占出版契約を結んでいたと知ってがっかりしました。
    よーこぶー | 2016/01/27 11:13 AM

    はじめまして。
    先月からここのサイトを拝見し、徐々に学んでいったものです。左翼や半日企業の正体に気づかされたおかげでゲームをすべて売却することができました。ありがとうございます。
    もう10年も前からクラシック音楽に精通していた私はもちろんのだめは見ておりません。しかし、内容を改めて見るとヒドいものですね。
    家には漫画本もないので毒されずにすみましたが。

    >あっとまーく+ さん
    ファンタジアはデュカスの「魔法使いの弟子」からの抜粋ですね。
    私も同じような感じでベートーヴェンの7番交響曲の第一楽章は嫌いになりました。
    これからも鋭く迫る観察眼、じっくり拝見いたしたいと思います。
    朝比奈 | 2016/11/20 10:35 PM

    女性自身という雑誌は自民党たたきをしている光文社は酷いものです。
    因みに、主婦と生活社の週刊女性も同じことをしています。
    保守派 | 2017/04/24 2:58 PM

コメントする