日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

保守は教育勅語の復権で一致団結を!~左翼価値観に風穴を開けるべし

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2015.10.23)
うちの子は教育勅語を暗誦できるし、コチラでも子供の教育勅語読誦を公開してますが、戦前の学校では、教育勅語を読みあげる先生がそれを読み違えただけで自決するような先生だっていたという話をしたところ、それを聞いたウチの子は、

「朕おもうに わが皇祖皇宗国をはじむること宏遠……
ウッ…間違えた!切腹だ!(刀のオモチャ取って)ブシッ! ウギャー!!」

てなギャグやってたりしてて……
それを見る私は、オモテでは「コラッ!ふざけるな」と叱っていても、内心おかしくて笑ってるし、けしからんギャグだなと思いながらも、明るい無邪気な子供に癒されたりもしてるわけで。

実はうちの子は、ここでマジメそうに見せてる動画イメージなんかと全然違って、いつもふざけてばっかりで(しかもそれがしつこくて)うちでも困ってるのですが、すごくひょうきんでおもしろいところがあるんですね。先生にも「結構、おもしろいこと言ってくるんですよー」なんて言われますし。
本当はビデオとか撮ってる時も、いつもふざけてばっかりで大変なんですよ (^▽^;

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2012.4.26)
教育勅語の精神とマキアベリズムの対比

ここを書いた時は、教育勅語を復活させようとか言ってるとこなんて殆どなかったし、「どうせ軍国主義的内容なんだろ?」って感じで、その中身自体全くといっていいほど知られていませんでした。
けれども最近は教育勅語復活を主張してるところが増えてるし、そういう中には胡散臭いところもあって、教育勅語だって左翼に利用されかねないのでヒトコト。

教育勅語でも「博愛」や「友愛」などは左翼がガチに利用しやすい言葉。
本来なら、当時の「博愛」なんて、せいぜい「身寄りのない子が出てきたら、周りのみんなで大切にして育ててあげよう」といった、世界や地球レベルでなく、もっと“身近な博愛”を一番に考えるべきだったはず。今のような募金とかそんなの、全く頭になかったろうし。
加えて「公益世務」や「義勇」だって左翼がつけいるスキがいくらでもある

戦前の道徳教科書『修身書』でも「博愛」の項では、敵味方問わず看病、犬猫まで治療したというナイチンゲールの話まで紹介されて博愛精神の尊さが訴えられていて、そういう部分は非常に左翼色が強く感じられてしまう。
他にも日本軍は敵国ロシア軍艦の乗組員を600人も救いだしてやったんだって、美徳として強調。

つまり修身教科書では、「敵国の兵士も救い出してやるべき」って、余裕綽々で書かれてんだよね。
教育勅語や修身にあるような崇高な“博愛”精神では、無差別にじゅうたん爆撃してきたり原爆落としてくるようなところには対処不能。もちろん、たとえ地理的に近くとも異文化、価値観の全く異なる特アに対してだって。

つまりこれを作った当時の指導層は、日露戦争に勝利したことから、勝った場合のことしか頭になく、戦争で負けるという想定がないわけ。
わかりやすく言えば、日清、日露、第一次世界大戦と運よく連勝してきた日本は当時から平和ボケしてたってこと。

ガダルカナル島のような僻地での戦いなんて、全くもって想定外だったろう。補給が絶たれて餓死者続出、幽鬼の如くさまようことになる惨状なんて予測だにしていない。戦争なんて極限状態における戦いになるであろうことが開戦当時の日本軍では全く論じられていなかった。
太平洋上での戦いも正々堂々と戦いすぎてて、初期からミスの連続、莫大な被害が膨らんだばかりでなく、戦地はもちろん本土まで食うものさえままならない状態になってしまった

いわば、善なる心を育てることを目的とした教育勅語に対し、目的を達成するためには非道徳的な手段をも是認、それこそ君主が持つべき権謀術数である、としたのがマキアベリズム。

マキアベリ 『君主論』より】

「君主たるもの、新たに君主になったものはなおさら、国を守りきるためには徳を全うできるなどまれだということを、頭に叩き込んでおく必要がある。」

「われわれの経験は、信義を守ることなど気にしなかった君主のほうが、偉大な事業を為しとげていることを教えてくれる。」


「君主は、人間的なものと野獣的なものを使い分ける能力を持っていなければならない。」

マキアヴェリ孫子クラウゼヴィッツは私の三大軍師。これらについては前から書きたいなと思ってるのですが。

庶民にはピュアな教育勅語の精神をもって教育すべきであろうが、国家の君主、指導者たるものは、人がいいだけでは済まず、このマキアヴェリの精神でないと国は滅んでしまうでしょう。海外には教育勅語だけでは通用しない。特アみたいなところが相手なら尚更。ロシアやアメリカにだって。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————
(2010.4.11)
保守は、教育勅語の復活で結束すべし。
戦前の教育勅語、修身教育復活に同意できないようなら、保守派とは見なさんということで、いいではないか。
わかりやすいし、これだけで、ガタガタになった教育も回復できる。 若い力にも活力を!

ないがしろにされていた教育勅語が脚光を浴び始めると、それこそ左翼は、軍国主義復活だのと喚いては、死に物狂いで攻撃してくるだろうが、これまで左翼に作られた腐った価値観を打ち砕かない限り、日本人は元に戻れない。
だからこそ、あえて反日売国 左翼が発狂するような対立軸を掲げて対決、これに勝利して、左翼に作られた今の腐った価値観を粉砕すべき。

そもそも下記の教育勅語 徳目を見てもわかる通り、教育勅語と軍国主義など、ほど遠い存在であることがよくわかる。

「これまでの価値観は、すべて間違いだった!」

日本人がそう悟らないと、日本人は滅亡する!

天皇陛下の仰せとして、家族と国を愛し、人格向上に努め、知識を伸ばして、謙遜を美徳とし、秩序を守る・・・・・
日本人のあり方として、こんなことにすら同意できないようなら、全部エセ保守だ!
************************************************************
【教育勅語 12の徳目】


・親に孝養をつくそう(孝行)
・兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)
・夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)
・友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)
・自分の言動をつつしもう(謙遜)
・広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)
・勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)
・知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)
・人格の向上につとめよう(徳器成就)
・広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)
・法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)
・正しい勇気をもって国のため真心を尽くそう(義勇)

教育勅語は、明治天皇が国民に語りかける形式をとる。
まず、歴代天皇が国家と道徳を確立したと語り起こし、国民の忠孝心が「国体の精華」であり「教育の淵源」であると規定する。
続いて、父母への孝行や夫婦の調和、兄弟愛などの友愛、学問の大切さ、遵法精神、事あらば国の為に尽くすことなど12の徳目(道徳)を明記、これを守るのが国民の伝統であるとしている。
以上を歴代天皇の遺した教えと位置づけ、国民とともに明治天皇自らこれを守るために努力したいと誓って締めくくる。

これは、西洋の学術・制度が入る中、軽視されがちな道徳教育を重視したものである。
もちろん、西洋文明にも宗教(キリスト教)を背景とした道徳教育は存在するが、それを直接日本人に適用するわけにもいかず、かといって伝統的に道徳観の基本として扱われてきた儒教や仏教を使うことも明治新政府以降の理念からすれば不適切であった。
日本の伝統的な道徳観を天皇を介する形でまとめたものが教育勅語と言える。

教育勅語全文

行進曲 『 若い力 』 スゴクいいよ!     詳しくは下画像クリック
YOUNG POWER MARCH 作曲:高田信一
        

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————
◆性善説的な視点に立った教育勅語、「修身」道徳教育の補完としては、「毒をもって毒を制す」のマキアベリズムこそ最適

◆日本が好きな親なら子供には教育勅語! ~ 小学生以上なら暗唱できるよう覚えさせてみませんか?

◆家庭内における戦前の教育再現 ~ わが家で使ってる子供用教本

◆大日本帝国の唱歌を歌い継ごう! ⑧ 10月30日は教育勅語発布日 ~ 教育勅語を称える、唱歌『勅語奉答』を10歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆東京都の尖閣諸島買い取りがヌカ喜びにならないように ~ 目立つ情報に踊らされず、左翼の次なる手を常に警戒しよう

◆キュートな教育勅語のご紹介 ~ 9歳 教育勅語 読誦

◆仁・義・礼・智・忠・孝……五倫、四徳、五条、四端の心から道を修むる ~ 侍が学んだものを学び、偉大な先人たちと志を一にす

◆変わり果てる日本人の体型~やがては華奢な宇宙人に!?

◆階級社会なくして日本は存立し得ない ~ 古来から存在した皇室

◆子供をフヌケ化 宮崎アニメの左翼性 ~ 強烈な反日・共産主義イデオロギー

◆ドラえもんだって、今や子供を左翼洗脳で堕落させるための道具

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党日本政府

◆子供の教育、シツケは親が責任を! ~ 親が子に何を語るか。祖母の失敗に学ぶ

◆自虐史観は日本人共通の唯一の宗教だった ~ 自虐史観からの脱却は日本における宗教革命

トップ | 保守系 子育て 教育 | permalink | comments(1) |

この記事に対するコメント

  • こんにちわ、はなうさぎさんのブログからきました。
    教育勅語大賛成!!
    うちの猫 | 2010/05/01 3:24 PM

    トラックバックありがとうございました。
    教育の一端を担うものとしても、大賛成です。
    日本人の美徳とは何か、その答えがすべて盛り込まれていると思いますし、子どもたちに教えたい徳目ばかりです。
    代表者 | 2010/06/07 8:14 PM

    教育勅語、修身の復活、これを
    私は望みます。
    初等教育頃が大切ですね。
    うちの子供は成人してしまったので
    チャンスは孫の時だと思っています。是非
    小さいうちに覚えさせたいです。
    教育勅語を暗誦するとき
    なぜか、いつも泣けてしまうのです。
    不思議です。自分でも何故なのかよく
    わかりません。
    感動なのでしょうか。それとも
    ここに書かれている精神と今の日本が
    あまりにも乖離しすぎてしまっている
    悲嘆のせいでしょうか。
    とにかくこの「教育勅語」こそ
    寄る辺なき脆弱な精神しか持てなくなった
    今の日本人にこそ必要です。
    翡翠 | 2010/09/03 4:28 PM

    教育勅語は、人としてのごくごく当たり前の内容です。
    こんな良いものが、天皇に係るからと言って、蔑ろにされているのはもったいないことです。
    大人でも、これに基づいた生活をすれば、充実したこころ豊かな日々が送れるはずです。tatsuya1963 | 2010/12/12 7:53 PM

    リンクフリーとありましたので、当ブログにリンクを置かせていただきました。
    日本の自立再生を望む有志たちによって運営されているブログとスマートフォンアプリのサイトです。
    私たちは当たり前の事として教育勅語の暗唱をしています。
    この記事に書かれていることは、まさにその通りと思います。
    またお邪魔させていただきます。
    Live2Nippon | 2011/04/18 11:05 PM

    両陛下、火葬・葬礼簡略化をご希望…宮内庁検討
    読売新聞 4月26日(木)16時2分配信
    宮内庁の羽毛田信吾長官は26日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が自らの葬儀や陵(天皇、皇后が埋葬される墓)について、できるだけ簡略、簡素化するよう望まれていることを明らかにした。
    葬法は火葬を望まれているという。こうした意向を受け、同庁は、両陛下の合葬も視野に入れ、陵の規模や葬送のあり方について今後約1年をかけ、検討を行う。
    羽毛田長官によると、両陛下は、昭和天皇と香淳皇后のそれぞれの陵(東京都八王子市)が、大正天皇陵、貞明皇后陵と異なり、少し離れ、平行に設けられていないことなどから、陵の用地に余裕がなくなっているのではないかと思われていた。
    そうした観点から、自らの陵について「規模を含めできるだけ簡素なものが望ましい」との考えを示されてきたという。さらに、陵だけでなく、葬儀全体を「極力、国民生活への影響の少ないものとするように」との意向も示された。
    また、現在は火葬が一般的になっており、歴史的にも天皇、皇后の火葬が長く行われていた時代もあることから、火葬が望ましいと話されたという。天皇、皇后については、江戸末期から昭和天皇まで土葬が続いていた。
    ―――――――
    私は、両陛下の希望であっても、極力伝統祭祀は堅持すべきだと思います。
    然るべき者が諫言申し上げ、伝統を守るべきです。
    coffee | 2012/04/26 10:10 PM

    サファイア様、こんにちは。
    いつも記事拝見しています。
    「教育勅語の精神とマキアベリズムの対比」こちらの対比は、とても大切な点だと思いました。
    教育勅語については、どうしたら国や人の道徳観が良くなるか考えて、教育勅語を広めたいと作品にし広めてきましたが、製作した際にも、お友達と教育勅語について語った際も、幾つか気に成る点があったのも事実でした。
    こんなにお人よしで本当に大丈夫かな?この素直さを逆手に取られないかな?と心配だった部分もあったんです。
    だからとても参考になりました。(^^)
    「勝った場合のことしか頭になく、戦争で負けるという想定がない」
    「修身教科書では、「敵国の兵士も救い出してやるべき」って、余裕綽々で書かれてたんだよね」
    こちらの部分も、はっきり文章に書かれているのを拝見し、ハッとしました。
    言わんとされてること伝わってきます。
    懐が広いことは良いことですが、後々、自分達の首を絞めることになるかの判断は大切だと思います。
    慢心するのもいけないし、今のように、戦争に負けた結果が、恐ろしいほど自虐的に浸透しているのもいけないと思います。
    自信をなくし過ぎている。これも病だと思います。
    私は個人的に、教育勅語は子供達のためと言うより、現代の大人にも必要な教えだと思っています。
    保守としての指針としても勿論大切なのですが、夫々の生活に密着させるものになると良いなと願っています。
    現在は心の病を持った人も多いです。
    刹那的な生き方の中、さ迷って心を痛めている人も多いです。
    人の繋がりも軽薄で心が痛んでる人、先が見えなく心が折れそうな人。
    そういう方の支えになる教えだとも信じて、これからも広めていこうと思います。
    日本人が元気が無いのはイヤです。
    日々のニュースや、世の中の流れを見ていると、心が傷つき冷静に居るのが難しい状態ですが、10年後、20年後を信じたいです。
    教育勅語を取り上げるところは増えてきてますが、このように注意点まで書かれているところ無いと思います。
    お智慧を授けて戴き、本当にありがとうございます。
    ひよこ | 2012/04/27 8:15 PM

    サファイアさま、こんにちは(*^ー^*)
    以前、記事でご紹介いただきました、教育勅語のシリーズをまとめました。
    豆本とシートがご自宅で作れるデータを作りました。
    少しでもみなさんのお役に立てばと思い、こちらにもご紹介させてください。
    みなさんに、気軽に使っていただければ嬉しいです。
    人の心が次第に上向いていくこと、資質が上がっていくように、願っております。

    教育勅語シート無料配布
    (豆本 右開き、裏表シート)
    口語文タイプ 明治神宮崇敬会刊より
    http://ameblo.jp/yoroshikogirl/entry-11269697270.html
    マキアベリズムも、読もうと思ってます(^v^)
    いつも貴重な情報を、ありがとうございます。
    アメブロは他のサイトなどのURLがコメント欄には一切貼れません。
    こちらのブログなどは有益ですね。^^
    ひよこ | 2012/06/29 5:34 PM

    教育勅語は人として守るべき当たり前の徳目を説いたものであり、日本の伝統文化に即したものです。
    そして臣民と皇室とのつながりにも関わります。
    決して軍国主義とは無縁で天皇神格化でも何でもありません。
    この教育勅語の当たり前の価値観すらないから精神的拠り所のない連中がオタクだのフェミだの口先だけの平和だのわけのわからないゲテモノにのめり込むのです。
    それと、左翼が軍国主義云々ホザくが、「軍国主義で何が悪いのか!!」と言い返してやるべきです。
    僕は20代半ばですが中学時代から軍国主義が必要だと思っていました。
    敵国の戦力を破壊せしむるだけの軍事力がなければ国家は守れません。
    他国を圧倒する軍があって初めて平和のなるのです。
    こちらのブログにコメントするのは始めてです。
    サファイアさま、非常に歯切れのよい文章、的確な情報や意見、非常に参考になります。自分も日本の為に活動し、また、どうすれば良くなるか模索中ですが、このブログを見てさらに気付かされたことがいっぱいあります。
    今後ともよろしくお願い致します。
    今や敵は焦っておるのであります | 2016/03/18 9:55 PM

コメントする