日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

さよなら“政治”。 民主主義を掲げる奴を信用するな!
~ “民主主義”による選挙とは、「こんなクズしかいないけど、こんなかから選んでね」というのが本質的な正体

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.6.25)
“民主主義”による選挙とは「こんなクズしかいないけど、こんなかから選んでね」、政治家の本質とは「おまえらには年に一万円ぐらい配ってやる、だからオレたちは一億円/年ぐらいもらっておくからな。」、そんな実現のためやってるだけ。

今の日本人口を一億人で考えれば、一人一万円とすれば国民に配る総額は一兆円です。ただし、これは平均一万円というだけで、すべての人に配るわけではなく、子育て支援とかそういう配るにもっともらしい理由をつけて支持を得られやすそうなところに配るわけです。そして核となる国会議員(現在約700人)を利用してその界隈に群がる中心になる利権層が一万人ぐらいいるとすれば、その一万人に各々一億円配分されるための金額は同じく総額で1兆円ほどになります。つまり確実に必要な原資を約2兆円として、それをオモテとウラに見せつけてブラさげながら、本当の目的をうまく実現するため、いろんな人を黙り込ませるため、さらにアチコチに小ガネをバラ撒きまくって、それをうまく自分たちにも回ってくるように全体で50兆円ぐらいの国家予算を組んで、結局、何がなんだかわからないようにして回し続けてるというのが今の政治というものの実体、本質です。

政治というのはとっても簡単、シンプルなんです。実際の金額は一兆円ではなく違う数字でやってるでしょうが、およそこういう計算さえ出来れば・・・そんな計算ばかりしょっちゅうやりながら現実の政治とは進められているんです。現代の政治とはその実現、永年継続のためやっていて、そんな計算を上手にこなしていける奴だけがいつまでもやっていけるのです。各々の政治家にとってカネづるになる利権者にうまくおカネを配り続けるため、「子育てに優しい社会を!」「女性・外国人・同和部落差別なくそう!」「身障者差別をなくせ!バリアフリー推進」「○○慰霊しよう!」「被災者救え!」「拉致被害者奪還!」「北方領土返還させよう!」等、アレコレともっともらしい理屈をこねて、中には純粋にそういう目的があると信じてそういう活動するつもりで一緒になって参加する人も多いのでしょうが、いろんな政策が下され、予算が配されて、どんな風にお金が回るかはいくつかのパターンがあると思いますが、付託された予算から政治家に取り巻く権益層がお金をサーッと持っていくシステムが構築されてるわけです。政治なんて、とっても単純なんですよ。政治学なんて如何にそれをゴマかして大衆扇動できるかを知るためのものにすぎません。そういう権益にあずかってる人がまずはそういう政治家を必死に応援して支援者となって、マスコミに限らずネット上でもさまざまな工作を仕掛けてくるわけです。オモテに出てくる批判合戦は、そういう利権をいろんな筋が奪い合おうとしてるものが表れてるにすぎません。

政治家なんてのは、「アッ、こりゃいいな。カネになりそうだ」と思うものがあると、サーッと食いついてすみやかに実行して、予算を配して、各政治家・政党にお金が入ってくるようシステムを組んで、それを次々実行しながら回転させてるだけにすぎません。「これからは女性の権利がカネになりそうだから、セクハラだー。ほら、騒げー!」「DVだー」、「児童虐待だー」「ホレ、いじめだー!」「次は子供の権利だ―!」、「パワハラだ、マタハラだー」、今度は「LGBT 同性愛者差別するなー!」、とにかくカネになりそうなものを問題化させて予算を組んでカッさらっていく、そんなアコギなシステムで延々とカネを収奪し続けてるのが政治というものなんです。皆、上っ面ではキレイなことばかり言ってますが、そんな裏の流れに逆らったり邪魔する者には容赦なく恐ろしいほどの圧力が加わるんです。「少子化対策」なんて言いながら、実際に子供が増えると困るから「子供を産みましょう」と言っただけで、そんな政治家はブッ潰されるわけです。子供が本当に増えたら少子化対策費は要らなくなるし、そうなるのは困るから「子供を産もう」発言する者をこれだけ露骨に叩きまくるわけです。名目では「少子化対策」なんて称してますが、実の目的は人口を減らす、子供を減らし続けるための予算であり、それによる権益層の莫大な利権の源泉であるにすぎません。
そのようなシステムプログラムを増やし続けて更なる利権拡大がなされ、そいつらの資金源が着実に確保されてる中で更に増大し続けていくわけです。国レベルであれ、地方自治体レベルであれ、実際に政治が動いてる本質というのはどこもそんなもの、同じなんです。それに気づけばもう政治なんかに関心持つこと自体バカバカしいこと、この上なくなります。築いてきた既得権益を守るため、新たな権益獲得のため、政治家はいろんなもっともらしい理屈、政策を掲げながら、一票をもらうためいろんなこと言います。政治信条、信念を持ってるつもりの人もいるでしょうが、そんなものは関係ありません。信念持ってると言いながら、そんな信条関係なく、政党の上で決定が出ればそれに従うのが政治家です。その辺の保守系政治家として(ネトウヨ?安倍親衛隊?に)持ち上げられてる連中だって皆そうじゃないですか。まったく信用おけない連中です。そういう流れにうまく乗っかっていける政治家だけが生き残っていけます。どんな結果になろうと責任なんてとらないし、自分の意向が通らないからと、かつての西郷さんや江藤新平らのように下野して、政府に反旗まで翻して命がけで武士の矜持を保とうとするような政治家なんてもういないんです。闇勢力から狙われることを覚悟で良心に基づく命がけの政策断行するような政治家ももういません。

そういう利権が存在し、自分が所属する組織(政党)は本来、そういう利権を守るため存在してることに気づいておらず、個人的に勝手なこと言ったりすれば、如何にそれが正しく、利権にまみれない無垢な精神から発せられる清らかな主張だったとしても、丸山穂高(ほだか)議員のようにはじきとばされるのです。維新の党をクビにされ、野党のみならず、安倍ら与党、自民党まで一緒になって執拗に個人議員いじめを平然とやる見るに堪えない社会、これは完全に容赦ない子供のいじめの世界とおんなじです。人への思いやりがまるで感ぜられません。本音は丸山議員に自殺させたいのでしょう。よくあそこまで非情なことが出来るものです。こんな恥知らずなことやって……維新に限らず、安倍や自公政権の本質が見えたでしょう? あの、ひとでなしども

「少子化対策だ!人口増やそう」と言いながら、子供を3人産みましょうと言っただけで袋叩きにされ、「北方領土を取り戻そう」と言いながら「死ぬ気で取り返そう」と言ったら袋叩きにされる…… 本当は上っ面の目標、実現させる気なんてサラサラないんです。実現しようとするフリして予算もらってそれをうまく使い込み続けたいだけなんです。実現したら使えるおカネがなくなってしまうんです。日航123便墜落で有名になった群馬県上野村というところ、元々は村民たちも純粋に事故による死亡者や遺族のため毎年慰霊行事をやってたのが、結局そのため大きな予算が毎年舞い込んでくることになって、本来あった目的に関係なく、今ではそれで得られる予算がないと村が立ちいけなくなっていて、完全にそんなシステムに依存するようになってしまってるわけです。北方領土問題も同じで、最初は純粋に良心から領土返還を願ってる者が中にはいたとしても、今回、安倍に三千億円なんて組まれた予算で一度味をしめる者が出たら、もう領土返還なんてどうだってよくなるわけです。毎年、予算もらってカネさえ入ってくるようになった方がよっぽどいいんです。逆に領土返還されてしまうと予算が降りなくなるのでかえって困るわけです。米軍基地問題だって、辺野古移転に反対だと必死になって騒いでる連中は今の場所にある米軍基地の利権者層であり、米軍基地移転に反対してる知事や市長というのも実は今ある米軍利権者側の走狗なんです。「米軍反対!出てけ!」なんてのはカムフラージュで、一件、相反することやろうとしてるように見える自民党と共産党も根っこを辿ればスポンサーは同じなんです。

「政治に関心持とう」だの、「投票しろ」だの、ホント馬鹿馬鹿しいことです。いつまでもそんなこと言う偽善の民主主義を維持させるための工作員も多いですが、未だに民主主義なんかに幻想持ち続けてる洗脳された民衆。大きなマスコミを動かせる力持ってる人なら少しは影響力持てるかもしれませんが、大体、その辺の無力な人の一票なんかで政治が変わるはずなんてありません。変わるわけないでしょう? 民主主義はもう腐敗しきってます。世界も日本も終わるでしょう。日本における「女性が輝こう!」と同じように、どっかでよく見かけてると思いますが、世界的に「We are Girl!」なんて言って、「子供を産むより恋愛たくさんして人生を楽しもう!」なんて洗脳して世界中の女を少女の頃からパッパラパーにして、好き勝手に生きていかせ、闇の権力層は世界中の人口削減させる気満々です。資源枯渇、資源が奪われることに脅えてる風でもあります。レジ袋有料化なんてホントくだらないことですが、それだけ奴らはレジ袋で無駄に資源が使われてるとしてナーバスになってるということです。婦人参政権はそのため下され、力でやろうとする男を押さえつけるため、洗脳されやすい女が徹底的に利用されてます。今の学校はそのためにあります。加えて、元々まともな価値観を保持するためあった、千年以上続いてきてる宗教だって変質させられてきてます。

そんなこんなで……断言できますが、今後の日本人の半分以上は子供も持てずに終わります。団塊ジュニア世代以降の世代はすでにそうなってるんです。うちの子の今の学校の父兄たちも、その周り、同世代の半分はもう既に子供がいないというのが実態なんです。出生率という指標しか見ないとなかなか気づけないでしょうが、日本の年齢別人口構成を見れば、もうそれは明らかなんです。恐ろしい勢いで日本の人口は減少していきます。
でも周りが終わっても、自分の家族だけは終わらせない、何とか子孫を残させ生き残らせたい、そういう人のため私はここをやり続けてます。絶望の中にも希望を見ることは出来ます。子供がいる方は毎日、世話するのが大変であっても、子供を見てるだけで救われてる方は多いでしょう。子供たちにもいつかわかってもらえる日が来ると信じて、望みをつなぎ続けていきましょう。

省庁事務次官のようなスーパーエリート官僚による実子殺し事件とか見てればおわかりでしょうが、権力者側とか上級国民だとか思われてる人たちの実態も決して安心できる状況、安泰ではないんです。そんな“上級国民”たちもほとんどが気づかないまま、「どうしてこんなことに……」と手遅れになってしまうわけです。フジTV系列の関西テレビ役員の息子までもが警官を刺して拳銃強奪犯になるような現代、どれも一見、雲の上のような人の家庭、しかしこれが、そこの子や親たちの現実なんですよ。もう日本は上から下まで腐りきってるんです。人を殺したり刺したりとか、そこまでやれば事件になって騒がれますが、そんな事件が起きてオモテ沙汰になったりしてない、実際はその千倍、何万倍もの家、それら家族はもう病んでしまってるのです。いわゆる将来のエリートが集まると思われてる学校のうちの子の周りを見てても、私の目に見える行く末は危なそうところばかりです。親もきっとすごい家の人が多い、政治家の子息もいます、財界の御曹司もいる。ママ同士の交流、活動も熱心にやってるような人も多いし、一見、評判よさそうなママがたくさんいますが、子供との接し方は、はたしてどうなんでしょうか。外ヅラだけよくて、実は子供にはおカネをかけることはあっても自ら手間ヒマかけての子育てはやってなかったりとか、「うちの母ちゃん外ヅラはいいけど…」と、実は子供からもあんまりよく思われてないとか、そんなところも実は多いかもしれない。あの子殺しエリート官僚である父親犯人夫婦だって、周りから普通に評判いい夫婦だと言われてたようだけど…… 誰もが羨むような、ハイパーエリートの家でも、結局、子供を殺すしかなくなるほどに追い込まれて……そんな状況のところがあるわけです。それでも本当に殺してしまうようなところは実際にそういう危機にある家のごく一部にすぎません。殺すほどの気概や責任感まで持ってる父親はある部分、立派と言えなくもないけど、そこまでやるなら、子供だけを殺すのでなく、そんな子に育ててしまった己の責任とるためにも、自らも自決するべきです。大塩平八郎も最後は、自決を嫌がる子供と一緒に自決したんです。それより、そんなことより……子を殺した父親ばかりが注目されますが、そもそも母親の方はいったい何をやってたのでしょう。どんな育て方をしてたのでしょうか。拳銃強奪のTV局役員の息子だってほとんど母親と二人で暮らしてたそうじゃないですか。

だから重要なことは、家族を殺さなくても、家族が事件を起こさなくても終わってるような家が実はゴロゴロあるんです。そんなところがさらにこれから増えていくんです。そもそもまともな女と言うのがほとんどいなくなってきてます。婚活サイトなんてクソ女とクソ男で溢れかえってます。これだけまともな女が少ないと、エリート男ですらまっとうな女性を選ぶことは難しいはずです。大金持ち、いわゆる今のセレブ層の家だって、キレイに着飾っていてもアケスケで女らしさなんてまるでない、慎ましさの欠片もない野獣みたいな女ばかり。そんな中で男性がまともな女を勝ち取るためには男としての魅力を磨いておくしかない。そしてまともな女性が少なくとも、洗脳された女性の洗脳を解き得る威力を持った者になっておくこと。そのヒントがこのサイトにはたくさんあるでしょう。
いわゆるエリートでもなんでもない、貧乏な人だって、だから貴方だって、貴方の子だって、勝てるチャンスは十分あります。ささやかな幸せさえ得られれば、政治家だの芸能人だののろくでなしに取り囲まれた著名人や、エリート企業やエリート役人たちに、人生において勝つことは出来るんです。

鉄の意志を持つしかない。だから私はスマホを持たないし、子供にゲーム機やスマホだって持たせません。とにかく私は、今では大勢になってしまった、電車でダラダラとスマホ見てたりゲームばっかりやってる連中に溢れてる状況が不愉快極まりないし、そういうの見ながらダラしなく股開いて座ってるような女も見るに耐えません。自分の子孫がそんな風になってしまわないよう、最大限配慮しながら信念を通すしかない。

人生が二度あれば – 井上陽水 (詳しくは右画像クリック)
「井上陽水」としての事実上のデビュー曲だそうです。団塊世代はサイテーだ。なんで子供を育てあげた母親、父親をここまで見下してひどく言うのか…… 地に足つかずチャラチャラ生きていくことをカッコいいと勘違いしてる団塊世代(知識人)の感性の主流を見たように感じます。だから陽水の歌詞はどれもチャラいんです。歌がうまく、メロディいいものがあっても。この曲は特にひどい歌詞で、必死に子供を育て上げた母親をこんな風に見てることに怒りを覚えます。こんな発想で両親を見るようなこの人たちは狂ってます。全く同じ世代のオフコースの小田さんとかとはエラい違いです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆こんな時代だからこそ、ゆるぎない愛情もって子供を育てるしかありません! 子供にとって今という時間は今しかないんです!

◆丸山穂高議員の「北方領土は戦争して取り返すしかない」発言問題について ~ 北方領土問題もそれに取り巻いてるのは利権に群がるエセ島民ばかり

◆勲章エリート役人上がり老害 飯塚幸三による池袋母子轢き殺し事件。妻子を無残に殺され、残されたご主人は、ぜひ行政訴訟を起こしてくださいませ。

◆政治家は選挙に通ることしか考えてない人間のクズ、変態の集まり!~ 自民党も性的指向の多様性目指して政治活動やるって、ふざけんじゃねえよ!

◆滅びゆく日本。ついに幼保無償化 ~ これで子供すら育てることの出来ない女(人間)ばかりになっていく

◆韓国、朝鮮人の諜報ツール、日本人奴隷化、支配のためのLINE

◆水道民営化の恐怖 ~ 重要なインフラの国営を守った明治政府

◆デタラメ見本人間ゴリ押しマンセーで人格破壊される日本人 ~ 女性の低脳化で、カルト化する女性芸人やスポーツ選手等への崇拝

◆幼児期に触れるものによって、音痴にも醜悪な美的センスにもなりうる

◆くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人

◆男に男らしさ、女に女らしさを求めるのは当たり前 ~ “あやまんJAPAN”に見る日本女性のイメージ崩壊

◆要するにアリの世界 ~ 男女共同参画だの左翼の社会ってのは

◆反日日本人の中核 左翼団塊エリートに支配される日本 ~ マスコミと全共闘世代の暴走 ~ 未だ革命思想を持つ大人コドモ

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑫ 大化の新政

◆日本には「安倍ヤメロ!キチガイ教」か、「安倍さんスゴイ!カルト自民真理教」の選択肢しかない。

トップ | 日本の知られざる社会・経済事情 | permalink | comments(8) |

この記事に対するコメント

  • ホント今のクソ政治屋は一切信用できませんよね
    つまんねー事で国会開いてガキの痴話喧嘩レベルの罵り合い
    挙げ句の果てに国民が納得どころか存在すら知らない法律が勝手に出来上がってる(それも法律作った奴等だけがいい思いできるような)
    女・子供・余所者をVIP待遇するクセに自国の男は過酷な環境の中で死ねと言わんばかりの風潮
    ふざけんなの一言
    こんなクズ議員・クズ官僚は打ち首だ!
    日本良くしたいならまず戦前の古き良きの男女関係に戻して教育方針をゼロから見直せって話
    女の議員がやった事で記憶にあるのは
    ・子供の「供」を「ども」にしろ
    ・便所は「便女」を連想させるから「トイレ」と言え
    ・男女平等=女だけが得する環境だ
    ・子供を殴るな=「悪い事やっても甘やかせ」
    ……何だそりゃ(笑)
    毎度ながらこのブログがある意味日本の最後の良心だと勝手に思い込んでます

  • 今回の投稿、いつにも増してロデムさんの強烈なエネルギーを感じました。

    エドマンドバークは、上流階級が持つ名誉が、堕落した政治や放縦を止める抑止力になる、と言いました。今の日本の政治家どもには上流階級、エリート階級なんて一人もいませんね(田母神さんくらい)。

    スマホ、怖いです。電車の中ではいつも本を読むようにしてます。もちろんラノベとか漫画とか現代小説みたいな低俗なもんじゃなくて古典です。なぜ読むか?日本語が美しい(外国の本を読むときはなるべく古い翻訳のものを選ぶのが僕のポリシーです)し、表現も巧みですから。真性の保守主義に基づいて書かれた本は、読んでいるだけで本の中身が自分に流れ込み、すこぶる気持ちが良くなります笑

    更新をいつも楽しみに待っています。ロデムさんもお疲れの出ないようになさってください。

  • とうとう娘たちのクラスも学級崩壊6年目。とうとう今年度担任の先生も精神的に追い詰められ学校に来れなくなってしまいました。
    学級崩壊の原因は明らかに、子供たちが上下関係、師弟関係を理解していないこと。
    自分たちが先生と同等だと思っているので先生にはクラスを統制できません。
    私が小学1、2年生の頃は古い校舎だったので教壇もあり子供ながらに先生の立ち位置が自分たちより上なのは目に見えて分かった。
    子供同士は呼び捨てで、先生はさん付けで子供たちに話しかける今、先生は口頭でしか注意もできず、罰を与えることも許されない。
    いったいどうやって自分の権力を示せるのでしょう。
    唯一、比較的子供たちが落ち着いていたのが昔ながらの悪ガキには拳骨を食らわせる先生が担任の時でした。
    自分の子にさえ体罰を与えられなくなる今後、さらに世の中はひどくなっていくのでしょう。
    私もクラスでただ一人ガラケーでラインもしていないため、周りの保護者(保母や看護婦のように父兄も禁句なのですかね?)から一人だけ連絡を取りにくいからスマホにしてほしい言われ続けてます。
    迷惑だと言われるの強い非難に代わるのも時間の問題でしょうから今後どうすれば良いか本当に困ってます。

  • ロデム様 初めてコメント致します。どうぞよろしくお願いします。2年前よりブログを拝見しており、勉強させてもらっています。 これからも陰ながら応援させて頂きます。

  • 本当に、そうですよ! 「人権」を振りかざす連中は、クズばかり! 政治家やマスゴミも最悪ですが、「人権」連中は鬼畜レベル! 利権を抽出させては予算【血税】でボロ儲け、デモしたり言う権利を独占してやりたい言いたい放題、そして俺達の問題はお前達のせいになれ! こいつらは責任を取らなくて良いどころか、罪にも問われない! 【人権無罪】、最悪です!
    他に、パレスチナ問題関係者だって、ナチスやホロコーストの利権に群がる奴等ばかり! パレスチナの人達の事を、何とも思っていません! パレスチナ問題が無くなったら、予算は無くなるし、偽ユダヤ国際金融と癒着している事がバレ、やりたい放題が出来なくなってしまう! チベットやウイグルに関わらない左翼は、パレスチナ問題に群がる!
    ロデムさん、ホロコーストやパレスチナ問題についても記述して下さい!

  • もう少しで選挙ですが、本当に今の選挙はAKB総選挙(笑)と大差ないように思えます。

    ワケわからんタレント議員が当選しているのを見ると、余計にそう感じます。

  • 選挙行ったら割引してくれる選挙割(例えば、選挙行ったらタピオカが半額になったりなどなど)

    これを聞くと、ついに選挙もここまで堕落したかという感じです。
    まるで、贖宥状を金銭で売買するまでに堕落した(宗教改革起こされる直前の)カトリックのように

    そんなんでなく、どっち向いても闇の世界支配の傀儡ばかりで国益のこと考える国士がいないとからじゃないの…

コメントする