日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

【超拡散希望!】 婚外子相続差を違憲とした裁判官を裁こう!

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2014.12.13)
明日の衆院選投票で、最高裁裁判官の信任もあるんですよね。とにかく今の裁判所はひどいもの。裁判官なんてサイテー人間の集まりで……

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.9.10)
ご来訪ありがとうございます。
2001年(平成13年)時は婚内子(嫡出子=正式な婚姻関係ある夫婦の子)と婚外子(非嫡出子=婚姻関係のない男女の子)の相続差(民法規定:非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1)について合憲判決がなされていたのに、先日9月4日、最高裁大法廷決定により、それが翻されて憲法違反とされ、婚外子も婚内子も平等に相続する権利があるとの判決が下されました。これにより民法の方が間違ってるのだと、今の日本の最高裁では結論づけたわけです。

しかしこれは、日本の夫婦の伝統的相続観・価値観・家族観を破壊するものであり、正に婚姻制度の否定と言えます。
この判決をなした今の最高裁裁判官達というのは最早、国家破壊を扇動する国賊集団と言ってもいい存在にすぎません。国会は最高裁裁判官らについて、ただちに弾劾措置をとるべきでしょう。

尚、この問題を、何と全員一致で判決をなした、14人の狂った裁判官の名前は以下の通り。(ネット上で見つけたものの転載です)

竹崎博允 長官 (裁判長)
櫻井龍子
金築誠志
千葉勝美
横田尤孝
白木 勇
岡部喜代子
大谷剛彦
大橋正春
山浦善樹
小貫芳信
鬼丸かおる
木内道祥
山本庸幸 (7月までは竹内行夫。その後任)

★これら国賊 裁判官らをどうすべきか、ぜひご投票をお願いします。


ご拡散いただけるとありがたいです。
各政党・政治団体らへの抗議にもご利用いただければ幸い。

また早速、この判決を契機に法務省が戸籍法改正を進めています。
*************************************************************
【戸籍法の改正検討 最高裁決定受け法務省】 2013.9.6 共同通信
法務省は6日、結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とする民法規定を違憲とした最高裁決定を受け、出生届に子どもが嫡出子かどうか記載することを義務付けている戸籍法を改正する方向で検討に入った。
政府は最高裁決定を踏まえ、早ければ秋の臨時国会への民法改正案提出を目指している。これに合わせて、政府は戸籍法改正案の提出を検討している。
戸籍法49条は、出生届に子どもが嫡出子か嫡出でないかの区別を記載するよう義務付けており、出生届には、いずれかにチェックする欄が設けられている。改正案ではこの規定を削除する方向だ。

*************************************************************

法務省 意見窓口 http://www.moj.go.jp/mail.html
最高裁判所事務総局 TEL 03-3264-8111  東京都千代田区隼町4番2号
裁判所には、意見やクレームを受け付けるような窓口というものがありません。方法としては、所長や長官宛に苦情を申し入れることでしょうか。

自民党 意見窓口 https://www.jimin.jp/voice/

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(2013.9.20)
日本を滅ぼす、有害なクズ独裁官の集まりでしかない、裁判所というところ。こいつら何様なんでしょうね。こんな奴ら、こんな無法者どもに正義なんてありません。
何か疑わしい事件があったら、「裁判の判決を見て、それにより厳粛な対応を決めます」等の発言をよく聞きますよね。それは「裁判所は正しい判決をするところ」という先入観で導かれる発言であって、そんな風に植えつけられてるのも洗脳の一種。何かあると「裁判で決着を」なんてのも、左翼的な洗脳にすぎません。
そもそも裁判所ごときに、正義なんてものは存在しないと思っててください。歴史を見れば一目瞭然ですが、裁判で裁かれた人は悪い奴なんて、絶対言い切れないんです。

ここは抵抗しないとダメだと思ってます。たとえ負け戦、失敗に終わっても、諦めずに行動した人たち、会津戦争にしろ西南戦争にしろ、それまでの蓄積、思いが後の人の心を動かしていくこともあるわけですから。

◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆
岩手の事案も「違憲」 婚外子相続格差で最高裁 2013.9.20 msn産経
平成15年3月に死亡した岩手県の男性らの遺産分割をめぐる家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允=ひろのぶ=長官)は、結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分と定めた民法の規定を「違憲」と判断し、審理を仙台高裁に差し戻した。決定は18日付。14裁判官全員一致の結論。
大法廷は今月4日、2件の同種事案をめぐって、同規定が「法の下の平等を保障した憲法に違反する」との初判断を示しており、今回の決定もこれを踏襲した。
同規定については大法廷が7年に「合憲」と判断したが、4日の決定は、家族の多様化や国民の意識の変化、諸外国の婚外子差別撤廃の流れなどに触れ、「子を個人として尊重し、権利を保障すべきであるという考えが確立されてきた」と指摘。嫡出子と婚外子の法定相続分を区別する合理的根拠は失われたと判断した。

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
◆そもそも革命とは ~ フランス革命に見る民衆とマスコミの狂気

◆今のまま側室を設けると、皇室崩壊を招きそう

◆同性愛の罪 ~ 同性愛、ホモ、レズ、オカマの蔓延も日本破壊工作ですよ!

◆紛れもなく陰謀は実在しますが、表に出てる陰謀論者は結論を誘導し、真実を誤魔化します

◆左翼メディアの日本人白痴化洗脳工作について ~ 『 人間獣化計画 』 と 『 中共対日工作要綱 』

◆1970年代後半から男を呼び捨て子供番組による男女平等精神侵略 ~ 日本人なら、女が男を呼び捨てにしてはいけません

◆特定業者・業界の利権を確保し、個人への厳罰を狙い撃ちした著作権保護期間延長~ダウンロード刑罰化~クールジャパン戦略~そして児童ポルノ禁止法改定への流れについて

◆DVや虐待を流行らし、家族解体を目論む左翼勢力のワナ ~ 責任転嫁で本質問題を誤魔化さす左翼の極意

◆人権侵害救済法案 ~ どうしてこんな売国法案が日本政府から出されるのか

◆家族分断・人民奴隷化めざす左翼 ~ 北朝鮮化への入口に立つ日本!社民 福島みずほの思想に見る

◆「女は若い時に結婚して子供を産むべき」と発言した市議に謝罪させるのでなく、それを女性蔑視・人権侵害と騒ぐ連中こそ退場、粛清すべき!

◆内柴正人選手を応援します!

◆次期宮内庁長官は創価系!? ~ 女性宮家の創設どう思う? ~ 狙われる皇室。皇室乗っ取り警報!

トップ | 失われる家族の絆 | permalink | comments(1) |

この記事に対するコメント

  • 【前サイトURLのこの記事へのコメント】

    嫌な予感はしてました。でもどうすることもできません。
    a | 2013/09/10 12:06 PM

    だから、言わんこっちゃない。「 リベラル嗜好・左翼系 」を、野放しにすると、一般社会の方が、連中の好き勝手に「 浸食 」されて行く・・・。
    一服。 | 2013/09/10 6:03 PM

    人権や平等、平和の乱用により、白痴が促進中です。
    こうゆう人工物よりも、道徳などを大切にすべきです。歴史や風土により培われた天然物の価値観は崩壊していきます。
    外国的な個人主義がさらに蔓延し、戸籍をないがしろにする判決です。
    常識的な普通な家族観は、どこにあるのでしょうか?
    Y.K | 2013/09/13 12:19 PM

    最高裁裁判官の信任ってどう判断したらいいかわからなかったので、この記事を読めてよかったです。たぶんバツしてもほぼ全員通るでしょうが、ささやかな抵抗をします。せっかくの投票権です。
    a | 2014/12/13 8:14 PM

    この判決に納得いくはずが無く、怒り呆れ果てたので、この機会に×して来ました
    以前の私だったら、よく分からないけど別にいいんじゃないの?と誰にも×しないでスルーでした。候補者名を書いたり、○を付けるのと違って、人に×をするのは抵抗がありますし。
    ここで×を付けたところで、すぐに変わらないだろうし、今後もこんなエセ人権派の裁判官が次々生み出されるでしょう。法務省が変わらない限り。そして法務省は、国民が変わらない限り、このままか更に悪くなると思う。
    確かに国民審査は、判断が分かりづらいです。議院じゃないから、まあいいか、となりがちでもあります。でも考えてみれば、裁判官は国の方向を左右する、とても重要な役職ですよね。
    日本の将来のためには、国民も曖昧にせず、ちゃんと向き合って考え、おかしいと思う人には×を付ける勇気を持つことが大事です。
    葉桜 | 2014/12/14 2:04 PM

コメントする