日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

コロナ馬鹿騒ぎは国民を苦しめて国民の生活と業務を強権的に弾圧する共産主義的な統制社会に向かうための人間家畜化飼いならしの予行

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2020.6.14)
新型コロナウイルスというネーミングに騙されていませんか?
大橋 眞(まこと) 医学博士/徳島大学名誉教授

(専門は感染症、免疫学。マラリア・住血吸虫症などの感染症をモデルとした免疫病理学や診断法開発、自己免疫疾患に対するワクチン研究を専門としながら、市民参加の対話型大学教養教育モデルを研究してきた。開発途上国における医療の課題解決にも取り組んでいる)

『コロナ騒動の主な要因として、新型コロナウイルスの本態が掴めていないということがある。新型コロナウイルスに関する情報は、新型コロナウイルスのゲノム遺伝子を、世界で初めて発表した中国の論文(Nature 579:265, 2020)に始まる。
しかしながら、この論文では新型コロナウイルスを分離したわけではなく、肺の抽出液という多様な微生物や、体細胞に由来する遺伝子の混合物から直接ショットガンという方法で3万塩基対近くのゲノム遺伝子を決めるという方法である。
はたして、このような方法で決定した遺伝子配列に問題はないのだろうか。これに関しては十分な検証はなされていない。それに関わらず、この配列を全面的に信頼する形で、PCR反応を行い新型コロナウイルスの診断に用いているわけである。
そもそもコロナウイルスは、私たちの体の中だけでなく、動物の体内などにも無数といっても良いほど存在している。よほど病原性が強いとか、特別の理由がない限り、これまで注目されてこなかっただけである。新型コロナウイルスの診断に用いているPCR検査は、このような身の回りにありふれたコロナウイルスの遺伝子を検出することはないのだろうか。これに関して、何の情報もない。だれも調べていないのである。

新しいとされる病原体の検出するための検査法の確立には、既存の微生物と鑑別ができるのかということが必須である。鑑別出来ない検査法であれば、その点を細心の注意を払って使うことはあるが、今回の場合は、鑑別ができるのかという情報すらないのである。
病原微生物の検査法の必須条件である鑑別診断ができるのかという情報がないままに、PCR検査が広く行われつつあるのは、一体何を意味するのであろうか。なぜこのようなことが起こっているのであろうか?その一因として、「新型」というネーミングにあると思われる。
ここでいう新型とは、米国遺伝子バンクGRNBANKに登録されている主要な6種のコロナウイルスとは異なる遺伝子配列を持っているという意味で、新型なのであり、これまでこの世に存在しなかったという意味ではない。そのために、既知の遺伝子をもつコロナウイルスとの鑑別だけが問題となり、一般に存在するコロナウイルスとの鑑別診断の問題が曖昧にされたのである。

つまり、今回の新型コロナウイルス感染者の同定に使われているPCR検査は、単に常在ウイルスであるコロナウイルスを検出している可能性がある。そもそも肺胞で増殖する微生物には、日和見感染を起こす常在性のものが多い。風邪・インフルなどにより免疫力が弱まった結果として、増殖した常在ウイルスを検出しているのに過ぎないかも知れないのである。中国で決定されたゲノム遺伝子が、常在ウイルス遺伝子とはっきり区別できるという検討を欠かすことができない。
一般に、新しい検査法を導入するときには、このような問題点を慎重に検討する必要があることは常識である。しかし、今回は緊急ということで、この基本的なステップが省略された。もし、今回のPCR検査が常在ウイルスを検出していれば、極端には日本人全員を感染者として同定してしまうことになりかねない。

今回のコロナ騒動では、大きな経済的損失だけでなく、学童の教育機会を奪うことになった。このようなことを二度と起こさないために、正確な感染者の同定ができるような検査法の見直しが急務である。中国の論文の遺伝子情報の見直しも必須である。これによって、無駄なワクチン等の開発も不要となり、無駄な国費の出費を減らすことに貢献することが期待出来よう。』

大橋教授の詳しい解説ビデオもコチラで見れます

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.5.13)
東京ではユダヤ朝鮮金融の走狗 小池ゴイム都知事によりスーパーの出入り規制までされています。これ、私たちの世代ならソ連があった時代、ソ連、東欧の共産主義国家での食品店などに長い行列が出来ていた光景を思い出される方もおられるのではないでしょうか。
政治家どもは「自粛しろ」「外出するな」「何もするな」「人に会うな」「人と話すな」「集まるな」などとしか言わない無能な人間のクズ集団。全国の学校を休校させ、緊急事態宣言による経済活動停止命令で困窮、切迫している国民にそんなことばかり押し付け、こんなものは政策とはいえません。安倍総理はじめ、無能なくせに東京の小池百合子大阪の吉村洋文などのように、自己顕示欲だけやたら強いので「(何かを)やってる感」を出して目立ちたいだけで、その内容はきわめて独善的で権力をひけらかして国民の生活を苦しめているだけの単なる自己満足にすぎません。「三密を避けろ」とかくだらないことばかり言ってるコロナ対策専門委員とされる連中も、鬼畜グローバル金融勢力によって日本をブッ潰すべく集められた回し者、工作員グループにすぎません。でも衆愚はダマされます。今、日本(世界)は弾圧と統制が徹底された、かつての共産主義国のような社会になりつつあります。リアルな人のつながりが破壊されて人々は家に閉じ込められ、その生活ぶりからあらゆる行動がネット監視されるという、人間の家畜管理化が進められているのです。米国 トランプ大統領には、今のシナと同じように、デッチあげられたコロナウイルスで騒ぐのをやめ、「ウイルスとの戦い」なんてバカバカしい標語も葬ってもらい、世界でみんなが普通の生活を送れる社会に戻すよう舵をとりはじ始めてほしいものです。
多くの人が死んでると騒がれているコロナウイルスですが、欧米でコロナで死んだということで集計されている死者数というのは全く別の原因で死んでる者がほとんです。日本のような検査をせず、単に医者が見てコロナ(新型肺炎)だと診断しているだけで、正確な検査なんかしていません。米国内でコロナが騒がれる少し前に流行っていたというインフルエンザは今では皆、コロナということにされています。敵はコロナ=「コロナウイルスとの戦い」なんてのは架空の設定であり、“コロナ”なんてものはアルカイダやイスラム国・IS等と同じ創作されたものなんです。だから検査ミスが多発したり、日本と比べて欧米はじめとする諸外国との死亡率に大きな開きがあったりするわけで、そもそもこの新型肺炎=コロナウイルス症とされるものの定義すら元よりいい加減だからこんな風におかしなことになっているのです。
コロナウイルス騒動は攪乱のためのデッチ上げであり、ユダヤ国際金融の走狗(米CIAや米軍、各地の工作員ら)が何らかのウイルスもしくは毒をバラまいた可能性があったとしても、シナが流出源で自国民に対してバラまいたなんてのは欺瞞で米国側の策謀にすぎませんが、もちろんユダヤの指令の元、本当に米国が武漢を手始めにバラ撒いていたとしても、トランプ大統領だってそんなこと把握していません。後の欧米におけるコロナの猛威は、シナにおけるコロナの蔓延をあざ笑っていた欧米に対してシナが自国民を工作員化させて何かやり返したこともありえますが、新型コロナの定義があいまいなまま、ただ感染数が上乗せされ続けているのかもしれません。本物の敵、人々を苦しめているものは“コロナ”なんかではなく、冷静な情報精査も出来ず、騒ぎ立てるマスコミに操られるまま、国民を苦しめる政策ばかり取り、人々の家畜管理を進めている、愚かで保身しか頭にない政治家どもです。

ユダヤ金融の思想では人間を人間としてではなくゴイム(家畜)として扱うということで徹底しています。日本人の発想ではありえない思考する連中。

新型コロナウイルスとされる感染者の死亡率は、わずか0.数パーセントにすぎません
*************************************************************
コロナ感染者、実際は50倍超か 米加州の抗体検査で推計2020.4.20 共同通信
米スタンフォード大などの研究チームは19日までに、西部カリフォルニア州サンタクララ郡の住民を対象に新型コロナウイルスの抗体検査を行った結果を公表した。ウイルスに感染した人は4月初めの時点で同郡の人口の推計2.5~4.2%に上り、確認されている感染者の50~85倍に及んでいる可能性があるとしている。
研究チームは「実際の感染者は報告されている数よりもずっと多いことを示唆している」と指摘。推計を基にした致死率は0.1~0.2%と算出した。
ただ世界保健機関(WHO)の担当者は抗体検査について、誤った結果が示されるケースがあるとしている。

*************************************************************
思わず実態(コロナウイルスのバカ騒ぎがデッチ上げであるという隠された事実)が漏れているニュースソース。
「アメリカでは公表されている数値より遥かに多くの感染者がいる可能性がある」と、それが大変なことであるかのよう書かれていますが、よく読めばわかりますが、発症(?)しているという人自体はすごく限られており、ましてその死亡率は0.1~0.2%にすぎません。こんなの風邪ひいて運悪く死ぬ人と変わらない確率のレベルだと思うし、こんなので世界中で大騒ぎして、愚かな政治家どもは民衆の生活を統制、弾圧しているわけです。日本でもやたら感染者が増えてるということばかりマスコミやネットで騒がれ続けていましたが、日本でも感染者?(菌の保有者)というのは何十万人、何百万人もいるものと思われます。しかし、発症する人は少なく、たとえ発症してもごく軽微な症状の方がほとんどであり、“コロナ”なんて恐れるに足りないのです。存在しない脅威でバカ騒ぎされ、みんな振り回されているにすぎません。しかも、コロナウイルスとされているものは確かにすぐに感染(蔓延)していくものだということもありえますが、元々多くの人に常在あるいは抗体として持っている結核菌のようなものだったりする可能性もあります。実は今では誰もが保有する結核菌などのようなものを“コロナウイルス”に感染(かか)ったとバカ騒ぎしているだけなのではないか。これでは検査すれば何の症状もないのに感染しているということで、数だけ上げていくことだって出来るし、マスコミで大騒ぎし続けられるわけです。もしや今の日本ではやっていないのでしょうか……ツベルクリン反応、つまり結核菌検査で陽性が出ても何の問題ないのとまるで同じ。

ところで、ここの読者には、一人でも間近でコロナウイルスというものを見たことある人っていますか? 元から目では見えないとされる大きさだし、ユダヤの詐欺商人どもが「(ハダカの王様と同じように)バカには見えないんですよ。(イーヒッヒ)」と心では笑いながら、ありもしないものでバカ騒ぎしていることだってありえるのですよ。世界中のインチキ御用学者やマスコミにデタラメ言説撒き散らさせながら。

世界征服を企むユダヤのシオン議定書で広めさせるという項目の一つ、「デタラメの科学の普及(吹き込んだ科学の法則を信じこませ、盲目的に疑わないようにさせなくてはならない)」というフレーズを思い出してください。現代は歴史や考古学とかに限らず、科学だってデタラメなんですよ。ノーベル賞はユダヤの支配を確立するための権威に利用されているにすぎません。

コロナウイルスについて報道する時はマスコミ報道にしろネットニュースにしろ、決まってあのウイルスの写真が、なぜか揃いも揃ってどこのニュースでも貼り付けられていますよね。あれはニュースではないんです。コロナウイルスの広告なんです。報道される政治家や関係者の写真でもマスクつけたものを決まって出回らせているのも同じ。このコロナウイルス騒ぎの実態は、単なる宣伝、プロパガンダにすぎません。広告学の基本、アイドマの法則というものがあります。何度もいろんな人の目につくようにアイキャッチを掲げ、人々の心に植え付け、モノを欲しがるように仕向けて心を支配していく手法。オウム真理教のようなカルト教団も映像にさりげなくサブリミナル効果を与えるものを混じえたりしていたという話もありますよね。
広告学における解説、人々が広告を目にして購入に至るまでの法則について書いているコチラでも触れていますが、アイドマとは、英語によるイニシャル A I D M Aのことで

アイドマの法則

A(attention=目につかせる)
I(interest=興味を持たせる)
D(desire=欲しくならせる)
M(memory=それを記憶させる)
A(action=購入や申込などの実際の行動を起こさせる)

を略しての言葉です。
コロナウイルスの場合は少し内容が変わります。Dのdesireを、dread(=ひどく恐がる)にでも置き換えてみればよいでしょう。そうすることでコロナウイルスのプロパガンダ構造がわかりやすくなるでしょう。つまりこんな感じになります。

A(attention=目につかせる)
I(interest=興味を持たせる)
D(dread=ひどく怖がらせる)
M(memory=それを記憶させる)
A(action=実際に人々がおそるおそる行動や決断するように結びつかせる)

つまり、テレビや雑誌などで執拗に繰り返される広告やCMと同じように、このコロナウイルスだとする写真や人々のマスク姿をあちこちで目につかせ、人々が関心を失わないようにさせ、恐がらせ続ける、その意識の恒久的な刷りこみにより、実際の人々の行動が制御させられているということです。

だから、コロナウイルスのニュースには、いつも必ずといっていいほど、(電通などの指令でしょうが)あの太陽のコロナが由来だとする写真付で、ネットでもTVでも必ず表示されているんです。普通、病原菌の写真なんて見たことないでしょう? だけどコロナウイルスについてはなぜかあの種の写真がいつもついて回る。あれは要するに広告のアイキャッチと同じ。それらのイメージ戦略により、人々に「怖い 怖い」との意識を植えつけ続けるためのものです。

志村けんや、女優の岡江久美子らが亡くなられたということですが、有名人で死んでる人々というのは新型肺炎のコロナウイルスのせいではなく、コロナウイルスが恐ろしいものなのだと知らしめ、人々の不安を煽って統制しやすくするための生贄として殺されたのではないかと思います。Jリーグやプロ野球、芸能界等で感染者が出たと騒がれたりもしていますが、どうせチヤホヤされてシナ人などの商売女とかと関わって何らかの病気を仕込まれたりしているのではないでしょうか。当然、政治家や著名言論人の中にも感染者(保菌者?)は既に多数いるはず。シナ女に限らず好みの女(男)を当てがわれて感染させられるのでしょう。志村けんは本当は直すことも出来たはずでしょうが日本国民の恐怖心を煽るため生贄にされたに違いありません。生涯未婚で家族もおらず、カネで女遊びすることしか出来ない……死んで誰かに騒がれることもありませんし、報道される検査結果なんてテキトー。“コロナ感染”で死んでもらうことが最初から計画されていた上で、取り巻きも医者もみんなグルでしょう。こういう状況は海外でも同じであり、著名政治家や有名俳優が感染したと騒がれていますがそれら診察内容もデタラメ。政治家や芸能人だの有名人だのには「自分はエラいのだ」と考えてる人もたくさんいるのでしょうが、ユダヤ国際金融にとっては所詮、プロパガンダに利用すべきゴイム(家畜)でしかないのです。
つまり、“コロナウイルス”というのは、本質問題やその目的を撹乱するためのダミーなのではないか……暗黒ユダヤ国際金融勢力(日本では朝鮮人がその代理)によって本当は別の病原菌をバラまかれていたり、コロナウイルスよりずっと悪性の毒や病原菌に感染させて有名人を殺してコロナウイルスで死んだことにしているのでは……だって日本全体で600人ほどしか死んでいないコロナなのに、そんなの日本人では0.0000**%程度の確率、宝くじで大当たりするのと同じくらい難しいんですよ。その中に何人もの有名人が含まれてるなんて不自然すぎます。有名人が何人もコロナで死ぬなんて普通におかしいと思いませんか?

暗黒金融勢力がこんなことする目的は、景気悪化で株価やエネルギーを暴落させ、(一等地の)老舗などを経営不全で廃業~退場に追い込み、優良企業株やエネルギー、退場続出で叩き売られる不動産まで買い占めるためです。コロナウイルス対抗薬としてのクスリやワクチンの売り出しでもボロ儲け出来ます。

マスクしてる奴なんかサル!

こんなもののために、「寄るな」「触るな」「汚らわしい」「息を吹きかけるな」等、人をバイ菌扱いさせ、いがみあわせて、人々を家に閉じ込もらせ、それぞれ近寄らせないようさせてきたのがユダヤ朝鮮金融のゴイム 安倍総理率いる日本政府の政策だったわけです。
各所で失礼なこと言われたり、いろいろ腹が立つことも多く、最近はマスクするのがバカバカしく感じるようになっています。このバカ騒ぎを真に受けてる奴らもバカでしかないわけですが、それが人間の大多数。もはやマスクしてる奴なんて私にはサルにしか見えません。ゴイム=家畜にされたくなければ、いい加減、もうマスクするのやめませんか。

感染させて解毒剤を売りつける悪党ども ~『遠山の金さん捕物帳』(1973)より
いくつものシリーズ放映されている遠山の金さんですが、最初のTVシリーズ版のこの中村梅之助主演のものが一番いいですよね! ^^)
毒をバラまいて解毒剤を高く売りつけるというのは古典的なやり口なのです。自作自演でバラ撒いてワクチンまで売ってボロ儲けのふてえ野郎が、暗黒ユダヤ金融。架空の“コロナウイルス”の対抗薬(解毒剤)なんてとっくに用意できているはず。それを病状が解明できないとか、開発に時間がかかるとか、マスコミの報道はウソ八百なのです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! ~ 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆国旗、国歌だけあっても最低の入学式 ~ 追記 仕組まれたコロナウイルス騒ぎによるシナのシステム Zoom強制導入によるオンライン授業開始と9月入学制度

◆新型コロナウイルス騒ぎはデタラメの虚構! コロナ対策なんて一切無用!

◆金融勢力の意のままに操られる日本経済・政治

◆日本全国家畜化音頭で叩き潰される日本。国際金融勢力の特権ゴイム(家畜)の集まりが自民党。レナウン ショック! アパレル老舗の倒産 ~ 一刻も早い緊急事態宣言解除が急務

◆コロナウイルス対策称して人々に異常な生活行動を強制。人々の正常な付き合いを遮断、リアルな人間関係を破壊して、変態バーチャル人間に作りかえるための工作員集団 ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!①

◆マスコミ牛耳る国際金融勢力に飼い慣らされ、家畜と化す道を突き進む日本 ~ 嘘つきマスコミに乗せられず、謀略仕掛ける国際金融勢力と戦って自由な人間として生き残りたがっているブラジル

◆政治家は選挙に通ることしか考えてない人間のクズ、変態の集まり!~ 自民党も性的指向の多様性目指して政治活動やるって、ふざけんじゃねえよ!

◆新型コロナウイルスなんて存在しません! あるのはメディアウイルス!~ 政府とメディアが騒いで恐怖を植えつけ、人々に行動統制を強制していることに気づいてください!

◆フェミニストはキチガイ。小池百合子もカルトに頭を侵されたキチガイ

◆食糧備蓄の必要性 ~ 天から放射能物質が降ってきたら・・・

◆国際金融勢力のゴイム。人情の欠片もない世間知らず 独裁者 安倍晋三 ~ 同じ穴のムジナ 冷酷な爬虫類人間 ユダヤの用済みになればお払い箱

◆今の政治家の取り巻きには人間のクズと売国奴しか集まっていない ~ 非力な国民にばかり負担を押し付けるノーナシ政府

◆現代の紛争や不可解な流行、ゴリ押し 行き着くところはユダヤ国際金融 ~ ユダヤ人や朝鮮人は被害者や弱者なんかではない

◆中国における新型肺炎とアメリカでのインフルエンザの大流行 ~ シナ対アメリカの仁義なきバイオテロ戦争なのか

◆『シオン議定書』 – 第二次世界大戦を勃発させた人間獣化計画の基本文書

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド ~ 世界全体が巨大劇場と化した現代。アルカイダやISIS(IS)は劇団と同じ

◆ゴミを何十億円も出して買うバカ ~ デタラメ、醜悪作品を大傑作として持ち上げて売りつける悪徳商人、それを買うパッパラパー金持ち

トップ | 虚構の新型コロナウイルス騒ぎ | permalink | comments(10) |

この記事に対するコメント

  • 国民には休業要請やテレワークを強要したうえで、不要不急な外出や3密を避けるよう言われている。
    にもかかわらず、平気で3密の環境で国会を開き、検察庁法改正や種苗法改正などコロナ対策とは全く関係ない悪法をコロナ騒動を煙幕にして次々に通そうと言う矛盾
    それでいて、国会議員の感染者がなぜかいないという‥
    そこで普通なら、このコロナ騒動なんか変だなと気づくはずです

    本当に感染力強いウィルスという緊急事態なら、国会召集なんてできないはずです。

  • 久しぶりです、今回の騒動で有名人ではホリエモンこと堀江貴文さんが、自身のツイッターでコロナは新種のインフルエンザだと皆んなが理解すれば、緊急事態も自粛も要らないと思えば、経済活動するようになると。彼の考えは分からないですが、有名人では彼ぐらいですか。コロナより、自粛で自殺する方が心配だとTVの番組でも言ってました。

  • 政治家やマスコミも酷い物ですが、人権を振り翳【かざ】す連中や菜食主義者【ベジタリアン、特にヴィーガン】の【自己顕示欲】は、もっと酷い物です【下の下】
    政治家やマスコミ、国際金融と癒着しなければ、こいつら活動する事すら出来ません なのに、【俺は凄いんだぞ! 俺を見ろ! そして、お前らは馬鹿なんだぞ!】と、自分を誇示して他人を卑【いや】しめてばかり こいつらは、私達を【刹那的な快楽】に溺れさせといて、問題が起こる度【たび】に【社会のせい! 国のせい! 周りのせい! お前らのせいで、人権侵害が起こる!】と、私達を責めまくります こいつら、【人間の心を持ち合わせない】最低集団 こいつらの抹殺も、必要です

  • いつもの手法でみんなが他のことで騒いでいる間にスーパーシティー法案があっさり成立しましたね。
    ID2020がマイクロチップの埋め込みを狙っているなら、一層日本でも進めやすくなるのでしょう。
    初期は生まれつき心臓の悪い娘がいるため、必要以上にコロナに怯えましたが、日がたつにつれどうもおかしいと感じるようになりました。
    湿度の高い日本の夏、マスクで体調を崩し それをまた政府やマスコミが第2波だと騒ぎかねません。

  • コロナウイルスでの日本人の致死率が低いので、政府とマスコミは今度は夏場のマスク強要で熱中症の増加を狙っています。
    アメリカで公共の場でマスク着用していなかった主婦が警察に逮捕される映像をニュースで流してました。
    マスク着用に反対する人への見せしめでしょう。

  • まぁ日本人が武漢肺炎に絶対かからないと言えない以上は予防でマスクは損でもないと思いますね
    それ以上に自宅に居るように呼び掛けたなら仕事出来ない人達の為に健康を害さないレベルの生活費は全面保障しろと
    そもそもドクター高須氏が署名集めた時点でクソ支那共を一切入国させなければ今回の感染拡大は無かった訳だしクズ政治屋奴等も今更対応してるからって「俺達凄いだろ?マトモだろ?」とはならない
    テメェ等で引き起こしたパンデミックなら全国の「日本人(普通に暮らしている親日外国人含む)」を救うのは当然の義務ではないか?
    この期に及んでも無駄に税、税、税を盗る事だけは抜かりなくするんだし
    自民狂信者は政治屋がやった悪事さえも「対応してるんだから良いじゃない」という思想だから戦慄する
    国民を思っていたらクソ支那チョンなんざとっくに断交してる筈

  • 大橋眞教授ですか。。日本國もこういったまともなことをおっしゃる方まだまだ探せば結構いますね。
    にしてもこのコロナウイルス、これは恐らく国際金融資本ユダヤの陰謀であり、それに近い答えが真相でしょう
    結果的には子供の教育や発達、遊びや何よりも人間関係
    対人関係などのコミニュケーションの機会を大人は奪ったということを忘れてはなりませんね。
    YouTubeでEden Mediaというチャンネル(既にご存知?)
    がありますがあれを見ると海外でもいかにマスメディアがコロナを煽っていることが分かりますね。
    タンザニアの大統領(元化学者)もPCR検査でヤギやウサギを調べたら、また、木の実を検査したところ陽性、
    もしくは不明という結果が出たそう。
    因みにコロナウイルスはヒドロクシクロロキンが効くのだとか言われてたけどこれもメディアは効かないと言って適切な治療をさせません。実際フランスやルワンダではヒドロクシクロロキンによって殺菌されて感知してるケースが多いのに。アビガンは副作用として肺炎が
    ある。肺炎!?
    本末転倒。

  • 追記
    後日本だけというか、死亡率の半数が癌なのもおかしいと考えています。いゃ、日本國は先進国だから長寿で
    重病かつ、生活習慣でなりやすい癌に罹患してもおかしくないというのが大多数の国民の意見ですが、
    二人に一人がなるなんて明らかに不自然すぎる。
    そもそも癌細胞自体1日五千個体できる。でも多くの場合白血球により自然消滅するので何の問題もない。
    癌治療と称して抗癌剤で意図的に殺人しているのでは?
    でも実際抗癌剤治療によって治った人も大勢いらっしゃるのでなんともいえない宝?です。  
    何事も過信と鵜呑みは禁物ですね。
    フランス革命ではイルミナティが暗躍していた事は既に歴史学会でも普通にとり立たされているみたいというけど、裏の組織は事前に予告?することで事件の精緻さを
    上げている儀式としてみなしていくようです。
    そういやルシャプリエ法のルシャプリエや
    ヴァイマール憲法起草に深く関わったフーゴープロイス
    日本国憲法制定委員の実質責任者ケーディスや
    男女が均質の前提の下男女同権平等?を唱えていた
    ベアテシロタゴードン
    これらの人物はユダヤ人ですね。あっれれ〜?
    おっかしいな〜何故國家憲法起草に異邦人がこんな関わってんだろ…
    民主主義革命、民主化の影響下だと家畜管理しやすいだからかな?

  • 5/17の私のコメントと同様に思っている方も多々いるようで、それについてネットの情報をまとめているブログがありました。
    https://ameblo.jp/sunamerio/entry-12603469039.html

    学校では子供にマスク着用を指導しています。
    体調が悪くなればはずしても構わないと言われていますが、子供に聞くと大多数の子がマスクを着用したままだそうです。
    街中でもほとんどの人がマスク着用しており、この流れは熱中症での犠牲者が出ない限り、止まらないのでしょう。
    この期に及んでもマスク着用していない人に対する批判をブログやSNSに投稿している人がいるので、メディアの洗脳は相当な物だと思います。

  • 私の周りでもコロナウイルスにかかった人を見たことないですね。それに、国会議事堂もあんなに人が集まっているのに誰も感染してない点も疑問に思っていました。今回の記事を読んで納得がいきました。今度は熱中症で体調を崩れたところを第2波と言うと思うと恐ろしいです

コメントする