日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

平塚正幸氏のフェミニズム批判

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.1.30)
私はずっと前、ブログ立ち上げ当初から現代日本の男女平等思想の欺瞞、フェミニズム批判をしていましたが(今ではGoogleに潰されてしまっていますが、当時は毎日数千人のアクセスがあり、フェミ批判でも女性読者のとても多いオピニオンリーダー的存在だったのです)、平塚正幸氏もそれらフェミ思想について痛烈に批判していますよ。
本日もこの寒い中、渋谷で「マスクはずそう!」クラスターデモをやっている国民主権党の皆さん、平塚正幸氏。
平塚氏は卓越した感性を持ち、弁舌能力にも際立って長けている方です。でも、恐らく日本の歴史をあまり知りません。私は最初、外国育ちの帰国子女なのではないかとも思いました。あるいは勉強嫌いで歴史の勉強を全くしていなかったとか…… YouTubeでの電話討論では相手が「北朝、南朝」という言葉を出した時、「北朝、南朝? 何それ? 北朝鮮と南朝鮮のこと?」なんて言ってたり(北朝・南朝という言葉も戦後教育の造語であり、正しくは今の日本で南朝とされる吉野朝が正しい皇統であったわけですが)、「天皇はロスチャイルド」なんて、日本人の発想では普通ありえないようなことも言ってるのが残っているし、場合によっては実はアッチ系である可能性も考えましたが、どうもこの人はおそらく学校の勉強が嫌いでろくに勉強をしていなかった、あるいは天才すぎて学校にほとんど行っていなかったかのどちらかではないかと思うようになりました。NHKから国民を守る党の前はRaptやリチャード・コシミズに附いていたこともあって、スピリチュアルや天皇へのルサンチマン(統治者に対する民衆の憎悪)を煽る反日左翼的というか、北朝鮮臭い連中に感化された時があったのでしょうか…… まあ、平塚氏には古典や戦前の歴史教育中心に神代からの日本の歴史をもっときちんと学んでほしいなとは思っています。

でも、今の男女平等・フェミニズムのゴリ押しに反発している方も、平塚氏はコロナ詐欺を糾弾する活動しているだけでなく、フェミにも否定的であったことを知ってほしいものです。
他にこれほど明解にフェミ思想を否定している政治家がおりますでしょうか? 平塚氏はまだ政治家ではなく、活動家ということになってしまいますが…… フェミに批判的な方も、平塚氏を応援する価値はあると思いますよ。
今のデタラメだらけのコロナ問題以外でも、フェミニズムはじめ他にもペット依存人間がバーチャルに取り込まれる危険性について平塚氏も私と同じように警告していたことを知って驚き、他にこういう人はおらず、私の主張と非常に共通しているところがあった平塚氏はとても稀有な方であり、昨年の東京都知事選の時、そういう平塚氏の考え方まで調べて私は平塚氏を支援することにしたんです。

平塚正幸 保育園落ちた日本死ね騒動 待機児童問題の根源は貧窮化
男性ひとりが働けば一家を養える社会の方がいいではないか 2016.3.11

平塚正幸 男女平等は日本民族破壊のプロパガンダ 2019.4.17

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆男女差別をなくして本当に男女平等にするなら、男女別の競技なんて廃すべき

◆1970年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 ~ 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について ①

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆女が仕える価値ある男、男が守るべき価値ある女 ~ 今の“男女平等”社会のままで目指せると思いますか?

◆フェミ二ズム批判するなら、女が見に来て女に「そうか!」と思わせるような内容にしなきゃダメ!

◆最も有害なのは反日法案より今のフェミニズムだと早く気づいて!~ 聖書を曲解、悪用してフェミニズム運動に利用する狂ったキリスト教団

◆フェミニズム・アニメと単に強い女が出てくるアニメの違い ~ 反日ドラマと仮想敵を日本にしただけのドラマの違い

◆フェミニズム家庭崩壊=左翼 朝日新聞=朝鮮 ~ 腐った反日新聞の朝日

◆犬が亭主の人気漫画と日本の伝統文化“化け猫”の話 ~ 同性愛、フェミニズム、オタク、ペットはワンセットの日本破壊工作

◆(要拡散)不当逮捕の犯罪行為をなす駒込警察署、日本医師会! マスク着用は犯罪人の集まりと化した公権力の不正を隠すためでもある!

◆マスクは危険! “新しい生活様式”を受け入れると日本社会は壊滅! 政府とメディアによるデタラメプロパガンダ“新型コロナウイルス”洗脳から早く解かれましょう。

◆(要拡散)PCR強制条例制定強行する都民ファーストの会。都民が話を聞きたがっているのを完全無視! きちんと何度も連絡をとって話たがっていた都民からコソコソ逃げ回り、立ちはだかる人を車で轢く 伊藤ゆう都議は議員をやめろ! 目黒警察署は都民をないがしろにする議員に不当な計らいをするな!

◆【緊急中継投稿】「マスクをはずそう!」は遊びで言ってるのではないし、ネタとしてふざけてやっているのではありません!~ 平塚正幸 国民主権党によるPCR検査拒否の罰則化阻止活動

◆オンライン化反対の声をあげてください。“恐怖の新型コロナウイルス”は虚構であると、大橋眞教授の語る真実をあらゆる手立てを使って拡散してください。

◆製薬会社や電通とグルになって日本壊滅図る厚生労働省、政府。ボロ儲けしているクズ政治家、役人ども

◆新型コロナウイルス騒ぎはデタラメの虚構! コロナ対策なんて一切無用!

◆新型コロナウイルスなんて存在しません! あるのはメディアウイルス! 政府とメディアが騒いで恐怖を植えつけ、人々に行動統制を強制していることに気づいてください!

トップ | フェミニズムで腐った男女観 | permalink | comments(7) |

この記事に対するコメント

  • 弱者に弱者は救えませんからね。
    結局もっと強大な権力者によって搾取は続く。
    フェミニストは自ら市場経済の賃金労働に従事する事をさらに望む?
    後が引けないようにしてる勢力もいるのでしょうかね。

  • 今真夜中に現実と仮想空間の宗教的関係性という題目で仕上げてたレポート見返してたんですけど、精神的な霊的な面で言うと賢い聡明な女性、美しい女性など女性のそれぞれの個性を分断して欠点を論って嘲笑う悪魔が最近では悪あがきしているのだと感じます。
    そもそもフェミたちが信仰してる概念こそが悪魔崇拝みたいなものですよね…

  • 初めまして。教育関係の仕事をしているものです。コロナ茶番の詳しい情報を知るために探っていたらこのブログに辿り着き、平塚正幸さんの存在を知りました。

    僕もロデム氏と同様、平塚正幸さんの弁才や洞察力に脱帽する一方で、勉強面で学生時代はどのような過ごされかたをしたのか、気にしておりました。

    現代日本のシステムに従い、大学受験時に学力のピークを合わせる生き方をしている人生を歩むのが大多数の日本人を一般人と仮定すると、一般人は、例外を除き、入学大学の偏差値と頭脳レベルは大体一致しております。

    例外を除きます。例外とは、経済的な理由で大学に行けなかった、芸術方面に進んだ、病気をした、家庭の事情で勉強する時間がなかったなどです。

    このことは、「のべ3,300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの対話」を経験し、多数の著作物を出版した千田琢哉http://www.senda-takuya.com/page10.htmlさんの本で学びました。彼の本は沢山読みましたが、今は図書館に寄付してしまったので、どこに載っているのか分かりませんが、確かに書いてありました。

    実際に僕の経験を振り返るとその通りだと思います。この法則は大多数の人に当てはまります。

    平塚正幸にはこの法則は当てはまりません。平塚正幸さんは、一般人ではありません。天才です。非常に頭の良い方ですが、学歴秀才ではありません。天才です。

    良くも悪くも歴史を大きく動かす天才は「学歴」という物差しで測ることができないのです。

    上のことは「北野唯我」さんの著作『天才を殺す凡人』を読んで学びました。平塚正幸を理解するのにピッタリの本だと思います。

    こちら北野唯我さんのブログです。本の内容が書いております。

    http://yuiga-k.hatenablog.com/entry/2018/02/23/113000

    平塚正幸さんは、天才的な頭脳を、学歴をつけるためという目的に利用しなかった(できなかった)からこそ、現代社会の若者が無意識に染まってしまった「フェミニズム」に、男性の立場で、この若さで、激しく非難しているのでしょうね。

    天才的な頭脳を、学歴を付けてエリートになるためではなく、大衆の味方にたって大衆の幸せの為に使って社会活動家になる、というのは、生まれたときから彼に天から与えられた使命である、と僕は考えています。

    僕も支持させて頂いております。

  • ご承認ありがとうございます。

    北野唯我さんの書かれた『これからの生き方。』という漫画を含んだ本

     https://u-note.me/note/64641 

    は、主人公の甥子の名前は「マー君」で
    漫画の中の文には「フラット」という言葉が出てきます。

    これを読んだ僕は、
    「マー君」は「平塚まさゆき」さんのことで
    「フラット」は「さゆふらっとまうんど」に
    起因するのでは、と推測しております。

    北野唯我さんは1987年生まれ。
    平塚正幸さんは1982年生まれ。

    おそらく北野唯我さんは、平津正幸さんをご存じでしょう。

    平津正幸さんも、相当な読書家なので、北野唯我さんの本を読んだことがあるのかもしれません。

    北野唯我さんは、「兵庫県西宮市で育ち、小学校低学年で阪神・淡路大震災に遭ったという経験の持ち主」のお方。

    https://www.lifehacker.jp/2020/08/book_to_read-594.html

    平塚正幸さんは、「東日本大震災でメディアの報道に疑問を持ったことがきっかけ」で、社会活動家を開始した方。

    https://tocana.jp/2020/08/post_167361_entry.html

    いつかお二人の対談を拝見したいものです。

  • 平塚さんの弁舌は素晴らしくて、私も最初はそこまで聴こうとは思っておらずyoutubeを開きましたが最後まで聴き入ってしまいました。
    だからこそ執拗なまでな嫌がらせと削除で、影響力を恐れている連中はいると思います。書き込みの嫌がらせもひどく、私のような遠方に住む人間は聴く機会を得ることは減りました。
    彼の言葉や主張が一人でも多くの人に届いてくれることを願います

  • 森喜朗氏に対して日本の恥や死ねなど、本当に日本人が言ってるの?と耳を疑いたくなるような品のない暴言を見ると、
    改めて日本から単に朝鮮人&シナ人を排除しただけでは日本に未来はないな、と考えさせられますね
    東朝鮮と言われるのだけは勘弁です

  • 森喜朗さんへの攻撃は酷いですよね。森喜朗さんは本物の国士だからこそ支配者層の手先であるメディアに攻撃されますね。

    https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/general/news/202102040000977.html

    「日本の国、まさに天皇を中心とする神の国であるということを、国民のみなさんにしっかりと承知していただく」
    の発言された時、ものすごく叩かれてました。確かに今の皇室は腐っていますが、昔は良い天皇もいたし、古代からある日本のや八百万の神を敬う心を大切にしようとすると、メディアは必要以上に叩きますね。

    「子どもを1人もつくらない女性が、自由を謳歌して楽しんで年取って、税金で面倒見なさいというのは本当はおかしい」
    の発言も、少子化問題解決の本質をついています。彼の言うことは正しいからこそ攻撃されたんですよね。

    「見事にひっくり返っちゃいましたね。あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね」
    の発言は、少し真央ちゃんが可哀相な気もします。けど僕は一度だけ真央ちゃんを見たくてアイスショーを観に行きました。競技の世界でよりもショーの世界の方が、真央ちゃん輝いているし生きやすいのでは、と感じました。彼女は連盟にもメディアにもいじめられていましたよね。もしかしたら森さんからの真央ちゃんへの「自分の生きやすい世界で幸せになりなさい」というメッセージだったかもしれないです。ま、これは考えすぎかもしれないですが。

    「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思う」
    の発言は正し過ぎますよね!言うまでもありません。

    今回の発言「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」も、まあご自分が経験したうえで感じた事実のうちの一つなのでしょう。
    この発言を女性がしたのなら、ここまでは叩きませんよね。

    必要以上に叩くのは
    【支配者層は我々大和民族を破壊させたい➡人口削減のためにフェミニズムを浸透させたい➡必要以上に女性オリンピック委員を増やしたい➡これを邪魔する奴はメディアが徹底的に悪者に仕立て上げる】という構図ですよね。

    このことはこのブログで何度も繰り返して教えていただき、大変ありがたいです。

    平塚正幸さんのブログここあたりに載っています 
    http://sayuflatmound.com/?p=37585
    「女性蔑視に見えるものには敏感に反応し、一方だけが問題化されている。」という表現が、まさにこのニュースに当てはまります。

    【ロデム様 森喜朗さん 平塚正幸さん 少子化問題を解決するには女性が一人当たり3人産んだらいいといった政治家か役人(すみません、調べたんですけ出てきません)・・・】 

    日本の少子化問題を解決しようと本質を付く発言をする人々は支配者層に脅威であるからメディアに攻撃されるということを、森喜朗さんを報じるニュースを見てよーく実感いたしました。

コメントする