日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

デタラメ見本人間ゴリ押しマンセーで人格破壊される日本人
~ 女性の低脳化で、カルト化する女性芸人やスポーツ選手等への崇拝

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.1.3)
浜崎あゆみ、極秘出産「昨年末に天使を産みママになりました」お相手の一般男性と結婚はせず 2020.1.3 スポーツ報知
歌手の浜崎あゆみ(41)が、2019年末に第1子を出産していたことが分かった。1日深夜に公式ファンクラブサイト「Team Ayu」で「私、昨年末に天使を産みママになりました」と明かした。関係者によると男の子で、相手は一般男性。結婚はしておらず、シングルマザーとして子育てと仕事を両立していくという。
19年は5月1日~8月18日に全国ツアーを行い、大みそかに東京・国立代々木第一体育館でカウントダウンライブを行っていた。ツアー中にはすでに妊娠していたことになる。
過去に2度の結婚生活を送ったが、子供はいなかった。2011年元日にオーストリア人俳優と米国で結婚証明書を取得も日本の役所に婚姻届を未提出のまま、12年1月に破局。13年12月12日には当時、医科大学院生だった米国人男性と婚約。米国で結婚証明書を取得した後、14年3月3日に都内で婚姻届を提出したが、16年9月に離婚していたことが明らかになった。その後、公に交際が報じられることはなかった。
今年は2月20日から予定通り全国ツアーを再開する。公式サイトでは「まだまだ思うように両立できずに自分にがっかりする日もたくさんありますが、ひとりの人間としての子供の人生や未来の為に、静かに見守っていてもらえると嬉しいです」と心境を告白。「自分の母親をはじめ、全てのお母さん達、改めて心から大大大リスペクトです! それでは、2020年も変わらず爆走して行きますので共によろしく」と、つづった。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
10代、20代の頃は普通に結婚したい思い持つ少女だったろうに。でもたぶんこの人はこれだけの名声あっても、まともな男は寄ってこないし、この年齢ではこうする以外に選択肢はなく、前からこんな風なこと起こるんじゃないかって気がしてました。ついこないだは男性遍歴をネタに本書いて一儲けしてましたし(更にプロデューサーで当時のAYUの恋人だった現 エイベックス会長 松浦勝人の方も離婚したってニュースがAYUの未婚の母ニュースに彩りを加えるように本日流れ・笑) 生まれた子の父親にとってもAYUと結婚するより普通の女性と結婚した方がまだ幸せになれる可能性も高いだろうし、逃げる方が得策です。生まれた子は父親がいないのに加え、父親が誰なのかさえわからない非常に過酷な環境に置かれようわけで、いずれ自意識が目覚める頃には自分中心に勝手に生きてきた母親 浜崎あゆみとの壮絶な確執を生みそうです。安藤美姫の時にも触れてますが「私は間違っていた」と後悔する未婚の母の話などコチラに書いてますが相当な試練が否応なく待ち受けてることでしょう。親のすべてのシワ寄せは子供に引き継がれる。そして女に離婚や未婚シングルマザー化推進する暗黒金融勢力の格好の隷属モデルとして支援され続け、フェミ族にも単なる広告塔として総力利用されるにすぎない存在であることにまるで気づいていない。この人は確かにおカネには全く困らないであろうが、いずれ大変苦労することになるのにこんなものに感化されて一般人がこんな選択したりしたら取り返しのつかないしっぺ返しをくらいます。いずれにしろ広告塔としてチヤホヤされ続け、もはやこの人が正常な感覚に戻れることはないでしょう。

芸能界を引退した山口百恵、その引き方は見事でした。けれど百恵ちゃんの子たちは芸能人やってるという。百恵ちゃんが芸能界から引いても、ダンナ(三浦友和)はそのまま芸能の世界で食ってるので、なんだかんだ言って子供たちをそんなところへやることに抵抗持たないのか…… でも息子たちに母親以上の天賦の才能や運があるとも思えない。本当に正常な判断力を持ってるなら子供にそんな世界へ進ませるべきではない。百恵ちゃんも自分がいくら芸能から身を引いても、結局これでは子供たちの人生はきっとメチャクチャになってしまうでしょう。今の芸能界なんて昔以上に朝鮮人が幅を利かしてるし、業界は人間のクズばかり、そんなところに隷属してカネを稼いていこうなんて正気の沙汰じゃない。クスリや女漬け(男漬け)にされて人格破壊でまともな人間ではなくなります。鬼畜 守銭奴による商業主義がはびこってるだけの、そもそも2000年初頭(2008年頃まで)にはもう完全に“終わってる業界”なんです。それに大体、芸能界なんかで幸せそうな人生を送れた人なんて日本に限らず世界を見渡してもメッタにいるものじゃない。富と名声、マスコミが囃し立て、いつもチヤホヤされるからそんな風に見えるだけで、カネがいくらあっても、マイケル・ジャクソンなんかわかりやすいでしょうが本人は決して幸せになってるわけではない。チヤホヤされても無視してプライバシーを明かさず質素な生活やってる人ならまだ可能性はある。「(子供が生まれて)ママになりましたー」なんて子供さえ金儲けに利用しようなんて下心あるから今度は子供まで巻き込んでいっそう辛い運命を迎えることになるわけです。
“ママになった”のを利用するのもよくないし、女が付き合ってきた男について武勇伝のように自慢するのもかえって女としての自分を貶めることになります(それネタに本出すなんて尚更)。若い女性はそういう、男を知ったかぶり勘違い年増女に感化されて自らも勘違い女にならないよう気をつけてください。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.9.18)
私が若い頃は女性歌手の人気なんてのは、それこそ花のように短くて、誰もがそれを当たり前に受け止めていました。そしてキレイどころの女性タレントに熱心になるのは概ね男性だったはずですが、松田聖子の頃あたりからか、なぜか女性芸人たちをいつまでも熱烈に支持する女性たちというのが出てき始め、安室奈美恵や浜崎あゆみ等にいたっては今もファンなんて言ってる人というのはほとんどが女性なのではないでしょうか。

現代日本で模範として持ち上げられてる人々というのは、スポーツ選手や実業界やタレントとして成功したような人ばかり。そのような極めてごく一部の人しか成りえない非現実的な偶像を、目標とすべき成功者、ひいては最高の人格者であるかのよう誇大にその人柄やその人の人生が描かれたりしています。マスコミと一般ファン装うプロ仕込みパフォーマー使っての安室奈美恵引退狂騒、筋は必死ですね。しかしそんな人を憧れの的にしたり、まして人間としての目標にしようなんてことほど愚かしいことはない。だいたいが離婚歴あったりずっと独身だとか、そんな女性芸人ばかりをマスコミは総力上げて持ち上げミスリードする。まるで独身女性やシンママの星であるかのよう、自分の身と同一であるかのように、狂信的に身を入れてるような人も多い。「私がツラくともこの人がいるから」って……そんなイメージで嵌ってるわけですよね。音楽にしろ何にしろレベルの低いものに取り囲まれ、そんなモノしか知らず、本当にいいものがわからなくなってるからそうなってしまうのでしょう。男よりも女は大概つるんでいくので、そういう女が集まった場ほど有害な環境もない。であれば女には、ある特定の友達というもの自体が大切な将来を阻む有害なものになりかねない。結婚して子を産んで自ら育てることほど女にとって崇高な生き方、幸せはないのに。
私はいろんなミュージシャンが好きですが、アムラー(笑)とかのように、そんな風に人生の見本や憧れの対象にすべき人なんてのは一人もいません。その人の中にある好きな曲を聴いたりしてるだけです。昔の美空ひばりとかも女性ファンは多かったのだと思いますが、だからといって応援するのにヒバラーなんて称して美空ひばりを人生の師のように仰ぐ女性なんて皆無だったわけです。
子供にせがまれて、今度ポール・マッカートニーの公演に高いカネを払っていきますが、安室だの浜崎だのを熱心に応援する、おかしな女性たちのように何か狂信的に応援するような思いなんてまるでありません。ポールの若い頃を知ってれば年老いたポールなんて今さら見たくないというのが私の本音だし、それでも本物のポールを見れる期間はもうすごく限られていて、子供にとってもあのビートルズの一員だったポールが生きてるうちに見れたというのは、生涯の思い出にもなり得るだろうと思って、連れてくわけです。
今のコンサート会場内の風景って完全にカルト宗教団体と同じですよね。昔はもっと自由に見て、自由な態度でいられた。昔のライブ会場は本当に自由な空間だったって、昔のビデオとか見ればひしひしと伝わってきます。余談ですが私はペンライトなどを手に持って、今のみんな一緒に手を振ったりするのなんか大嫌いです。とにかく今の人気タレント(?)なんてされてる連中のコンサートなんて行きたくない。ある種の品の良さ(?)を残しての破壊的なものならまだ面白いところもあるかもしれない(笑)

戦前の修身教育で見本人間的に取り上げられてたものに、今のスポーツ選手や実業界やタレントのような人々というのは一人もと言っていいほど出てきません。地に足つけて、誰もが出来るような見本を示してただけです。日本はもう、すべてがデタラメなんです。マスコミはもちろん教育も、今流行りの芸能、音楽、TVも、ファッションから本までも。流行ってるとされるデザインや化粧の仕方からヘアスタイルまでも、わざと低レベルで安い仕込みで、それが流行るとどっかがボロ儲けできるようなシステムが既に組まれてる。本当にひどい状況です。流されるニュース、情報もほとんどがカス情報、見る聴くに堪えないものばかり。それらに振り回されながら、日本人はどんどん暗愚になっていきます。猛勉強して、難関の学校に通い、大手企業や役人に就いて、たとえカネにはあまり困らなくなっても生涯暗愚の道が保障されてるのです。子供たちに残される有意義なものは何一つありません。その親が残せるのは金や家や多少高価な品々、残せるのはモノだけで、人として、日本にとって本当に必要な将来を背負えるような人間というのはまるで育てることが出来ません。そんな中でも最近、私は子供に曜日・時間を限ってパソコンでネットを見れる環境を与え(セキュリティはそれなりに設定して)、時に子供に寄り添ってあれこれ言いながら育ててます。私からすれば、子供にスマホ等を一人で好き勝手見させるなんてのは論外、でも子供の周りは、既にほとんどがそんな子ばかりです。

ポール・マッカートニー&ウイングス Maybe I’m Amazed~
Paul McCartney – Rockshow Concert Live ,1976

ナンチャラ研究所がすべての曲を作ってたので、ビートルズメンバーは曲を作らず演奏すらやってなかったとか、デタラメ陰謀説を撒き散らしてるクズサイトとそれを真に受ける無知で暗愚な人たち。このポールのエネルギー見たら、そんなこと言えるはずないこと、一目でわかります。どう見てもポールは天才ですよ。(詳しくは右画像クリック)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆ゴミを何十億円も出して買うバカ ~ デタラメ、醜悪作品を大傑作として持ち上げて売りつける悪徳商人、それを買うパッパラパー金持ち

◆短信 保守派へのネット弾圧が激しいですが

◆日本人弾圧のための「ヘイト」規制で、在日天国、朝鮮人王国の神奈川県 ~ 川崎の保守系集会を妨害する無法者を野放し、神奈川県警のクズぶり!

◆「母はハリウッドに殺された!」 ~ 何でも周りのせいの左翼脳とは

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 ~ 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆“なでしこジャパン” に精神侵略を感じ取れる人って、どれだけいますかね?

◆1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね

◆ビリー・ジョエル オネスティ(Honesty) ピアノ弾き語り(12歳)

◆アバズレ主婦増産のため、左翼マスコミからの贈り物

◆日本の繁栄を信じて、ふるい立った英霊たちの思いにつながりましょう ~ 貴方も英霊たちの本当の仲間になるために

◆日本人の歴史の血と骨であった仇討ちについて真剣に考えてみよう

◆くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人

◆日本女性の魅力を引き出す、着物での美しい所作、歩き方 ~ 映画『忠臣蔵』より

◆昨年の国内旅行から ~ 奈良、京都、宮島、姫路、萩……

◆幼い子には、やっぱりお母さんの子守歌を毎晩、聴かせてあげましょうね!

トップ | 保守系 子育て 教育 | permalink | comments(6) |

この記事に対するコメント

  • 【前サイトURLのこの記事へのコメント】

    私はずっとテレビっ子だったので知らず識らずのうちに洗脳されていたのだとおもいます。おっしゃるようにテレビで英雄視される特に女性像は一人で子がなく自立した女性か、離婚して子供を孤軍奮闘して育てる女性。良妻賢母なぞ今や日陰者です。このようなことでは少子化は必然です。それに気づいたのが齢50に届いてからという、私も相当洗脳がキツく、愚かであったなと。ロデム様のブログ無くばさらに愚かなまま齢をかさねていたことでしょう。
    ゆるゆる | 2018/09/18 8:24 PM

  • 平成元年にあったアイドルのアニメでペンライトあったことを思い出して、ペンライトの成り立ちを調べてみたら、

    コンサートで「ペンライト」を振るようになった最初のきっかけは、1974年、西城秀樹さんの大阪球場でのコンサート。最初は懐中電灯だった。 pic.twitter.com/Gz5KZQV7q1

    と出てきました。
    結構前からあるんですね。

  • 全盛期ならともかく
    もはや浜崎あゆみに嫌悪感しか湧かないですね
    コイツは自分の下僕になりそうな年下男にばっかり走って本当に気持ち悪い
    ママタレ(笑)もそうだけどテメェ自身のガキを利用して売名すんなって思います
    男を一切立てないようなクソフェミ思想のキチガイババア共に何故ホイホイと年下オスが付いていくのか理解出来ない
    結局相手の金に集ってヤリまくり終いには暴力で破滅するバカしかいなくなったって事なのでしょう
    世も末だ
    こんな腐れ弱カスなヤリチンオスと品性下劣クソビッチババアを見たら偉大な先人達は怒るだろう
    若しくは嘲笑うか泣くだろうな
    酷い時代だまったく

  • あゆは生い立ちや歌手デビューの経緯からしてまともなものではありません。

    祖父母が朝鮮半島から移住してきた移民で、幼少期は極貧でかつ相当な差別を受けてきたらしく、父親は失踪したきり戻らずに、母親が女手一つであゆを育てたそうです。
    しかしこの母親もまともではなく、あゆの学生時代の交際相手と再婚していたりしますからね。

    歌手をやる前は女優をやっていましたが、顔がきれいな女優なら他にもいますし、演技もお世辞にもうまいとは思えないもので、結局素行不良でサンミュージックを解雇されてエイベックスに移籍しています。なので、どれだけ落ちぶれても安室奈美恵のような引退の道も考えてはいないでしょう。

    特に初期の歌詞を見ると過去の相当なコンプレックスがわかりますし、自己顕示欲もかなり強いですから、若い頃しか売れなさそうだな。と思ってはいました。
    まあ、それを過去(全盛期)にネットで書き込んだら相当な反発をくらいましたが、その当時のファンは今のあゆを見て何を思うのやら。

  • 自分も芸能界という商売自体、もはや不要だと思います。
    娯楽に乏しかった昔ならまだしも、今やネットをうまく活用できれば、世界中の人に配信ができますからね。

    オリンピックを控えて家電業界が「4K」とか銘打ってテレビを売るのに必死ですが、なかなか売り上げは芳しくないようです。
    それもそのはす、好きな時間に好きなものを見るという選択ができないですし、コンテンツそのものも劣化する一方ですから。
    最近は録画でも番組を見るのに邪魔なCMを飛ばせなかったりしますからね。

    なお、テレビが行うリサーチで、たまに事実と異なる結果を出して、あたかもそれが事実であるように報道するのは、テレビは企業からの広告収入を第一に考えるために、視聴率を上げるような放送の仕方や、番組の設計を行うからです。
    とはいえ、かなり前に「笑っていいとも」で全年代にキムチ鍋が一番人気という結果に対して、タモリが「ないない」と言ったシーンを見て、自分もタモリに同感だと思いましたが。

    しかし、ネットではそういう歪んだ情報やパクリは淘汰されていきますから、テレビが衰退していけば健全な方向に向かっていくかな?と少し期待をしています。

  • 芸能人ではなくて「遊芸稼ぎ人」と呼び方を元に戻した方がいいですね!

    故・淡谷のり子さんの著書で読みましたが、昭和初期、役所に行って遊芸稼ぎ人の鑑札を受ければ納税を免除されたそうです。最初オペラ歌手を目指していた淡谷さんは実家が没落しお金がなくなり腹を切る思いで流行歌手となり遊芸稼ぎ人の鑑札を貰いに行ったそうです。流行歌手の道を選んだことで音楽学校の卒業名簿からも除籍され、まあ言ってしまえば淡谷さんは当時最先端のアバズレだったわけですが、やはり日本人の女としてのあるべき姿を知っていてあえてヒールの道を行くのと、現代の自分たちが絶対的に正しいと思い込んでいるフェミサヨアバズレたちとは格が全く違いますね。

    淡谷さんが恋愛について尋ねられたインタビューで「私はみなさんが思っているよりずっと身持ちが固いんですよ。なんせ明治の女ですからね」と答えているのですが、この一言がたまらなく好きです!

    もし子どもに芸能界やスポーツ界について聞かれたら、、

    ・テレビに出て有名になれるのは全身に整形手術を施した朝鮮人だけ。それが基本。
    ・整形手術には一般人が思いもつかないような様々な部位への様々な技術がありそれは悪魔との契約と言えること
    ・どんな純粋そうな女優でも芸能界に入るとまず胸に水風船を入れられ水着姿になり気持ち悪いオヤジたちを喜ばせていること
    ・芸能界に入ったならたとえ小さな子どもでも男でも気持ち悪いオヤジたちを喜ばせないといけないのは同じであること
    ・中年のオヤジでもお笑い芸人でもテレビに出ている連中はよく見ると全員整形していること
    ・日本人でも整形手術をすれば芸能界に入れるが朝鮮人に魂を売らないといけないこと
    ・芸能人が歳を取らないのは定期的なメンテナンス=再整形手術の所為。どんなに高い化粧品を使っても無駄。一般人が安易に整形手術に手を染めると、再手術をし続けられないため急速に見た目が劣化していくこと

    これらをしっかり教えてあげたいと思います♪

コメントする