日本の面影

Glimpses of Japan
失われる日本人の精神性に、将来を憂う  リンクフリー

未来に向けて残しておきます。天才だった子供の声を聞いてください

 ←はじめにクリックお願いします m(__)m

(2022.5.17)
いつもありがとうございます! ランキング ↑ クリック支援よろしくお願いします。コロナの嘘 拡散のためどうか上位キープご協力を m(__)m 上に上がるほどアクセス数増えます。

これからどうしていこうか、ずっと悩んでいました。ここについてもそれ以外でも。これだけ見に来てる人が多いと……
池袋の暴走事故や、先日の知床の沈没事故とかもそうだし、いつ何が起こるかなんてわからない。水難事故だと、1955年に紫雲丸沈没事故という修学旅行の小学生を中心に168名が亡くなった大惨事、続いて海で泳ぐ練習していた子供たち36名が亡くなった橋北中学校水難事件という痛々しい事故があり、それまで学校では水泳が必修でなかったのが、それら大事故を契機に、各学校にプールが作られ、水泳が授業で教えられるようになったのですが、今はコロナで水泳がかなり自粛され、これからの子供たちは、また泳げなくなっていきそうですね。人々を家に閉じ込める社会に向かっているので水泳なんていらなくなるってことで、政府も学校もろくに水泳を教えなくなってる気がします。教訓を完全に忘れてしまっているんですよね。きっと今の多くの政治家、役人どもはそういう経緯も知らないことでしょう。いろんな積み重ねがあって今があるはずなのに、すべての歴史が忘却されようとしています。そして全然違うものに書き換えられるのでしょう。

喪で引きこもってるとしても、そうでなくとも何もやる気がしない状況だし。また家族が出来て子供でもいれば、希望も持てるようになると思ったのですが…… 小林一茶は50代の時に結婚して、4人の子供が生まれたけど、その4人は全員赤ちゃんのうちに亡くなっています。そして65歳ぐらいでまた結婚して妻が身ごもった後、その子が生まれるのを見ることなく自分が死んでいるんですね。その女の子だけは大人に成長して、農家だった一茶の家を継いでいます。一茶の子供へのやさしく暖かな愛情感じる作風、一茶自身が何度も子供を失ったゆえの、生前には叶わなかった願い、子供がかわいくてかわいくて仕方がなかったのでしょう。私も子供を見ると可愛くてしょうがないタイプなので、人の赤ちゃんでも、すごく可愛がってしまうので、見かけがそんなでなくても、子供好きだってすぐにわかっちゃいます。
天才的感性の人気ブロガーですから…… (^^; 前はかなりの影響力と読者がいて、ファンもたくさんいましたが、今はそれほどの力はなくなっていて…… でも私、本気で子供が欲しいんです。ここの読者で一緒に育ててくれる人とかいればなって…… まだ、一茶ほどのおじいちゃんではありませんし。ここを見てる読者なら私のことをわかってくれてるだろうし、まずは、ここで誰かいればなと思ったんです。ここを長く、読まれている方なら、私の感性や考え方がわかっておられる人ばかりでしょうし。でも、あんまり、子供、子供とか言ってると負担が重くなりそうなので、そんなんでなく友達でもいいですし、あるいは、歌や楽器が出来る方おられれば、一緒にやるのもいいですし。特にピアノやギターとかの弾き語りでも出来る方、やってくれるような方いらしたら。カラオケ友達とかでもいいですし。メールくださいね。コメントからでもいいですし。
コロナはいろんな人の人生を狂わせたと思います。コロナで仕事を辞めたと書いていた、いつも海外のコロナ情報を翻訳して流してるツイッターのあの方も、今さらになって仕事を募集してたり…… 私もこんなこと書いて狂ってるとも思っていますが……

昨日分のいただいたコメントは公開するか迷い、特段、する必要もなさそうに感じましたが、問題なさそうなものは公開しました。コメント以外でも、クリックの多さなどから皆様のお気持ちがわかります。メールいただきました方々も、ありがとうございます。いろんな方に見ていただいていて、ブログはまだ死んでいないことも伺えました。

子供の演説はたくさんの人によって広められ、あちこちに残っています。こちらで紹介のは私の子でした。よくもまあ、これだけ演説できるものだなとわが子ながら感心していましたが、もうずっと、見るのもつらかったです。

渋谷クラスターデモ(2021.6.21)
私も一緒にドラム叩いていました。思い出に生きていくしかありません。サイトが重いですが、待ってれば再生されます。私のこともわかるでしょう。ロックやりますが、私はここで紹介してるような『一茶と子供』 のような童謡とかが大好きなんですよ。今じゃほとんどの人が知らない歌でしょうが。誰か一緒に歌ってほしいですね。
◆The Rolling Stones Get Off Of My Cloud 一人ぼっちの世界~Orange Range 花~DEEN このまま君を奪い去りたい~The Beatles Yesterday~藤井フミヤ Another Orion~Billy Joel Honesty~DEEN Teenage Dream~X X Japan

(続き)

  ← 応援クリック宜しくお願いします m(__)m

—————————————————————————–
(続き)◆子供が国会前抗議デモでやった「里の秋」「君が代」「ボヘミアン・ラプソディ」

(始めから)◆失うものはもう、何もありません。もう一度子供を育てたいです

◆都庁 コロナ緊急事態宣言抗議街宣。子供の渋谷初舞台とヴァイオリン

◆子育て、死生観が変わる。読んでおきたい日本の古典 ~ 『土佐日記』と、一茶の俳句

◆現代では子供を作ることがDVだそうです。“多産DV”??

◆子供たちへ仲のいい兄弟姉妹を育てる術を教えておかなければいけない ~ 一人っ子の増えた現代だからこそ

◆ロマンティックなお伽噺残る七夕ですが ~ 暗黒の日本が近い

◆子供の5歳卒業前にピアノを弾いてもらいました ①~ ディズニー アメリカ音楽編

◆わが家で子供が書いた七夕の短冊と飾りつけ、『コドモノクニ』の挿絵から

◆日本の子供たちの指導者や教師と呼ばれる連中にはバカしかいない

◆「子供のマスクも外させない」岸田はバカ総理というよりクズ

◆バカ総理の岸田も、やっぱりマスクは外させない

◆ウクライナ支援ファシズム。ウクライナ批判も許さなさそうな日本人

◆改憲したらロックダウンやるってのは、たぶん本当なのでしょうね

◆マスク不要になってきてる世界を見てると日本には絶望しか感じられないのですが

トップ | 虚構の新型コロナウイルス騒ぎ,子供のピアノ・歌 演奏 | permalink | comments(3) |

この記事に対するコメント

  • 最初記事を読んで意味が分からなかったのですが、男性だったのですね、驚きました。

    当方、2011年頃から読ませて頂いております、30代男性です。
    反フェミニズム記事を切欠に男女雇用機会均等法の害悪を知り衝撃を受けると同時に「それでこの現状なのか」と府に落ちました。
    戦勝国のはずの欧米が移民に乗っ取られてることの辻褄が合い、感動した記憶があります。
    さらには、日本の歴史・伝統の面白い─学校やテレビには無い視点の─記事が多く、次から次へとリンクを辿ってしまいました。

    そんなロデムさんによって英才教育されたお子さんをしばしば記事で見かける度、「しっかりしてるな」「将来は日本人を率いる人物になるのでは」と密かに期待していただけに、残念であります。

    豊臣秀吉は晩年まで子供が生まれませんでしたが、日本をまとめ、スペインやポルトガルなどの驚異から日本を守り通しました。
    杉田玄白、ナポレオンなど年老いてから子を成した偉人は沢山おります。
    希望を捨てず、これからもご活躍ください。

  • ツイッターの動画ですごい中学生がいるなと思っていたのですが、ロデムさんの息子さんなのだと一致しました。
    このブログに出会ったことがきっかけで見えてきた真実は計り知れません

  • ご子息様のこと、心よりお悔やみ申し上げます。
    記事を読んだ当初は、あまりの事に驚き、悲しみで一睡もできませんでした。

    今日は改めて、主人とじっくりご子息の動画を拝見させていただきました。息子さんの溢れる才能に、すっかり圧倒されてしまいました・・・。
    それだけではなく、エネルギーもいただきました。
    父と子、お二人での演奏も、最高に素晴らしかったです。心が通じ合っているのが映像からも伝わってきました。ロデム様の魂が、ご子息様にもしっかりと受け継がれているのがわかりました。
    本当に立派に成長されていたのですね。

    何年か前ですが、主人は、ご子息さまの小学生の頃の弾き語り動画を見て「こんな動画を出したら、音楽業界からスカウトがきてしまうよ」と楽しそうに笑いながら関心しておりました。主人も私も、当時から、息子さんが必ず将来は日本を担う一角の人物に成長されるだろうと信じておりました。
    実際にお二人にお会いしたこともないのに、一筋の希望だと感じておりました。

    私共も、クラスターライブに最初の何回かは伺いましたが( 観客ですが)どこかでお二人とすれ違っていたかもしれません。2020年9月のニコミ会の国会前デモにも伺いましたが、到着時間が遅れてしまい、ご子息様の演奏は逃してしまいました。
    お二人のクールなセッションを生で拝見したかったです。

    ロデム様のブログに出会ったのは2011年かもっと前か記憶は定かではありませんが、10年は経過していると思います。漠然と感じていた世の中への違和感の正体が何であるのか、繋がるようになり、目の前のモヤが晴れていくように、本当に沢山の事を学ばせていただきました。

    間違いなくここは、大和魂の最後の砦であり、暗闇の道しるべです。

    ご子息様のご冥福をお祈り申し上げます。
    どうか、ロデム様のお心に少しでも安らぎが訪れますように。これからを生きる日本人のためにも、このサイトが続けて下さるのなら嬉しいです。
    そしてどうか、新しい家族に、良いご縁に 恵まれますように。

コメントする