日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

敗者の名誉を重んじた日本人 ~ 日本で切腹が存在した意味

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2012.11.18)
江戸期の女子教育、本当の大和撫子としての厳しい教えに対して、当時の男子へ求められていたのこそ武士道ですからね。
「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」(『葉隠』より)、立派な死に方こそが、日本で最大の美徳とされていたってこと。
*************************************************
新渡戸稲造  『武士道』  より  (詳しくは右画像クリック)

左近と内記という、それぞれ二十四歳と十七歳になる兄弟が父の仇を討つべく、家康を襲おうとした。しかし無念にも家康の陣屋に突入する前に捕らわれてしまった。家康は彼の命を狙った若者たちの勇敢さを讃え、彼らに名誉ある死を与えるように命じた。
この刑の宣告は、兄弟の一族すべての男子に命ぜられたので、二人の若者の末弟であるわずか八歳の八麿も同じ運命であることを言い渡された。そしてこの三名は処刑が行われることになっている寺へ引き立てられていった。その場に立ち会った医者がその一部始終を日記に残している。そこには次のような情景が書かれている。

「最後の時を迎え、三人が一列に着席した時、左近は末なる弟に向い『八麿よりまず腹切れい。切損じなきよう見届けてくれよう』といった。幼い弟は答えて、いまだ「切腹」を見たことがないので、兄たちの作法を見て、その後に続きたい、と申し述べた。二人の兄は涙ながらに微笑んで『よくぞ申した。それでこそ我らが父の子なるぞ』といった。そこで二人の間に末弟八麿を座らせ、左近は自分の腹の左側に短刀を突き刺していった。
『見よや八麿、会得せしか。あまりに深く掻くべからず。仰向けに倒れるがゆえに。前にうつ伏せ、膝を崩すべからず』
内記も同様に腹に刃を突き刺しながらいった。『目をカッと開けよや。さもなくば女の死顔に似たるぞ。切尖が腸(はらわた)に触るとも、力たわむとも、勇を鼓して引き廻せ』と。八麿は二人の兄を交互に見た。二人が果てると、八麿は静かに上体を露わにして、両側から教えられた範に従って従容として死に就いた」

*************************************************************

私含め、特に同年齢のお子様をお持ちの方だと、これを読むだけで心が共感、涙が溢れてくるものかと存じます。
フィクションではないし、当時の武家の男子、小さくともどれだけ立派であったことか。子供が斬首されるとはどういうことか、ここの『子連れ狼』の動画とか、わかりやすいでしょう。
日本人の文化、歴史、精神基盤、そのDNAを少しでも思い出しましょう。

尚、女が自決するのは、やはり貞操とかを守るためであるべきで、命をかけて貞操を守ることが、かつての武家の女子教育では説かれ続けてました。
女なら夫への忠誠心や純潔を守るための自決、男なら主君や目上の者への忠義による自決。

また主君や目上の者の仇としての復讐は美徳にされますが、下の者、たとえば妻や子が殺されたということへの復讐は、あまりいいものではないとされたようです。
上の例は、正に父上の敵討ちですよね。

男も女も、かつての日本人にとって死に方はとっても大切なものでしたが、反面、死にたいと思う時こそ、逆に生きなければいけないとも説かれてます。
だから死にたい、逃げ出したいと思って死ぬのは、本来なら武士道に反することにもなってしまうわけで、そのような自殺の類、決して日本人的なものとはいえません。死んだほうがマシだと思ってる時こそ、あえて生き抜いてみせようとする方が賞賛に値するわけです。
だから日本人だからという安直な自殺礼賛は間違いともいえます。たとえ日本人でも自殺(自害)には、そのための忠義が必要だということ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2010.6.18)
諸外国では、戦で負けた敗者の長は、一般に処刑される。
しかし日本では、およそ中世以後では、罪人等を除いて処刑というものは基本的に存在しない。
敗者といえども、その名誉を尊重し、敵将の処刑はせずに自害させる。
 
これが日本で切腹が存在していた、真髄と見る。
 
他国なら、いずれにしろ、敗者の長や一族は皆殺しにされる。
切腹という行為だけを見て、それを野蛮とは考えず、広い目で、他国での皆殺しと日本での切腹を見比べて、どっちが野蛮かをよく考えていただきたい。
切腹がいかなる理由で存在し、それがあったことでいかに人間の尊厳が保たれていたか、冷静に評価してほしい。
 
ただし、戦時中の元では、切腹にこじつけて、この自害の精神が乱用された感はしますが……人の命の重みが軽んじられた。
しかし、武士道本来の教えでは、犬死になど否定している。
 
敗者の将はどっちみち死ぬ運命だが、日本では、敗者のなぶり殺しや、さらし者にしないことが、美徳とされてきた。
日本には、古来から敗者を賛美し、その尊厳を非常に重んじる風潮があったということだ。
こんなしきたりがあったのは、世界広しといえ、日本ぐらいだろう。
 
日本人は、世界に誇れるこんな立派な精神に、これまで長い間育まれてきたのである。
 
日本が敗者の尊厳を重視するのは、やはり天皇の存在が大きかった。
たとえ天下分け目の戦いに勝っても、日本では王や国の支配者にはなれない。
将軍、関白・・・・・国を統治するに必要な資格は、常に天皇の任命を受けなければならなかった。
このことが勝利者が、残虐で傲慢な独裁者にならず、敗者の尊厳を重んじる、徳の深い人格者たらんとされることを常に求められることにつながっていたのだろう。
 
天下分け目の戦いでも、それをさらに上で見ている者が常にいる。それが日本における天皇の存在である。
いかなる戦いに勝とうとも、天皇の上にはなれず、天皇を怒らすことはできない。
だから日本では、最後の勝利者でも、他国のようにすべての権限を持って傍若無人に振舞ったりすることはできなかった。
 
日本の武将、軍人などがストイックで、決して傲慢におごらずにいたのは、平家物語の存在も大きい。
「おごるもの久しからず」
いかなる状況においても、日本の武将たちはこの言葉を、常に信条に置いていた。
 
武士は常に体を鍛え、贅沢に染まってはならない。これも武士道の真髄である。
武士の食事は、上級武士も下級武士も、その食事はとても質素で、基本的にほとんど変わりがなかったという。
 
正に質実剛健。米国大統領 セオドア・ルーズベルトが日本人に感銘を受けた武士道の基本精神である。
ルーズベルトは、新渡戸稲三の『武士道』を読んで、これは素晴らしい本だと言って、身の周りの者に、何十冊と配って読ませたという。

『 武士の振る舞い 礼法 』  武道は、礼に始まり、礼に終わる 

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆本物の“大和撫子”入門 ③ ~ 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆性善説的な視点に立った教育勅語、「修身」道徳教育の補完としては、「毒をもって毒を制す」のマキアベリズムこそ最適

◆武士の子女教育カリキュラム ~ 貝原益軒『和俗童子訓』より

◆本物の“大和撫子”入門 ② ~ 貝原益軒『和俗童子訓』【女子を教ゆる法】より

◆日本人の心を奪われた日本人 ~ 世界最強だった日本軍 ~ 守るものを失った日本人

◆映画『Sayonara』 愛を貫いて死を恐れない、ヤマトナデシコ~ 変れば変るもの。日本人の美意識

◆この上なく高貴だった日本女性 ~ 明治の武士

◆自虐史観は日本人共通の唯一の宗教だった ~ 自虐史観からの脱却は日本における宗教革命

◆溝口映画『山椒大夫』=「安寿と厨子王」に見る日本人の価値観 ~ 左翼は日本の価値観に反する

◆心の拠り所と守るべき人を持たなくなった日本人 ~ 親も兄弟姉妹も、友達も学校もみんな嫌い

◆階級社会なくして日本は存立し得ない ~ 古来から存在した皇室

◆『昔の日本はアメリカと同じくらい広かった!』~ 日本人としての自信を持たせた祖母の言葉

◆保守の基本は『三匹の子ぶた』~日本をワラの家にしてしまう亡国 民主党日本政府

◆日本人の美的センスは世界一!~日本人はジャポニスムを忘れてしまった?

トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(4) |

子供の中学進学にあたり ~ お受験レポート

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.6.1)
これまで一流大学とされていたところに入ってもオンライン授業ばかり、たとえオンラインでなくてもマスク着用やソーシャルディスタンス(人に近寄るな)が義務づけられる。これでは男女の出会いも非常に困難になります。男性はマスクしてる女性にはまず声かけませんよ。どんな顔かもわからない相手に声かけるのはやっぱり怖いからです。結婚はもちろん男女交際が困難な時勢になっていきます。

各大学の状況、詳しくわかっているわけではありませんが、慶應と立教は昨年来まったく対面授業をやっていないそうです(他にもたくさんあるでしょうが)。そんな中で大学に入学して何の意味があるのでしょうか。オンラインしかやっていない大学の卒業価値なんて、はたしてあるのでしょうか。しかも高い学費は取り続けている。通信制に行けば済むものの…… 大学がやってるのは明らかな詐欺行為です。
大学や学歴の価値、これから完全に崩壊していくでしょう。子供の将来を思うと憂鬱でなりません。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.1.21)
いつもありがとうございます。
受験の季節です。エリート層の通う学校目指して勉強されてる方(子供に頑張ってもらってる親御さん)は多いと思います。
昨日の英王室の退廃、腐りきった多くの王族たちの感性の劣化等見れば明らかですが、日本に限らずエリート層、上流階級の腐敗ぶりがすさまじいです。進歩派知識人を気取ったエリートたちの、大切にすべきものをまるで見通せない薄っぺらな見識、美を見極めるセンスや品性の悪さがとことん進んでしまっていることにより、しかも彼(彼女)らのやることなすことが民衆に及ぼす影響も大きいことから、今の日本、世界のひどさにつながり、あらゆるところに表れてしまっています。
今のエリートで高貴なる精神を持つ人々というのは、ほんの一握りでしょう。今はエリートでもその子孫たちはおカネがあるだけでどんどん品性劣化していくことでしょう。その非を悟って自ら改めるということもなく、とことん堕ちていくだけであり、社会的経済的権力持つエリートたちが自己省察の出来ないそんな連中の集まりだから、それに振り回される一般大衆たちもますます暗愚な世界に引きずりこまれざるを得ないわけです。
子供が通う学校の子たちの親の多くはそういうエリート層なのでしょう。政界や有名財界の子息なども実際多い。けれどそういう親御さんたちから心底感じているのが、単なる人間のクズの集まりであり、それは今の政界や経済界などの劣化がそのまま表れている人々の集まりでしかありません。学校で子供が教えられてる内容も信じられないようなひどい状況です。日本も世界も自己崩壊、自死に向かっているというのに、勉強だけ出来る鈍感で先見性のまるでないエリートたち、社会権力者たちの、「(オレたちは)いいことをやってるのだ」と本気で考えてるところが、まるで救いようがないんです。私はここでそう言い切っておきます。

階級社会である英国は上流階級と労働者層の子は通う学校からして分かれており、上は全寮制のところが多いし、同じ英語でも上流と庶民では言葉遣いからして違ったりするのですが今の惨状。まして日本の場合は上流階級だけが集まる学校というのは基本的になく、上も下も概ね一律の教育がなされているわけで、日本の上流階級で高貴な精神持たれている方さえももはや逃げることは出来ません。ラ・サールのような全寮制の学校にでも入れば多少は俗世から離れた環境にいられるかもしれませんが、大体どこ行ってもろくでもない風潮に巻き込まれることを逃れえません。

いい学校にさえ入ったら何とかなる、なんて考えられてる方も多いかもしれませんが、たとえ仕事やお金に困らないポジションを得られたとしても、一番大切なのはどんな生き方をしてるか、高貴な精神を保った毎日を送っているかです。同じ精神を持った伴侶を得られるか、子供を産み育てて子孫をつないでいくこともとても重要でしょう。

今のエリートは本当にバカばかりです。私は学校であるアクションを起こそうともしましたが保護者たちの対応にも失望しました。中学に限らず高校・大学の難関校を目指す方、そしてたとえ念願叶って入学出来たという方も、そのことは心して頑張っていただきたいです。子供が低俗、下賤なモノに汚染されないよう、毎日が大変です。私がこれだけ一生懸命やってきたっていうのに、愛情込めて育ててきたっていうのに、周りの愚鈍な連中に流され、こんなことでモロくも崩れ去るものなのかって、このところ思い知らされています。正直、逃げ出したいくらい。でもどこにも逃げ場なんてない。ハッキリ言っていっそ死んでしまえればと考えたりもします……が、なんとか子供をまっとうな道に導きたい、毎日その一心のみで生き続けてます。「逃げてはいけない」と言い聞かせながら。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2018.11.6)
なんて下品なタイトルでしょうね(笑) でも、関心持ってるお子さんいらっしゃる方も実は多そうで…… メモ書きで結構、早くに書いたりもしてたのですが、もう受験が終わってかなり経ち、ここにアップするのがこんなに遅くなってしまいました。でも入学当初では気付けなかった学校や子供の同級生の様子など、今でないと書けないことも多そうです。

昨年、小学6年生の夏休み以後、今年1月まで子供は猛勉強してましたが、おかげさまで上位難関校の第一志望、第二志望とも受かりました。入試直後、子供は周りから「おまえ、天才!」とか言われたりしてたようで、それで子供がつけあがって困ってた時期もありました。
学校だけいいところに行っても、日本がどうして先の大戦をしたか、どうして日本が少子化になってるのか等、学校や塾では本当のことをどこも教えてくれないし、東大出ても何も知らないバカばかりだと前から私は言ってます。コチラで紹介の大東亜戦争の起こったワケの絵本なんかを子供に読ませたりもしました。

私自信は塾なんか一度も行ったことなかったし、大学受験もすべて自宅学習で合格でした(当時、私は旺文社のラジオ講座を主体に勉強してました)。塾では問題の解き方は教えてくれますが、勉強のやり方までは教えてくれません。勉強のやり方を子供に指導してるのは私であって、うちの子の勉強のやり方は、当然、私の勉強のやり方を継承してるわけです。最初、私は小学生だとどうなんだろうかと一抹の疑問を持ちながら取り組んでましたが、私の受験勉強のやり方がそのまま使えたことになるわけで、だから子供には「おまえはこの勉強のやり方をこれから先、絶対変えるなよ」と言ってあります。つまり塾は問題の解き方を教えてくれるけど、勉強のやり方は親が教えるしかないのです。実績ある塾に行ったから成績が上がるというわけではないし、特に中学受験の場合、ほとんど親にかかってると思います。

小学2年生の頃まで塾とは異なる某学習系に通わせてましたが、3年生になった頃、やめました。そして4年生の冬期講習から、中学受験を意識しだして学習塾に行かせはじめました。最初は塾なんてどこでもよさそうに思い、特にこだわりなく某塾に行かせはじめましたが、ずっと後に調べたら志望校の合格者がそこにはほとんどいないことを知り、5年生の冬から別の塾に変えました。変わった後の塾は定形テキスト・問題集のような教材のみならず、プリントの料とかも物凄かったし、親のサポートなしに子供だけでやっていくというのは絶対無理だったと思います。はじめ私がそこに気づかず、塾から出された宿題とか問題を子供がやりっぱなしで、それらが整理されることもなく、ただ時間が過ぎていた間は子供の成績はむしろ下がっていた気さえします。前の塾は生徒それぞれに対して面倒見がよかったようですが、後の塾はその気になればどんどんレベルが上がっていけるとはいえ、そう簡単にはいきません。それに5年生の冬に塾を変えた時、前の塾ではまだ教えられてなかった単元が相当あり、特に社会・理科が入塾当初はまったくわからず、テストでほぼ0点だったりで、塾を変えた時「失敗したかも」とさえ思いました。でも私もめげずに何とか今の塾の内容に追いつかせようと、塾とは別の課題を毎日やらせながら何とか軌道に乗って行かせようと頑張りました(今の中学受験の算数と計算系の理科はムチャクチャ難しく、親が教えることはムリですが、何とか自力で頑張らせました。社会は最初、新しい塾で0点をとったりしましたが、社会だけは私でも教えることが出来ます)。最後はいい結果で実を結び、やっぱり変えといてよかったと思った次第です。

下賤ですが、まずは某学習塾による昨年度の(男子)中学入試偏差値をまとめた表(下画像クリックで拡大されます)。受験日複数校は入りやすい方の偏差値で載せました。いわゆる超難関校には、東大合格者数ランキングの常連校か、東大は切り捨てるが将来の大学受験も不要になりうる早慶系の学校へ行くという、2系統の選択肢があるといえます。

子供を中学受験させる方にとって、こういう表を見て、子供がどこまで伸びれるかというのが課題になるのでしょうが、一般にイメージされる高校受験偏差値からすると、中学受験の偏差値を見てもピンと来ないかもしれません。中学受験の偏差値60というのは、およそ高校受験の偏差値70にも匹敵するくらいではないでしょうか。だから中学受験で偏差値50あるなら大したものだし、60超えるなら相当優秀でスゴイといえるでしょう。

うちは第一志望は小学四年の時から決まってました。それまで塾には行ってませんでしたが、最初の入塾テストのようなもので子供は国語で相当な点数をとって塾の先生方から驚かれました。私の受験は国語で苦労したので国語が出来る子になってほしいとの思いを強く持って幼児期から育ててたし、コチラでも子供の国語の点数が非常によかったこと書いてますが、やっぱり親次第で子供は良くも悪くもなるんだと確信を持ちました。毎日、本を読み聞かせて、たくさんの本がウチにはあるし、そういう環境が子供にプラスになってたと思うし、子供が国語で秀でてたのはその結果だと思います。社会はやりさえすれば伸びると思ってたし、問題は理数系だと思ってたわけで、ただ計算については実は小学校に入った時からパソコンの計算ゲームをやらせてたんですね(『メキスウ』という計算ゲームソフト)。それで計算自体は子供は結構、出来るんです。でも中学入試は単なる計算ではなく、多角的な分析からの発想力が必要となり、学校にもよりますが難関校になるほどその傾向が強くなり、そういうひらめきのようなものが必要になってきます。そういうのは学校の授業では全く出てこないし、塾に行かないと身につかないわけです。理科も記憶分野はやれば出来るようになるでしょうが、物理系などは非常に難しいため、そういう理科や算数を普通の親が教えるというのはまず不可能で、3年生ぐらいから塾に通ってる子はそういう問題にも慣れてるでしょうが5年生の冬から大手学習塾に通い始めたウチはかなり遅い方といえます。そういう状況で理数系がどこまで伸びてくれるかがポイントだったわけです。社会と理科の記憶分野は前の塾でやってなかったところも教材をコツコツやらせていって追いつかせました。計算の必要な理科と算数のわからない問題は塾の先生にどんどん質問させていくしかなかったですね。それでやる気になってもらって、わからない部分もわかるようになってもらう以外ありません。6年生になると希望の学校への選抜コースがありましたのでそこに入り、その優秀な子が集まってるクラスでも子供は国語で一番を時折とったりするほどで、国語だけは大したものだなと思いました(それでも波があり悪い時もありましたよ)。社会は基本要点を忘れないよう常々暗記させ続ける、そして第一志望に受かるには算数・理科の難問が解けるようになってもらわなければならなかったわけで、下はウチの子の偏差値推移ですが、実質理数系の伸び具合に左右されてたと言ってもよいくらいでしょう。次々新しいところをやるのでなく、毎日、前日前々日の復習をやりながら必ず次に進みなさいと私は常々言い続けまして、それを守って子供もコツコツやったのでしょうか、ブレながらも綺麗な右肩上がりで受験直前には志望校の合格圏になんとか届くようになりました。


それでも算数や理科が悪い時はやらかしてしまうわけで、右は秋のテストでの成績ですが、概ねこんな感じだったんです。そうして子供も本気で頑張るようになってから点数のブレも減ってきて、なんとか理数系含めて合格ラインに届くようになってきました。

そして受験料を支払った時にもらったものなども神棚に飾ったり、縁起担ぎ、願掛けを入試の頃してました(下写真は当時のウチの神棚)。

実際どんな風に勉強させてたかを書き表すのは難しいですが、とにかく子供の学習環境には配慮しました。うちは子供の学習机を居間に置いてます。子供部屋なんてありません。プライバシーというのは戦後、リベラル思想が押しつけられてスリ込まれた概念ですし、元々の日本人にそんなものはなかったんです。
そして子供の受験本で有名な佐藤ママ、息子3人と娘を東大理Ⅲ(医学部)に全員合格させたという、受験界では有名なカリスマ的存在、今じゃたくさんの本が出てますがウチにあるのがこの『灘→東大理III 3兄弟の母が教える中学受験勉強法』(佐藤亮子・KADOKAWA、詳しくは右画像クリック)。これは子供の受験勉強期に買っていた本ですが、私はこの本を持ってはいたのですが受験前は全く読んでいませんでした。私は私の直観を大事にしたいと思ってたこともあり、せっかく買ったのですがあえて読まなかったんです。それを受験後となった今、改めて読んでみたのですがウチとの共通点がいくつもありました。

まず一番には、子供の学習机がリビングに置いてあるということです。上はこの本にある子供の学習机の様子で、うちと同じように居間に子供の机がある。しかも4人分が並べられてます。子供の勉強机は、常に親の目が届くところに置いた方がいいに決まってるんです。もちろん居間でテレビなんか見ないのでしょう。佐藤ママのご主人は共産党員の弁護士らしいのですが、佐藤ママは若い頃の海外留学なんて必要ないとも言われてますし、今のチャラチャラした子育てでなく、子供の学習は単に将来、仕事で自活出来るようさせるためにすぎないということもわかっていて、佐藤ママのやってることは保守っぽい子育てそのもので、しっかり地に足ついた考えを持ってる方です。

そして右もこの本から、子供の教材を百均などで買ったものに整理した様子の写真。ウチはスペースがなくここまでは出来ませんが、机横にラックや小さな本棚を設置し、科目別にもらった教材を置けるようにして、その整理は私がやるようにしました。大手学習塾に行かせはじめてわかったのですが、今の塾はテキスト、問題集だけでは済まず、もらうプリントなども物凄く多く、それを子供が自分で整理してやっていくというのはまずムリなんです。私は最初それに気付かず、塾にもらったものを毎日整理しなさいと子供に言いつけ、子供に自分でやらせようとしてたのですが、もうプリントだらけで机とかがムチャクチャになってくわけですね。成績も伸びない。それで教材整理は私がやってあげるようにして、とにかく子供は学習に励ませるようにしました。

またこの佐藤ママ、長男だけには最初、ゲーム機を買ってあげたようですが、後にその長男からゲーム機を回収し、以後の子にはゲーム機を一切持たせなかったということもこの本には書かれてあります。

中学受験、塾に通わせたりとかそんなのだけでなく、本当に親が大変です。一番のカギはやっぱり親でしょう。一度テキストを読み込んだだけですべて頭に入るような天才児はそうそういるものではないと思いますし。

とりとめないレポートになったかもしれませんが、一つ思ってることは、ウチの子が今度は親になった時、こんなことを継承させることが果たして出来るのか、と大変な疑問を持ってます。某大学系のように親もほとんどがその大学出身でオモテ向きは難関校でも実はおカネで入れるような学校なら別ですが…… 実際、子供がただいまお世話になってる学校OB関係者の中には自分の子も入れたかったけど入れることが出来なかったという方も数多いようです。息子の嫁が果たしてこんな子育て出来るだろうか、しかもここまでやることが本当に必要なのかどうか、正直それさえもハッキリわかりません。ただ学歴は現実として、特に男性にとっては彼女を探す上でも大変な武器になるであろうし、もちろんそれなりの仕事に就くにはあった方がいいと思ってるからにすぎません。でも今のように女までに小学生の時期から猛勉強させていい学校へ行かせる価値なんてあるのだろうか、とも思います。男はともかく、女はいい学校に行ったからと、いい男が寄ってくるわけでは決してありません。男ならそれでより多くの女が寄ってくることになりえることはありますが、女が高学歴だとかえって男性、家庭、子育てを遠ざけてしまう可能性すらあると思いますね。

どこに行ってるとは言いませんが、高校から入るより中学はまだノンビリした雰囲気もあって、子供は学校が楽しそうです。一応は将来の強い影響力を持ちえるエリートの卵が集まってる学校、そんな中で英霊を称えたり、そういう作品を紹介させたりとか、既に子供には周りへの愛国啓発を地道にやってもらってます。普通の人が憧れるような難関校にうまく入れましたが、うちのような底辺の家と違い、そこにいる子供たちは確かに物凄い家の人も多そうです。子供のヴァイオリン教室でも医者など富裕層がとっても多いんです。けれど実際のその親御さんたちの育て方を見てると、将来は危ないな、怪しいなって家がすごく多いんです。確かにお金持ちで元々、頭もよく筋のいい子供たちは多いかもしれない。だけどそれで将来安泰だ、なんて風には絶対ならない。せっかく猛勉強していい学校に入ったのに、入った途端、スマホやゲームばっかりやってる子もいるし、親はいったいナニ考えてるのやらってところも多い。子孫が絶えかねないリスクが強く感ぜられるし、そういう予感が私には漂って見える。女の子がひどいと、この傾向はさらに顕著に表れる。今は女に「自分らしく」だの「女性の自由」だの女権思想プロパガンダでほとんどの娘が洗脳されてますが、松田聖子のように「自分が 自分が」というタイプの女性が、幸せな家庭を築けるなんてことは100%ありえないと言い切れるからです。自分の夢の実現なんてのでなく、子供と家族の幸せのため頑張り、家族が幸せになってこそ自分も幸せになれるのです。もちろん自分の夢が最初から家族の幸せである方には言うことありません。男子で女子を蹴とばすような子はほとんどいませんが、今は男子のお尻を理由もなく蹴とばすような女子がゴロゴロいるんですよ。TVの影響は強烈、幼くして既に将来は決まってるんです。私の読者なら、このこと十分理解できるのではないでしょうか。なんで私が、ある種の人々が妬むような特権階級やエリートと思われる人々に冷ややかでいられるかというと、子供を一流校に入れて、ああいう一見、恵まれてるようなエリート層見てても、余裕持てるし、逆にうちの方が正しいと、ますます自信を持ってしまうわけです。その子たちや親の様子を見てて、決して将来(一人の人生でなく次世代にわたっての)安泰なんて感じられそうな人はほとんどいませんよ。かえってウチの子の方が勝てるチャンスはあるのではないかと思ったりしてます。

GARDEN GARDEN (1988)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆ネットは影響力があるのです。自信を持ちましょう ~ アイドマの法則

◆短信 保守派へのネット弾圧が激しいですが

◆1970年代初頭までの青春ドラマも見ておきたいね

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ① 神代 皇基の遼遠

◆戦後の歴史教育を捨てよう。 歴史教育 再興 ① 永久保存版 戦前の国史(日本史)学習年表

◆子供の英語教育についてです

◆デタラメ見本人間ゴリ押しマンセーで人格破壊される日本人 ~ 女性の低脳化で、カルト化する女性芸人やスポーツ選手等への崇拝

◆フェミ左翼、グローバル反日勢力に乗っ取られた大相撲 ~ 悪の巣窟 評議員制度、協議会、第三者委員会、放送倫理委員会BPO等も

◆満州は日本の生命線だったのです ~ 押しつけられた、日本軍による南満州鉄道爆破 自演説の虚偽

◆大東亜戦争(太平洋戦争)の起こったわけ (完答)

◆くるぶし出し靴下の強制に見る、ファッションセンスも破壊される日本人

◆子供のおねしょ対策について

◆うちの音楽教育

◆この上なく高貴だった日本女性 ~ 明治の武士

◆軍歌『若鷲の歌』 = 「予科練の歌」を、6歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

トップ | 保守系 子育て 教育 | permalink | comments(11) |

真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑧
第二十九 北條氏康

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2019.7.5)  (戻る)
さて、前からやっおきたいと思ってましたが、中断してました戦前の歴史教科書【尋常小学 国史】の続き、いわゆる戦国時代の辺りから再開していきます。
今日のような話も、一般の方は知らなくとも、武将オタクは結構くわしかったりするかもしれない。そういう人が読まれてきた本にはその人物について、いいことも悪いこともいろんなことが出てたりするでしょう。ではどこに真実があるのでしょう。真実とはなんだと思いますか? そういう歴史上の人物たちというのはどういう人たちであったか、いくら研究しても答えというのは見つからないんです。数学や物理学のようにはいきません。永遠にそうなんです。聖徳太子が抹殺、歪曲されようとしてるように、その人物の実際はこうだったなんて、連中によって都合よくデタラメが真実のように次々改変されていくだけなんです。(現代考古学なんてデタラメに満ちていて)今のわけのわからないエセ学者だらけだと尚更。では真実はどこにあるのか…… それは戦前の教科書にあるんです。真実は、(もちろん英霊たち含め)戦前の人々はこれを読んで学んでいたということです。これは紛れもない真実です。さまざまな歴史上の話について、事実がどうだったかとかグチャグチャぬかす奴がいたりするわけですが、そんなことは私にとってまるで問題じゃないんです。古事記、日本神話を読んで「こんなのありえない」「どうせ作り話じゃん」とか唯物論者どもは言うでしょう。今じゃ縄文式土器は世界一古い土器とか、1万年以上前から存在した世界最古の文明 縄文文化とか、俗物どもをだまくらかすための工作がどしどし仕掛けられてる。私にとってそういう胡散臭い者どもの能書きたれ、どうだっていいんです。そんなのはどうせまたどんどん書き換えられて結局、ああだった、こうだったと、(邪馬台国があっちだ、こっちだ等の類の下らない話と同じように)いつまでも騒ぎ続けられるだけで、そんなものに付き合わされて日本人はどんどん暗愚になっていくんです。心の拠り所、横文字でいうならいわゆるアイデンティティーとすべきものが失われていくわけです。

真実はどこにあるのか。日本神話はおよそ二千年も前から存在し、継承されてきた、それこそが紛れもない真実です。だからそれを大切にしなければいけないんです。先人たちに思いを馳せる、尊敬の念を持つ、先人の思いや考え方につながってみたいという方は、その紛れもない真実に気づいて(そんなことわかってるという方もおられるでしょうが)、先人たちの学んでいたものを大切にされてくださいね。ここを読みさえすれば、偉大な先人たちと思いを一にすることが出来る、逆にここを読まなければ、いくらいろんな本を読んでも変な知識ばかり頭に貯めこんでいくだけで、いつまで経っても先人たちと思いがつながることは出来ないままだということ。

さて、室町幕府「足利氏の衰微」に続いての今日は、北條早雲から三代にわたって名を轟かせた戦国武将、北條氏康。

【「尋常小学 国史より」シリーズ 目次はコチラ】

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
尋常小学 国史より ⑧ 第二十九 北條氏康(ほうじょううぢやす)

戦国時代
応仁の乱がやんだ後、多くの大将は、めいめい自分の国に引きあげて、なほ互いに争っていたが、将軍の威勢が衰えているので、これを抑えることが出来なかった。この間に、英雄が四方にきそい起こり、およそ百年の間、国々に戦乱は、ほとんど絶え間がなかった。世にこの時代を戦国時代というのである。
北條早雲が起った
こういう時勢に、まず起こったのは、北條早雲(そううん)である。早雲は、平氏で、はじめ伊勢にいたので伊勢新九郎(いせしんくろう)といった。生まれつきすばしこい人であるから、早くから時勢を見ぬいて、家を興そうと考へ、六人の勇士をひきつれて駿河に下って来たが、その頃 東国がたいへん乱れていたのにつけいって、急に奮いおこり、伊豆を取って北條にいた。そうして、惜しげなく金銀をまいて人望をあつめ、また北條氏の子孫ととなえて、ますます士民をなつけた。早雲は、続いて相模を取ろうと考え、使を小田原(おだわら)城にやって、鹿狩といつわって箱根山を借りうけ、大勢の兵士を猟師の姿にかえて山に入りこませ、不意に小田原城に攻め寄せた。城主は大いに驚き、あわてて逃げ去ったので、早雲は、やすやすと城を奪つてここに移った。それからおいおいに相模を従えて、勢を東国に振るうようになった。
氏康の修養
早雲の子の氏綱(うぢつな)は、父に似て勇武な人で、兵を武蔵(むさし)に集め、上杉氏を破って、江戸や川越などの城をおとしいれた。氏綱の子の氏康は、十二歳の頃まではたいへん臆病であった。後、これを深く恥じ、大いにいくさのことを習って、とうとう勇気のある立派な人となり、父の後をついで、ますます勢を盛にした。

川越の戦
この頃、上杉朝定(ともさだ)や憲政(のりまさ)らが、川越城を取り返そうとして、八万の大軍をひきいて攻め寄せた。北條氏の将は、固く城を守って、半年も持ちこたえたが、そのうち、城中の兵糧がだんだん乏しくなった。そこで、氏康は、自ら小田原から助けに行ったが、その兵はわずかに八千ぐらいいの小勢であったので、敵の大軍には到底手向かうことが出来なかった。そこで、わざと仲直りを申し込んで、敵に油断をさせ、夜中に急に攻め寄せて、大いにこれをうち破った。この時、朝定は戦死した。憲政は、いったん上野に逃げかえったが、ほどなくまた氏康に攻められて、越後へ走った。
氏康はよく国を治めた
これから後、氏康はますます他の国々を攻めて、大いに領地を広めた。氏康は、戦が上手なばかりでなく、国を治めることもすぐれていて、つねづね部下をかわいがり、よく領内の人々をめぐんだ。それ故、人々は、皆 氏康になつき、他の国々からもその政治をしたって、われ先にと小田原に集って来る者が多かったということである。早雲が起ってからおよそ六十年ばかりで、その領地は、伊豆をはじめ、相模・武蔵・上野などの国々にまで広まった。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(続き)◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑨ 第三十 上杉謙信と武田信玄

(戻る)◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑦ 第二十八 足利氏の衰微

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑩ 第三十一 毛利元就

◆戦前は逆賊歴史学として処罰されてた、左翼学者による皇統否定の「縄文・弥生」時代の敗戦後の普及 ~ 汚染される皇室。救う手だては皇室奪回

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑥ 第二十七 足利氏の僣上

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前教科書 尋常小学 国史より ⑤ 第二十六 菊池武光

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑤ 朝鮮半島の内附 神功皇后の征伐 文物の伝来

◆戦前の絵本から ~ 真実の日本軍。最強だったその勇姿 ②

◆忠臣の象徴 楠木正成公を称える唱歌『青葉茂れる桜井の』(櫻井の訣別)を10歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆さよなら“政治”。 民主主義を掲げる奴を信用するな! ~ “民主主義”による選挙とは、「こんなクズしかいないけど、こんなかから選んでね」というのが本質的な正体

◆丸山穂高議員の「北方領土は戦争して取り返すしかない」発言問題について ~ 北方領土問題もそれに取り巻いてるのは利権に群がるエセ島民ばかり

◆戦前の小学歴史教科書準拠 学習問題から ② 神武天皇

◆いらない性教育。子供の人格破壊を目指す日本の学校教育

トップ | 真実の日本の歴史 中世~近代 尋常小学国史より | permalink | comments(0) |

コロナのウソに気づいた、一人でも多くの方へ。街宣しよう! 気づいた人に街宣のススメ。自ら動けない人は、とにかく当サイトの拡散を!

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.5.30)
素晴らしい活動している人たちがいます。しかしコロナの嘘を暴いていくには、皆さん一人一人の力が必要です! 日本の未来、子供たちの未来に責任を持ってください! 京都「コロナは存在しない」神輿デモ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.12.5)
デタラメのコロナ騒動で死にかかっている日本。この状況で未だに「シナがー」「朝鮮がー」とかしか言っていない人は本質問題が何もわかっていません。未だに「シナ人が撒き散らしたせいで」なんて言ってるようじゃ全く話にならないんです。
今はとにかくこのコロナ騒動の欺瞞を周知させるのが最優先。もちろん日本のマスメディアを牛耳っているのはアッチ系だから、日本でコロナの嘘っぱちをまかり通らせているのもアッチ系なのですが、日本の飲食店なども実はアッチ系が多い。イベント等いろんなものが自粛で、興業などを牛耳っているアッチ系のあいつら自身も実はどんどん沈み、自死に向かっています。コロナ利権で腐りきった政治家やノーナシ役人、クズ専門家どもの家族だって、庶民に限らずオンライン化ゴリ押しによる社会変容から逃れられるはずもなく、皆が自死に向かっている。つまりリアルのものはこれから皆、不要にさせ、すべてバーチャルに閉じ込めさせる世界作りのためというのが(政府のムーンショット計画)、今回のコロナ騒動、マスク着用による新生活様式普及の目的。政府に今やられていることは感染症対策のためでも何でもないんです。
このコロナ対策がデタラメであることを広めるため、思想の左右問わず、男女問わず、動ける時間ある人はどんどんリアルでも動いてくださいね。こんな風に。

「コロナは茶番!」 ひとりで演説

コロナの欺瞞を広めるためにも徹底抗戦、ネットよりリアル世界が優先です。今は占領下そして戦時中、これは戦争なんですよ! 顔バレがまずい方はサングラスと帽子類必須、マスクは不可(笑)。
実は私も時々街宣しています(↑は私じゃありませんよ)。リアルの人々に伝わればいいわけで、ネットに載せたりする必要もないです。一人でも二人でも真実に気づける人がいればそれでいい。もしも貴方に子供がいれば、子供は親の背中を見て育つ。子供たちもマスコミや政府の欺瞞に気づいてくれれば、ただの家畜にされるよりも得るものは多いはず。一人でも多くの人に広めたなら、何かしらかがきっと貴方に返ってくると信じて、やるしかない。やれる時にちょっとの時間だけでも。身近な場所でいいし、無理せず月に1回だけでもいい。慣れちゃえば大したことありませんよ。
動くことがなかなか出来ない方は、摩擦を恐れず、せめてこのサイトを拡散してくださいませ。たとえ気が狂っていると思われようと、周りに“本気”だってわからせないといけないんです。だってこれは戦争なんだから!
拡声器だって数千円から安く買えますよ。日蓮のような辻説法の時代はそんなものもなく、皆、肉声でやっていたのですから。キリストだって。

そしてコロナの嘘を暴いているサイトを誰かに紹介する時は「アクセスするのは危険」等の表示が出ても気にせずアクセスするようにヒトコト伝え、Googleが危険だと警告しているようなところこそ、いいサイトなのだと付け加えておきましょう。言論弾圧、情報統制するファシスト クズ会社 Googleは(twitterのようなSNSも同様)、正しい情報を隠す反面、人々や子供たちを病気にするエゲつない(出会いやエロ、ゲーム・漫画等)サイトへの警告は一切やっていません。もうGoogleは終了!

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆(要拡散)「ウイルス検査には使えない」と語ったPCR検査の開発者 キャリー・マリス博士 ~ キャリー・マディ医師のCOVID-19 新型コロナウイルス騒動への緊急警告

◆デタラメ科学が蔓延る現代。存在しないコロナウイルスの脅威

◆朝鮮ユダヤ Google / YouTubeによる情報統制と言論弾圧 ~ 巨大企業の寡占(独占)により、バックボーンのない個人の発信するものは完全に無視・無力化され、マスメディアか、ネットを支配統制する勢力によって与えられた、発言が広く公開される資格を持つ有名人や芸能人など民衆扇動役に関わる者しかオモテに出れなくなった。そして個人の活動履歴情報はすべて抜きとられている

◆言論弾圧企業 思想統制ファシズムの twitter

◆マスクをしている皆さん、あなた方は家畜として飼い慣らされているんですよ!~ 【マスク=口輪】とは攻撃性や反抗心を封じ込めるためのもの

◆(要拡散)PCR強制条例制定強行する都民ファーストの会。都民が話を聞きたがっているのを完全無視! きちんと何度も連絡をとって話たがっていた都民からコソコソ逃げ回り、立ちはだかる人を車で轢く 伊藤ゆう都議は議員をやめろ! 目黒警察署は都民をないがしろにする議員に不当な計らいをするな!

◆AIと工作員に支配されたネット、バカ製造装置のスマホ中毒者に溢れた世界 ~ そして人々はムーンショット計画でバーチャル空間に閉じ込められる

◆【緊急中継投稿】「マスクをはずそう!」は遊びで言ってるのではないし、ネタとしてふざけてやっているのではありません!~ 平塚正幸 国民主権党によるPCR検査拒否の罰則化阻止活動

◆みんな戦え! 人に頼るな! 勇気を持って! 周りとの摩擦を恐れるな! 世界中でコロナの嘘がバレてきた。

◆家畜と化していく皇族 ~ 令和……日本最後の正当な天皇になるのか……

◆高貴だった日本女性 ~ 子供の想い出を胸に生きる 阿弥陀寺の比丘尼 小泉八雲『心』より

◆本物の“大和撫子”入門 ③ ~ 我の否定、徹底した自己犠牲精神 新渡戸稲造『武士道』より

◆製薬会社や電通とグルになって日本壊滅図る厚生労働省、政府。ボロ儲けしているクズ政治家、役人ども

◆新型コロナウイルス騒ぎはデタラメの虚構! コロナ対策なんて一切無用!

◆新型コロナウイルスなんて存在しません! あるのはメディアウイルス! 政府とメディアが騒いで恐怖を植えつけ、人々に行動統制を強制していることに気づいてください!

◆この上なく高貴だった日本女性 ~ 明治の武士

トップ | 虚構の新型コロナウイルス騒ぎ | permalink | comments(9) |

紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2014.10.12)
打倒!アメリカ、打倒!シナ、打倒!ロシア……等、これらは目標設定としてはわかりやすいのですが、実現性は低い。
では、「打倒!金融勢力」と言うのは、どこが敵なのかよくわからないし、目標設定としても非常にわかりにくい。人類家畜化飼い慣らし進める悪意の金融勢力というのは、アメーバみたいなものであちこち変幻自在に転移していくし、どっかがやられても必ず他で活動してる。だけど、とにかく自らがシッカリしておけば、必ず自分と家族の身は守れるものと信じてます。何よりマスコミ(TV、CM等電波他、紙媒体含めて)やネットで作られたムーブメントや事件に影響されず、流行ってるだとか、人気だとか、話題!だとか、そういう扇動に安易に食いつかないこと。そして古典、伝統等に価値観の拠り所を置いておくことです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2012.9.29)
米監督・プロデューサー 故 アーロン・ルッソが残したロックフェラーとの会話とされるもの
対テロ戦争なんて茶番、テロを仕掛けてきたなんていう敵はデッチ上げ、ペテンにすぎない。
テロリストというのは本当にいるわけだけど・・・だからといってビン・ラディンだのアルカイダなんて・・・プププ、そんな敵はいない。
仮想空間の敵と同じ、ゲームで作られたような敵であって、ゲームと同じことが現実社会で起こっていて、その世界を皆さんが信じ込まされてるということ。すべては支配者、作成者の演出にすぎない。

さらに、世界の人口が多すぎるので半分ぐらいに減らさなければならない・・・また甘い言葉で女をたぶらかすウーマンリブは女を外に働きに出させ、支配者が自分に都合いいよう子供たちを管理するためのもの・・・
だからもちろん、日本の男女平等イデオロギーの押し付け(男女雇用均等・男女共同参画)、フェミニズムだって、女を家庭から追い出し、死ぬまで外で働かせるためのもの。

殺されたとも言われている、このアーロン・ルッソの話、そして下の、アメリカでの911テロの10年前に作られていた映画『ターミネーター 2』に出てくる“caution 9-11”の文字映像、まだ見られてない方は絶対に見ておいてくださいね。ただし、「ロックフェラーがー」となるのには要注意。

「911テロはロックフェラーが予告していた」 アーロン・ルッソ インタビューより (ダイジェスト)

もうちょっと詳しく見るにはコチラ 【アーロン・ルッソ インタビュー ①  インタビュー②

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2011.3.27)
ネット上とかで著名な陰謀論者ってのは、ほとんどが左翼の手先、要するに単なる雇われの攪乱要員。彼らは陰謀論を主張しながらも「全部アメリカのせいだ」、「すべてユダヤのせいだ」(「ロスチャイルドだ」)といった風に結論を誘導し、人々が笑ってしまうような論説を唱えては陰謀の真実、本質が見えないようしてしまうのが仕事。
紛れもなく陰謀自体は存在してるのに、「○○のせいだ!」、「○○の自作自演だ!」なんて持っていくことで、真実を隠してはぐらかしてるわけ。実は書いてる彼ら本人だって真実なんてわかってないし、自分自身利用されてるだけであることにも恐らく気づいてないでしょう。

大きな陰謀には多数の人が絡むので、必ずどこかしらに漏れる。そしてそれらのシナリオには超一流の作家らも関わる。

アメリカ同時多発テロ、世界貿易センタービル(WTC)への旅客機衝突などで世界を震撼させた通称911事件。このシナリオを書いた人物は間違いなく存在するし、しかもその計画は事件の1年2年前とかいうのでなく、もっとずっと前から立てられていた。

よくある米国の自作自演説なんてのも真実を誤魔化してる。もちろん米国の要人にもスパイは多数いたろうが、事件の黒幕はアメリカなんかじゃない。
イルミナティやフリーメイソンとかいう言葉にも、あまりこだわらない方がいい。

昔、日本が米国と戦争したのは、追い詰められて、やむを得ずそうなったということ、日本の多くの保守派の間で概ね一致する見解でしょう。
そこまでわかってるのに、ナチスやヒトラーの側近に紛れ込んで、ヒトラーの周りで戦争を煽った奴らによって、ドイツだって嵌めこまれたのかもしれない・・・という発想出来る人が殆どいないのには全く呆れるばかり。すべては独裁者 ヒトラーのせい? ヒトラー1人の力で独裁者になったり、世界に戦争仕掛けていったり出来るとでも思ってんの? 日本(自分・自国)についてだけは、すぐに都合よく被害者面させようとするくせ、それが他人の話になると、まともな思考ができなくなる。それが人間の特性でもあるんだろうけどね。

ならばクウェート侵攻で墓穴を掘って湾岸戦争を招いたイラクとかも、実は嵌め込まれただけにすぎないのではないか、そう考えるのが妥当だろ?

大体、ドイツがソ連に戦争仕掛けた時、何で日本はソ連に仕掛けずアメリカなんかに仕掛けたんだ? おかしいだろ。

だから当然、同じように米国だって、実は嵌めこまれて日米開戦を仕組まれた可能性も大いにある。どうしてそんな発想だけは全く出来ないんだろうね。もちろんルーズベルトは真珠湾奇襲を知ってたと思うし、確かに結果として日米戦争に米国は勝利したけど、あの戦争に勝ったからって、すぐにソ連だって出現したし、米国に大したメリットなんてなかったはずだぞ。

下っ端のスパイというのは表に出て捕まってしまうこともあるが、大物スパイはもちろん、その黒幕なんて滅多なことでは捕まったりしない。だからゾルゲ事件で尾崎秀実らがソ連のスパイとして逮捕されても、本当の黒幕は日本国内に他にいたと見るのがまっとうなはず。
日米開戦は、日米共にコミンテルン共産主義者が暗躍していたからというのは割と知られ始めているけど、それなら、911テロやその引き金にもなった湾岸戦争がおっぱじまるよう仕掛けていった勢力だって、間違いなくいるはず。

“CAUTION 9-11” と書かれたブリッジに大型トラックが激突炎上する映画

大ヒットした映画『ターミネーター2』、ハイライトの一つでもある、悪役ターミネーターが大型トラックでトンネルのブリッジに激突して炎上するシーン。
そのトンネルの上、どうしてこんなところに「Caution! 9-11」なんて、わざわざハッキリ書いてあると思う? 激突シーンも、正にWTCへの旅客機衝突を彷彿とさせる内容。

もちろん911テロは2001年9月11日、この『ターミネーター2』の公開は1991年だった。そして湾岸戦争は1991年1月に開始されていた。尚、当時はまだソ連があった。

ビン・ラディンなんかが、あんなテロ、一人で計画出来るわけねえだろ。頭はダイジョブか? それともこれをたまたま見た田舎者のビン・ラディンが、この映画に感化されて911テロを起こしたとでも?

特にこの映画をリアルで見ていた私の世代は、この映像を見ればかなりの人がピンとくるはず。でもカドのとれない頭の固い保守層は、「陰謀論? アメリカの自作自演? バカバカしい・・・」といった反応するよう左翼 陰謀論者の攪乱作戦の術中に嵌っていて、正常な判断が出来なくなりがち。そして私の世代より下で映画自体を知らない人だと、見ても何がなんだかわからない、真実を理解しようともしない人がきっと多い。要するにノータリン。

ここまで書いても鈍感でまだわからない人がいると思うが、そういう人のため親切にわかりやすく書いてやるとするなら、この映像から伺えるように、2001年の911テロの計画は、既に1991年の湾岸戦争の頃からハリウッドの一流スタッフら一部に漏れていたということ。

それにしても、この動画映像(右写真クリックで見れます)では「どうしてこんなところに、こんな文字が?」と思えるほど『CAUTION 9-11』とクッキリ刻まれている。別に幽霊のように薄っすら出てるとかそんなレベルではないぞ。これをオカルトとか言ってる奴はパッパラパー、鈍すぎるぞ(オカルトとか茶化した風に持っていこうとする奴はあっちの手先も多い。要するに奴らの工作員は両建てなんです)。
しかも、中心の支柱の両側のトンネルがWTCのツインタワービルにも見えるだろ?
ビン・ラディンが田舎で企んだテロ計画が、その10年前からハリウッドに漏れてたとでも言うのか?
これほど親切に、こんな映像でわかりやすく暗に911事件を警告してくれてた人がいたってのに・・・そういう紛れもない事実をまずは受け入れ、どうしてこんなことになっていったのか、考えれば、おのずと答えは出てくるでしょう。

この話についてもっと詳しくは、こちらもご参考を

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2011.5.4)
巷ではウサマ・ビン・ラディンが殺されたという話題でいっぱいですが、きっと、ここをご覧の方は恐らく、とても覚めた目で茶番的に見てるはず。
世間、世界中からの疑いを、あたかもかき消すかのようなタイミングで流されたこのニュース。
確かにビン・ラディンが事件に手をかけた首謀者であった可能性はありますが、まさかビン・ラディンが本当の黒幕だったと思ってる人、ここにはいないことでしょう。仮に彼が本当に関わってたにしても、奴らによって首謀者に担がれていたにすぎません。かつての日本が嵌め込まれたように。
ネット上や一部メディアには、死んだビン・ラディンの写真も既に出回ってますが、その写真や死亡説自体、疑われるのは当然です。

ここは陰謀の存在を主張してますが、よくある左翼系の陰謀論者のように、アメリカの自作自演だとか言って反米を煽ってるところでは全くありません。

日本で「アメリカの自作自演だー!」とか言って、アメリカやCIAを悪玉にして騒いでるのは奴らの手先。
よくある陰謀論者の、アメリカやユダヤ、ロスチャイルドなどの悪玉説、一部には正しいところもありますが肝心のところを誤魔化してます。
日本では、特にネット上では、「アメリカの自作自演だー!」と騒いでる陰謀論者ばかりですが、海外では全然違います。そして米国内ではもちろん、海外では911テロを引き起こした本当の勢力の正体、既にかなり知られてます。

戦争当事者の双方を支援するという、石森章太郎のブラックゴーストのような組織は、架空の存在ではありません。
911だけに限らず、第一次世界大戦から第二次世界大戦、ヒトラーをそそのかしてはその敵方も支援していた勢力、日本を支援しては他方も支援していた勢力は紛れもなく実在します。

この映画『ターミネーター2』の衝突シーンにクッキリ出てくる「Caution 9-11!」の文字。WTCのツインタワーを思わせる両脇のトンネル(右写真)。
911同時多発テロは2001年ですが、この映画公開はその10年前の1991年。
当然、この映画の制作にはいろんな情報を知りえる当時の業界トップだった人たちが関わり、どうして彼らがこんな頃から、こんな文字まで入れて未来を警告するような映像をさりげなく流してくれたのか・・・よーく考えてくださいよ。

最初は「胡散臭いなー」と思うでしょうが、とにかく一度、下のビデオ見てご覧。見たら必ず目が覚めて、世界の見方が変わりますから。これをオカルトとか言ってる奴は、もはや処置なし。
見てわかったら、911テロはじめ、これまでいろんな世界を動かす事件を引き起こしてきた奴らの正体、そしてその狙い、よーく考えてくださいね。


《911同時多発テロの疑惑について、わかりやすいビデオがコチラにあります》

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2011.10.6)
世界中で陰謀を引き起こす勢力とは・・・
表向きは日本人と笑顔で接してる反面、シナ・朝鮮にも裏で手ぐすね、日本を自壊へ導いてる黒幕は同じです。シナ人・朝鮮人に入れ知恵しているブレーンは、シナ人・朝鮮人ではありません。
ヒトラーの言葉(ここの動画がわかりやすい)ゲッペルスの警告は、世界を動かしている奴らの正体・目的を知ってしまったから、あれほど核心を突いた現代を予言したような内容になってるわけです。

だからと言ってシナ・朝鮮とだけでなく、今のシナ・朝鮮人を裏で糸引いてる奴らとまで日本が戦おうとしたら、かつてのドイツのように世界を相手に戦わなければならなくなってしまいます。ヒトラー、ドイツはそれをやってしまったせいで自滅したんです。
英国だって、米国の独立戦争当時、裏で米国を支援していたフランスとまで戦ったならば、きっと英国も自滅していたことでしょう。

いずれにしろ奴ら黒幕にとって、日本を叩いて骨抜きにする上で、シナ人・朝鮮人は非常に利用価値ある存在ですね。奴らが一番恐かったのは日本だったわけですから。でも今の日本人の堕ちっぷりでは、もう全然恐がってないかもしれませんが。
まだ見てない方は、まずは一度、下の動画をご覧になってください。

マスコミや世界で騒がれてるようなこと、すべてが操作され、操られていることに早く気づいてくださいね ^▽^)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2012.5.12)
昨日書いた冨永と塩谷の二股騒ぎからベストマザー受賞の流れ、発端は4月の冨永と塩谷の「フライデー」激写報道に始まってるようですね。男の塩谷が泣いて謝罪会見なんて、普通に考えておかしすぎるし、塩谷は役者なわけで、誰かが書いた陳腐なシナリオ通り彼(彼女)らに言わせてるのは間違いないでしょう。

まだ見てない方は、右派左派問わず『ターミネーター2』の“Caution 9-11”、とにかく下の動画を一度はご覧くださいね。見れば、アルカイダがどうたらなんてメディアでの報道、「プッ」としかならなくなりますから。

ちなみにジェームズ・キャメロンは後に大ヒット映画『タイタニック』を製作してますが、911米国同時多発テロは2001年で『タイタニック』は1997年、そしてこの『ターミネーター2』は1991年。もしも同時テロが1997年より先に起きてたら、キャメロンはとても『タイタニック』なんて作れなかったでしょう。こんな映像を残してくれたキャメロンも、H・G・ウェルズと同じく、奴らの単なる走狗に成り下がってたわけではないということでしょう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————-
(2011.4.12)
巷によくある陰謀論者の役割は、陰謀論の信者と蔑視者 2タイプの増産

まず、よくある陰謀論者が「ユダヤのせいだ!」、「アメリカのせいだ!」と言ってるのに対し、「なるほど、そうだったのか」と信じてしまう人、これを洗脳されているタイプAとしよう。

そして、「アメリカの自作自演? 全部ユダヤのせい? 陰謀? アハハ、バカバカしい!」なんて反応する人も、洗脳されてしまってるということ。こっちはいわばタイプB。

要するにこの両派、両方ともまんまと奴らの策略に乗せられ洗脳されてるってこと。

どういうことかというと、アメリカの自作自演なんてのも真実と違うし、じゃあ陰謀は存在しないのかと言うと、それも違う。要するに真実は両方とも違う。
もちろん、通説とされるビン・ラディンだのイラクだのは、911の黒幕でも何でもない。

ここの映画「ターミネーター2」の動画、ちゃんと見たなら、明らかに911事件を警告するものであることに疑いを持たないでしょう。間違いなく1991年当時から、一部の人々に911事件は漏れていた。

だからいわゆる、俗にあるアメリカ自作自演説等を唱える陰謀論をこれまで笑ってた人(私もそう)、この映像を見て衝撃を受けたはず。そして自分を含め世界中が通説とされてたことにダマされ操られていたことに気づき、体が震えるような戦慄を覚えた方、きっと多いはず。

よくある陰謀論者が「アメリカのせいだ! CIAだ!」とか言ってると笑っちゃうけど、だからといって「陰謀なんてバカバカしい」となっては、左翼の走狗 陰謀論者の情報攪乱作戦の思うツボだということ。

アメリカやユダヤ、ロスチャイルドやロックフェラーの陰謀論を主張することで、それを信じてしまう人(タイプA)もいるが、陰謀論がお笑いネタのように主張されることで陰謀論に対する拒否反応を持つ人々も多く生まれる(タイプB)。つまりタイプBは、陰謀と聞いただけで思考停止、陰謀の存在自体から目をつむってしまうようになる。
要するにオモテに出ている著名な陰謀論者の主な目的は、この二つということ。

俗っぽい陰謀論で陰謀の存在を胡散臭くさせて、陰謀論への嫌悪感を引き起こし、陰謀の実在に目を向けなくさせる手法は、愛国心を貶める街宣右翼と同じ手口でもある。つまり街宣右翼は愛国心等の大切さを大きな声で上げるが、それを胡散臭くやるので、かえって人々から愛国心が蔑まれ、愛国心自体に目が向かなくなる効果を生んでいたわけだが、それと同じ。

著名な陰謀論者がバカバカしく見える陰謀を主張することで、陰謀論や論者自体が蔑まれるようになり、陰謀の存在を主張すること自体が愚かしいことであるかのような風潮につながる。陰謀は紛れもなく実在するのに、真実に全く目を向けさせなくしてしまうワケ。ややこしく思わないで、スッキリ理解してください。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
◆日本人なら『ねずみの嫁入り』の世界観を!~ 陰謀の黒幕を考えるのでなく全体として捉えられる感覚を持ちましょう

◆陰謀論と新世界秩序、そして3S政策について ~ NY911事件を予言していたハリウッド

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆ワン・ワールド体制への仕込み工作に重宝する劇団イスラム国の虚像 ~ 作られるテロと悪役による世界劇場。対立に利用される“差別との戦い”

◆現代の紛争や不可解な流行、ゴリ押し 行き着くところはユダヤ国際金融 ~ ユダヤ人や朝鮮人は被害者や弱者なんかではない

◆保守・排外系団体に、人権左翼やフェミ左翼がいっぱい紛れ込んでますね ~ 引っぱたくことは覚醒作用を起こす

◆専業主婦がいなくなれば、TV・ラジオはもたない ~ マヌケ腐れマスコミ ~ 米国911テロと、ビル爆破工事の酷似

◆DVや虐待を流行らし、家族解体を目論む左翼勢力のワナ ~ 責任転嫁で本質問題を誤魔化さす左翼の極意

◆朝鮮人というより問題はパチンコ。国連も左翼も朝鮮パチンコが支配

◆中韓批判だけ、日本人批判だけ、日本人賛美だけ ・・・ どれも売国奴です

◆保守がネコ好きってのもウソっぽい ~ 保守にネコ好きが多いは本当か!?

◆ナンバー・ワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリー・ワンの末路 ~ “オンリー・ワン=独り” と書き残して死んだ 『 二十歳の原点 』 高野悦子

◆日本の男女平等度が先進国最低水準とインチキ格付けする、国連オブザーバー団体 “世界経済フォーラム” とは

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 ~ 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆反シナ・反朝鮮というだけの短絡的なネトウヨがマンセーする、日本における拝金主義・フェミニズムの権化 福澤諭吉について ②

トップ | 陰謀を仕掛けて世界で暗躍する勢力 | permalink | comments(3) |

同性愛についてです②(ホモ)
~ 同性愛者が知的なんて言ってる連中は戦車で轢き〇すべき!

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.5.28)
体は男だけど心は女なんてデタラメを認めてはいけません。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2017.4.6)
養育里親 男性カップルを大阪市が全国初認定2017.4.5 毎日新聞
虐待などにより親元で育てられない子供の養育里親について、大阪市が男性カップルを認定したことが5日、市への取材で分かった。厚生労働省は同性カップルの里親認定について「聞いたことがない」としており、全国初とみられる。
大阪市によると、昨年12月、市内在住の30代と40代の男性を養育里親と認定した。市は、養育する子供については詳細を明らかにしていない。
厚労省は里親委託に関するガイドラインを2011年に策定した。ガイドラインに基づき、各自治体で里親の認定について運用が進められている。
自治体によっては、同性カップルを異性間の結婚に相当する関係と認める動きもあるが、里親については夫婦らを前提とし、性的マイノリティー(LGBT)の認定には消極的な意見もある。
しかし、厚労省ガイドラインでは里親希望者の要件について、同性カップルかどうかは定めておらず、同省家庭福祉課は「ガイドライン上、同性カップルでも里親を希望することは可能」とする。実際に認定されたケースは把握していないという。
同省によると、国内では現在、約4万5000人の子供が社会的養護のもとで生活している。大半は児童養護施設などで暮らし、里親に預けられているのは1割強にあたる約5000人にとどまっている。同性カップルの里親を望む声は以前から一部であった。
大阪市では、里親希望者はこども相談センター(児童相談所)に申し込み、面接や制度の仕組み、心構えなどを理解する1週間程度の研修などを受ける。その後、有識者らの社会福祉審議会に諮問し、最終的には市長が認定する。里親には養育里親に加え、養子里親や親族里親、専門知識を生かして養育する専門里親がある。認定を受けた里親は、子供とのマッチングを行うことになる。今年1月現在、大阪市で登録されている里親は119世帯。(写真は、エルトン・ジョンのゲイカップルと、里親としてもらった子供)

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆

こんな奴らのところに子供がやられるのか! こんな連中に預けること自体が子供への虐待そのもの! オモチャにされるだけだろ!
児童虐待だと騒がれて親元から引き離され、児童相談所に連れ去られた子供たちが、後にこういう変態男の元に預けられる……子供たちに人権はない。何が子供の人権をだ、ボケナスども。
別に同性愛者ってだけで殺す必要はなくとも、そこにとどまらず、「ホモに人権を!」「ホモにも子供を授かる権利を!」なんてほざいてる奴らは戦車で轢き〇せ! 同性愛者の子供持つ権利なんかに賛同するブタどももブッ〇せ!
キチガイ政治家、キチガイ役人、キチガイ裁判官、キチガイ教師、キチガイ警官……キチガイはブッ殺せ! キチガイどもから国を取り返せ! キチガイ政府ブッ潰せ!

しかも来年の大河ドラマでは、西郷隆盛までホモにされてしまう! マスコミもブッ殺せ!
【2018年の大河ドラマ『西郷どん』にBL要素が入る】(2016.11.2 オリコン)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2015.12.15)  (始めから読む
*************************************************************
「同性愛異常」やじ 自民岐阜県議「深くおわび」役職辞任  (2015.12.11 毎日新聞
岐阜県議会本会議で「同性愛は異常」とやじを飛ばした自民党の藤墳(ふじつか)守県議(74)は11日、記者会見し、「発言を撤回する。深くおわび申し上げる」と謝罪した。
藤墳県議は10日の本会議での発言の後、「同性愛を社会全体が認めて拡大すれば人口減少につながる」と説明。「発言は撤回しない」としていた。しかし会見では「昨夜、他の人から言われ、(同性愛者らを)傷つけてしまったかもしれないと気付いた」と述べた。
また、藤墳県議は11日、所属する県政自民クラブに、党県連政調会長と県議会政治倫理審査会委員長を辞職する意向を文書で提出し、議長経験者で構成する「幹部会」で了承された。

*************************************************************

下動画は前にコチラで少し触れた、共に詩人である十代のアルチュール・ランボーと十歳年上のポール・ヴェルレーヌの男色生涯を描いた、後に『タイタニック』で一躍トップスターになった、なんとあのレオナルド・ディカプリが出演の映画『太陽と月に背いて』(1995・詳しくは右画像クリック)より。
レオ様って、『タイタニック』(1997)に出る前って(出た後もかもしれないけど)、このホモ役もそうだし、知的障害者の役とか、結構、変な役回りよくやってんだよね。演技はうまいけど。


若い男がこんなことに嵌っててはいけません。ちなみにヴェルレーヌには妻子がいるけど、若いランボーはそういうのがないまま破滅的な人生を送ります。
『タイタニック』を見た後だったと思うけど、ディカプリオが出てるってことで友達が何とこの映画のビデオ持ってうちに来たんだよね。あの頃はまだ、ボーイズラブ小説なんてのもそれほどなかった時期だろうし、腐女子なんて言葉もなかったはず。ディカプリオの男同士の絡みが衝撃的で、中には興奮する人もいるのかもしれないけど、私はこれ見て大変ショックでした。それになんでこんなキワモノ、よりによってウチに持ってきて見るんだって思ったし……

BL(ボーイズラブ)小説の世界みたいに全然キレイじゃない。もっと生々しく、こんなにエグいことやってるのが同性愛(ゲイ)……絶対異常だろ! 普通の人なら、これ見て異常に感じて当たり前じゃないの? (右写真は、エルトン・ジョンとデヴィッド・ファーニッシュ)。

電通や朝日新聞はじめキチガイマスコミは、「同性愛者は知的水準が高い」なんて、デタラメほざいてるけど、 本当にこんなことやってる奴らが知的水準が高いなんて言えるのかぁー? 普通に見て、こいつらとても正常には思えないよ。

娘が男に乱暴されてたら、普通の父親なら当然、その男をブッ殺したくなって当たり前だと思います。
息子がクソジジイに凌辱されてたら、当然、母親、父親問わず、その男をブッ殺したくなるのも当然ではないでしょうか?

「ホモって知的なんだよ」なんてたわける、こんなホモ野郎が近寄ってきて、私の息子に指一本でも触れたら容赦なく撃ち殺してやるわ。けがらわしい!!

このところいろんなニュースあるけど、少年とおっさんが絡むようなAV見て喜んでる奴らがまともな人には思えないし、教え子少年の裸の写真撮ってる男性教師とかだって……こいつら絶対、私は異常者だと思うよ。
まだ、オバさんが少年を誘惑したりとかいうのはわかるんだよね。逆に、幼い少女が好きだっていう男性についても理解できます(だからといって、幼女に実際に何かやる人は異常だし危険人物です)。
でも、おっさんやジジイが無知な少年をカネで買ったりするのは、私には絶対生理的に受け付けらんない。
*************************************************************
17歳少年出演のAV制作容疑 会社社長を逮捕 (2015.11.25 共同通信)
17歳の少年をアダルトビデオに出演させたなどとして、警視庁少年育成課は25日までに、児童福祉法(淫行させる行為)と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、DVD制作会社社長、大井正太容疑者(48)=東京都文京区千石=を逮捕した。「18歳未満と知らなかった」と容疑を否認している。
逮捕容疑は2013年2月、新宿区のマンションで、少年が当時、18歳未満と知りながら、ほかの男優とみだらな行為をさせ、わいせつなDVDを制作した疑い。
同課によると、この会社は同性愛者のアダルトビデオ専門で、DVDはインターネットなどで1本約1万円で販売、約千枚売れたという。

*************************************************************

男子児童を裸にして撮影した容疑、小学校教諭を逮捕 (2015.11.25 TBS News
東京・三鷹市の小学校教諭の男が男子児童を裸にして写真を撮影したなどとして、警視庁に逮捕されました。
強制わいせつなどの疑いで逮捕されたのは、杉並区に住む三鷹市立の小学校教諭、熊澤正通容疑者(38)です。熊澤容疑者は今年5月、杉並区内の自宅などで男子児童を裸にして、みだらな姿勢をとらせ、デジタルカメラで撮影した疑いが持たれています。
熊澤容疑者は数年前から、休日や放課後に「子ども会」と称して、他の学校の教室を借りるなどして複数の児童を集め、裸の写真を撮影していたとみられています。熊澤容疑者は児童らに「親に言っちゃいけないよ」と口止めをしていたということです。
熊澤容疑者の自宅からは複数の男子児童の裸の写真が見つかったということで、警視庁は被害が十数人に上る可能性があるとみて余罪を追及しています。

*************************************************************


尚、先日レズについて書いたコチラに貼ったアニメ『おにいさまへ』ですが、放映されてた時は見てても内容がさっぱりわからなかったのですが、実は今回初めて第一話を見て、やっと内容が少しわかりました。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
下記twitterアカウント完全BAN!されています。参照:言論弾圧企業 twitter
(2018.5.18)
ホモ夫婦に生贄の男児を里子で出したようなキチガイ大阪市長 吉村を批判してた時も何度もアカウントロックを食らいイヤになって、アカウント削除しようとしたくらい。異常性癖ホモレズ畜生を世界中で蔓延させる反社会企業 twitter社、世界のIT系企業ら。
男児をトイレに連れ込む異常ホモ犯罪者を批判したらこんな通知。オラオラ、削除しないと使わせねえぞって。正直、アカウント削除された方が余計な気を使う必要もなくなってスッキリするのだけど。
下記の元ツイートのリンク先ニュース→トイレに3歳男児連れ込む=強制性交容疑で31歳男逮捕―福岡県警(2018.5.15 時事通信社)


何が性的志向、性同一性による差別だ! フェミニズム、変態的性的志向のデタラメ学問が正しいとして、社会的脅迫で民衆が従わされる現代。従わない一般人を弾圧する法律まで作って民衆を混乱に陥れる反社会勢力を全力支援する畜生政治家、何の判断力も未来予想も出来ない痴呆政治家ども。
男性が女子高生に関心持つのは全くもって正常に思えるが、たったそれだけで犯罪者として罰して社会的抹殺までするくせ、何が性的志向による差別を許さないだ! ふざけんじゃねえよ、クズ! それならロリコン、小児性愛者だってなんのお咎めなしのはずだろ! 支離滅裂キチガイ。
正常男女の性的志向は許さないけど、人類破壊的なホモ、レズ、近親相姦、獣姦や屍姦のような異常性愛を批判することは絶対許さないのが、こいつら暗黒勢力のクズ。

……そしたら、たった今、東京でもコレって→【東京都、10月から里親認定基準を緩和 同性カップルも可能、年齢制限も撤廃(2018.5.18 産経ニュース)】

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(始めから)◆同性愛についてです①(レズ) ~ あるメモワールから

◆プリンやケーキを食べる、ホテル1泊男子会が流行ってるって!? ~ ホントに食べたいものって違うだろ!!

◆フェミと変態オカマを煽るマスコミ ~ “男の娘”凌辱ものまで

◆ホモ監督の制作で左翼が大好き、名作とされる映画 『 二十四の瞳 』について

◆消されたウィンピーとキチガイ博士 ~ なんでもかんでも差別! 言葉狩り? 殺されるイメージ表現

◆ワン・ワールド体制への仕込み工作に重宝する劇団イスラム国の虚像 ~ 作られるテロと悪役による世界劇場。対立に利用される“差別との戦い”

◆言論弾圧企業 思想統制ファシズムの twitter

◆“オタク” が違和感持たれなくなってしまった時代、そしてこの先は、“オカマ” が違和感持たれなく ・・・

◆愛国心に燃えていた三島由紀夫を自己崩壊に導いたニャロメ、赤塚漫画の猛毒

◆同性愛の罪 ~ 同性愛、ホモ、レズ、オカマの蔓延も日本破壊工作ですよ!

◆“恥の文化”から“恥知らずの文化”に成り下がった日本

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆白昼から子供向けにポルノを垂れ流す変態TV局ども!

◆今日は18禁! 青少年エロ規制に反対する勢力の正体 ~ エロ系右翼

トップ | 子供達を左翼洗脳から守る | permalink | comments(3) |

卑劣な左翼芸術家に追放された世界の藤田嗣治~『私は日本に捨てられた』

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2010.3)
どんな分野でも卑怯で嫉妬深く、排他的なのが左巻き。
芸術にイデオロギーなんて関係ない、なんて言うのは、芸術に無知な者の戯言にすぎない。
芸術作品とは作家のイデオロギーそのもの。

世界で最も有名な日本人の一人 藤田嗣治。
戦後、パリへ戻って、彼は日本へ戻ることは二度となかった。
日本の左巻き芸術家たちの下劣な根性を知り、藤田は日本人への強烈な不信感を持った。
容易に寝返って国を売った、卑劣な左翼芸術家たちに追放された藤田の例が端的に示すように、戦後当時、愛国的芸術家はすべて排除され、愛国心を訴えたり日本へ肯定的な作風を持つことが、日本では総てタブー視されるようなったのである。
日本では芸術界だって、左翼に占拠され粛清された。

藤田 嗣治 (ふじた つぐはる) 】fujita

現在も、フランスにおいて最も有名な日本人画家。
猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた。
エコール・ド・パリの代表的画家。

1886年、4人兄弟の末っ子として生まれた。
父・藤田嗣章は、陸軍軍医として最高位の陸軍軍医総監にまで昇進した人物。

1913年に渡仏しパリのモンパルナスに居を構え、隣の部屋に住んでいた”親友”と呼んだアメデオ・モディリアーニやシャイム・スーティンらと知り合う。
彼らを通じて、パスキン、ピカソ、ザッキン、アンリ・ルソー、キスリングらと交友を結びだす。
フランス社交界で「東洋の貴公子」ともてはやされた薩摩治郎八との交流は、藤田の経済的支えとなった。

パリでは既にキュビズムやシュールレアリズム、素朴派など、新しい流派が登場、日本で黒田清輝流の印象派こそが洋画だと教えられてきた藤田は大きな衝撃を受け、それまでの作風を全て放棄することを決意した。
独自技法による、透きとおるような画風はこの頃確立。
以後、サロンに出す度、黒山の人だかりができ、急速に藤田の名声は高まる。

当時のモンパルナスで経済的にも成功を収めた数少ない画家で、珍しかった熱い湯の出るバスタブも部屋に据え付け、多くのモデルが部屋にやってきてはささやかな贅沢を楽しんだという。
その中にはマン・レイの愛人であったキキも含まれ、藤田の為にヌードとなり、『Nu couche a la toile de Jouy(寝室の裸婦キキ)』は、1922年当時、8000フラン以上の値がついた。

藤田はFoujitaという名から「FouFou(フランス語でお調子者)」と呼ばれ、フランスで知らぬ者はいないほど人気を得ていた。フランスやベルギーから勲章も贈られた。

1930年代の日本帰国後は戦争画の製作を手がけ、『哈爾哈(ハルハ)河畔之戦闘』、『アッツ島玉砕』(下写真・1943)などの作品を書いたが、敗戦後の1949年、この戦争協力による批判に嫌気が差して日本を去った。また、一時はGHQからも追われていた。

藤田は陸軍関係者の多い家柄で、戦後占領軍としてGHQで美術担当に当たった米国人担当者とも友人であった故、戦争協力者として戦後、槍玉に挙げられる要素があった。

1955年にフランス国籍を取得(その後日本国籍を抹消)、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を贈られ、後にカトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタとなる。

国民を鼓舞するため大きなキャンバスに写実的な絵を、と陸軍報道部に求められて描いた絵は、戦場の残酷さ、凄惨、混乱を映しており、一般の戦争画の枠には当てはまらないものだった。
彼はクリスチャンの思想を戦争画に取り入れ表現したという。

戦後、日本美術会の書記長 内田巌(同時期に日本共産党に入党)などにより戦争協力の罪を非難された彼は、渡仏の許可が得られると「日本画壇は早く国際水準に到達して下さい」との言葉を残してパリへ向かい、二度と日本には戻らなかった。
フランスに行った後、「私が日本を捨てたのではない。日本に捨てられたのだ」とよく藤田は語った。
その後も、「国のために戦う一兵卒と同じ心境で書いた」のになぜ非難されなければならないか、と手記の中でも述べている。

パリでの成功、そして戦後と、生前の藤田はついぞ日本社会からは認めてもらえなかった。
近年になり、やっと日本でも藤田の展覧会が開かれるようなった。

しかし、元から藤田は日本画壇に根ざして成功した人物でなく、欧州で成功。
当時の日本人画家から羨望を交えた誹謗中傷で、彼は日本で制作しにくい立場に追いやられた。
しかし、現在の美術市場で十分な評価がされている以上、美術的に正当な評価も確定したといえよう。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2010.12.1)
昨日、紹介のフランス映画『ラ・ブーム』(1980)には、ヒロインの資産家のお婆ちゃん?役が、「私は日本のフジタと付き合ってたのよ!」と自慢気に話すシーンがあり、当時からのフランスにおける藤田の知名度・評価の高さが伺いしれます。戦後間もない頃、公務や教職だけでなく芸術分野における愛国士まで、日本では一度、全面粛清されたということ理解しておくべきでしょう。

私はフランスに、どこまでも日本人として完成すべく努力したい。
私は世界に日本人として生きたいと願う。     藤田 嗣治

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————
(2013.7.12)
『レオナール・フジタ展』、渋谷東急文化村ミュージアムで、8月10日から開催されるようです。
Bunkamura ザ・ミュージアム  http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/13_fujita.html

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆ジョンとヨーコの愛と平和は、誤魔化しのインチキ! ~ 子を失った痛切な叫び

◆日本人の美的センスは世界一!~日本人はジャポニスムを忘れてしまった?

◆日本文化を売り込み!? (笑)(笑)(笑) 日本文化破壊の間違いだろ ~ 「クールジャパン戦略」なんてのは、腐れ映像音楽コンテンツ業界利権保守のための新たなるバラ撒き政策

◆草食男は日本フヌケ化のキーワード ~ 日本弱体化を図る売国マスコミの戦略

◆日本人の美意識が結集!溝口健二『雨月物語』~ 品が悪くなった日本女性

◆今の宮崎駿/ジブリ作品は本当に日本のアニメなのか!?~ ディズニーだって、創価の配下?

◆子供に襲いかかる美的センス破壊攻勢との戦い

◆『昔の日本はアメリカと同じくらい広かった!』~ 日本人としての自信を持たせた祖母の言葉

◆日本のGDP 外需が内需を支えている ③ ~ 決して戦前も、ひどい軍事国家ではなかった

◆津川雅彦さんは真の愛国者! ~ 芸能人にはめずらしい。 日本人の誇り

◆『 ぞうのババール 』 ~ 王様の権威と必要性を理解させる児童向け作品

◆子供に見せるなら、『ハリー・ポッター』より『スター・ウォーズ』だな

トップ | 左翼マスコミ・反日企業の大罪 | permalink | comments(1) |

新型コロナウイルス騒ぎはデタラメの虚構! コロナ対策なんて一切無用!

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2021.5.26)
コロナ感染対策に反対していたタンザニアのマグフリ大統領が亡くなられた(消された)のは御存知でしょうか。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2020.6.28)
とにかくマスメディアと政府がバカ騒ぎする“新型コロナ”のせいで、子供の学校はひどい状況。オンライン授業、オンライン部活、マスクしろ! 消毒しろ! 検温してこい! 友だちに近づくな! 一緒に食事するな! 会話するな!……子供をとりまく環境は最悪です。異常行動を押し付けるメディアと政府の言いなりになっていると、この状況はいつまでも続きますよ。私の願いは、子供の将来そのまた次世代に続いていく子供たちのこと以外、何もないので、とにかくコロナが騒がれる前の元通りの世界にまずは戻ってほしいというだけです。もしもまだ新型コロナ騒ぎのデタラメに気づかれていない方おられるようでしたら、もういい加減に目を覚ましてください。“新しい生活様式”だの“新しい日常”だのわけのわからないこと言って日本人の社会・文化、子供たちの人間性を破壊しようとしているメディアや政府、都の言いなりにならないでください。

このコロナ騒動のせいで、今、世界中の人の気が狂っています。コロナ対策なんて一切とらないブラジルやタンザニアの大統領こそ正しいんです。何の自粛もしないスウェーデンもまっとう。
「3蜜避けろだのソーシャルディスタンスだの、くだらんこと言うな!」「マスクや消毒なんていらない!」、皆、マスコミに洗脳されてそういうことを堂々と言う人がなかなかいません。

人々を脅かすような“新型コロナウイルス”なんてものは存在しないんですよ。だから、“新型コロナウイルス”対策をとると言っているだけで、真実を見抜けないマヌケ、グローバル金融勢力のトリックにダマされるだけのダメな政治家、活動家ということなんです。“新型コロナウイルス”とはメディアが騒いで人々を思い込みで怖がらせているだけのもの、だからそんな“新型コロナ”への対策なんてものは一切必要ないんです。

細菌学・感染症の真の専門家、研究者である大橋眞 徳島大学教授の非常にわかりやすい説明をご覧ください。YouTubeでは削除されて見れませんよ。YouTube/Googleというところは“新型コロナ”の脅威を打ち消しただけで削除、弾圧するようなファシスト会社なんです。

やはり新型コロナウイルスは存在しない。科学論文や遺伝子情報を科学的に検証する
大橋眞(まこと) 徳島大学名誉教授・医学博士

そして大橋教授と同じく、新型コロナウイルスの脅威を否定して、花見も出来なくなった日本を嘆いている東京都知事選候補 平塚正幸氏。「花見するな」と行動統制する政府に逆らって花見している平塚さんの話の中で、この方の日本人としての保守性がどうであるか、よくわかっていただけると思います。

花見してるよ!反政府活動! 先人は花見が出来なくなるような日本を望んでいるはずない。 平塚正幸

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆新型コロナウイルスなんて存在しません! あるのはメディアウイルス! 政府とメディアが騒いで恐怖を植えつけ、人々に行動統制を強制していることに気づいてください!

◆オンライン化反対の声をあげてください。“恐怖の新型コロナウイルス”は虚構であると、大橋眞教授の語る真実をあらゆる手立てを使って拡散してください。

◆朝鮮ユダヤ Google / YouTubeによる情報統制と言論弾圧 ~ 巨大企業の寡占(独占)により、バックボーンのない個人の発信するものは完全に無視・無力化され、マスメディアか、ネットを支配統制する勢力によって与えられた、発言が広く公開される資格を持つ有名人や芸能人など民衆扇動役に関わる者しかオモテに出れなくなった。そして個人の活動履歴情報はすべて抜きとられている

◆コロナウイルスで大騒ぎして国民を困窮の極みに追い込み、コロナ対策称する国のカネでボロ儲け、人間のクズの集まった政治家どもと朝鮮畜生 電通

◆【緊急中継投稿】「マスクをはずそう!」は遊びで言ってるのではないし、ネタとしてふざけてやっているのではありません!~ 平塚正幸 国民主権党によるPCR検査拒否の罰則化阻止活動

◆マスクは危険! “新しい生活様式”を受け入れると日本社会は壊滅! 政府とメディアによるデタラメプロパガンダ“新型コロナウイルス”洗脳から早く解かれましょう。

◆新型コロナ騒ぎの嘘っぱちに気づいてきた世界の人々と、全国民マスク奴隷化していく日本

◆デタラメ科学が蔓延る現代。存在しないコロナウイルスの脅威

◆誰にでも出来ることがあります。新型コロナウイルス騒動の嘘っぱちに気づいた皆さん、コロナ騒ぎの欺瞞を一人でも多くの方に広めていただけませんか?

◆小中学校からPCを1人1台持たせてIT教育をやるという日本の気狂い

◆子供達に「学校で友達同士1メートル以内に近づくな!」異常な生活行動強制、正常な人間関係を破壊して人間の個々のつながりを断絶させるための工作員集団! ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!②

◆コロナウイルス対策称して人々に異常な生活行動を強制。人々の正常な付き合いを遮断、リアルな人間関係を破壊して、変態バーチャル人間に作りかえるための工作員集団 ~ 新型コロナ対策専門家メンバーを逮捕しろ!①

◆マスコミ牛耳る国際金融勢力に飼い慣らされ、家畜と化す道を突き進む日本 ~ 嘘つきマスコミに乗せられず、謀略仕掛ける国際金融勢力と戦って自由な人間として生き残りたがっているブラジル

◆国際ユダヤ朝鮮金融は本気で日本人の家畜化を進める!~ 偏執狂 東京都知事 ファシスト 小池百合子 人類家畜化計画のステップ1

◆日本全国家畜化音頭で叩き潰される日本。国際金融勢力の特権ゴイム(家畜)の集まりが自民党。レナウン ショック! アパレル老舗の倒産 ~ 一刻も早い緊急事態宣言解除が急務

◆コロナ馬鹿騒ぎは国民を苦しめて国民の生活と業務を強権的に弾圧する共産主義的な統制社会に向かうための人間家畜化飼いならしの予行

◆金融勢力の意のままに操られる日本経済・政治

◆ユダヤの靴を舐め、ユダヤにひれ伏す日本のTop of ゴイム 安倍総理大臣

◆今の政治家の取り巻きには人間のクズと売国奴しか集まっていない ~ 非力な国民にばかり負担を押し付けるノーナシ政府

トップ | 虚構の新型コロナウイルス騒ぎ | permalink | comments(11) |

真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑭
天智天皇 律令の選定

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2017.2.20)  (戻る)
宮内省の名はこの頃に生まれました。明治政府のような近代的な省庁・組織体制というのは、現代では西洋に倣って作られたように教えられていますが、今日の内容でおわかりのように、日本においては大化の新政 天智天皇の時代に既に完成していたのですよ。しかも学制まで整えられていた。なんだか今の日本史教育では、この頃の政治機構が古臭くて原始的、すごく遠いものであるかのよう感じさせる古代貶め偏向教育がなされてるわけですが、こうやって見れば、ものすごく身近で完全に現代に通じるものであったことが明快に伺い知れます。今回は驚きの内容ですからね ^▽^) すごいリアルだし、古代の人々って、現代人とそんなに変わらないんじゃないかって、きっと感ぜられることでしょう。それさえ気づけば千年前の人とだって二千年前の人とだって、その思いを一にして通じることが出来るわけです。
百年前の教科書や歴史学習教材と今の教材、ここまで読んできたら、今の教材はまるで話にならないこと、おわかりでしょう。昔の教材さえあれば、もう何もいらないのです。今の上っ面評論、俗物的な歴史書では、偉大な先人たちと心を通わせることが出来ません。
今後の歴史学習で聖徳太子がいなかったとされてしまうコチラで触れたのと同じような事例について、ゲーテ(1749-1832)は前にも紹介した『ゲーテとの対話』(エッカーマン 著・詳しくは右画像クリック)で次のように評してます、
「これまで世間では、たとえばルクレティアとかムキウス・スカエヴォラとかいった英雄精神が信じられてきた。それによって、心を暖められ鼓舞されてきたのだ。ところが今や歴史批評などというものがあらわれて、そういう人物は存在しなかったのであり、単にローマ人の偉大な精神がつくりあげたフィクションか寓話と見なすべきだ、というのだね。しかし、そんなみすぼらしい真実を聴いたところで、しょうがないよ! ローマ人が、そういうものを創作するほどに偉大であったのなら、われわれにだって、せめてそれを信ずるだけの偉大さがあってしかるべきだろうに。」

この通りゲーテの時代から先人の偉業をないがしろにする歴史改変は目立っており、そのような風潮をゲーテは嘆き、古代であれいつの話であれ、実在の先人が記した記録を後世で作り話だの寓話だのと見下す人々を信用せず、古代人、先人の偉大さ、その真実に気づいていました。
ハッキリ明言しておきますが、ローマ帝国や唐の國、そしてこの頃の大和朝廷の方が国家統治の完成度は現代の国家より高かったのですよ。現代国家の方がボロボロなのです。これほど優れた近代国家を打ち建てたのが、天智や文武の先帝だったのです。

『最新 日本歴史解釈』(1917年・妻木 忠太 著)より

【目次はコチラ】

天智天皇の御治蹟
近江の大津に奠都(てんと)―政治に勵(はげ)み給う―戸籍の修正(戸籍を造り 盗賊 浮浪を糺(ただ)す。庚午年籍(こうごねんじゃく)―学校の興起―後世 中興の英主と称し奉る(近江朝廷の政)。

天智天皇と藤原鎌足
中臣鎌足 天智天皇 中興の業を輔(たす)け奉る―律令の選定に著手―天皇即位の翌年 鎌足病む―天皇の御親臨―皇太弟を遣わし大織冠の位を授け藤原朝臣の姓を賜う(藤原氏の始)―其の子孫 漸く顕(あら)われ一門 大に栄ゆ―多武峯(とうのみね)談山(たんざん)神社。

律令の撰定
天智天皇の時の律令先帝(近江令)―天武天皇 文武の政を励み給う―律令の續修(続修)―文武天皇の時の律令改修―忍壁(オサカベ)親王・藤原不比等(フヒト)改修の命を奉ず―大宝元年に完成(大宝律令)―令は管制・田制・兵制・学制・税制等 今の民法に關(かん)する制度規則を定むー律は今の刑法に当りて決罪の標準を示す―主に唐の制度に倣い我が國 古来の風俗習慣を参酌(さんしゃく)して規定す―元正(ゲンショウ)天皇の時 不比等に修刪(しゅうさん)の命を奉ず―養老2年に完成(養老律令)―我が國 法制の根本。

大寶(宝)律令の大要
(イ)官制
中央政府に神祇(じんぎ)・太政(だじょう)の二官と中務(なかつかさ)・式部(しきぶ)・治部(ぢぶ)・民部(みんぶ)・兵部(ひょうぶ)・刑部(ぎょうぶ)・大蔵(おほくら)・宮内(くない)の8省―省の下に職・寮・司―神祇官の長を伯とし祭祀を掌(つかさど)る―太政官に太政大臣・左右大臣・大納言等ありて諸政を統べ8省を官す―各省の長を卿とし政務を分掌す―此の外 弾正臺(だんじょうだい)ありて違法の者を罪す。
地方の重要地に特別制を布く―京都に左右京職(しき)―摂津に摂津職―西海道に大宰府―諸國に國司 各郡に郡司―各地方の政務を掌る―すべて各官衛に四部官(しぶかん)
(ロ)兵制
徴兵法―京都に五衛府(ごえぶ)―諸国に軍團(団・ぐんだん)―邊(辺)要地に防人(さきもり)―軍団は毎國 正丁三分一を兵に採用―其の一部 交代 上京して衛府に入る―また出でて防人となる。
(ハ)學制(学制)
京都に大学―諸國に國學―共に地位ある人の子弟を教育す―成業後に考試(こうし)して官吏に登用す。
(ニ)田制
6年毎に班田収授―男子6才にして口分田二段―女子は男子の三分の二の口分田―死後 口分田を公収す。
(ホ)税制
租・庸・調の三種―租は田より納むる稲―庸は一定の労役に服せざる者より納むる布―調は絁(あしきぬ)・絹・布等―租は主に國郡の費用に充つ―庸・調は京都の用度とす。
(ヘ)刑制
笞(ち)・杖(じょう)・徒(づ)・流(る)・死の五刑―皇親また高位・大才・大功の者は殊に寛典(かんてん・情けある取り扱い)に浴す―君 父に関する罪 最も重し―大虐の犯罪者には大赦(たいしゃ)の外 赦免なし。
(ト)位階
親王の位は一品(いっぽん)より四品(しほん)に至る四階―諸王の位は正一位より従五位下に至る十四階―諸臣の位は正一位より少 初位下に至る三十階。


〇大津宮遷都
旧帝都は、今の近江滋賀郡滋賀村にして、天智天皇6年3月 此に遷都し給う。当時、人民 遷都を好まずして、之を諷諫(ふうかん)し奉るものありしが、十年 天皇 此に崩じ給いて、天武天皇の即位に及び、大和の飛鳥 浄見原(きよみがはら)宮(高市郡飛鳥村)に遷都し給えり。
〇庚午年籍
天智天皇の9年2月、新に戸籍を造りて盗賊 浮浪のものを糺斷(ただす)せしめ給う。此の年 庚午の年に当れるを以て、庚午年籍(こうごねんじゃく)と云い、後来 戸籍の原簿として永く除かず、之によりて氏姓の紛乱を正せり。
〇中臣鎌足と多武峯談山神社
中臣氏は天児屋根命(アメノコヤネノミコト・コチラ参照)に出づ。鎌足は御食子(ミケコ)の子にして夙(つと・早くから)に大志あり。皇極(コウギョク)天皇の3年、神祇伯に拝せられしがつかず、此の時に当り、蘇我入鹿父子 無道にして不臣の心を挟む。鎌足 憤然として匡済(きょうさい・悪を正し乱れをすくうこと)の志あり。賢明なる中大兄皇子に親近し奉りて志を語り、共に皇室を輔翼(ほよく)し奉らんとす。されど人の嫌疑を恐れ、共に南淵請安(コチラ参照)に学ぶに托し、往来に事を図る。鎌足 皇子に勸(すす)め奉り、蘇我倉山田石川麿(ソガノクラヤマダノイシカワマロ)と婚を結ばしめて皇子の輔佐とし、また佐伯子麿(サエキノコマロ)等を與黨(よとう・くみする仲間)とす。翌4年6月、三韓進調の日を以て事を挙げ、皇子と共に入鹿を誅す。入鹿の父 蝦夷また自殺して蘇我氏の本宗 此に滅亡す。孝徳天皇 即位に及び、内大臣となりて大織冠を授かる。而して大化改新は、皆 鎌足が中大兄皇子と図りて画策せる所なり。尋(つい)で中大兄皇子(天智天皇)未だ即位し給わるざるに当り、鎌足に命じて律令撰定に着手せしめ給う。天智天皇の2年10月、鎌足 疾あるに及び、天皇 親臨して其の病を訪ひ給い、更に皇大弟 大海人皇子(オホアマノミコ)を遣わして大織冠を授け、且つ内大臣として左右大臣の上位に在らしめ、また藤原朝臣の姓を賜う。此月年56を以て薨ず。其の薨ずるや、摂津三島郡阿威(アヰ)山に葬りしが後、大和磯城郡多武峯に改葬し、廟塔を建てて木造を安置す。後の談山神社 是なり。藤原氏の盛時には、朝野の尊崇(そんすう)甚だ厚く、明治7年朝廷 鎌足の功を追賞して、談山神社を別格 官幣社に列し給えり。
〇近江令
天智天皇は律令の必要を思し召し給い、未だ即位し給わざるに当り、始めて中臣鎌足に命じて之が編纂に着手せしめ給う。かくて天皇即位の年に至りて全22巻成る。之を世に近江朝廷の令と云う。後に天武天皇の修正をへて、持統天皇の3年に全一部22巻の発表せられしもの即ち是なり。
天武天皇の御事蹟
天皇 即位し給いてより、精勵(せいれい・つとめはげむ)治(よい政治が行われること)を図りて朝制・法令等ますます改進し給い、朝儀・官制・兵制・刑罰・風習など大に整理し給えり。即ち親王以下 人民に至るまで服用の差別を定め、跪禮(きれい・地べたにひざまずいて礼をすること)葡匐(ほふく・腹ばいになって手と足ではうこと)の禮(礼)をやめて立禮にふくし、爵位を改めて朝服の色を定め、諸氏の族姓を改めて八色の姓を作り、任官陞(昇)進の法・社寺土地の制を定め、民業を奨めて浮浪の徒を戒め、兵の上を定め、また各戸に兵馬を貯えしめ、軍器を軍役所に収めしめて兵制を改め、其の他 刑罰を整え学術技芸をすすめ給えり。
〇忍壁親王
忍壁を一に刑部(ぎょうぶ)に作る。親王は天智天皇の皇子なり。天武天皇の9年 詔を奉じて帝紀及び上古の事を撰し、朱鳥(しゅちょう)元年 封百戸を加えらる。文武天皇の4年、勅を以て藤原不比等と律令を撰す。後 親王となりて三品に敍(じょ・位を授かる)し、大宝元年 知太政官事(ちだじょうかんじ・太政大臣の職を知る官)となり、慶雲元年 封二百戸を增し、翌年 越前の地 百町を賜わり五月 薨す。
〇藤原不比等
内大臣 鎌足の二子なり。持統・文武・元明・元正の四天皇に仕え、累進して和銅元年 正二位右大臣となり、養老2年 太政大臣に任ぜられしも辞して受けず。文武天皇の4年、勅を奉じて律令を撰し、慶雲元年 封八千戸を增し、同4年 天皇其の勤労を嘉(か)みし封五千戸を賜いて子孫に伝えしめ給う。不比等 其の二千戸を受け一千戸を以て子孫に伝う。養老4年 疾を以て薨ずるや元正天皇 深く悼惜し給い、為に朝を廃し、詔して太政大臣正一位を贈り文忠と諡(し・おくりな)らせ給う。時年62。其の四子 武智麻呂・房前・宇合・麻呂 皆あらわれ一女の宮子媛は文武夫人となり、光明子は聖武皇后となる。
〇大宝律令の説明と我史上重要の所以
大宝律令は主として唐の制度にならい、我が國 古来の習慣を斟酌(しんしゃく)して定めたるものなり。されば大禮に於て朝廷の政治の基本となりて永く用ゐられ、武家政治の起るに及び、其の費用少なくなりしも、管制の如きは名義を存して明治維新に至り、王政復古の管制 之によること多く、明治18年の管制改革にまで及べり。
〇弾正臺(だんじょうだい)
今の警視廳(庁)の如く、風俗を粛清し内外の非違を糾正する役所にして、長官を尹(いん)と云い、其の下に弼(ひつ)・大少忠・大少疏(そ)あり。
〇左右京職と摂津職
左右京職は、京都 左右雨京の民政を掌(つかさど)り、兵士を簡(えら)び、租税を収め、訴訟を聴き武器を修むるなど諸般の事を行う。また摂津職は、職掌 概ね左右京職に同じく、船舶の停る津港地に在るを以て、特に此の職を置かれたれば、郵驛・伝馬を備え、舟具を検する等の事をも掌る。
〇大宰府
府址は今の筑前筑紫郡水城村に在り。此の府は四邊の要鎭にして、西海道九國三島を官し、兼ねて外寇に備え外交の事を掌る。長官を師と云い、其の下に大少貳(弐)・大少監・ 大少典等あり、大宝元年設置の後、天平14年 之を廃し、同17年 之を復せしが、後 次第に衰え、源頼朝 鎭西奉行(ちんぜいぶぎょう)を置きてより有名無実となれり。

〇律令と格式
大宝律令の制定せられてより、此の律令は著しき修正なし。而して律は今の刑法に等しく、令は政治上必要なる種々の規則を網羅せるものなり。若し之が修正増補の必要起る時は、別に詔勅または太政官符等にて之をなす、之を格と云う。また律令を施行するに当りて、必要なる細則は別に之を定む。之を弐と云う。
〇四部官
大宝令にて制定の諸官衛には、概ね長官(かみ)次官(すけ)判官(じょう)主典(さくわん)の四等の官吏あり。之を四部官と云う。長官は各官衛の長にして其の政務をすべ、次官は長官を助け、判官は官衛の取締をなし、主典は書記をつとむ。例えば八省にて長官を卿とし、次官は大少輔とし、判官を大小丞とし、主典を大少錄とし、また弾正臺にて長官を尹とし、次官を弼とし、判官を大少忠とし、主典を大少疏とし、國にて長官を守とし、次官を介とし、判官を大少掾とし、主典を大少目とし、郡にて長官を大領とし、次官を少領とし、判官を主政とし、主典を主帳とするが如し。
〇五衛府
禁衛を掌れる官府を五衛府と云う。五衛府とは衛門府・左右衛士府・左右兵衛府を云う。
〇軍團(団)
非常に備うるため諸國に配置したる軍營(営)にして、今の師団の少なる如きものなり。其の兵士は管内の男子二十歳以上六十歳以下の正丁中、其の三分の一を徴発して一軍団を組織す。概ね四郡に一軍団を置き、各軍団の兵員同一ならず、千人以上を大軍団とし、六百人以上を中軍団とし、五百人以下を小軍団とす。各団兵士を検し武器を具え弓馬を調へ陣列を閲(えつ・見て確かめる)す。而して軍団中より上京して禁中に宿衛するものを衛士と云い、邊防に出づるものを防人(コチラ参照)と云う。
〇口分田
天下一般に各人に等しく給与せる田地を云う。人生れて六歳に至れば一人毎に二段を給し、女には其の三分の二を与え、各力作して租を上に納め、其の餘(余)を己が食料とし、身死すれば公に還へす。故に政府は、六年毎に人民の生死を調査して其の収授を行う。之を班田収授の法(コチラ参照)と云う。此の方法は大宝令の時 制定せられしが、後 暫く実行せられず、承平天慶(じょうへいてんぎょう)の乱(皇紀1595―1601・平将門の乱と瀬戸内海での藤原純友の乱の総称)後に至りて、廃絶するに至る。

(続き)戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑮ ~ 奈良奠都 (史書撰修) 隼人 及 西南諸島の服属 (支那との交流)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(戻る)◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑬ 蝦夷の服属 韓土の変遷(百済 高麗の滅亡・新羅の朝鮮半島統一)

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑫ 大化の新政

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑪ 蘇我氏の無道

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑨ 聖徳太子 支那へ使節派遣

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑥ 仁徳天皇と雄略天皇 顕宗 仁賢 両天皇

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ⑤ 朝鮮半島の内附 神功皇后の征伐 文物の伝来

◆真実の日本の歴史 ~ 戦前の日本史教科書準拠 参考書より ③ 崇神天皇と垂仁天皇

◆大東亜戦争(太平洋戦争)の起こったわけ (完答)

◆戦前は逆賊歴史学として処罰されてた、左翼学者による皇統否定の「縄文・弥生」時代の敗戦後の普及 ~ 汚染される皇室。救う手だては皇室奪回

◆戦後の歴史教育を捨てよう。 歴史教育 再興 ① 永久保存版 戦前の国史(日本史)学習年表

◆親次第で自虐史観なんてどうにでもなる ~ 日本のおかげでアジア諸国の独立が早まった・・・そんなことで喜んでるのも自虐史観の亜種にすぎない

トップ | 真実の日本の歴史 古代日本史 | permalink | comments(0) |

特攻隊の青春群像 映画『 決戦の大空へ 』と、フィリピンの神風記念碑

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2010.9)
戦時下の美しい青春群像 映画 『決戦の大空へ』(詳しくは右画像クリック)
当時の少年少女がリアルタイムでそのまま出てくる

海軍飛行兵養成所 予科練での生活・学習ぶりと、訓練生たちの憩いの場である倶楽部の人々との交流が描かれています。
もちろんご周知の通り、予科練卒業生はその後の特攻隊員の中核とされていきます。
戦時下の1943年に作られた戦意高揚のための国策映画ですが、人物描写も秀逸、とても爽やかな佳作。
特攻の決行は1944年からですので、この映画の頃はまだ特攻隊が編成されていません。
映画の最後、子供が「ボクも予科練に行く」と言い、お母さんが喜ぶ姿に、その後を知る私たち、何とも儚く悲しいものがこみ上げてきます。お子さんをお持ちの方だと、涙なくして見れないのではないでしょうか。
今に比べ、昔の若者たち、どれだけピュアだったことか・・・
聖女と呼ばれた原節子も出演。ぜひ一度、買ってもレンタルでもいいので、DVDご覧になって下さいませ。

映画『 決戦の大空へ 』 より 1943年(昭和18年) 『若鷲の歌』あり
出演:原節子、高田稔 他

別名「予科練の歌」と呼ばれる、お馴染みの挿入歌 『若鷲の歌』は大ヒットしました。当時の予科練(よかれん)の厳しい訓練風景や学校の様子、教官や子供たちの言葉使いまでリアルで見れますよ ^▽^)


神風特攻隊だって、絶対にムダになんかなってない!
特攻隊員は海外でも神!
その英霊、軍神が世界をどれだけ変えたことか

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
『フィリピン少年が見たカミカゼー幼い心に刻まれた優しい日本人たち』(桜の花出版)より(詳しくは右画像クリック)
フィリピンに建てられたカミカゼ記念碑

フィリピンの首都マニラをしばらく北上して、市街地から出ると広大な田園地帯が広がっている。南国の豊かな日差しを浴びて、元気のよい緑が広大な平地から遠くの山々を覆っている。
南九州から沖縄、台湾の景色と明らかな連続性を感じさせる。
さらに北上すると、広大な平野の中の道路脇に、ポツンと小さな霊園のような敷地がある。
四角い壁に囲われた中に横に長い石碑が立っている。
筆者が訪れた時には、車の交通もまばらで、あたりは静かだった。

これがフィリピン人ダニエル・ディソンが奔走してフィリピン政府により建立されたカミカゼ記念碑である。このあたりは先の大戦中、日本軍が使用していたマバラカット飛行場であり、ここから最初の神風特別攻撃隊が飛び立った。記念碑には、ディソンが書いた次のような碑文が記されている。

『第二次大戦終結までに、カミカゼはアメリカ軍艦を総計322隻撃沈または大破、9000人以上の海軍軍人を戦死させ、一方、5000人のカミカゼ隊員の内4600人が自殺攻撃にて戦死した。カミカゼは、世界史上比較しうるもののない全く大胆不敵なものであった』

歴史的調査が明らかにしたところによれば、カミカゼを支えた信条とは、世界のすべての民族に対する機会の均等と親睦が、自らの死によって実現されることを心底から願って自らの身を捧げたカミカゼ志願者達の思いである。

ディソンが大戦中に日本軍人と出会ったのは11歳の時であった。一人のフィリピン少年はどのような思いで、このような記念碑を造るに至ったのであろう。

12月の深い青色の空に白く輝く機体

1941(昭和16)年12月8日、午後1時頃、昼食を終えたディソン少年が立ち上がった所で、突然地面が揺れ、窓がガタガタと鳴った。祖父が「地震だ、地震だ」と叫んだ。

その後に、ゴーという低い轟音がして、続いて、ポップコーンが破裂するような音が空から降ってきた。窓に駆け寄って空を見上げると、小さな破裂した煙がいくつも見え、そのはるか上に爆撃機の編隊が二つ見えた。初めて見る日本軍だった。地震だと思ったのは、その爆撃機が落とした爆弾だった。近くにあるクラーク飛行場は、アメリカ軍の極東での主力基地である。そこを日本軍が急襲したのだった。

祖父は「何故日本がこんなところを攻撃できるんだ。日本はずっと遠くにあるはずじゃないか」と叫んでいた。祖父は新聞で日中戦争の事を知っており、また近くに住む中国人が日本人は残虐だと触れ回っていたので、日本軍をとても恐れていた。

もちろん私は日本軍をとても恐れてはいました。しかし、その時心の中では密かに日本軍のことを賞賛していました。
何しろ決して敗れないはずの白人を、私達と同じアジア人の日本人がやっつけているのですから。
私達は皆、日本の爆撃機の数を数えていました。私はその光景を忘れません。12月の深い青色の空に機体が白く美しく見えました。

日本兵から貰った乾パンと金平糖

年が明けて1月1日、日本軍がディソンの住むアンヘレスの町にもやってきた。アメリカ軍とその指揮下にあるフィリピン兵たちは、散発的な抵抗をしながらも、南に逃げていった。

ディソンの一家は戦闘を逃げて、深い谷間に数日隠れていた
が、ようやく静かになったので、町に戻ってきた。町には大勢の日本兵がいた。ディソン少年の伯父はマニラで日本人と働いたことがあるので、「『アリガト』と」と、教えてくれた。
そこで、ディソンらが「アリガト! アリガト!」と言うと、日本兵はみな笑い出した。何かひどい扱いを受けるのではないかと心配していたディソンは、少しほっとした。

日本兵たちは、ポケットから何かを出して、子供達に渡した。
ディソン少年も一つ貰ったが、それは布でできた小さな袋で口をひもで縛るようになっていた。巾着である。明けてみると、小さな四角いビスケット(乾パン)と砂糖のボール(金平糖)が入っていた。
それが、ディソンが日本兵からもらった最初のものだった。

日本軍将兵とフィリピンの子供達

やがてディソン少年は、日本兵たちとバスケットボールをしたり、また知り合いが日本軍の炊事場で働くようになると、その手伝いをするようになった。
ヤマカワ中尉という25歳くらいの人が、ディソンを自分の弟に似ていると言って、可愛がってくれた。よくディソンの手をとって、一緒に散歩をした。
ある時、ヤマカワ中尉はディソンが描いた絵を見て、「うーん、ベリーグッドじゃないか」と言った。そして時々、白い紙を鉛筆をくれて、自分や部下の絵を描かせた。

妻子を故郷においてフィリピンに駐屯している日本軍将兵たちにとって、フィリピンの子供達は心を和ませてくれる存在だったようだ。

後にディソンの妻になるエンリケッタも、アンヘレスのすぐ南のポラックという町に住んでいて、似たような経験をしている。近くに日本軍の飛行場があり、毎日そこに行って、雑草を引き抜く仕事をしては1ペソ貰う。やがて背の低いがっりとした体格の日本兵が、エンリケッタによくキャンディーやクッキーをくれるようになった。

エンリケッタは飛行士たちとも仲良しになった。飛行士の一人はエンリケッタを抱き上げて、戦闘機の翼の上に乗せ、その特設ステージで、エンリケッタは得意の歌と踊りを披露した。
司令官のマエダさんはそんな光景をいつも見ているだけだったが、ある時、エンリケッタが熱を出して二日も基地に行かないでいると、トラックで家まで見舞いに来てくれた。そして袋一杯のキャンディーとクッキーを置いていってくれた。

鉢巻きをした日本軍の飛行士たち

しかし、1944(昭和19)年になると、戦局が悪化し、食糧事情も悪くなっていった。共産ゲリラや親米派ゲリラの活動が活発になり、親日派の市長や警察署長、そして日本兵の暗殺が行われるようになった。日本軍そのものが幹線道路で待ち伏せ攻撃を受けるようになり、日本の将兵は疑い深くなっていった。
ゲリラを支援した人間や、ゲリラとの疑いをかけられた人々が処刑された。

9月21日、アメリカ軍の飛行機がアンヘレス周辺にあるすべての飛行場を爆撃した。それからは毎日、空襲があった。
その頃から、アンヘレスで鉢巻きをした日本軍の飛行士たちを見かけるようになった。日本の、彼らと街で会うと、お辞儀をしていた。

ある晩、この飛行士たちが泊まっている家からピアノの伴奏が始まり、いろいろな軍歌が聞こえてきた。悲しい調子の曲も流れた。その一つが「海ゆかば」だった。そして翌朝、彼らは飛び立つと、二度と帰ってこないのだった。
こうした事が繰り返されたが、ディソン少年を含めフィリピン人たちは、彼らがどういうことをしているのか、知らなかった。

運命を変えた一冊の古本

1945(昭和20)年1月28日、アメリカ軍がアンヘレスを解放した。アンヘレス周辺には、敗走し、部隊からはぐれた日本兵たちがうろうろしていたが、ゲリラや米軍などに容赦なく殺されていった。

2ヶ月もするとアンヘレスでの生活ももとに戻った。ディソンはしばらくアメリカ軍の身の回りをする仕事をしていたが、6月には高等学校が再開されたので、仕事を辞めて、学校に通い始めた。

1946年7月4日、フィリピンは独立したが、経済はアメリカ人に牛耳られ、独立とは名ばかりのものだった。共産ゲリラが政府を攻撃し、街を爆弾などで襲う事件が頻発した。

ディソンはフィリピン大学の美術学部の奨学生に選ばれた。
美術の勉強の傍らで、歴史にも興味を持つようになった。そして、フィリピンの歴史を掘り下げていくと、全く教えられてい なかった事をいくつも発見した。
たとえば、フィリピンは16世紀にスペインによって植民地化される前に西洋文明とは違った文明を発達させていた。その事を知っただけで、フィリピン人としての誇りを感じた。アメリカの植民地時代には、常にアメリカ人の下にいて、その顔色をうかがっており、かつてフィリピン人の誇りを持ったことはなかった。

1963年に大学を卒業すると、画家になるための修行をしながら、伯父と伯母が始めた会社に勤め始めた。
1965年、35歳の時、ディソンの兄がマニラの路上の古本屋で、一冊の古本を買った。それがディソンの運命を変えた。

「何かをしなければいけない」

その本は『ディバイン・ウインド(神風)』というタイトルのアメリカで出版されたポケット版の本だった。猪口力平(元大佐)・中島正(元少佐)著『神風特別攻撃隊』の英訳版である。
この本を兄から借りて読んでみて、ディソンは衝撃を受けた。
クラーク飛行場やアンヘレス、そしてその隣町でカミカゼが生まれたマバラカットについて書かれていた。
少年の時に見たあの鉢巻きをした飛行士達がカミカゼだったのである。

読み進むに従って、私はこの本により深く結びつき、カミカゼの飛行士達に驚き、心が動かされていきました。私はカミカゼの意味について深く知っていきました。
そして、本の最後で、カミカゼの飛行士達の遺書に行き当たりました。
これらの遺書を読むと、私はカミカゼのことを記録し残していくために何かをしなければいけないと強く思うようになったのでした。

カミカゼの記念碑建立

ディソンは、著者の猪口氏や中島氏と手紙をやりとりして、カミカゼが1944年10月20日にマバラカットで誕生したことを確認した。

息子達の教育費で生活の方は苦しかったが、そんな中でディソンは政府に、カミカゼが初出撃した飛行場の跡地に記念碑を建立するよう働きかけた。妻のエンリケッタも学校の教師をしながら、ディソンの活動を支えてくれた。幼いころ、日本の飛行士達と遊んだ記憶が、無意識のうちにそうさせたのかも知れない。

しかし、状況は最悪だった。ディソンは体調を崩し、1971年には会社を辞めた。翌年、マルコス大統領がフィリピン全土に戒厳令を敷き、アンヘレスも共産ゲリラの活動で治安は最悪だった。そんな混乱の中で、もし政府関係者が反日の人間だったら、ディソンも逮捕されるかもしれない。

1973年、ようやくチャンスがやってきた。マルコス大統領が日本からの投資を呼び込もうと、マニラの南郊2時間の場所に日本将兵の慰霊碑を建てる事を許可したのだ。ディソンはマルコス政権の観光局長に会って、カミカゼの記念碑を建てる事の方がずっと重要であることを説いた。局長は賛同した。一週間も経たないうちに観光局のジャーナリストが取材にやってきて、ディソンがカミカゼについて話した内容を全国版の新聞に掲載してくれた。

こうして1974年にかつてのマバラカット東飛行場の跡地に「第二次大戦に於いて日本神風特別攻撃隊機が最初に飛び立った飛行場」という碑文が入った記念碑が建立された。

観光局のジャーナリストが記念碑完成を報道すると、アメリカやカナダ、シンガポール、スペインなどから記者が取材にやってきて、カミカゼ記念碑を世界中に報道した。それで世界各地から観光客やジャーナリストがやってくるようになった・・・  (抜粋終り)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2011.7.16)
茨城の阿見町というところに、予科練平和記念館というのがあります(詳しくは右画像クリック)。ご興味ある方、ぜひ一度ご来訪ください。
この土浦が舞台の下動画、映画『決戦の大空へ』(1943)オリジナル『若鷲の歌』、何度聴いてもいいですね ^▽^) ぜひご覧ください。
————————————————————————–
(2012.9.2)
予科練平和記念館、ただいま人間魚雷「回天」展が開催されてますよ。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.8.30)
『若鷲の歌』は子供も大好きで、よく聴きたがるし、ここでピアノ弾き語りで歌ってますし、カラオケでも歌う度、大喝采を浴びます ^▽^)
まだ下の動画を見られてない方、ぜひ一度ご覧くださいね。
予科練平和記念館、ただいま「空をめざした少年たち 陸軍少年飛行兵と予科練」展、開催中です。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2014.7.7)
ご紹介の予科練平和記念館、今夏もイベント開催されてます。随時、いろんなイベントが開催されてるので近隣の方はぜひ行かれてみてくださいませ。行けない方は、ぜひサイトだけでも ^▽^)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–
(2020.6.5)
いつもありがとうございます。
予科練平和記念館、ずっと休館されていましたが、やっと来週火曜の9日から再開されるようです。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

————————————————————————–

◆軍歌『若鷲の歌』 = 「予科練の歌」を、6歳の子供にピアノ弾き語りで歌ってもらいました!

◆『松本零士 父に見た本物のサムライ魂』 子供には宮崎アニメでなく松本零士

◆霞ヶ浦 特攻隊のふるさと 土浦(阿見) 予科練跡巡り

◆何よりも、独立自尊の精神を叩き込むのが保守でしょうが!~ 国旗、国歌、天皇より、先に来るもの

◆【保存版】愛国保守派オススメ・スポット特集 ~ 子連れもカップルもOK!

◆朝鮮・同和・原爆・弱者 ← 左翼の食い物 ~ 利権あさりと誹謗中傷に明け暮れる左翼

◆天皇陛下万歳! 大日本帝国万歳! ~ 愛国者なら大ヒット作『明治天皇と日露大戦争』は必見!

◆左翼の勝利は日本と天皇の死を意味する ~ 反日マスコミ VS ネット世論

◆あなたは反米? 親米? それとも反ユダヤ?① ~ マッカーサーとパチンコと朝鮮人

◆日本のGDP 外需が内需を支えている ③ ~ 決して戦前も、ひどい軍事国家ではなかった

◆日本人の心を奪われた日本人 ~ 世界最強だった日本軍 ~ 守るものを失った日本人

◆亡国のシナリオ ② ~ 日本を、過去に滅んだロマノフ朝やハプスブルク帝国になぞらえたパターン

トップ | 世界に比類なき日本人の精神性 | permalink | comments(1) |