日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

正に神がかり!予言者 川内康範~レインボーマンの世界 現代日本そのもの

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2012.1.11)

上画像はレインボーマンの最終回エンディング・シーンから(詳しくは画像クリック)。
こういうのに象徴される通り、レインボーマンは世界のためというより、明らかに日本のため戦っていたことがおわかりいただけるでしょう。本当に日本の愛国者でない限り、40年前から子供向けでこんなシーンはなかなか作れないものと思います。
また実は川内氏、1975年から90年代半ばまで続いた数少ない日本の保守系子供向けTV番組、あの『まんが日本昔ばなし』の監修者でもありました。監修者というのは脚本家が書いたシナリオ等を、ここはダメだと言って最終的に書き換えたりする、とても偉い役割。要するに話がブレたり変な方向に行かせないための監督者のようなもの。そしてあの番組の企画・プロデュースは川内氏の娘がやってました。彼はTV界が腐れかけてた1970年代後半当時から、日本の昔話が正常に残されていくよう力を尽くしていたわけです。

この川内氏はじめ、手塚治虫や石森章太郎ら日本の偉大な文化人を、愛国者ヅラして揚げ足とりで彼らまで左翼であるかのよう貶めてる連中をネット上で見受けることがあります。そいつらは左翼系工作員や今の腐れ漫画・アニメで食ってるような勢力筋、たとえば宮崎アニメや今の拝金主義金融勢力の手先である出版社・アニメ・マスコミ系など、先人に敬意を持たない(偉大な先人の存在をジャマに思ってる)連中の工作活動だったりするのでご注意を。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2010.9.3)   (始めから)  “死ね死ね団”の歌がコチラで聴けます
『レインボーマン』を、ただいま子供とちょっとずつ見ていってます。
作者の川内康範先生は(もはや先生と呼ぶしかない・・・)、日系菓子メーカーが貶められ、ロッテがシェアを躍進するに至ったグリコ・森永事件(1984)でも、犯人がどんな組織かとっくに見抜いていた。その頃の日本人なんて、私を含めて、ノー天気に日本が平和だと信じていた無知蒙昧ばかりだったのに。

『レインボーマン』は、本当に奥が深いです。(詳しくは画像クリック)
ヤマトタケシはレインボーマンとなって、ただ一人、日本を守るため戦い続けます。
レインボーマンを狙うのは、日本滅亡と1億 日本人の皆殺しを企む、日本人に恨みを抱く“死ね死ね団”。

ファッション、カネ、女、クスリ、カルト教団・・・
“死ね死ね団”の武器は、現代日本を蝕む危険そのまま!

左写真は、死ね死ね団のアジトで戦うレインボーマン(詳しくは画像クリック)。その背景にあるのは、貶められた日の丸。これって、まるでどっかの国でやってることそのままですね!
死ね死ね団のボスはミスターK。これも、どこぞの国の頭文字と同じ。

死ね死ね団は、女性向けブティックを経営、流行りのスタイルを作ってはファッションでも儲けてます。その名も、“ファッション・ショップ ケイ(K)”。
さらに、飲めば狂って死ぬという毒薬“キャッツアイ”作戦で、日本の男をメインターゲットに、飲食店などそこかしこで、キャッツアイを男に飲ませて、毎日何十人もの男が狂い死んでいきます。

レインボーマンでは、悪役にもいわゆる“いい女”系の人がたくさん出てきます。
そしてヤマトタケシも、店で転ぶ女を助けようとして、その隙にキャッツアイをジュースに入れられ、それを飲んだタケシも狂ってしまい、精神病院に送られます。
これには、泥酔会見にハメられた故 中川昭一氏を彷彿とさせられますよね。
それ以外にも、無垢な美少女が親切に近寄ってタケシを助けるが、そいつも実は鬼婆が化けていたものだったり・・・

そして、死ね死ね団の実行部隊である“おたふく会”という怪しげな宗教組織が、困ってる人を助けると称して、カネをバラ撒いては人を集めている
これもどっかのバラ撒き政策にソックリだし、“おたふく会”の名前からして、今、ナントカ学会とか言われてるところともカブってしまいますね。

それ以外にも、タケシを助けるフリする精神病院の医者、大手マスコミ新聞社の編集責任者も、みんな死ね死ね団に買収されていて、タケシに真実を知らせようとする善意あるスタッフは、死ね死ね団の魔の手にかかり、爆弾を体に埋め込まれてタケシに近づかせて爆発させられたり・・・無残に飛び散った体を見て、「必ずカタキをとってやる」と誓うタケシ。

親切だったり、美人で魅力的な人の中にも、実は悪い奴がたくさんいる設定。死ね死ね団のキレイなお姉ちゃんが、無垢な子供たちをさらっていったり・・・子供にもいい教訓になります。
さらにハニートラップ、人間爆弾、日本人1億虐殺計画・・・見てて、リアルこの上なく、十分、大人が見るに応えられる内容。
ウルトラマンや仮面ライダーだって、もともとは子供向けでなく、当初は大人を十分意識した作りがなされてました。
完全に子供向けになってしまったのは、ウルトラマンならタロウ以降、仮面ライダーならX以降で、それより後のものは本当に内容が軽いです。それまでのウルトラマンエースや仮面ライダーV3までは、大人でも存分に楽しめる内容となってます。

昔のドラマは、子供向けのものでも現実的で、宮崎アニメのように頭をお花畑にしてしまうものと違って、よく人が死んでたように思います。

左翼が騒ぐ“命”に敏感になりすぎてはいけません。
人が死ぬのは当たり前だから、人が死んでも気にするな、とか言ってるのではありません。
そうではなく、生きてることが奇跡的で、もっと生きてることに感謝して生きなさい、と言ってるのです。
昔は、ちょっと風邪をこじらせただけで、すぐに人は死んでいました。
しかし今は、ちょろっと病院に寄って薬をもらい、治してもらって当たり前という感覚。
治してもらって当たり前ではなく、治してもらうことこそ奇跡的で、今、生きてて命あることに感謝しなければならないということを言ってるのです。

死というのは、現実そのものです。本来、人間は常に死と向き合って生きなければなりません。動物の世界だって、弱い生き物は強い生き物に食べられてしまうし、ちょっと警戒を怠ったりすると、すぐにやられてしまいます。本来、人間だって同じであり、これを否定することは破滅につながることを認識しておくべきです。

この通り、レインボーマンの世界は、当時から40年も先に当たる現代日本を本当によくとらえてます。
“死ね死ね団”のアジトに飾ってある貶められた日の丸だって、きっと川内先生自身が、どっかの国や組織で実際に見たことあったものなのでしょう。

当時放映されたのはテレビ朝日系でしたが、幸い、著作権を川内氏自身らが持っており、テレビ朝日は著作権を持たないようです。
もしもテレビ朝日が持っていたら、お蔵入りで見れなくされてしまっていたのは間違いなく、ここにも川内氏の未来を見抜く鋭い気遣いが伺い知れます。

タケシの母親が和服を着ているのも、見ててとても感じいいです。
そしてレインボーマンであるヤマト・タケシの師匠は、インドの聖人 ダイバ・ダッタ。
ダイバ・ダッタは死後もタケシを守り続けます。タケシの拠り所をインドに置いた点からも、作者の深い意味が伺えます。
ブッダの弟子にもダイバ・ダッタというのがいて(但しブッダと敵対していたと言われることもある弟子)、そこから名前をとったのでしょうが、川内先生が、ぜひダイバ・ダッタのように、今もどこかしらで、日本を見守り続けていることを願ってやみません。

全部見たら、また引き続きレインボーマンについて書こうかと思ってます。
よろしければ、みなさんもぜひ一度、子供たちと一緒に見てみてください。
(続き)

『行けレインボーマン』  「愛の戦士 レインボーマン」 オープニング主題歌 (1972)
「肌の色が違っても人間みな同じ」というような一見、左翼的に思える歌詞もありますが、これについて詳しくはこちらもご参照ください


『 レインボーウーマン 1 』  新レインボーマン外伝
パロディでこんなものまであった。誰が作ったんだろう? 結構笑えて、お色気満載、男性は喜ぶだろうけど、とても子供には見せられない。内容はイデオロギー的に間違ってはいないが、こういう萌え系お色気キャラを使うとこって、保守を茶化してるようで、あんまり信用できないな。でも、よく出来てるし見る価値はあると思う。通して見ると40分ぐらいの大作。

以下、続き。レインボーウーマン 2レインボーウーマン 3レインボーウーマン 4レインボーウーマン 5前半レインボーウーマン 5後半

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2011.9.14)
ここの死ね死ね団アジトの日の丸を汚して「死ね」と書かれた写真、これを見てると民主党や日教組などのアジトに同じものが飾ってあっても何の違和感もない気がする。女子サッカー(なでしこジャパン)の日の丸の赤地に書き潰された寄せ書きなんかも、デザイン的にこれに近い。

こういうサブリミナル効果を逆手に利用して、悪者のところに日の丸を汚したものが飾られてるのを子供の頃から見てれば、条件反射的に日の丸を汚す輩は悪い奴だと認識するようになる。当然、このレインボーマンのシーンを見て育った子なら、汚された日の丸を見れば、即“死ね死ね団”が思い浮かぶ。そして正義役のところには美しい日の丸を飾っておけばよい。

ただし基本はそれでいいのだが、国が丸ごと乗っ取られてしまった場合は、逆に奴らが日の丸を利用するようなるので注意しておかねばならない。だから日の丸を大切にするのもバカの一つ覚えになってはいけない。肝心なのはイデオロギーを見抜ける目を持つこと。そういう子を育てなければなりません。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(続き)◆親日ヒーロー 『 レインボーマン 』を全部見た!

(始めから)◆日本政府は死ね死ね団に乗っ取られた! ~ 今の日本を予見した月光仮面 川内康範

◆“初音ミク”だって、草食系男子と同じフヌケ化工作の一貫ですよ!~ ボーカロイドだって将来のセクサロイドへの試金石

◆今の宮崎駿/ジブリ作品は本当に日本のアニメなのか!?~ ディズニーだって、創価の配下?

◆『昔の日本はアメリカと同じくらい広かった!』~ 日本人としての自信を持たせた祖母の言葉

◆ウルトラマン円谷がパチンコ傘下に! ~ 女子供の洗脳に熱心な左翼売国勢力

◆美人はバカで性格悪いのが多い ~ 大切なのは、家族の幸せを願う自己犠牲精神

◆特に男の子がいるなら絶対読むべし! ~ フェミ女に巻き込まれた男は破滅

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 ~ 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆草食系男で日本男児を貶める朝鮮 ~ 浮かれ草食男よ、恥を知れ!

◆パチンコ市場30兆円!GDPの1割が在日!? ~ 在日マネーに支配される日本

◆うるさい街宣右翼 実は反日朝鮮人 ~ 愛国心を貶める反日分子たち

◆“人類、皆兄弟”、“肌の色が違っても人間みな同じ”・・・~ 左翼的に思える言葉でも時代考証が必要ですね

トップ | 反日外国人とパチンコ愚民化の脅威 | permalink | comments(1) |

この記事に対するコメント

  • 【前サイトURLのこの記事へのコメント】

    川内先生といえばお亡くなりになりましたが、いっとき「おふくろさん」で森進一ともめました。
    「おふくろさん」は日本のことを意味していたのだと思います。ふつうにいうお母さんではなく、そう誤解した森進一のつけたりのセリフに反発されたのでしょう。
    koku | 2010/09/03 9:04 PM

    ♪森進一との『おふくろさん問題』についても、ある意味俗塵に塗れた世間に警鐘を鳴らすために
    敢えて意固地とも見える晩年の姿をマスコミに曝していたのかもしれませんね。
    この歌のためとは言い切れないものの、ストーカー女のために最愛の母親を失った
    愛弟子、森進一に対して厳しく当たったのも至高の師弟愛を示したと言えるでしょう。
    先生が遺した月光仮面、レインボーマン、日本昔話は子々孫々まで伝えていくべき『日本の精神的遺産』だと言えるのではないでしょうか。
    日本の精神的遺産 | 2010/09/03 10:57 PM

    レインボーマンのリアルタイムに私はたぶん幼稚園くらいでした。替え歌が流行りました。こんなストーリーとは知りませんでした。
    死ね死ね団が恐ろしくリアルです。
    みかん | 2010/09/05 11:00 PM

    OPの歌詞について、肌の色が違っても人間は同じというのは、原爆を落としたアメリカ白人に言いたかったんじゃないかなあと想像してます。
    今よりもまだまだ敗戦の傷痕が残ってたはずだから・・
    みかん | 2010/09/05 11:09 PM

    私は中学のころ、教師のほとんどが日教組という恐ろしい学校で過ごしたために、一時すごい左翼思想に洗脳されてしまいましたが、やがて大人になっていろんなものを読んだり聞いたりするうちに、パッと目が覚めるように洗脳が解けました。
    これってレインボーマンを見てたおかげじゃないかと思うんです。
    反日ワクチンみたいなものでしょうか。
    やはり子供に見せるものには注意しないといけないですね。それにしても川内先生はすごい。そしてそれを紹介してくれた管理人さんGJ!早速子供にみせます。ありがとう。
    ぐうたらママ | 2010/09/06 10:10 AM

    え~初めまして!
    レインボーマンかぁ~なつかしい!
    子供向けのはずなのに、宗教団体を隠れ蓑にして、ニセ札をバラマキしまくり、日本をハイパーインフレにして、日本の経済・社会生活をムチャクチャにする作戦とか?
    そのころ、小学生でしたが ニセ札 のバラマキって、こんなに威力があるのか?だから罪になるのか?なるほどぉ~と、幼い頭で感心しながら、見てたことを思い出します。
    あと、レインボーマンもそうですが、コンドールマン(これも川内康範原作)も、太陽神信仰をイメージさせる描写が多いように感じます。なんとなく古神道っぽいような?
    ヘロデニア三世 | 2010/11/23 7:37 PM

    レインボーマンの放送が始まった1972年は日中共同声明が調印された年でも
    あり、川内氏にはアカの国との国交に対する危惧の念もあったのではと考えます。
    tatsuya1963 | 2011/09/14 11:17 PM

    先見の明だったのでしょうか。
    coffee | 2011/09/16 4:23 AM

    サファイアさま、こんにちは☆
    レインボーマンのお写真のシーン、とってもかっこいいですね。
    なんだか胸が熱くなりました。
    まだ見たことが無いのですが、是非、見てみたいと思います。
    日本昔話まで監修されてたなんて、本当に尊敬します!
    漫画日本昔話は、復活して欲しいとよく話をしたときに、聞きます。
    監修って素晴らしいお仕事なのですね。
    こんなハートのある作品を作る先生、とても尊敬します☆
    レインボーマンの頭の上に光っているものがまた太陽のようで、アマテラス様など日本への思いを感じるようです。
    このようなシーンを作る作家さんの気持ち、少しだけですが分かります。
    赤と白。日本の色。
    作り手の思いが伝わって来ますね。
    愛しているのですよね、自分の国の文化や、人や、自然やそして家族を。
    素敵なシーン、見せていただいて、素敵な作品や、素敵な先輩がいらっしゃったこと、教えていただいて本当にありがとうございます。
    感謝します。
    ひよこ | 2012/01/11 7:48 PM

    ひよこさんも書いておられますが、
    本当、いい写真見せて頂きありがとうございます。
    目付きがすばらしい。
    勇気が湧いてきます。
    tatsuya1963 | 2012/01/11 9:43 PM

    自我の世紀/BBC/2002年
     ハピネスマシーン1/4 http://www.youtube.com/watch?v=sLK3C_e4mWY
     ハピネスマシーン2/4 http://www.youtube.com/watch?v=HFucNO8f0jw
     ハピネスマシーン3/4 http://www.youtube.com/watch?v=euBLPvdMHyY
     ハピネスマシーン4/4 http://www.youtube.com/watch?v=w6Fv5hmEPfE
        合意の捏造1/4 http://www.youtube.com/watch?v=ncVdjWL-plA
        合意の捏造2/4 http://www.youtube.com/watch?v=IIvc0FEB2K0
        合意の捏造3/4 http://www.youtube.com/watch?v=MiQXiKyCPsA
        合意の捏造4/4 http://www.youtube.com/watch?v=pKFCWi16U0Q
    頭脳警察を粉砕せよ1/4 http://www.youtube.com/watch?v=NclcVRhupRQ
    頭脳警察を粉砕せよ2/4 http://www.youtube.com/watch?v=tTrFkDGpQXk
    頭脳警察を粉砕せよ3/4 http://www.youtube.com/watch?v=r_PjwFDRh44
    頭脳警察を粉砕せよ4/4 http://www.youtube.com/watch?v=pO8EwiagOmk
    1983 | 2012/01/11 11:06 PM

    はじめまして、サファイアさん
    レインボーマンを考えた川内氏の先見の明は凄いです。
    今の特撮やアニメも見習って欲しいです。
    ただ、疑問があるのですが、何でレインボーマンの最終決戦でラスボスのミスターKを倒す結末にしなかったんですか?
    現に続きを出して欲しい声があったようですが、川内氏は断ったらしいですが?
    これは日本を滅ぼすやからは消えないのを伝えるのではないかと考えたんですが、それだけじゃない気がします?
    上手くいえないんですが、もっと深いメッセージがあるように思えるんですよね
    ロギー | 2012/01/12 1:10 AM

    レインボーマンとは関係ないのですが、キチガイイベントを見つけました。
    2月11日建国記念の日に
    男女共同参画講座「韓国ドラマを120%楽しむためのジェンダー学」
    http://www.city.fujimi.saitama.jp/35miru/20event/00event/2011-1219-1427-12.html
    「私の名前はキム・サムスン」「宮」「ぶどう畑のあの男」「コーヒー・プリンス」等の現代ドラマを中心に、人気時代劇ドラマ「チャングムの誓い」「ファン・ジニ」にも触れながら、物語の中の女性像と男性像についてお話しいただきます。韓国ドラマを通して、女性の生き方や家族について考えてみませんか?
    建国記念にわざわざ「韓国、ジェンダー、主催は富士見市男女共同参画推進会議」と物凄い左翼丸出しです。
    捏造ファンタジー韓国ドラマから女性の生き方や家族のあり方学ばなくても、日本の過去の名画があると思いますけど。
    マルチ商法や新興宗教の様に隠さないで、これだけ左翼用語並べて堂々と正体見せてるんですから逆に有難いかも。
    富士見市って山梨?静岡?と思ったら埼玉ですか。相当フェミに侵された市ですね。
    マリメッコ | 2012/01/12 10:24 AM

    川内康範先生が鬼籍に入られてからの民主党による売国行為、在日系企業(パチンコ、サラ金、ソフトバ○ク…)売国企業(ユニ○ロ…)によってコントロールされたマスゴミによる侮日、皇室に対する不敬。日本がこうなる前に鬼籍に入られたのは川内先生にとっては幸せだったのかもしれません…
    念仏の鉄 | 2012/02/10 12:28 PM

    レインボーマン 愛と憤怒の義人・川内康範
    先生が生み出された世界最高のヒーロー。
     我々日本人は今、レインボーマンを必要としています。いや、きっと世界の人々も。
    Geist | 2012/09/26 2:23 PM

    こんにちは。次女(小学2年生)に、日本昔話をユーチューブでみせたところ、現在夢中になってユーチューブでみています。私も小学生の時にリアルタイムで見ていました。かぐや姫の話の時の絵柄が特に気に入って、よく覚えています。また、今みても関心するくらいよくストーリーができており、声で出演している俳優さんの語り口といい、私はこんなに素晴らしいものを見せてもらっていたんだなと改めて思いました。その監修を川内さんがされていたと今知り、納得がいきました。現在の日本のテレビではみられないのが残念です。
    日本が好き主婦 | 2013/02/18 10:45 PM

    死ね死ね団のテーマソングを聞いたら、
    レインボーマンに興味が湧きました。
    いつか見てみたいと思います。
    しっかし日本滅亡計画・日本人絶滅計画を企んでいる勢力が実在するのが、
    恐ろしいですね。
    カンケル | 2015/01/02 6:46 PM

    >これを見ろ サザンのライブで 日の丸バッテン 
    >こんなグループ いらねぇだろw

    https://twitter.com/kouki_2675/status/550608910306930689
    サザンも死ね死ね団の一員である事を確信しました。
    さきしろかっち | 2015/01/06 6:33 PM

    2016年 ユーキャン新語・流行語大賞 トップ10に
    「保育園落ちた日本死ね」が選ばれ
    死ね死ね団は現実社会の日本国内に存在していることが明らかになった。
    2017年3月 北朝鮮は日本の排他的経済水域へ同時に4発のミサイル発射を行った。
    金正恩は日本国内の米軍基地を目標として指揮したと語った。
    護国 | 2017/03/18 4:54 PM

    今年一年はやたらと性差別や性犯罪がセンセーショナルに報道された。不自然なまでに。なんか胡散臭い匂いがしたもんだと思う。ズバリ日本人をフェミニスト化するための陰謀だと感じた。事実、報道を真に受けてフェミ化した人達は少なくないだろう。こうして日本は破壊される。反日連中は男女問題を突き付ければ日本人は黙るとタカをくくっているんだよな。悔しいが。
    こう | 2018/12/31 6:02 PM

コメントする