日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

小中学校からPCを1人1台持たせてIT教育をやるという日本の気狂い

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.10.6)
また、嫌なニュースですねぇ。教科書までデジタル化って……今の子供なんて既に総ゲーム中毒、スマホ中毒なのに、こんなことまで実現されれば、本すら読めない暗愚な子供ばかりに。
手軽に本で読めるのが、いちいち画面で見なきゃいけなくなるって、どんだけ大変なことか。
でもこの平井は、それがわかっての完全な確信犯。電通上がり、完全に日本総愚民化工作員。
初代文部大臣 森有礼は英語を公用化しようとしたほど過激な奴だったが、大日本帝国憲法発布の日に殺された
この平井卓也といい、東京都の小池とか大阪の吉村とか、コロナ対策大臣 西村とか…もう全部ブッ殺されるべき人間ばかりだね、今の日本の政界は。全員、死んでもらっていいよ。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

教科書、原則デジタル化を 平井担当相「時代の要請」2020.10.6 共同通信
平井卓也デジタル改革担当相は6日の閣議後記者会見で、小中学校で使う教科書を原則デジタル化(電子書籍化)すべきだとの考えを示した。2日に河野太郎行政改革担当相を交えた3者会談を行い、萩生田光一文部科学相に提案。国が進める1人1台のパソコン配備などの環境整備を前提に「デジタルファーストは時代の要請だという共通認識を持てた」と明らかにした。
平井氏は記者会見で、子どもたちが端末に習熟するきっかけになるとの期待感を示した上で、教科書を「何冊も抱えて移動するよりはパソコン1台のほうがいい。効率性を考えたときにプラスだ」と説明した。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2019.12.6)
【経済対策】PCを「1人に1台」 学校のICT化を加速2019.12.5 産経ニュース
政府は全国の小中学校のすべての児童・生徒が「1人1台」の状況でパソコン(PC)やタブレット型端末を使える環境を令和5(2023)年度までに整備するための政策を経済対策に盛り込んだ。学習へのICT(情報通信技術)の活用が世界に比べて遅れていることの改善や、地域間格差の是正を狙う。
総事業費は5千億円程度となるもようだ。有線・無線の構内情報通信網(LAN)の整備も進める。1人1台のPCを配備することで「学習履歴などのデータを利活用し、個別に最適で効果的な学びや支援が実現できる」(文部科学省担当者)とみる。
経済協力開発機構(OECD)が実施した各国の教育へのICT活用環境調査によると、日本の順位は48カ国・地域中で下から2番目だ。政府は令和4年度までに「3人に1台」を目指し、年間約1800億円を地方自治体に補助するなどしているが、今年3月末時点の実績は全国平均で5.4人に1台にとどまる。都道府県別でみた場合、1.8人に1台(佐賀県)から7.5人に1台(愛知県)までのばらつきもある。
背景にあるのは自治体任せの手法だ。これまで整備の予算は自治体の裁量に任される地方交付税交付金で措置され、自治体の判断で後回しにされることもあった。このため、今回は使い道が絞られている補助金として支給する。1台当たりの調達費が安く済むよう政府が自治体への情報提供などでも協力する。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
先日の家庭での体罰禁止法令もショッキングですし、最近、政府はもう、すべてにおいてやることがメチャクチャですね。とにかく大きな利権を作りたい、子供たちの感性をとにかく早いうちから破壊して飼いならしたい……そういう思惑しか見えません。
手触り、組み立て方、現実のアナログ世界があって、その中でいろんなものを培われた上で、こういうのがあればいいなぁと思って作られたのがデジタルシステムなのに、直に触って、見て、書いて、組み立てるといった実態あるアナログプロセスを経ずにいきなりデジタルの仮想空間の思考法を根付かせようとさせている。こんなことが進んでいけば子供たちの感性がどんどん破壊されます。ただでさえ子供たちはスマホ中毒、ゲーム中毒だらけなのに、そういったサイバー空間ではない、ゆったりした本物の世界の中で見て楽しめるものをなくして、バーチャル世界にばかり親しませようとする……もう今の日本、政府、議会、役人は心と感性、脳ミソが腐りきってるんですね。何が本当に大切なものなのかまるでわかっちゃいない。
これからは豊かな感性を備えた人間が育たなくなり、せかせかして、自らの判断力も持たず、偏狭な思考回路しか持たない人間ばかりになっていくでしょう。人間がロボットに近くなっていくということです。人間らしい感性、心を持った人が激減します。家庭でしっかり対抗策をとる以外ない。保育園や幼稚園も、外で遊んだりとかそういうのでなくバーチャルゲーム遊びとかそんなのばかりやらせるところだらけになりそうです。実際の会話がなされなくなり、表情が乏しく、人とまともなコミュニケーションをとれない人間だらけになっていきます。SFによくあるロボットに支配される世界ではなく、人間がロボットに限りなく近くなっていく世界が待ち受けてます。家畜ロボット、ゴイムにされるんです。

Kraftwerk – The Robots(1978)
日本、世界はどういう方向に向かっているのか。こういう無機質な人間がこれから増えていくわけです。ドイツのクラフトワークは日本のイエロー・マジック・オーケストラにも大きな影響を与えたテクノポップの先駆グループ(詳しくは右画像クリック)。この曲『ザ・ロボッツ』は、その名も『人間解体』(The Man Machine)というアルバムに収録されてます。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.6.22)
都知事選候補、こちらで紹介の平塚正幸氏、いろいろ調べましたがとてもよくわかってらっしゃる方です。Google検索では悪口だけはすぐに出るようされてますが、ああいうのも工作員によるもの。私に対する悪口もホントひどかったし、あんなの真に受けて私から離れていった連中いるようならどんだけ情弱なんだって感じ。
平塚さんは子供にオンライン授業やることも痛烈に批判しています(↓ビデオ参照)。松井一郎大阪市長がオンライン授業を継続することを早々と決めている。松井市長はじめ、今のゴイム政治家どもはこんなことを平然とやって子供たちの将来にどれほど深刻な影響を与えるのか、何もわかっていない。平塚さんは若いのに(知りませんが子供もおられなさそうなのに)、そういうところまでとてもよくわかっていらっしゃる。

とにかくバーチャルはダメなんです。子供たちは人と一緒に遊んだり、先生を間近でちゃんと見れる場所で勉強しないとダメです。親兄弟はもちろん、人々と直接触れ合っていくことで成長していくんです。母親はもちろん保母さん(私は保育士とは呼びません)たちがマスクしていたら、赤ちゃんは笑顔や、人がしゃべっている様子を感じ取れない。感情表現、感情を受ける感性に致命的な欠陥を持った人間になってしまいます。もはやそれは人間ではありません。平塚さんはそういうところにまで触れていらっしゃいます

それに画面に極度に集中せざるをえないバーチャル授業なんて、異常に目や体の負担になるし、こんなこと進めさせている政府や東京の小池知事……こんなことが続くと子供たちの人間性が破壊され、手遅れになってしまいます。こんなのが当たり前の環境だとしてこれから学校に入っていく子供達は大変なことに…… 政府、自民党の“新しい生活様式”なんてものは、人々の人間性を破壊、人間を家畜として管理していくためのものです。安倍ら自民党、政府は最低最悪、その工作員集団にすぎません。

平塚正幸 小中学生に1人1台ノートパソコン支給 オンライン授業化する大阪市

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
◆『シオン議定書』 – 第二次世界大戦を勃発させた人間獣化計画の基本文書

◆こんな時代だからこそ、ゆるぎない愛情もって子供を育てるしかありません! 子供にとって今という時間は今しかないんです!

◆近いうち、3D世界で性器まで完全装備 大掛かりなセックス・マシンも出現!~ 萌え系やオカマ、ゲイなど政治利用されてますが、3Dにも細心の注意を!

◆ゴミを何十億円も出して買うバカ ~ デタラメ、醜悪作品を大傑作として持ち上げて売りつける悪徳商人、それを買うパッパラパー金持ち

◆幼児教育・保育の無償化で韓国・朝鮮に支配される日本 ~ 朝鮮人は色キチガイで虚栄心の塊

◆子供達に「学校で友達同士1メートル以内に近づくな!」異常な生活行動強制、正常な人間関係を破壊して人間の個々のつながりを断絶させるための工作員集団! ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!②

◆韓国、朝鮮人の諜報ツール、日本人奴隷化、支配のためのLINE

◆PayPay ……使えば、どうせ朝鮮人が儲かるんだろっ!

◆さよなら“政治”。 民主主義を掲げる奴を信用するな! ~ “民主主義”による選挙とは、「こんなクズしかいないけど、こんなかから選んでね」というのが本質的な正体

◆平塚正幸氏のフェミニズム批判

◆滅びゆく日本。ついに幼保無償化 ~ これで子供すら育てることの出来ない女(人間)ばかりになっていく

◆政治家は選挙に通ることしか考えてない人間のクズ、変態の集まり!~ 自民党も性的指向の多様性目指して政治活動やるって、ふざけんじゃねえよ!

◆家庭内でも親による体罰禁止へ ~ マスコミが大喜びで騒ぐ児童虐待事件 子供をひっぱたいてるのがちょっと見られたり、怒鳴り声を聴かれたりしただけで通報されて親子引き剥がされる、恐怖のソ連、東欧、共産主義国家と同じ、恐ろしい社会へ向かってる日本

◆デタラメ見本人間ゴリ押しマンセーで人格破壊される日本人 ~ 女性の低脳化で、カルト化する女性芸人やスポーツ選手等への崇拝

◆子供に襲いかかる美的センス破壊攻勢との戦い

◆ダマし政策!ダマし政府! くだらんことやっとらんで、朝鮮人を早く朝鮮に返せ! 韓国の諜報ツールLINEの使用を子供や保護者に強制させるな!

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(4) |

この記事に対するコメント

  • この話題は少し前から出ていて、複数の出所の記事を読みましたが、「一人一台」というのは、授業でPCを使う時に一人一台割り当てられるようにするのか、それとも一人一台全校生徒分用意することなのか。後者だと費用が恐ろしいですな。PCもタブレットも数年経てば修理や買い替えが必要になってきますし。

    自分は大学時代からPCを学んで、先生から教えてもらったのはWordとExcel程度ですが、他で興味を持った分野は本で調べながらほぼ我流です。それでもPCを扱う仕事はできてます。
    外資系であるせいか、会社で使うPCのメーカーはDellですが、この政策にあるPCメーカーはどこになるんでしょうかね。採用されたところは大きな利権になりますよね。もっともDellは安価なせいか使いにくくて、自分は自宅ではSONYのvaioと富士通を使っています。

    しかし職業柄あまり手書きの書類を書かないせいか、30過ぎたあたりから字が下手になり出し、40になる直前で眼病も発症して目薬が手放せない状況になっています。小学校から日常的にやってると、よほど注意しないといけませんね。将来的にスマホやタブレットで導入される5Gに至っては、知能低下・神経障害・ガンを引き起こすとか言われています。

  • えっ!このニュース初めて知りました。
    政府が?政府がこんなこと推進するんですか??
    また一人一台とか数字出してきて・・・
    いや、本当に今の政府おかしいですよ、本当におかしいことばっかり・・・
    はぁ・・・落ち込んでしまいます。
    あ、落ち込んで言いたいことを忘れてしまっていました、
    外国の(日本にもあるかもしれませんが)本当のエリート、本当の金持ちっていうのかな、は、紙と鉛筆などのかなりアナログな授業をしているらしいですね。
    そして嘘だらけの知識ではなく真実の授業をしているとか。
    そして私たちゴイム…って言われてるのかな、の受けている教育を嘲笑っているそうで・・・

    平成は天変地異と日本人の変質、令和は天変地異の常態化と日本人の更なる劣化、まともな日本人にとって不遇の時代になりそうですね。
    どうにか生きていくしかないですね…

  • 『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』 語りて 関曠野 聞き手 三室勇
    という本、難しいし厚いけど、とても読み応えがあり、このブログと共通する理念を感じます。
    p256~257に「日本人は昔から限られた資源を利用し協力し合って生きる術を学んできた。資本主義が行き詰っても、日本人には立ち返るべき悠久の遺産と伝統がある。~中略~事象の儚さ、移ろいやすさに美を見出す感性、生と共に死を受け容れ、腐朽や壊廃も宇宙と生命の変還の一様相として愛でるわび、さびの美学がある。
     そしてバーマンとカンストラーは共に、日本はいずれその伝統に戻り、世界に先駆けてポスト資本主義の社会を実現して人類の模範になるだろうと予想しています。」
    とありました。希望が湧いてきました!
    またp276~280に「人間は大衆という家畜のような群れになった。そこを目覚めさせるのが【知識人の社会的使命】。知識人は言説を織りなすことによってこの使命を果たす。知識人は、ギリシャ時代のソフィストのように、支配者が真理の名で正当化されている言説の欺瞞をあばく使命がある。」とありました。ロデム様と平塚様が目に浮かびます(*^-^*)

  • この平井氏はネットサポーター管理者だったようです。
    なる程このコロナ渦中を利用してnwo新自由主義、人類家畜化計画推進派のイルミナティと呼ばれるロスチャイルドやロックフェラーなどの国際金融資本が人間の肉体と精神を分離させようとしていることに躍起になるわけですね。スマートフォンやパソコンというのは電磁波が流れるので脳にどうしても微弱ながらも疲労が起きやすいのはご存知かと思われますがなんと、あの悪魔崇拝のシンボル蛇のマークの機関WHOは遂にコロナはただの風邪であることやまた、スマホの高周波エネルギー電磁波は発癌性がある可能性を認めました。これはわりと前ですが。しかも新しいものに目がない大衆の大半はそれに気づかない。私はスマホが流行り、みんな持ち始めた時に言葉にはできない違和感を感じていましたが今は執着」依存症や不健全な精神状態、バーチャルカルチャーやアイドル崇拝、返って情報の洪水に流され思考が狭まり視野も狭くなることを言語で体系化して考えられるようになりました。やはり感性は重要ですね。どうりでスティーブ・ジョブズやマークザッカーバーグが自社の製品を使いたがらない、控えめな使用に抑えているわけです。政治家というのは元々自分の為に政を行うイメージがありますがもう今回のコロナ戦争はそんなんじゃ済まない。アメリカのトランプ幕府は巨額の財政出動でこの難曲を乗り切ろうと必死なのに我が日本國は政治は
    グローバル大政翼賛会ですよ。実質民主主義なんて死に体です。にしても平塚正幸さんも大変だと思われます。
    日本の人口も減らし世界全体の人口削減で家畜化させる連中が西側諸国で幅を利かせている。特に日独伊で。
    米英仏露中なども含めてユダヤ右派であるイスラエルシオニストとユダヤ左派国際金融資本の経済植民地なのですがドイツやイタリア、アメリカではこれに反する人々も多くいて心強い。英国では警官が女性にデモで殴りかかるなど中共や北鮮に劣らない弾圧を國民に加えているわけですが日本はそこまで入っていない。
    オンライン授業という名の通信教育、テレワークという自宅作業、権力者は人と人を離れさせ肉体そのものを悪としている。 
    大橋教授にも圧力がかかっているというし、本当に議論すらできないのに自粛派の工作員は日本から出てって欲しいですね。ネット上でpcr検査の用途や欠陥についてウイルス特定はできないと指摘したら工作員と思わしきアカウントから返答が。そして長きにわたり実に数週間かけて180件ほどのやりとりを通じて私は大橋教授の説、PCRはウイルス特定においてと遺伝子塩基配列の一部分しか見ていないこと、元々法医学用である、他のウイルスでも陽性、増幅サイクル次第で結果が変わることやキャリーマリス博士の言葉を述べコッホの原則や黄金標準、政府専門委員の根拠の無さ、マスメディアの異常な煽り、諸外国でのインチキ報道や厚労省の官僚の欺瞞を認める発言、大半が無症状者であり死者も水増し、医療業界のワクチンと利権、自然の摂理の境界線、三密理論の根拠の無さ、満員電車や大相撲は何故行われているか。
    支那やイランでは何故起こっていないのか。などについて一通り説明したところ予想通り感情的に見事にヒステリックになり私個人に対する誹謗中傷や根拠のない憶測を言い始め貶めをいきなり始め出して本当に面白かったです。 その後その工作員と思わしきアカウントはコメントを消し消えました。YouTubeにもYahooのコメント欄にも工作員がたくさんいそうです。これのおかげもあって日本では失業者が六万人に達しそうです。自殺者も8月では15.4%増え男性60人、女性186人増えて月全体で1849人に登りました。女性が増加するのは異常事態だし、労働者がかわいそうすぎます。
    日頃人権言ってる人間の本質的な醜さ、左派やリベラルと言われる人たちの非情さが窺い知れます。
    外すべきマスクを強要するのは右派もそうだが主に左派です。やはり明確な信念がないと規範倫理道徳や教えがかけていると洗脳されやすいんですね。
    私は家でも電車でも馬鹿げたスマホゲームではなく
    本を読みます。主に古典です。マスクも実は結構外したりしてます。あれは酸欠になる。判断力を鈍らせたいのかもしれません。自分の頭で考え自分の言葉で説明する。論理性や合理性、徹底性を大切に命をつないでくれた祖先の思いを支えに頑張って乗り越えていくことが大切だと考えています。

コメントする